MACDルールとダウ理論で見る本日のテクニカル分析【6月16日(木)】


【PR】 【FX】今から30分以内に勝てるトレーダーにしてみせます!



【6月16日(木)のテクニカル分析】

おはようございます(^^)
維新の介です

では本日のユーロ円の流れです


【ユーロ/円】4時間足
FX テクニカル分析 ブログ 4時間足 トレード手法


MACDルールはは下で成立
長期(青)は下げダウ継続


週足レベルのサポート付近で
どうやら反転を決めたようですね


まだ確定ではありませんが
小さく安値を切り上げつつあります


4時間足の移動平均線(青)
これを一度上抜いてその後支えられる
そうなってくるとある程度安定した上昇になりやすいです


短期(緑)はまだ下げダウを築いていますが
安値を切り上げつつあり
直近高値を更新するかどうか?という状態


長期(青)レベルの安値切り上げにつながれば
その後さらに上昇しやすくなるんですけどね


短期的な安値切り上げだけでは
保ち合いからさらに大きく下げ・・ということにもなります


上位足でサポートされているために
そのサポートラインを下抜けるためのエネルギーを
しっかりとためているようなイメージです


上位足節目付近では
常に両面から考えるようにしてください



【ユーロ/円】1時間足
FX テクニカル分析 ブログ 1時間足 トレード手法


MACDルールは崩れつつあります
長期(青)はダイバージェンス発生から安値切り上げ?


少々判断に迷うところですね


4時間足の移動平均線(赤)が下げているため
長期(青)レベルの安値切り上げはまだ・・と見たいところです


明確なダブルボトムか
わかりやすく上位足レベルに支えられる(※この場合は4時間足)
このようなときがトレンド転換しやすいときです


もちろんそのとき
上位足の節目付近であることも重要ですよ(^^)


短期(緑)は上昇ダウを築いていますが
4時間足(赤)が下げているため少々上げづらい


先日の下げブレイクライン(オレンジ)付近を
とりあえずの目標値としたいところですけど
そこまでは無理かな?


長期(青)レベルの安値切り上げも支えが弱いため
安値切り上げと判断していいかどうか怪しいですし
買っていくにはまだちょっと不安材料が多いですね


まだまだ下げトレンド継続の可能性も考えておいたほうがよさそうです


ほな
今日もがんばっていきましょう~ (*´ω`*)


期間限定で無料(送料のみ)です
 ↓
【維新の介著】「無料!(送料負担のみ)」
>>大衆心理を利用して利益を上げる!FXテクニカル分析22の技術


コチラは無料のレポート
 ↓
>>【無料レポート!!】 トレードで勝つには下手なほうがいい!!

 ~突き詰めようとして勝てなくなるトレーダーたち~

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

購入後のフォローもすごい

書籍の内容もさることながら、購入後に動画や、メルマガ購読の特典がついていました。
その内容が本当にすばらしくて、びっくりです。

さて、書籍の内容ですが、マインド面でいろいろと感じ取ることができます。
私は、「利確も損切りも一緒です」という言葉がすきです。
読む人によっていろんな気づきを読むごとに与えてくれる本であると思います。


「理にかなえば」 結果はでる書籍

このような数あるFX解説書はすぐに「利益が出る、サイド収入が増える」と期待を持たせた書籍が氾濫(私も20冊ほど)している中、このFXテクニカル分析22の技術はシンプルな内容です。
資金管理・「利益より損切り}を考え収益の+-を判断する。
テクニカルは・移動平均線の上下の方向性、MACDの方向性グランビルの法則を素直に判断して
「理にかなった」処でトライすれば納得の得る結果が生まれるすごく、すごく、シンプルでわかりやすい解説書です。
理にかなえばまちがいなく、あくまでも資金管理が重要です。
ちなみに私は購入60日ほどになりますが、書籍も結果も満足しています。


理論的

FXを始めて日は浅いが、その間色々な関連冊子を目にしてきたが
これ程具体的に記述した書物にお目にかかっていない。
例えば一例として、楽観エリアと悲観エリア等はまさに相場がその様に動いていると感心させられ、
このエリアに絞って売買してもそれなりの収入は見込めると痛感している。



大衆心理を利用して利益を上げる!FXテクニカル分析22の技術

【維新の介著】「無料!(送料負担のみ)」
>>大衆心理を利用して利益を上げる!FXテクニカル分析22の技術


1日1回、応援クリックよろしくお願いします^^♪
  ↓

テクニカル分析ブログ





関連記事
[ 2016/06/16 08:39 ] MACDルールで見る本日の流れ | TB(-) | CM(-)