MACDルールとダウ理論で見る本日のテクニカル分析【5月30日(月)】


【PR】 【FX】今から30分以内に勝てるトレーダーにしてみせます!



【5月30日(月)のテクニカル分析】

おはようございます(^^)
維新の介です

では本日のユロ円の流れです


【ユーロ/円】4時間足
FX テクニカル分析 ブログ 4時間足 トレード手法


MACDルールは不成立
長期(青)は高値を切り下げ安値も更新
つまり下げトレンド中


だけど日足レベルのサポートラインがキツイですね
なかなか下げきれません


短期(緑)は安値を少しずつ更新していますが
更新幅はごくわずか


そして上値は抵抗線でおさえられ
こちらは何度も上値突破にチャレンジしていますが
上位足からの下げトレンド
そして日足の移動平均線に阻まれブレイクならず


というわけで
現時点では売り目線ではあるのですが
下げにくい状況とわかりやすい抵抗線の存在により
上抜いた場合のことも考えておく必要がありそうです


ただしダマシには注意


損切りが狭く設定できる状態を意識しておくことによって
ある程度ダマシは防ぐことができますよ(^^)
(※けっこう大切なことなのでよく考えて!)



【ユーロ/円】1時間足
FX テクニカル分析 ブログ 1時間足 トレード手法


MACDルールは不成立
長期(青)は高値が抵抗線におさえられ
安値は少しずつ更新中


でも下げきりませんね
ほぼトリプルボトムを形成


抵抗線を上抜いたら
1時間足(青)、4時間足(赤)、日足(水色)の移動平均線に支えられ
買い優勢相場となりそう


って書いている間にも上昇


ライン手前でいったんレートがたまるか
上抜いたあとにラインに支えられるか


そういう形がのぞましい


移動平均線から乖離しすぎると
上抜いたあとに急落あるんで注意


それに
このまま上抜いてしまったら
適切な損切りが設定できない


デイトレレベルだったら可能だけど
リスク高いので注意


では
現在(8:36)の「損益分岐点から見た相場のバランス」です


4時間足は
長期的にも短期的にも売り方が優勢


レートは短期的な損益分岐点付近に存在し
現在上値抵抗線となっています


1時間足は
長期的にも短期的にも買い方が優勢


つまり
4時間足と1時間足が逆


さて
どちらが勝つか?
ってあたりが見どころ


5分足は
長期的にも短期的にも買い方が優勢


ほな
今日もがんばっていきましょう~ (*´ω`*)


>>【無料レポート!!】 トレードで勝つには下手なほうがいい!!

 ~突き詰めようとして勝てなくなるトレーダーたち~

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

基本に忠実なメソッドを学べます。

サラリーマンなので、チャートを見る時間はあまりなく、目くらめっぽうに両建てのスキャルピングをしていました。
このやり方では、相場が変わるたびに含み損が増え、あまり効率的ではないかも?とウスウス感じてました。
今回、この本を読み、トレードの本流を知ることが出来ました。
内容は易しく有りませんが、毎日スマホを片手に熟読しています。
考えて考えてエントリする。このクセを着けないとFX は単なるギャンブルになってしまう事がよくわかりました。
これは自分の今までの生き方をも反省させてくれます。
この本の最終章に書かれている「精進」と言う言葉の重みが胸に染みました。
あなたのその判断はどの程度考えたモノですか?


基本となる「考え方」を学べる

維新の介さんが動画で言われている勝つために一番重要な事は「考え方」。
その基本となる「考え方」をしっかり学べる書籍でした。
fxをこれから始める人にも当然勉強になりますが、なかなか勝てない自分のような人こそ目から鱗が落ちる内容だと思います。
あと表紙に折り目が付いていたりと本の作りが丁寧です。
派手さはありませんが名著です。


大衆心理が理解できた。

私は,以前から株には興味があり,少しかじっていましたが,FXって何!って感じでした。
この本に出会って,相場は大衆が動かしていることが解り,まさに目からうろこ。
今までの自分の株取引にも当てはめてみました。
そうしたらなんであそこで売ったのか,なんでここで買ったのかと反省しきりでした。
まさに大衆心理の裏付けができるこの本は非常に勉強になります。ぜひお勧めします。


大衆心理を利用して利益を上げる!FXテクニカル分析22の技術

【維新の介著】
>>大衆心理を利用して利益を上げる!FXテクニカル分析22の技術


1日1回、応援クリックよろしくお願いします^^♪
  ↓

テクニカル分析ブログ





関連記事
[ 2016/05/30 08:40 ] MACDルールで見る本日の流れ | TB(-) | CM(-)