MACDルールとダウ理論で見る本日のテクニカル分析【5月27日(金)】


【PR】 【FX】今から30分以内に勝てるトレーダーにしてみせます!



【5月27日(金)のテクニカル分析】

おはようございます(^^)
維新の介です

では本日のユロ円の流れです


【ユーロ/円】4時間足
FX テクニカル分析 ブログ 4時間足 トレード手法


MACDルールは不成立
長期(青)は高値を切り下げ安値を更新
下げダウ継続です


短期(緑)も安値を更新
そして高値を切り下げてさらに下げトレンドを継続するか?
というところ


下げトレンドラインも上方突破されて
そろそろ下げも終わりか?と思わせつつ
ズルズルと下げていますね


「抜けて」から「支えられる」
これがないとダマシは避けづらいので注意


だけど抜ける前に
誰もが認めるサポートからの安値切り上げ
これがあれば
抜けてすぐにトレードすることも可能です(^^)


何にしても
長期短期ともに下げているので
とりあえずは売り目線


だけど現時点で
レジサポ逆転ラインのレジスタンスラインでおさえられています


これを越えてくると
特に「確定」させてくると
買い方が優勢になってきますので注意



【ユーロ/円】1時間足
FX テクニカル分析 ブログ 1時間足 トレード手法


MACDルールは不成立
長期(青)は高値を切り下げ安値も更新


でもその安値の更新幅が狭くなってきたので
下げも終了間近か?


短期(緑)は
高値切り下げの安値切り上げで方向感なし


レートも
4時間足の移動平均線(赤)と日足の移動平均線(水色)の間


現在高値切り下げ気味の短期(緑)がどうなるか?
そのまま直近安値(緑)を割ってきたら
移動平均線の方向とダウが一致
さらに下げ継続可能性が高まりますが


ここで反転してしまうならば
直近高値(緑)を越えた時点で買いが優勢になってきます


もちろん
長期(青)直近高値を越えたら買い方が優勢


というわけで
難しく考える相場ではないですね


では
現在(8:33)の「損益分岐点から見た相場のバランス」です


4時間足は
長期的にも短期的にも売り方が優勢


1時間足は
長期的には売り方が優勢ですが
短期的には買い方が優勢


5分足は
長期的にも短期的にも買い方が優勢


下位足から買い転換しつつありますね
レジサポ逆転ラインを越えることができるかどうか?


ほな
今日もがんばっていきましょう~ (*´ω`*)


>>【無料レポート!!】 トレードで勝つには下手なほうがいい!!

 ~突き詰めようとして勝てなくなるトレーダーたち~

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

劇的な変化を遂げました

マニュアルを購入するまでは、なんの根拠もなくトレードする毎日でした。
今まで見ていたテクニカルツールの見え方が劇的に変わり、少しずつですが、資金が着実に増えています。
また、購入後毎日届くメルマガも非常に参考になりますし、何より継続的に学ぶことの大切さを知るきっかけになりました。
このマニュアルに出会えて良かったと心から思っています。


相場は楽しいです。

FX投資は10年位やってます。
年間トータルプラスですが、自分の投資スタイルに満足できませんでした。
この本と出会ってからなんですが、考え方が本当に変わりました。
ここ最近の成績も見違えるようによくなりました。
ここは伸びそうな場所だな、なんて考えたことも無かった自分、ただここは売りで、ここは買だなとなんとなく取引してました。
ここは買でも伸びそうもないのでやらないって決めると、結果不思議と負けない相場になってるんですよね。
同じ相場は絶対にないですが、
この本を理解できるまで何回も取引をして、技術を磨けば負けない考え方にきっとなると思います。


素晴らしい!バイブルになり得る一冊です

購入する直前に維新の介さんのfacebookに出逢い、「この人は本物っぽい!」という期待はあったのですが、
価格が安かったこともあり、正直、「内容の薄い怪しげな本かな?」という思いもありました。
でも返金補償もあったのであまり期待せずに購入したという感じです。
書籍として販売されているので、「これは自信の現れか?」という期待も少しはありました。

で、内容ですが、もう素晴らしい!の一言。
「百聞は一見にしかず」、とにかくこの本の良さは読めば分かります。
勝てていない人なら絶対に買って損はないと思います。
私はパン○ーリング社の良書より断然こちらの書籍をお薦めします。
(言っときますが、私はサクラじゃないですよ)


大衆心理を利用して利益を上げる!FXテクニカル分析22の技術

【維新の介著】
>>大衆心理を利用して利益を上げる!FXテクニカル分析22の技術


1日1回、応援クリックよろしくお願いします^^♪
  ↓

テクニカル分析ブログ





関連記事
[ 2016/05/27 08:36 ] MACDルールで見る本日の流れ | TB(-) | CM(-)