MACDルールとダウ理論で見る本日のテクニカル分析【5月17日(火)】


【PR】 【FX】今から30分以内に勝てるトレーダーにしてみせます!



【5月17日(火)のテクニカル分析】

おはようございます(^^)
維新の介です

では本日のユロ円の流れです


【ユーロ/円】4時間足
FX テクニカル分析 ブログ 4時間足 トレード手法


MACDルールは不成立
長期(青)は
日足レベルのサポートラインに支えられて反転上昇
高値を更新した抵抗帯に頭をおさえられて戻されています


短期(緑)は
その抵抗帯付近で値動きが停滞
直近安値を割って現在下げトレンド中


ですが日足レベルで支えられているので
すんなりとこのまま下げるかどうか?と問われれば
長期(青)レベルの安値切り上げから再度上を試す動きがあってもおかしくない


というわけでここでは


・短期(緑)がさらに下げダウ継続する
・短期(緑)がちょい下げから安値切り上げで反転上昇につながる
・このままいっきに上昇して前回割ってきたネックラインを越えて
 越えた後にリターンムーブから本格反転上昇


この3つが考えられます


どれでもなかった場合はスルー
もしくは
この後新しい形を築き始めたら考え直さないとダメですよ(^^;)


保ち合いとなる場合もありますからね



【ユーロ/円】1時間足
FX テクニカル分析 ブログ 1時間足 トレード手法


MACDルールはまだ下で成立
長期(青)は高値をわずかに更新しているところから
いっきに安値更新


レートはネックライン付近にまで戻していますね


ここで反転下落してくるか
上抜いてくるか


4時間足の移動平均線(赤)と日足の移動平均線(水色)も重なっていますので
1つの分岐点になりそうです


ここまで決まってしまえば
あとは短期(緑)レベルに注目するだけ


短期(緑)は現在上昇ダウ継続
ここれを継続しているぶんには問題なしで上昇


でも高値を切り下げたら?直近安値を割ってきたら?
というあたりを考えておいてください


では
現在(8:38)の「損益分岐点から見た相場のバランス」です


4時間足は
長期的には売り方が優勢ですが
短期的には買い方が優勢


1時間足も同じく
長期的には売り方が優勢ですが
短期的には買い方が優勢


というわけで
とってもイヤなところにさしかかってる(笑


せめて1時間足で
長短ともに売りが優勢になってくれれば
少し売っていきやすい形になるんですけどね


長期レベルの損益分岐点も
ネックラインに重なっているので
ここを上抜いても買い優勢


5分足は
長期的にも短期的にも買い方が優勢ですが
少々上値が重そう


売り優勢となるか
高値を更新して買い方優勢を継続するかに注目


ほな
今日もがんばっていきましょう~ (*´ω`*)


>>【無料レポート!!】 トレードで勝つには下手なほうがいい!!

 ~突き詰めようとして勝てなくなるトレーダーたち~

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

参考になります

今まで読んできた本より具体的で明確です 
今までエントリーの時 いつもビビリながらでしたが自信を持って行けます 
私は株ですがチャートの理屈は同じなので 空売りしようと思っています 
内容が深くて理解出来ない事が多いですが読み倒して行きます
この本に出会えてよかった


バイブルです

ブログでの評価が異常に高かったので、即購入しました。
メルマガ登録で動画の解説もあり、理解が深まりました。
また一度読むのではなく、読み返すごとに新たな発見があり、100回読んでも飽きない内容です!!
勝ってる投資家はこれを何度も読み返したとのこと、私もボロボロになるまで読み返したいと思います。
実際のトレードは考え方ががらりと変わりました。
優位性が理解できると、勝てない相場ではエントリーを控えるといった選択ができるようになりました。
今がどの状態か、まだ完ぺきではありませんが、これをしっかり理解できるようになり、
勝率の高いトレードをしていきたいです。


肝心要を教えてくれる

大したことは書いてないんだろうと思いながらもこの手の書籍としては安かったのと、
何か妙な期待感がよぎったので購入。
⇒勉強中なんで結果はまだ何だけど気づかされること多すぎ。安いのに良い投資でした。


大衆心理を利用して利益を上げる!FXテクニカル分析22の技術

【維新の介著】
>>大衆心理を利用して利益を上げる!FXテクニカル分析22の技術


1日1回、応援クリックよろしくお願いします^^♪
  ↓

テクニカル分析ブログ





関連記事
[ 2016/05/17 08:42 ] MACDルールで見る本日の流れ | TB(-) | CM(-)