MACDルールとダウ理論で見る本日のテクニカル分析【5月2日(月)】


【PR】 【FX】今から30分以内に勝てるトレーダーにしてみせます!



【5月2日(月)のテクニカル分析】

おはようございます(^^)
維新の介です

では本日のユロ円の流れです


【ユーロ/円】4時間足
FX テクニカル分析 ブログ 4時間足 トレード手法


MACDルールは不成立
むしろ下で成立しそう(^^;)


しかしすごい下げでしたね


だけど
日足レベルの下げトレンドラインと
抵抗線の存在で
上値は重く


下位足で下げトレンド転換したら売りも~
って話はしていました


暴落前
5分足では高値を切り下げ安値も更新


そこからの下げですので
暴落獲れた!!って人はいても泣いた人はいないと信じてます


さて
その下げもわかりやすい安値付近まで下げてきました


そしてその状態で下げ幅もどんどん減ってきているので
手仕舞いの買いが入ってもおかしくない状況です


下位足の上昇トレンド転換の動きには注意しておいてください


長期(青)の高値の切り下げもないので
とりあえず戻してくれないと
今後さらに下げるとしても獲りにいきにくいな・・・


でも短期(緑)は下げダウを築いているので
売り目線も忘れずに


現在支えられているサポートラインを割って
そしていったんラインまで戻してからの再度の下げであれば
獲りにいきやすいんですけどね



【ユーロ/円】1時間足
FX テクニカル分析 ブログ 1時間足 トレード手法


MACDルールは下で成立
長期(青)は下げダウですが
4時間~日足レベルの安値で停滞しています


短期(緑)は一度直近高値を更新しましたね
下げ圧力が抜けてきたかな?


ってことは
今後反転上昇する可能性も高いので
下位足でのトレンド転換の動きには十分に注意を


でも「反転することなく」
レートがライン際に溜まるような動きをするときは
さらに下げる前兆だったりするので
これまた注意


でも
底が抜けた!といって慌てて売るとけっこう失敗しますよ


買うには「買い場」
売るには「売り場」


こういうのを下位足でしっかりと築いてこそ
安定かつわかりやすい値動きになるということは覚えておいてください


では
現在(8:38)の「損益分岐点から見た相場のバランス」です


4時間足は
長期的にも短期的にも売り方が優勢


ずっと「下げ圧力を内包」と言い続けてきましたが
こういうことだったのか・・・


1時間足も同じく
長期的にも短期的にも売り方が優勢


5分足も
長期短期の同レベルの損益分岐点にきれいに頭をおさえられて
長短ともに売り方が優勢


とりあえず目先売りってことですね


だけど日足レベル安値付近にレートが存在しているので
こちらも注意が必要


5分足レベルで支え切られたと「認識」されたら
いきなり上昇に転じてくることも多いですよ


ほな
今日もがんばっていきましょう~ (*´ω`*)


>>【無料レポート!!】 トレードで勝つには下手なほうがいい!!

 ~突き詰めようとして勝てなくなるトレーダーたち~

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

目からウロコとはこのことですね。

かなりFXの本を読み、教材を購入してきましたが、これほど本質が書いてある教材は初めてでした。
本書を読んでやっとFXがわかったような気がします。
読み終わって直ぐさま『オンライン実践プログラム』を購入しました。
以来、まったく本や教材を買っていません。
今ではバイブルになっています。


維新流トレード術

このマニュアルは私が今までに行ったFXのセミナーやスクール以上の価値が有ると思います。
結局のところ私も含めて負けている人の一番の原因は損切りが出来ないからだと思います。
最近は、お陰さまで損切りが出来るようになってきました。
これからマニュアルを何回も読み直して精進して行きたいと思います。
とにかく維新流トレード術を買えばわかると思います。


相場での立ち位置がわかる

シンプルかつ理にかなった考え方で、為替の海を乗り切っていくための羅針盤としての役目をはたしてくれます。
どういうスタイルをとっていけば、また、どういうところでトレードしてはいけないかを示してくれる良書です。
チャートの中に自分の投資哲学をガチンと当てはめてくれます。


大衆心理を利用して利益を上げる!FXテクニカル分析22の技術

【維新の介著】
>>大衆心理を利用して利益を上げる!FXテクニカル分析22の技術


1日1回、応援クリックよろしくお願いします^^♪
  ↓

テクニカル分析ブログ





関連記事
[ 2016/05/02 08:41 ] MACDルールで見る本日の流れ | TB(-) | CM(-)