MACDルールとダウ理論で見る本日のテクニカル分析【4月4日(月)】


【PR】 【FX】今から30分以内に勝てるトレーダーにしてみせます!



【4月4日(月)のテクニカル分析】

おはようございます(^^)
維新の介です

では本日のユロ円の流れです


【ユーロ/円】4時間足
FX テクニカル分析 ブログ 4時間足 トレード手法


MACDルールは不成立
長期(青)は安値切り上げの高値更新で上昇ダウ継続


ですが抵抗線につかまりました


短期(緑)は上昇ダウだったのですが
抵抗線で頭打ち
わずかに高値切り下げから直近安値割れ


つまり
ダブルトップからのネックライン割れですね


抵抗線にぶち当たってからの
トレンド転換のチャートパターンですから
下げが期待できるわけです


でも・・・

まだ抵抗帯となりそうなライン付近にレートが存在していますので
しっかりと下抜けて
そこからの戻し→再度下げ
という形を待ってからの売りのほうが安全です


なぜかというと
日足レベルでは前回の高値(ネックライン)付近で
支えられる可能性があるから


ダウブルトップのネックライン割った~♪


というだけで
安易に売っていくとちょっと危ないかも(^^;)


っていうか
エントリーする前にまずは上位足の確認


その上位足においてはどのように判断されるところなのか?


ここらへんをしっかりと考えてほしいですね



【ユーロ/円】1時間足
FX テクニカル分析 ブログ 1時間足 トレード手法


MACDルールは上で成立していたのが崩れてきました
長期(青)も
わずかに高値を切り下げ直近安値(ネックライン)割れ


4時間足レベルの移動平均線(赤)をしっかりと割ってきましたので
再度レートが上昇して
「下げつつある」4時間足移動平均線(赤)で頭を抑えられたら
本格下げに転ずる可能性が高くなります


でも上でも書いたように
日足レベルではサポートされてもおかしくないところにあります


つまり上位足と下位足の思惑が逆になる可能性があるので
ちょっと難しくなるかも?


何にしても
トレードはどちらにいくかを「確定」させてから


確定前にトレードするというのは
それは投資ではなくギャンブル


そしてその「確定」というのが
自分のトレードルールなので
ルールは守りましょうね(^^)


では
現在(8:37)の「損益分岐点から見た相場のバランス」です


4時間足は
長期的にも短期的にも買い方が優勢


1時間足は
長期的にも短期的にも売り方が優勢ですが
まだ上昇圧力をかなり内包しています


5分足は
長期的にも短期的にも完全に売り方が優勢


だけど安値切り上げの高値更新で
下げ止まり感が・・・


ほな
今日もがんばっていきましょう~ (*´ω`*)


>>【無料レポート!!】 トレードで勝つには下手なほうがいい!!

 ~突き詰めようとして勝てなくなるトレーダーたち~

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

目からウロコとはこのことですね。

かなりFXの本を読み、教材を購入してきましたが、これほど本質が書いてある教材は初めてでした。
本書を読んでやっとFXがわかったような気がします。
読み終わって直ぐさま『オンライン実践プログラム』を購入しました。
以来、まったく本や教材を買っていません。
今ではバイブルになっています。


維新流トレード術

このマニュアルは私が今までに行ったFXのセミナーやスクール以上の価値が有ると思います。
結局のところ私も含めて負けている人の一番の原因は損切りが出来ないからだと思います。
最近は、お陰さまで損切りが出来るようになってきました。
これからマニュアルを何回も読み直して精進して行きたいと思います。
とにかく維新流トレード術を買えばわかると思います。


相場での立ち位置がわかる

シンプルかつ理にかなった考え方で、為替の海を乗り切っていくための羅針盤としての役目をはたしてくれます。
どういうスタイルをとっていけば、また、どういうところでトレードしてはいけないかを示してくれる良書です。
チャートの中に自分の投資哲学をガチンと当てはめてくれます。


大衆心理を利用して利益を上げる!FXテクニカル分析22の技術

【維新の介著】
>>大衆心理を利用して利益を上げる!FXテクニカル分析22の技術


1日1回、応援クリックよろしくお願いします^^♪
  ↓

テクニカル分析ブログ





関連記事
[ 2016/04/04 08:40 ] MACDルールで見る本日の流れ | TB(-) | CM(-)