MACDルールとダウ理論で見る本日のテクニカル分析【12月28日(月)】


【PR】 【FX】今から30分以内に勝てるトレーダーにしてみせます!



【12月28日(月)のテクニカル分析】

おはようございます(^^)
維新の介です

では本日のユロ円の流れです


【ユーロ/円】4時間足
FX テクニカル分析 ブログ 4時間足 トレード手法


MACDルールは不成立ですが
下で成立しつつありますね


長期(青)は高値切り下げの安値更新で下げダウ
短期(緑)も同じく・・・なのですが
ここで安値を切り上げるかどうか?というところ


日足のMA(赤)が上昇しているのと
直近の長期(青)安値が
前回の上昇の起点となる水平ライン上でいったん止まっていることから
今後保ち合いとなっていく可能性がでてきましたので注意


年末やし
無理にトレードするところもないかな(^^;)


とは言っても
下げダウを築いている以上
直近短期(緑)安値を割ってきたら
やっぱり売り目線



【ユーロ/円】1時間足
FX テクニカル分析 ブログ 1時間足 トレード手法


MACDルールは微妙ですね
だって日足のMA(水色)が上昇しているから


でも移動平均線の並びだけで見たら
下げ方向へとパーフェクトオーダーなので
とりあえずは売り目線で行きたい・・・と思ったけど


長期(青)の安値が切り上がっているんで
ここを割ってくるまではちょっと難しい


短期(緑)は下げダウ中ですがダイバージェンス発生
下げ止まるか?


どちらにしても
1時間足にも4時間足にも「勢い」が全くないので
どちらかに抜けて勢いづいてからかな(^^;)


4時間足でも1時間足でも
MAを基準に見るならば売り方に寄ってるので
急な下げには注意


そして年末で商いも薄くなっているので
荒い値動きにも注意
マイナー通貨はやめたほうがいいかも(^^;)


では現在(8:39)の相場状況です


4時間足は
長期的にも短期的にも売り方が優勢


1時間足も同じく
長期的にも短期的にも売り方が優勢


5分足はですね・・・
もう見たくないくらグチャグチャ(^^;)


というわけで
いつもどおり「抜けてから」ってやつです


ほな
今日もがんばっていきましょう~ (*´ω`*)


>>【無料レポート!!】 トレードで勝つには下手なほうがいい!!

 ~突き詰めようとして勝てなくなるトレーダーたち~

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

手元において置きたい1冊ですね

FXトレードするにあたって、理解を深めていきたい点は1)テクニカル、2)投資家の心理、3)ファンダメンタルだと思っています。

この本は、上記の1)と2)をカバーしており、
投資家の心理状態からみた、単なるテクニカル分析では無い本質の部分を簡潔に解説していると思います。

それぞれのテクニカルインディケーターなどは、ネットなどで無料で調べられますが、
投資家の心理のポイントを端的に指摘している本はこれしか知りません。

ご自身のレベルに合わせて、気づきをくれる本です。手元において、いつでも確認できるところが魅力ですね。

また、フォローアップの動画など送られてくるので、重宝します。

買って損は無いと思います。お勧めします。


買って損なし。

私はFXを初めて5ヶ月の初心者です。
「絶対に金持ちになるぞ!」と意気込んで、デモトレードと並行して少額でFXトレードを始めましたが、
チャートの動きがてんで掴めず、色々悩む中で、水平線を使うところまでたどり着きました。
ですが、もっとはっきりと動きを読むことができないだろうか?と悩んでいたところ、
この「大衆心理を利用して~」のネット広告が目に入り、値段もかなり手頃だったので、購入することに決めました。
一番の良い点は、本の内容に沿ったフォロー動画やメルマガでより知識を深めることが出来るところです。
ホントに本代だけでここまで詳しく説明してくれていいのかな?大丈夫かな?と思うくらい充実していました。
まだまだスタート資金からプラスにはできていませんが、確実に勝率は上がってきました。
経験を経るほどに本の内容の奥深さがわかってきます。
初心者、経験者どちらにも有用で、ここまで使えるものは他に無いとも思います。
買って損は絶対に無いと思いますので、お勧めです。
有難うございます。


大衆心理を利用して利益を上げる!FXテクニカル分析22の技術

【維新の介著】
>>大衆心理を利用して利益を上げる!FXテクニカル分析22の技術


1日1回、応援クリックよろしくお願いします^^♪
  ↓

テクニカル分析ブログ





関連記事
[ 2015/12/28 08:41 ] MACDルールで見る本日の流れ | TB(-) | CM(-)