ダウ理論 その⑦ ~トレンドは明確な転換シグナルが発生するまで継続する ~ 【FX テクニカル分析入門】

FX テクニカル分析入門

今回はダウ理論の基本法則 その6です。


「トレンドは明確な転換シグナルが発生するまで継続する」


おそらくこの法則が一番有名なんじゃないかと思います。


ダウ理論においては、

トレンドは継続するものとされており、

そのトレンドに逆らわないトレードを基本とします。


では「明確な転換シグナル」とはいったい何を指すのか。


以下の図で説明します(^^)



【ダウ理論 上昇トレンド】
FX テクニカル分析 ダウ理論
安値を切り上げ、高値を切り上げ続けているかぎり、

上昇トレンド継続です。


反対に、


【ダウ理論 下降トレンド】
FX テクニカル分析 ダウ理論

高値を切り下げ、安値も切り下げ続けているかぎり、

下降トレンド継続です。


実際のチャートで見てみます。


下降トレンドです。

ダウ理論 下降トレンド


今度は上昇トレンドです。

ダウ理論 上層トレンド

大きい流れのダウ理論の中に

小さなダウ理論が成立しているのが見て取れます。


よく押し目がわからない・・といったご質問メールが届きますが、

よくわかりますよね?


インディケーターまみれにしたチャートよりも

しっかりとダウ理論を考えたほうがわかりやすくなりますよ(^^)


さらに言えばですね

ダウ理論の第5法則で書いた出来高、

FXで言えばオシレーターですね。


この出来高をともなっているときのダウは非常に有効に働きます。


つまり?

トレンドの方向とオシレーターが一致しているときってのは

押し目がひろいやすい局面ということができます(^^)




ダウ理論には、トレードの真理ともいえるものがたくさんつまっています。

こういった基礎理論をおろそかにしないものだけが

本当に勝ち続けることができるトレーダーになれるんですよ(^^)




ポチってしてくれたら、ブヒって喜びます♪
 ↓

FX テクニカル分析 ブヒ♪


関連記事