MACDルールとダウ理論で見る本日のテクニカル分析【7月2日(木)】







【7月2日(木)のテクニカル分析】

おはようございます(^^)
維新の介です

本日のユロ円の流れです


【ユーロ/円】4時間足
FX テクニカル分析 ブログ 4時間足 トレード手法


MACDルールは不成立
長期(青)は下げダウ継続中


短期(緑)は
一度安値を切り上げ
でも高値は切り下げ
つまり方向感のない相場です


できたら長期のダウ方向へと抜けてほしいところですが
当然安値を割らずに反転上昇することもあり得るわけです


長期方向へと抜けるのであれば
当然ある程度長いスパンのトレードができますが
トレンドに逆らうならば
もう1つはトレードの時間軸を下げたほうが無難です


値が荒れやすく伸びにくくなる可能性が高いですからね(^^)


4時間足では下げ「勢い」が失われましたが
日足レベルではまだレートはボリンジャーバンドの-2σよりも外
下げ相場と言える環境です



【ユーロ/円】1時間足
FX テクニカル分析 ブログ 1時間足 トレード手法


MACDルールは崩れつつあります
長期(青)は高値切り下げの安値切り上げ
つまり方向感がありません


短期(緑)もバラバラで方向がつかめません


というわけで
トレードするとしたらせめてサポートライン(ピンク)を割ってからですね(^^;)


もちろん割らずに反転上昇する可能性もありますので
下位足の安値切り上げの動きには注意


何にしても
わからないところは手を出さない


たとえ理屈でわからなくとも
直感的にイヤな相場だと思ったら避けたほうがいいですよ


わかりやすくなってからトレードする
特に上位足がどうなったらトレードする・・って決めておいたほうがいいですね


だからレンジとトレンドの判断がかなり重要になるのです
逆に言えば
これができるだけで
そして守ることができるだけでトレードはいきなり簡単になります(^^)


では現在(8:39)の相場状況です


4時間足は長期的にも短期的にも売り方が優勢


1時間足も同じく
長期的にも短期的にも売り方が優勢ですが
レートはほぼ長期的な損益分岐点上にあり
少し戻してしまえば
短長に挟まれた狭いエリア内の収まってしまうため
トレードが難しくなりがち


5分足も同じです
長期的にも短期的にも売り方が優勢


この状態が崩れずにサポートラインを割ってくれれば
下げやすいんですけどね


支え切られてしまうと下位足でしかトレードできない(^^;)


ほな今日もがんばっていきましょう~ (^з^)-☆Chu!!

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

シンプルの中に真髄がある

初心者の方はもちろんですが、
トレーダーになるためには絶対に必要不可欠なテクニカルの基礎、
そして具体的な手法なども丁寧に解説されており、
マニュアル本としていつも手元に置いておきたいと思う書籍でした。


ものすごく真面目な本

ネットで情報商材とかたくさんある中、価格も安くて真剣に書かれている本だと思いました。
何度も繰り返し読むことが出来るのも、この本の特徴だと思います。
しかもこの価格でフォロー動画まで付いてくるのがすごい!
とても勉強になりました。これからのFX投資にも心強い1冊です。


大衆心理を利用して利益を上げる!FXテクニカル分析22の技術

【維新の介著】
>>大衆心理を利用して利益を上げる!FXテクニカル分析22の技術


1日1回、応援クリックよろしくお願いします^^♪
  ↓

テクニカル分析ブログ





関連記事
[ 2015/07/02 08:43 ] MACDルールで見る本日の流れ | TB(-) | CM(-)