MACDルールとダウ理論で見る本日のテクニカル分析【6月19日(金)】







【6月19日(金)のテクニカル分析】

おはようございます(^^)
維新の介です

本日のユロ円の流れです


【ユーロ/円】4時間足
FX テクニカル分析 ブログ 4時間足


MACDルールは上で成立
長期(青)は上昇ダウ継続
そして短期(緑)も上昇ダウですね


昨日の朝
レジスタンスラインを上抜いて上昇傾向となりましたが
やはりこれもお伝えしていたように
直近高値ピタリで戻されてしまいました


これを抜けてくることがあれば
次は抵抗線(水色)が控えていますので
そこで再度はね返される可能性は高いです


さらに抜けても
その上に直近?高値が存在します(かなりさかのぼってください)


また
ここらで上昇をやめた場合
つまりどこかの抵抗線で負けた場合
当然その後は下げてくることになります


下げてきたら
今度はこれまで越えてきたラインや
直近安値に注意しつつ
どこに大きな注文が入っているかを意識しておきましょう(^^)


大きな注文のポイントは
「意識」と「時間」です



【ユーロ/円】1時間足
FX テクニカル分析 ブログ 1時間足


MACDルールは上で成立
長期(青)は上昇ダウ
短期(緑)も上昇ダウ


つまり買い目線


でも抵抗線に引っかかりまくりですね
狭いところにたくさんラインが存在すると
当然相場は荒れます
トレードするには不向きとなります


さて越えてくるのか
それともはね返されるのか
それは神のみぞ知る


我々トレーダーは
ただ現実に粛々と対応するのみです


その対応ってやつ
いったいどこでどう対応したらいいの?ってことになりますが
その際に意識すべきが相場の「節目」です


トレードはこの「節目」を意識できているかどうか
そして使いこなせているかどうかで大きく変わります
ぜひ「節目マスター」になってください


では現在(8:39)の相場状況です


4時間足は長期的には買い方が優勢
昨日短期的にも買い方が優勢となり
いったん戻しかけましたが
ちゃんと短期的な損益分岐点で支えられました


つまり昨日の安値は
けっこう重要なラインとなる可能性があります


1時間足は長期的には買い方が優勢ですが
短期的には売り方が優勢となっています


再度買い方優勢となるかどうかで
相場環境はかなり変わってきます


5分足は長期的にも短期的にも売り方が優勢


上位足は買いがまだ強いので
5分足もこの後買い方優勢となる可能性はありますが
しばらくはイヤな相場環境が続きそうです


ほな今日もがんばっていきましょう~ (^з^)-☆Chu!!

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

やっと出会えた基本書です

投資にかぎらず、ビジネスにおいてもなぜそのような行動をおこすのかには、
必ずバックボーンとなる理論・戦略を身につけていないと多くの競争相手に勝つことはできません。
この著書は、その基本となる理論・戦略を身につけるための基本書です。
これからの長い道のりで迷った時に再度読み返すことで基本に立ち返らせてくれる・・・そんな本です。
店頭で手にすることはできません。自分へのささやかな投資です。ぜひ手にしてください。


「チャートを動かす大衆心理を利用して相場から利益を上げる22の技術」の感想

きちんとテクニカル分析の学習をしたい、と思っても、
一般書籍などでは様々なテクニカル指標やツールの使い方に関するものばかりで、
相場の本質に根ざした原理原則から学べる教材はほとんどありませんでした。
維新の介さんのこのテキストは本当に実践的で役に立つものですが、さらにとにかくわかりやすいです。
目からウロコの連続でした。
はーそうだったのかー、と今までのトレードを振り返ってみて、ちょっと悲しい気持ちにさえなりました。
この内容でこの価格は破格だと思います。


大衆心理を利用して利益を上げる!FXテクニカル分析22の技術

【維新の介著】
>>大衆心理を利用して利益を上げる!FXテクニカル分析22の技術


1日1回、応援クリックよろしくお願いします^^♪
  ↓

テクニカル分析ブログ





関連記事
[ 2015/06/19 08:43 ] MACDルールで見る本日の流れ | TB(-) | CM(-)