MACDルールとダウ理論で見る本日のテクニカル分析【5月5日(火)】







【5月5日(火)のテクニカル分析】

おはようございます(^^)

本日のユロ円の流れです。


【ユーロ/円】4時間足
FX テクニカル分析 ブログ トレード手法


MACDルールは不成立
長期(青)は上昇ダウ継続


4時間足の上昇「勢い」が収束しましたね
でも日足はまだ「勢い」がありますので
上昇継続の可能性はあります


短期(緑)も上昇ダウを築いていますが
ちょっと大き目の押し目を作りつつあります


もちろん押し目とならずに
このままいっきに下げてくる可能性もありますので注意(^^;)



【ユーロ/円】1時間足
FX テクニカル分析 ブログ 1時間足 トレード手法


MACDルールは上で成立していたのが
崩れつつあります


長期(青)は上昇ダウ継続
でも短期(緑)は下げダウ中で
直近安値もわずかに割ってきたか?


でもまだ主要ラインには支えられていますので
ここで反発すれば
大きめの押し目から再度上昇につながる可能性があります


というわけで
決めないといけないのは
レートがどこまで上昇したら反発したとするのか?
ということ(^^)


こういう部分を明確にしていないと
トレードがぶれぶれになるんです


高値を更新してから?
安値を切り上げてから?
移動平均線が上昇したら?
オシレーターが反転したら?
一目の雲を上抜いたら?


いろいろあるとは思いますが
自分のやり方ってのを持っておくことが勝ちトレーダーの条件です


あ、もちろん
ラインを下抜けて下げてくることもありますので注意


では現在(8:36)の相場状況です


4時間足は長期的にも短期的にも買い方が優勢


1時間足は長期的には買い方が優勢ですが
短期的には売り方が優勢です


5分足は長期的にも短期的にも売り方が優勢ですね


というわけで
上位足方向にトレード・・・と言いたいところなのですが
1時間足が売り方優勢になっていますので
少なくともこれが買い方優勢になるまでは
買うにしても売るにしてもせいぜい1分足レベルのトレードしかできないです


もしくは
反転するとふんで
値動きの上下幅が広いことを前提として
5分足レベルで買っていくか・・・ですね


1時間足のピンク水平ラインを下抜いたら
5分足レベルで下げを獲れるかも


ほな今日もがんばっていきましょう~ (^з^)-☆Chu!!

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

最初に知っておくこと

何故、勝ちトレーダーになるには時間がかかるのか。
そんな疑問の回答の一つにトレードを初めて、
何を知識として知っていればいいのかを端的に身に着けていないということが挙げられます。
あれでもない、これでもないと、勝てるための基本を自分なりに精査するのに時間がかかるという側面が
トレードを続けていく中にはあります。
そんな時間の無駄を省き、勝ちトレードの基本を知るにはふさわしい一冊です。
基本こそ大切。基本なしにはその上に何も積み上がりません。



感想文

私はFXを始めて10冊以上の参考書を購入し学んできましたがこの本に出合って感動しました、
それは「トレードの待ち方」でした、
私は長期も短期も上っている時は買いと学んで来ましたがそうではないと気付き目から鱗でした、
これからは此れを頭に叩き込んで勝率を上げたいと考えています。
有難うございました。


大衆心理を利用して利益を上げる!FXテクニカル分析22の技術

【維新の介著】
>>大衆心理を利用して利益を上げる!FXテクニカル分析22の技術


1日1回、応援クリックよろしくお願いします^^♪
  ↓

テクニカル分析ブログ




□*■*□*■*□*■*□*■*□*■*□*■*□*■*□*■*□

【5月5日 火曜日の経済指標】

18:00 欧) 卸売物価指数

21:30 米) 貿易収支

23:00 米) ISM非製造業景況指数


関連記事
[ 2015/05/05 08:40 ] MACDルールで見る本日の流れ | TB(-) | CM(-)