MACDルールとダウ理論で見る本日のテクニカル分析【4月20日(月)】







【4月20日(月)のテクニカル分析】

おはようございます(^^)

本日のユロ円の流れです。


【ユーロ/円】4時間足
FX テクニカル分析 ブログ 4時間足 トレード手法


MACDルールは崩れつつあります
長期(青)は高値を切り下げ安値を更新
下げダウです


それに対して短期(緑)は
安値を切り上げ高値を更新
つまり上昇ダウ形成中


ということは
これだけでトレードは難しくなりがちなのがわかりますね(^^)


できるだけ上位足が形成しているダウの方向へとトレードすること
かなり勝率と損益率が変わりますよ


レートは上値が重いエリアにありますね
上抜けもよし
反転下落もよし


どちらに動こうが
方向がわかりやすい相場になりそうです



【ユーロ/円】1時間足
FX テクニカル分析 ブログ 1時間足 トレード手法


MACDルールは不成立
長期(青)は上昇ダウ継続中


ただ短期(緑)が
一応上昇ダウを形成しているのですが
その高値更新がほとんどなくなってきました


しかも上値が重くて当然のライン付近で・・・


反転下落あるか?
でも下支えになりそうなラインも
ここまでの過程で何本か確定してきたので
すんなりとは下げないか?


何にしても
「エリア」をハッキリさせてくれているので
トレードや相場環境はわかりやすくなりそう(^^)


では現在(8:40)の相場状況です


4時間足は長期的&短期的な損益分岐点が集中している付近で
上値が重たくなっています


上のチャートのようにラインも引くことができるし
損益分岐点も集中しているため
けっこう重要な局面かもしれませんね


1時間足は長期的にも短期的にも買い方が優勢で
5分足も同じく長短ともに買い方が優勢です


ただ5分足も
短期的な損益分岐点上にあり
割ってきてちょっと下げるか
そのまま反発上昇となるかを見定めたいところ


ほな今日もがんばっていきましょう~ (^з^)-☆Chu!!

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

22の技術

私の場合、FXを意識して一か月未満でこの本を手にしましたが、一回目の理解度は自分では50点ぐらい、まず、専門用語で苦労、現在、実践を初めて約一か月、特段の大きな失敗もなく、”まだまだ成果が十分上がらないな”とポイントピックアップで読み返す、、。回を重ねるたびに「こんなことが書いてあったのか」と理解度が深まる気がします。素晴らしい解説書です。


勉強になりました

今の私にとって非常に役に立ちました。去年から情報商材を買ってトレードしていましたが、基礎力ほとんどゼロの状態で始めたせいかトータル成果なしだったのです。相場分析の方法を何も知らないで人の手法を真似てもダメ、は本当でした。維新の介さんのこの本で、基礎以上の事が学べました。素晴らしい本だと思います。本の最後には教訓も書かれています。投資に限らずの事で、人生を本当の意味で豊かにするにはこういう姿勢でいることが大事ですね。


大衆心理を利用して利益を上げる!FXテクニカル分析22の技術

【維新の介著】
>>大衆心理を利用して利益を上げる!FXテクニカル分析22の技術


1日1回、応援クリックよろしくお願いします^^♪
  ↓

テクニカル分析ブログ




□*■*□*■*□*■*□*■*□*■*□*■*□*■*□*■*□

【4月20日 月曜日の経済指標】

08:50 日) 第三次産業活動指数

18:00 欧) 建設支出


関連記事
[ 2015/04/20 08:43 ] MACDルールで見る本日の流れ | TB(-) | CM(-)