MACDルールとダウ理論で見る本日のテクニカル分析【4月2日(木)】






【4月2日(木)のテクニカル分析】

おはようございます(^^)

本日のユロ円の流れです。


【ユーロ/円】4時間足
FX テクニカル分析 ブログ 4時間足


MACDルールは不成立
長期(青)は下げダウ中


短期(緑)も下げダウ継続ですが
下げづらい値動きになってきましたね


実際下げ幅も減りダイバージェンス発生
日足への下げ「勢い」の波及もなし


転換が近い?



【ユーロ/円】1時間足
FX テクニカル分析 ブログ 1時間足


MACDルールは下で成立
長期(青)は下げダウ継続で
短期(緑)も下げダウ中


転換が近い?とは言っても
こうも下げ下げだとねぇ~(^^;)


売り相場の間は売っていくこと
これはトレンドフォローの基本です


買い方が優勢になれば買えばいい
売り方が優勢の間は売ればいい


その時相場に「勢い」があれば
押し目戻り目でさらに下位足を見ながら増し玉したらいい


トレードってけっこうこれだけ


だったらどこでエントリーしたらいいのさ!?


ってなるかもしれないけど
エントリーのタイミングばっかり考えてたらトレードはどんどん難しくなるばかり


大切なのは損切りポイントの決め方と
そこが上位足から見て値幅が期待できるところなのかどうか?


その2つはとても重要だけれども
エントリーポイントに関しては
絶対にここでないとダメ!!ってのはありません


上位足が買い方優勢で伸びそうな状況なら
下位足でも買い方が優勢になったところで買ったらいいんとちゃう?
そんな感じ(^^)


では現在(8:15)の相場状況(←都合によりいつもよりちょっと早いです)


4時間足は長期的にも短期的にも売り方が優勢
だけど「わずか」に上昇圧力が強くなってきている


1時間足も同じく
長期的にも短期的にも売り方が優勢ですが
すぐ上に短期的な損益分岐点が存在しているため
少し買いが進めばその後続けて買い方に偏る可能性あり


5分足は長期的に売り方が優勢ですが
短期的には買い方が優勢
つまりレンジ気味に推移しやすい状況


どちらかに抜けてほしいですね


ほな今日もがんばっていきましょう~ (^з^)-☆Chu!!

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

もっと早く維新の介さんを知りたかった

もっと早く維新の介さんを知りたかった。
今まで、本当の意味も分からず、ダイバージェンスやトレンドラインを引いてサイクルの転換を狙っていたが、一番難しいところで売買しているのに気づきました。
このレポートを読むと、人の心理が手に取るように分かり、チャート画面の裏には大勢の人がいて、トレードチャンスを虎視眈々と狙っている。油断した時点でやられることを再認識しました。「基本は大事だよ。」とよく言われますが、本当に大事なんですね。ダウ、移動平均、ストキャス、ボリンジャーなどこのレポートで勉強し直しです。


理解しやすく書かれています。

大衆の心理がチャートを作っていることは
なんとなく分かってはいましたが、
こういう考えの人たちがどう行動するのかなどが
具体的に解説されていて非常に分かりやすかったです。
相場の本質的なことを書かれていて、何度も読み返したくなる内容です。


大衆心理を利用して利益を上げる!FXテクニカル分析22の技術

【維新の介著】
>>大衆心理を利用して利益を上げる!FXテクニカル分析22の技術


1日1回、応援クリックよろしくお願いします^^♪
  ↓

テクニカル分析ブログ




□*■*□*■*□*■*□*■*□*■*□*■*□*■*□*■*□

【4月2日 木曜日の経済指標】

08:50 日) マネタリーベース

08:50 日) 対外対内証券売買契約等の状況

20:30 米) チャレンジャー人員削減数

21:00 米) イエレン米連邦準備理事会(FRB)議長発言

21:30 米) 新規失業保険申請件数

21:30 米) 貿易収支

23:00 米) 製造業新規受注


関連記事
[ 2015/04/02 08:20 ] MACDルールで見る本日の流れ | TB(-) | CM(-)