MACDルールとダウ理論で見る本日のテクニカル分析【3月27日(金)】






【3月27日(金)のテクニカル分析】

おはようございます(^^)

本日のユロ円の流れです。


【ユーロ/円】日足
FX テクニカル分析 ブログ 日足


昨日の記事で日足も見てください・・って書いたので
見てみましょう(^^)


上値が重い理由がこれですね
レジサポの逆転になりそうなところだったわけです


さらに4時間足の短期、1時間足の長期のレベルで高値を切り下げ
ならば一度下げてしまえばそれなりに下げてくる可能性が高いですね


日足ってのは
その日のトレードの方向性を決めるのに非常に大切ですよ


4時間足や1時間足では見落としがちな
重要な要素が隠れていることもあります



【ユーロ/円】4時間足
FX テクニカル分析 ブログ 4時間足


MACDルールは不成立
長期(青)は下げダウ継続ですね


短期(緑)は上昇ダウを築いていたのが
日足レベルのレジスタンスで高値を切り下げ
その後安値も割ってきました


ただ昨日も書きましたように
4時間足に下支えが存在しており
現在ちょっと引っかかっています


反転上昇するのか
それともさらに下げるのか
ちょっと見届けてから動きたいかな



【ユーロ/円】1時間足
FX テクニカル分析 ブログ 1時間足


MACDルールは下で成立
長期(青)は高値切り下げの安値更新


短期(緑)も下げダウです


一度ダマシ的な下げがあってから
本格下げに転じました


これは一昨日書いたように
若干根拠の薄いあやふやなライン(ピンク)でしたので
ダマシは想定内


では現在(8:40)の相場状況です


4時間足は長期的には売り方が優勢ですが
短期的には買い方が優勢であり
その短期的な損益分岐点で現在レートが支えれらています


1時間足は長期的にも短期的にも売り方が優勢ですが
4時間足の支えがあるため
売り追随はけっこう難しい


個人的には昨夜の下げの買戻しの動きに乗りたい
でももちろん
その動きの前に4時間足の下支えを抜けてきたら売り目線


5分足は長期的にも短期的にも売り方が優勢
少なくとも短期的に買い方が優勢にならなければ
ちょっと買っていくのは怖いかな?


それまでは売り目線ですね


ほな今日もがんばっていきましょう~ (^з^)-☆Chu!!

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

感想

まず相場環境を認識し、注文が集中しているポイントを把握し、ポイントが来るまで待てるようになってきた。これにより、無駄なエントリーも減ったし、勝率も良くなった。また、本書に利益の伸ばし方も記載してあり、それに従い、利益も伸ばせるようになった。


維新の介のFX22の技術本について

非常に読みやすく、初心者には参入前に読んでおく本として。ある程度のレベルのトレーダーにとっては自身のスタイルに磨き・見直しをかけるきっかとなる本として。素晴らしい本です。難しい語彙や表現で煙にまくようなところもなく、何より、無駄に厚くなくて、読み終えることができるので私にとってベストの
本でした。価格以上の価値ありです。
個人的には、個別に理解していたテクニカル指標が有機的につながったような気がしています。


大衆心理を利用して利益を上げる!FXテクニカル分析22の技術

【維新の介著】
>>大衆心理を利用して利益を上げる!FXテクニカル分析22の技術


1日1回、応援クリックよろしくお願いします^^♪
  ↓

テクニカル分析ブログ




□*■*□*■*□*■*□*■*□*■*□*■*□*■*□*■*□

【3月27日 金曜日の経済指標】

08:30 日) 全世帯家計調査 消費支出

08:30 日) 失業率

08:30 日) 有効求人倍率

08:30 日) 全国消費者物価指数

08:30 日) 東京都区部消費者物価指数


08:50 日) 小売業販売額

08:50 日) 大型小売店

21:30 米) 四半期実質国内総生産

23:00 米) ミシガン大学消費者態度指数


関連記事
[ 2015/03/27 08:44 ] MACDルールで見る本日の流れ | TB(-) | CM(-)