MACDルールとダウ理論で見る本日のテクニカル分析【3月16日(月)】



【3月16日(月)のテクニカル分析】

おはようございます(^^)

本日のユロ円の流れです。


【ユーロ/円】4時間足
FX テクニカル分析 ブログ 4時間足


MACDルールは下で成立
長期(青)は下げダウで
短期(緑)も下げダウ継続


日足はまだ下げ「勢い」がありますが
4時間足がいったん収束


でも「日足チャート」を見ると
先日引いていた水平ラインを下に割ってきているのがわかると思います
(すみません!自分で引いてみてくださいね!)


とすると
相場環境的にはまだ下げ可能性がありますね
まだレートは日足ボリンジャーバンドの-2σよりも外にあるし
だいぶ下げ圧力強いんで


でも4時間足の下げ「勢い」は
収束したボリンジャーバンドの-2σ付近なので
ある程度の反発も考慮しておいたほうがいいでしょう



【ユーロ/円】1時間足
FX テクニカル分析 ブログ 1時間足


MACDルールは下で成立
長期(青)は下げダウ


短期(緑)は
高値をわずかに更新したところからの安値割れ


更新したといっても
ほぼほぼ同レベルで頭打ち後の安値割れ


しかもその安値はレジサポ逆転ラインで
上位足が下げ状況の中で売り方優勢に傾いたサイン
もう売っていくしかないですよね


で、4時間足の下げ「勢い」が失われた状態で
1時間足の下げ「勢い」は半減


もうちょい安値を試すか
それとも戻しに入るか
まだ判断はつけられません


ただ、全体の流れは完全に下げ相場


では現在(8:38)の相場状況です


4時間足は長期的にも短期的にも売り方が優勢
1時間足も同じく売り方が優勢です


いったん短期的に買い方が優勢になっていましたが
再度売り方が優勢になりましたね
ちょうどネックラインからです


だからそのネックラインを割ったところからは
完全に下げ相場
ただ売ればOK!ってやつ


5分足も長期的にも短期的にも売り方が優勢ですが
短期的な損益分岐点はレートのすぐ上に存在するため
ちょっと買いが入れば
短期的な買い方優勢相場となります


そうなってくるとトレードは難しいですが
逆に言えば
再度売り方が優勢になれば売っていけばいいということでもあります


ちょっと難しかったかな?
ちなみにこの「相場状況」で言う「短期的」「長期的」というのは
移動平均線とは関係ありませんよ


ほな今日もがんばっていきましょう~ (^з^)-☆Chu!!

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

風を感じ始めました。

まだデモトレーダーの初心者です。投資本も5冊読みました。3万利確で10万損切。5万利確で20万損切。こんな状態が続き、500万のデモ資金もなくなってしまいました。
再度、100万のデモ資金で始めましたが、また損失続き。
そこで目に止まったのが“22の技術” 安価だし、内容に疑問を感じ2か月間悩みました。
購入後、何度も読み実践していると、まだ大きく利益をだしていませんが、損失が少なくなってきました。現在下げ止まり状態のトントンです。
森に入って果実を収穫するにあたって、果実の見分け方、採取の仕方、保存の方法。
このような技法よりも、
森を見なさい。空を見なさい。風を感じなさい。
それから森に入りなさい。
そんな教本です。痛い思いをした人が読むといいと思います。井の中の蛙大海を教えられました。


22の技術

何しろFXの基本中の基本を丁寧に書いてあること、もちろん筆者は現役の維新の介氏なので、上っ面だけを書いてあるのではなく、素人でもわかりやすく書いてあるのでかなり参考になる、というかここが私の原点と言っていいほど、参考になった本です。

FXって、否、FXだけではないですが基本をしらないと上にはあがれないし、また基本がわかってもFXする際のココロ、精神についても書いてあるのでFX素人であるなら必読書ですね。

大衆心理を利用して利益を上げる!FXテクニカル分析22の技術

【維新の介著】
>>大衆心理を利用して利益を上げる!FXテクニカル分析22の技術


1日1回、応援クリックよろしくお願いします^^♪
  ↓

テクニカル分析ブログ




□*■*□*■*□*■*□*■*□*■*□*■*□*■*□*■*□

【3月16日 月曜日の経済指標】

未 定 日) 日銀 金融政策決定会合(1日目)

21:30 米) ニューヨーク連銀製造業景気指数

22:15 米) 鉱工業生産

22:15 米) 設備稼働率

23:00 米) NAHB住宅市場指数

27:45 欧) ドラギ欧州中央銀行(ECB)総裁発言

29:00 米) 対米証券投資


関連記事
[ 2015/03/16 08:43 ] MACDルールで見る本日の流れ | TB(-) | CM(-)