相場に振り回されないためにはダウ理論を理解すること 本日のテクニカル分析【6月26日(月)】


【6月26日(月)のテクニカル分析】

おはようございます(^^)
維新の介です


では本日のドル円の流れです


【ドル/円】4時間足
FX テクニカル分析 ブログ 4時間足 トレード手法


MACDルールは不成立
長期(青)は安値切り上げなき高値更新


というわけで
いったん安値を確定するために下げてきそう


しかも上値は
過去の高値ラインが抵抗線として有効に働き
週足の移動平均線(水色)も下げていて非常に重く


さらに短期(緑)は
徐々に高値を切り下げ安値も更新中


でも下げない(笑


過去の高値が今度はサポートしつつあることと
日足移動平均線(赤)が支えていることにより
手仕舞いの売りの勢力と日足方向への買い勢力とがぶつかっています


つまり
週足は下げ
日足は上げ
4時間足は下げ


バラバラである上に
それぞれの方向はちゃんと根拠があってのことなので
ちょいと厄介な相場になっています



【ドル/円】1時間足
FX テクニカル分析 ブログ 1時間足 トレード手法


MACDルールは不成立
長期(青)は高値を切り下げ安値を更新
ゆるやかながら下げダウ継続です


短期(緑)も同じく
ゆるやかに高値を切り下げ安値を更新
やはり下げダウ中


4時間足の移動平均線にもおさえられて
下げそうなのに下げない(笑


4時間足で「高値を更新」しているのがやっかいですね


もしこれが
4時間足の「高値切り下げ位置」で起こっている形であれば
ほぼ間違いなくすんなり下げてきています


高値を更新したことによって
今度は押し目からの上昇を期待する買いが入ってくるため
高値切り下げ状態からよりも極端に下げにくくなり
それは当然1時間足の難しさ
ひいてはデイトレの負け要素となってきます


ダウってのはテクニカル分析の基本中の基本ですが
こうやって「どのように投資家が行動するのか?」
というところにまで落とし込んで考えているトレーダーは案外いません


相場環境というのは
結局は投資家(トレーダー)がどのように動こうとしているのか?
を考えることでもあるので
テクニックに走りすぎず
ちゃんと根本的なところを意識しながらチャートを見るようにしてください


そしてそれが
相場に飲み込まれないコツでもあります


ほな
今日もがんばっていきましょう~ (*´ω`*)



期間限定で無料(送料のみ)です
 ↓
【維新の介著】「無料!(送料負担のみ)」
>>大衆心理を利用して利益を上げる!FXテクニカル分析22の技術


コチラは無料のレポート
 ↓
>>【無料レポート!!】 トレードで勝つには下手なほうがいい!!

 ~突き詰めようとして勝てなくなるトレーダーたち~

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

バイブルの1つになりそうです

トレードの基礎であり、決して飛び越えてはいけない重要な知識が凝縮して詰め込まれてる一冊だと思います。
初級トレーダーなら持っておくと絶対為になると思います。
私の場合は、自分がどれだけ曖昧な知識でトレードしていたのかを、思わず何度も苦笑しながら謝ってしまうほど指摘してくれました...。
この一冊に出会って、トレードに対する自分がガラッと変われてきていると思います。
とても感謝しています。
論理的思考で解説してくれているので、とても納得でき、冷静な判断力もつくと思います。
維新流の介さんのサクサクとした論理的解説が好きになり、さらに深掘りしたトレード関連商品が欲しくなり、ワクワクしながら購入しました。
そちらも気に入っています。
それら含め、この一冊も何度も読み返して消化し、トレード力アップに繋げたいと思います。
本当にありがとうございます。


基礎知識に対する理解

初めは維新流トレード術を手にするか迷いました。
どの本も、表面上の知識[インターネットでも検索できる内容]しか書いてなく、
知った気になれても、いざ実践する場面になると、結果的に負けてきたからです。
 しかし、それはテクニカル分析の根底にある相場の原理原則という観点から相場と向き合う為の知識が無いことに、この本に出合うことで理解することが出来ました。
 今は相場に通じる時間で変化しない原理原則をより深く考えることで収支が若干ながらが安定してきました。
これからも勉強は続けていきます。
因みに、買う決意をした本当の理由は、送料以外の資金が無料であったことが一番の要因です。


今迄、手法ばかりにとらわれていました。

もう10年も前に読んだ、本に書いてあった通りにトレードをして大負けをしました。
その後、相場を見ることからも遠ざかりました。
まだ、リアルトレードをするに当たっての資金がないので、日々勉強をしている最中ですが、
過去の負けた理由がだんだん解るようになってきました。
この教材は武道の教えで言うところの、「守破離」の守としては最高の書籍だと信じます。



1日1回、応援クリックよろしくお願いします^^♪
  ↓

テクニカル分析ブログ





関連記事
[ 2017/06/26 08:44 ] MACDルールで見る本日の流れ | TB(-) | CM(-)

トレードにおける「対応力」 本日のテクニカル分析【6月23日(金)】


【6月23日(金)のテクニカル分析】

おはようございます(^^)
維新の介です


では本日のドル円の流れです


【ドル/円】4時間足
FX テクニカル分析 ブログ 4時間足 トレード手法


MACDルールは不成立
長期(青)は安値切り上げなき高値更新


しかし
過去の高値ラインや週足移動平均線(水色)に頭をおさえられ
少し停滞


手仕舞いの売りが入るかな?というところですが
日足の移動平均線(赤)に支えられているため
それも微妙に難しい


というわけで
日足レベルの押し目買い勢力と
1時間~4時間足の手仕舞いの売りの勢力がやりあってるという
少し嫌な相場


長期(青)レベルでしっかりと高値を更新しているため
また
日足移動平均線(赤)に支えれらかけているため
短期(緑)レベルでトレンドの反転があれば
再度上昇に転ずる可能性があります


もちろん
現在は短期(緑)が下げダウを築いているので
デイトレであれば目先は売り目線


ですがその売りトレードは
4時間(長期)~日足レベルの押し目買い勢力とケンカしながらのトレードになるので
上位足があきらめるレベルの損切り集中ラインを割ってくるまでは
難しい相場になる可能性が高いわけです



【ドル/円】1時間足
FX テクニカル分析 ブログ 1時間足 トレード手法


MACDルールは不成立
長期(青)は高値を切り下げ安値も更新
下げトレンドです


短期(緑)は安値を切り上げ高値を更新
上昇ダウですが
4時間足の移動平均線(赤)に上値をおさえられていますので
上昇しあぐねているか?


抵抗線になりそうな節目ラインにも到達しているし
下位足次第では反転下落可能性があります


しかし日足移動平均線(水色)が支えているため
短期レベルの下げが長期(青)直近安値よりも上で上昇に転じたとき
今度は日足(水色)&4時間足(赤)の移動平均線に支えられて
さらに上昇継続する可能性もあります


という具合に
いつもお伝えしていますが
常に買いと売りのシナリオを
何がどのようになったときにどうなるのか?という考えとともに描いておくことが
トレードにおける「対処力(対応力)」につながります


ボーっとチャートを眺めていたって
何年もただチャートを見続けていたって
トレード力は身につきませんよ!


ほな
今日もがんばっていきましょう~ (*´ω`*)



期間限定で無料(送料のみ)です
 ↓
【維新の介著】「無料!(送料負担のみ)」
>>大衆心理を利用して利益を上げる!FXテクニカル分析22の技術


コチラは無料のレポート
 ↓
>>【無料レポート!!】 トレードで勝つには下手なほうがいい!!

 ~突き詰めようとして勝てなくなるトレーダーたち~

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

出会えて良かった。

レビュー遅くなりました。
維新の介さんの書籍に出会えて本当良かったとおもいます。
他のFXの書籍に書いてあるテクニカル分析では、内容が浅く正直使え無いものばかり。
もう、FXは辞めようと思ってましたが、最後に 維新の介さんの書籍にかけました。
その後、今は FXに夢中です。
維新の介さんありがとうございます。


本物でした

今まで、勝てる本、毎日◯円勝てる本、◯年で◯億円にした、◯円からはじめるFX、負けないトレード、他数冊…
みんなそこそこの値段で購入しました。
どの本も 全く違う本のハズなのに内容、手法、よく読めば構成まで同じ。何冊も高い金を出して買った意味がなかった。
古本屋さんに売りにだしたら、10円〜30円だった。
やっぱりその程度の価値なのだろうと諦めた
そして 維新流 「大衆心理を利用して利益を上げる」をネットで発見‼️
パチンコも心理戦で25年負け無しなので 「心理」に惹かれて購入しました
一通り読んでみて、オシレーターの見方、意味、他の本での教えとは全然違うのにビックリしました
本の内容そのままでミスはしながらも プラスになったは初めてです
エントリーポイントも損切りポイントも 何故そのタイミングなのか?納得出来ました
まだまだ、失敗が多いですが、将来が楽しみになりました
この本に出会えて 本当に良かったと思います


どこよりも丁寧で分かり易い

FXに関しては全くの素人だった私が、今ではかなりのことが理解できる上に、少しずつ自身が芽生えて来ています。
無意識的有能に至るにはまだいささか時間が必要です。
しかし、これはもはや毎日の積み重ねであり、維新流を実践していれば必ず到達できるポイントであると確信しています。
私にとって、教材関連の動画を見る場合、信用の基準ともなるのが音声です。製作者の声から伝わる情報がとても重要です。
これまで聞いてきた中では、維新さんの声が一番信頼の置ける声であり、それこそ安心して聞いていられます。
そして、その結果は、動画の内容に違わず正確です。
これまでは、FXの根本が理解できずに二の足を踏んいたものが、今や視野が180°転換した気分です。
維新流に出会えて本当に良かったと感じています。


期間限定で無料(送料のみ)です
 ↓
【維新の介著】「無料!(送料負担のみ)」
>>大衆心理を利用して利益を上げる!FXテクニカル分析22の技術


1日1回、応援クリックよろしくお願いします^^♪
  ↓

テクニカル分析ブログ





関連記事
[ 2017/06/23 08:42 ] MACDルールで見る本日の流れ | TB(-) | CM(-)

デイトレードといえども日足の方向性は無視できない 本日のテクニカル分析【6月22日(木)】


【6月22日(木)のテクニカル分析】

おはようございます(^^)
維新の介です


では本日のドル円の流れです


【ドル/円】4時間足
FX テクニカル分析 ブログ 4時間足 トレード手法


MACDルールは不成立
長期(青)は安値を更新したところから
安値切り上げなき高値更新


しかし過去の高値による抵抗線となりそうな節目が多かったこと
週足の移動平均線(水色)が下げていること等から
少々上値が重たくなってきていました


高値更新幅も狭めて
さらに短期(緑)レベルでは高値を切り下げか?


まだ確定してきた(直近安値を割ってきた)わけではありませんが
下位足次第では簡単に崩れそうな形になってきましたね


ただ
日足移動平均線(赤)が支えていますので
ただの保ち合いから長期(青)レベルの安値を築き
再度上値を越えて上昇していくシナリオも必要です



【ドル/円】1時間足
FX テクニカル分析 ブログ 1時間足 トレード手法


MACDルールは不成立
長期(青)は安値を切り上げ高値を更新していましたが
ここで高値切り下げか?


短期(緑)は安値を切り上げかけたが
高値切り下げ?


長期(青)レベルで前回の高値を越えていないポイントで
短期(緑)レベルが高値を切り下げ安値を更新したら
その後手仕舞いの売りにつながりやすいです


さらに損切りも巻き込みやすい形になっていればいいですね


ただ日足移動平均線(水色)が支えていますので
そうなったとしてもどこまで素直に下げるか・・・
ちょっと気をつけなければいけない要素です


また
日足に目を移すと(※チャートは貼ってませんの各自でご確認ください)
大きな流れの中の安値切り上げポイントで
短期的にも高値を更新
短期中期レベルの移動平均線にも支えれらているので
買い圧力が高まっているエリア


ということは
この1時間足でもそんなに下げることなく
適当な節目に支えらえてしまえば
再度上昇につながる可能性もあるか?


というわけで
いつも以上にサポートラインになりそうな節目の存在には気をつけましょう


ほな
今日もがんばっていきましょう~ (*´ω`*)



期間限定で無料(送料のみ)です
 ↓
【維新の介著】「無料!(送料負担のみ)」
>>大衆心理を利用して利益を上げる!FXテクニカル分析22の技術


コチラは無料のレポート
 ↓
>>【無料レポート!!】 トレードで勝つには下手なほうがいい!!

 ~突き詰めようとして勝てなくなるトレーダーたち~

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

わかりやすい!!

FXの書籍はテクニックや手法を教える本が多かったのですが、
この本は、相場の根本的な見方を教えてくれます。
基礎は非常に大事なことを改めて認識できましたし、さらに、根本的な事がわかってくると、
どのインジケーターでも使えると思えてきます。
インジケーターに頼らないで、ダウと移動平均線、水平線、トレンドラインだけでトレードが出来ることも見えてきました。
とても良い本です。


衝撃を受けた

ショックでした。今まで自分が学んでいた事はなんだったのかと・・・

何度も繰り返し読み返して、実践も続けていく必要があり、その人それぞれ相応の時間がかかると思いますが、
そのあかつきには、本の内容が「自分のトレード」になっているだろうと、強く期待が持てます。

本を読んでまず、思考回路が変わりました。
気持ちも安定しました。正しい内容を知る事ができたことへの安心感ではないでしょうか。
この本の内容をしっかりと理解して実践する事は、結果を出すために必要不可欠だと思います。

もう色々と手法やインジケーターを探さなくて良いし、迷う必要もない、ひたすら実践し、
上手くいかないところを見直してやり直し、そしてまた実践し、の繰り返しだと思います。

もし、この本の内容をしっかりと落とし込んで実践しても、結果がでなかった場合は、もうトレードを諦める覚悟です。
維新の介さんの内容でダメなら、もう他には無いと思っているからです。


移動平均線のバイブル

少し前から他の教材を使ってFXの勉強をしていました。
自分でシナリオを立ててトレードをすることが大事ということはわかったのですが、
浅い知識だけではチャートの見方が全然わからず、行き詰まっていました。
そんな時に、この本に出会いました。まず内容の濃さにびっくりでした。
特に、移動平均線に関してこんなに丁寧に解説してある本は見たことがありません。
また、ダウ理論やグランビルの法則を学ぶうちに だんだんとシナリオを描くということができるようになってきました。
まだデモトレードでしかやっていませんが、勝てる日が多くなって楽しくなってきました。
おそらくこの本に出会ってなければFXのことはあきらめてたと思います。本当にありがとうございました。


期間限定で無料(送料のみ)です
 ↓
【維新の介著】「無料!(送料負担のみ)」
>>大衆心理を利用して利益を上げる!FXテクニカル分析22の技術


1日1回、応援クリックよろしくお願いします^^♪
  ↓

テクニカル分析ブログ





関連記事
[ 2017/06/22 08:38 ] MACDルールで見る本日の流れ | TB(-) | CM(-)

相場環境の現象と根拠 本日のテクニカル分析【6月21日(水)】


【6月21日(水)のテクニカル分析】

おはようございます(^^)
維新の介です


では本日のドル円の流れです


【ドル/円】4時間足
FX テクニカル分析 ブログ 4時間足 トレード手法


MACDルールは不成立
長期(青)は安値更新からいっきに高値更新


日足移動平均線(赤)がまだ水平なこと
週足移動平均線(水色)が頭をおさえていること
そして過去の高値で抵抗線になりそうな節目が集中していること等から
少々上値が重たくなってきています


短期(緑)は安値を切り上げ高値を更新
上昇トレンド継続です


ですが
その上昇幅を前回よりも大幅に狭め
上昇勢いが失われつつあるのがわかります


ここで
ただ単に上昇勢いがなくなったな~というだけでは根拠不足


上で書いたように
移動平均線や抵抗線の存在とともに考えるから
その「勢いがなくなった」に根拠がついてくるんです


もし上値をおさえてくる理由がなければ
ここは単に
さらなる上昇のための押し目(保合い)である可能性が高くなります


勢いがなくなった ⇒ ただの現象
上値に抵抗が存在する ⇒ 根拠


ってことです


ここらへんを複合的に見てあげることが
相場環境の判断には重要になってきます


というわけで
ここでは上値が根拠つきで重たいので
ただ「勢いが減少」しただけの場合に比べて
手仕舞いの売りが入りやすくなり
売りで入った場合の勝率や値幅がアップします


ただし
短期(緑)レベルで上昇ダウを築いているので
まだ上昇トレンドが終わったわけではありません


そこらへんは「リスク」として認識しておく必要があります


また
4時間足(青)の移動平均線が上昇中であることからも
いったん下げてもすぐに戻す(上昇する)可能性も高いです



【ドル/円】1時間足
FX テクニカル分析 ブログ 1時間足 トレード手法


MACDルールは上で成立
長期(青)は安値を切り上げ高値も更新
上昇ダウ継続です


ですが
その上昇幅を減少させてきましたので勢いが失われてきたか?


短期(緑)は高値を切り下げ安値を更新するかどうか?
ということころ


1時間足の移動平均線(青)は下げていますが
4時間足の移動平均線(赤)は上昇中


反転上昇リスクに注意するとともに
手仕舞いの売りのためにいったん大きく下抜けてくる可能性もあります


ただちょっと水平気味になってきた?(赤)
ってことは
上昇中よりも下抜けしやすいですね


抜けてもすぐに
レジサポ逆転ラインが存在しますし
さらにその下にも存在しているため
それらの節目では急反発に対する警戒が必要


そしてなにより
長期(青)ではまだ上昇ダウが継続していること


短期(緑)レベルの上方トレンド転換があれば
再度高値を目指す可能性はあります


ほな
今日もがんばっていきましょう~ (*´ω`*)



期間限定で無料(送料のみ)です
 ↓
【維新の介著】「無料!(送料負担のみ)」
>>大衆心理を利用して利益を上げる!FXテクニカル分析22の技術


コチラは無料のレポート
 ↓
>>【無料レポート!!】 トレードで勝つには下手なほうがいい!!

 ~突き詰めようとして勝てなくなるトレーダーたち~

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

出会えて良かった。

レビュー遅くなりました。
維新の介さんの書籍に出会えて本当良かったとおもいます。
他のFXの書籍に書いてあるテクニカル分析では、内容が浅く正直使え無いものばかり。
もう、FXは辞めようと思ってましたが、最後に 維新の介さんの書籍にかけました。
その後、今は FXに夢中です。
維新の介さんありがとうございます。


本物でした

今まで、勝てる本、毎日◯円勝てる本、◯年で◯億円にした、◯円からはじめるFX、負けないトレード、他数冊…
みんなそこそこの値段で購入しました。
どの本も 全く違う本のハズなのに内容、手法、よく読めば構成まで同じ。何冊も高い金を出して買った意味がなかった。
古本屋さんに売りにだしたら、10円〜30円だった。
やっぱりその程度の価値なのだろうと諦めた
そして 維新流 「大衆心理を利用して利益を上げる」をネットで発見‼️
パチンコも心理戦で25年負け無しなので 「心理」に惹かれて購入しました
一通り読んでみて、オシレーターの見方、意味、他の本での教えとは全然違うのにビックリしました
本の内容そのままでミスはしながらも プラスになったは初めてです
エントリーポイントも損切りポイントも 何故そのタイミングなのか?納得出来ました
まだまだ、失敗が多いですが、将来が楽しみになりました
この本に出会えて 本当に良かったと思います


どこよりも丁寧で分かり易い

FXに関しては全くの素人だった私が、今ではかなりのことが理解できる上に、少しずつ自身が芽生えて来ています。
無意識的有能に至るにはまだいささか時間が必要です。
しかし、これはもはや毎日の積み重ねであり、維新流を実践していれば必ず到達できるポイントであると確信しています。
私にとって、教材関連の動画を見る場合、信用の基準ともなるのが音声です。製作者の声から伝わる情報がとても重要です。
これまで聞いてきた中では、維新さんの声が一番信頼の置ける声であり、それこそ安心して聞いていられます。
そして、その結果は、動画の内容に違わず正確です。
これまでは、FXの根本が理解できずに二の足を踏んいたものが、今や視野が180°転換した気分です。
維新流に出会えて本当に良かったと感じています。



期間限定で無料(送料のみ)です
 ↓
【維新の介著】「無料!(送料負担のみ)」
>>大衆心理を利用して利益を上げる!FXテクニカル分析22の技術


1日1回、応援クリックよろしくお願いします^^♪
  ↓

テクニカル分析ブログ





関連記事
[ 2017/06/21 08:40 ] MACDルールで見る本日の流れ | TB(-) | CM(-)

水平ラインを引くべき高安値とは? 本日のテクニカル分析【6月19日(月)】


【6月19日(月)のテクニカル分析】

おはようございます(^^)
維新の介です


では本日のドル円の流れです


【ドル/円】4時間足
FX テクニカル分析 ブログ 4時間足 トレード手法


MACDルールは崩れつつあります
長期(青)は安値を更新するもいっきに高値を更新


ただし
日足移動平均線(赤)が下げ~水平気味であること
週足の移動平均線(水色)が下げていることもあり
いったん上げ止まり急落


日足移動平均線(赤)を越えてきたこと
4時間足の移動平均線(青)が上を向いていること等を考えると
過去の高値付近のサポートとしてさらに上昇可能性が高いか?


しかし一度急落したため
小さくとも高値切り下げが認識された場合
もう一段下がってくる可能性もありますね


何がどうなったら買いが確定するのか?
何がどうなったら売りが確定するのか?


下位足も含めてしっかりと考えること
それがシナリオです


そして
その「方向」を確定するのは
最終的には「節目」
つまり水平ラインです


その水平ラインは何を基準に引くのか?
基本的には高安値です


さらに
どのような高安値が良いのか?となると
新規の注文や損切りが集中しやすそうな高安値となります



【ドル/円】1時間足
FX テクニカル分析 ブログ 1時間足 トレード手法


MACDルールは上で成立しつつあります
長期(青)は安値を切り上げ高値を更新
上昇ダウです


ですが4時間足でわかりますように
上値が少々重くなる可能性があり急落後でもあることから
今後高値を切り下げてくる可能性がありますので注意が必要です


直近安値(青)を割ってきたら
ここまでの上昇に対する手仕舞いの売りが入ってきやすくなりますので
デイトレレベルではかなり注意が必要です


短期(緑)はここまで上昇ダウを築いてきましたが
直近安値を割り高値も切り下げ


さて
長期(青)直近安値ラインで支え切られて
短期(緑)直近高値を更新してくるのか?
それとも
短期(緑)の高値切り下げがそのまま安値更新につながるのか?


買い相場と売り相場の境目の保ち合いですね


4時間足(赤)と日足(水色)に支えられているんで
上昇してほしいかな(笑


直近安値を割ってきても
まさ上昇中の4時間足の移動平均線(赤)や
過去の高値が存在するため
売りの場合は注意が必要です


ほな
今日もがんばっていきましょう~ (*´ω`*)



期間限定で無料(送料のみ)です
 ↓
【維新の介著】「無料!(送料負担のみ)」
>>大衆心理を利用して利益を上げる!FXテクニカル分析22の技術


コチラは無料のレポート
 ↓
>>【無料レポート!!】 トレードで勝つには下手なほうがいい!!

 ~突き詰めようとして勝てなくなるトレーダーたち~

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

購入後のフォローもすごい

書籍の内容もさることながら、購入後に動画や、メルマガ購読の特典がついていました。
その内容が本当にすばらしくて、びっくりです。

さて、書籍の内容ですが、マインド面でいろいろと感じ取ることができます。
私は、「利確も損切りも一緒です」という言葉がすきです。
読む人によっていろんな気づきを読むごとに与えてくれる本であると思います。


「理にかなえば」 結果はでる書籍

このような数あるFX解説書はすぐに「利益が出る、サイド収入が増える」と期待を持たせた書籍が氾濫(私も20冊ほど)している中、このFXテクニカル分析22の技術はシンプルな内容です。
資金管理・「利益より損切り}を考え収益の+-を判断する。
テクニカルは・移動平均線の上下の方向性、MACDの方向性グランビルの法則を素直に判断して
「理にかなった」処でトライすれば納得の得る結果が生まれるすごく、すごく、シンプルでわかりやすい解説書です。
理にかなえばまちがいなく、あくまでも資金管理が重要です。
ちなみに私は購入60日ほどになりますが、書籍も結果も満足しています。


理論的

FXを始めて日は浅いが、その間色々な関連冊子を目にしてきたが
これ程具体的に記述した書物にお目にかかっていない。
例えば一例として、楽観エリアと悲観エリア等はまさに相場がその様に動いていると感心させられ、
このエリアに絞って売買してもそれなりの収入は見込めると痛感している。


期間限定で無料(送料のみ)です
 ↓
【維新の介著】「無料!(送料負担のみ)」
>>大衆心理を利用して利益を上げる!FXテクニカル分析22の技術


1日1回、応援クリックよろしくお願いします^^♪
  ↓

テクニカル分析ブログ





関連記事
[ 2017/06/19 08:46 ] MACDルールで見る本日の流れ | TB(-) | CM(-)

どこまでいっても基本はダウ理論 本日のテクニカル分析【6月16日(金)】


【6月16日(金)のテクニカル分析】

おはようございます(^^)
維新の介です


では本日のドル円の流れです


【ドル/円】4時間足
FX テクニカル分析 ブログ 4時間足 トレード手法


MACDルールは不成立
長期(青)は高値を切り下げ安値を更新
下げトレンドだったところからいっきに直近高値更新


その前に
一度安値を切り上げてきていたことや
下げ幅が減ってきていたこと等を考慮すると
少し買われやすい材料があったのかもしれません


直近高値を更新して
日足移動平均線(赤)も水平になりつつありますので
さらに買いが入ってきてもおかしくない相場環境


ただ
まだ明確な安値切り上げがないため
急落の可能性も高いので注意が必要


短期(緑)も
安値更新からの安値切り上げなき高値更新


急落の可能性ありですね
十分に気を付けておいてください


いっきに上昇した相場の寿命は短いんです



【ドル/円】1時間足
FX テクニカル分析 ブログ 1時間足 トレード手法


MACDルールは上で成立しつつあります
長期(青)は安値を切り上げ高値を更新


4時間足では認識しづらいですが
この1時間足では明確に底を打って反転上昇


短期(緑)レベルでもしっかりと上昇ダウを築いています


いくつか存在した過去の高値はごぼう抜き
日足レベルでも認識できる高値すら越えてきて
現在はその高値ラインをサポートとするかどうか?というところ


5分足レベルでもサポートラインが引けますので
ここを割ってきたら
昨晩からの買いポジはとりあえず手仕舞いかな?


相場環境からは
こんなに長い間ポジションを持ち続けるつもりはなかったんですけどね(^^;)


そのサポートラインを割ってきたら
下げ・・ではなく
手仕舞いの売りが入ってきます


ですが
上昇ダウを築いていますので
その下げの寿命も短く反転上昇
つまりゆったりとした押し目をつけて再度上昇に転ずる可能性もあります


5分足だけしか見ていないと見落としがちですが
下げてきたから売る・・というスタンスでいると
実はそれは上位足では「押し目」を探している時期でもあったりします


つまり
どこが押し目なのか?と思いながら
ちょこちょこ買いも入ってくる相場ですので
比較的難しい相場になりがちなんですね


では反転下落を獲りにいこうとするのであればどうすればいいのか?ってなると
反転下落するだけの材料を節目や上位足のダウに求めなければならないんです


どこまでいっても基本はダウですよ


ほな
今日もがんばっていきましょう~ (*´ω`*)



期間限定で無料(送料のみ)です
 ↓
【維新の介著】「無料!(送料負担のみ)」
>>大衆心理を利用して利益を上げる!FXテクニカル分析22の技術


コチラは無料のレポート
 ↓
>>【無料レポート!!】 トレードで勝つには下手なほうがいい!!

 ~突き詰めようとして勝てなくなるトレーダーたち~

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

「チャートを動かす大衆心理を利用して相場から利益を上げる22の技術」の感想

きちんとテクニカル分析の学習をしたい、と思っても、
一般書籍などでは様々なテクニカル指標やツールの使い方に関するものばかりで、
相場の本質に根ざした原理原則から学べる教材はほとんどありませんでした。
維新の介さんのこのテキストは本当に実践的で役に立つものですが、さらにとにかくわかりやすいです。
目からウロコの連続でした。
はーそうだったのかー、と今までのトレードを振り返ってみて、ちょっと悲しい気持ちにさえなりました。
この内容でこの価格は破格だと思います。


「チャートを動かす大衆心理を・・・」感想

「目から鱗」的視点からの相場分析がされています。
中でも、印象に残っているのは、「メンタルを鍛える」の嘘・・・・。
「トレードするにあたり、不安を感じるのは、知識として理解ができていないからであり、
メンタルに責任転嫁してはいけない」という視点は、なるほど・・・と思いました。
また、5分足・15分足・60分足・・・・の相場の状況・勢いを連動させて、捉えていく視点も新鮮です。
これにより、5分足でトレードしても、状況判断により、15分足・60分足と、ポジションを継続させていく。
そして、「相場は取りやすいところで、取る」という事。
あれこれ、テクニカルや知識を動員して、値動きを追っかけがちな私にとりましては、重要な視点です。
全編を読み終わっての感想としましては、新しい感覚の捉え方の様な感じがします。
難しい事を考え過ぎず、知的にすっきりと整理されていくと思います。
現在は、この内容が相場の実戦で活かせる様、再度読み直しております。


相場を動かす大衆心理を利用して相場から利益を上げる22の法則

まず、維新の介さんの同書を購入しようと思ったのは、江崎孝彦さんとの対談を拝見して、
維新の介さんのトレードに対する真摯な態度と冷静な物腰、
相場に振り回されない聡明さ、素晴らしい方だなと感じました。
すぐに同書を購入しました。
今まで、幾度となく「トレードには強いメンタルが必要だ」「わからない相場ではトレードするな」と言われてきたように思います。
私自身はとても強いメンタルではないし、向いていないのかな・・と思ったこともあります。
わからない相場ではトレードするな!!
維新の介さんの同書には、「勝てない人というのはわからない所すら分かっていない」
とてもこの言葉が腑に落ちました。^^
その通りだからです。
維新の介さんには師匠がなく、独学ということでしたが、大変頭のいい方なんだと感じます。
本当に頭のいい方の書かれた本だからとてもわかりやすいです。
何度も繰り返し読まなければ本当に自分のモノにはならないと思いますので頑張ります。
維新の介さんの御本に巡り会えて本当に良かったと思います。
これからもどうぞ宜しくお願いいたします。



期間限定で無料(送料のみ)です
 ↓
【維新の介著】「無料!(送料負担のみ)」
>>大衆心理を利用して利益を上げる!FXテクニカル分析22の技術


1日1回、応援クリックよろしくお願いします^^♪
  ↓

テクニカル分析ブログ





関連記事
[ 2017/06/16 08:43 ] MACDルールで見る本日の流れ | TB(-) | CM(-)

エントリーのタイミングの考え方 本日のテクニカル分析【6月14日(水)】


【6月14日(水)のテクニカル分析】

おはようございます(^^)
維新の介です


では本日のドル円の流れです


【ドル/円】4時間足
FX テクニカル分析 ブログ 4時間足 トレード手法


MACDルールは下で成立
長期(青)は安値を更新高値も切り下げ
下げダウ継続です


短期(緑)も高値を切り下げ?
でもまだ安値を更新しておらず
その位置は長期(青)視点だと安値切り上げエリア


というわけで
現在は方向感が見えにくい相場であると言えそうです


長期(青)レベルで安値切り上げか?となると
買いが入ってきやすいし


長期(青)が下げダウである以上
短期(緑)の高値切り下げが確定すると売りが入ってきやすい


その境目はどこなのか?


これをチャート上から見つけ出し
そこをエントリーのタイミングとしておけば
「買い優勢」「売り優勢」のどちらかの「起点」からポジションを持つことができるわけです


それをどの時間軸まで落とし込んで考えることができるか?
デイトレードであれば5~15分足レベルにまで落とし込みたいところ


デイトレやスキャルピングやスイングトレードに違いがあるとしたら
ほとんどはこの時間軸の落とし込みの違いだけですよ


どの時間軸でトレードしようとも
トレードとは「買い」と「売り」のどちらかに偏ったところでトレードしない限り
極端に勝率の悪いトレードになってしまいます


そしてそれは
個々人のトレーダーの勘でどうこうなるものではなく
丁寧にチャート上から読み取ってあげる必要があり


そしてそれは運ではなく
正しい見かたと
それを継続する力があれば誰にでもできることなんです



【ドル/円】1時間足
FX テクニカル分析 ブログ 1時間足 トレード手法


MACDルールは不成立から下で成立しかけか?
下位足次第ではどちらにでも転ぶ可能性のある形ですね


長期(青)は高値を切り下げ安値はまだ更新していませんので
その安値を固定させる短期(緑)レベルの高安値がどのように動くか?です


その短期(緑)は
わずかに高値を切り下げ安値を更新


ちょっとわかりづらいですが
レジサポ逆転ラインをサポートとしながら
その付近で停滞中


4時間足レベルで見ても
安値を切り上げ高値は切り下げ・・の三角保ち合いに入りつつあるので
ちょっと難しいところ


でも三角保ち合いって
次はもうどちらかに動くしかないわけで
しかもそのきっかけは非常に狭いところに存在しているので
逆に下位足に落とし込みやすいかも?


ほな
今日もがんばっていきましょう~ (*´ω`*)



期間限定で無料(送料のみ)です
 ↓
【維新の介著】「無料!(送料負担のみ)」
>>大衆心理を利用して利益を上げる!FXテクニカル分析22の技術


コチラは無料のレポート
 ↓
>>【無料レポート!!】 トレードで勝つには下手なほうがいい!!

 ~突き詰めようとして勝てなくなるトレーダーたち~

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

無駄なエントリーがなくなっている

投資家心理とファンダメンタルを融合しながら維新の介さんの手法に取り組んでいます。
気分的に非常に楽になりました。
レバレッジが25なので、成り行きで対応しています。
ヘッジファンドの癖も掴める様になってきたので、スイングに持ち込めば損切りは殆どなくなりました。


とても勉強になります!

私もこの教材を購入する際、正直怪しんでおりましたが
、皆さんのレビューの高評価が多かった事と、値段も一般的に売っている参考書程度でしたので
【これも勉強だ!】と捉えて購入する事にしました。

内容は自分の知らなかった事が沢山書いてあり【色々と勉強できるので購入してよかった!】と正直思いました。

ただ、まだまだ理解出来ていないところが多々ありますので何度も読み返しFXで収支を上げれる様に頑張ります!

ご購入を悩まれている方がおりましたら、
値段は数千円ですし購入後の特典やサポートも充実してますので是非1度購入される事をオススメします!


損切り設定でトレードが怖くない

即、実践可能な教材です。
エントリーはグランビルの法則。エントリー後すぐに、その直近の高安値に損切りを置く。 
損切りラインが離れている時はエントリーしなくなりましたし、方向が合っていれば利は大きく伸び、間違っていればすぐに切れる。損小利大が出来るようになりました。
これからが愉しみです。
株を10年やってきましたが、初めて出会った内容です。
成功した内容を惜しみなく指導してくださる維新の介さんには本当に頭が下がります。


期間限定で無料(送料のみ)です
 ↓
【維新の介著】「無料!(送料負担のみ)」
>>大衆心理を利用して利益を上げる!FXテクニカル分析22の技術


1日1回、応援クリックよろしくお願いします^^♪
  ↓

テクニカル分析ブログ





関連記事
[ 2017/06/14 08:42 ] MACDルールで見る本日の流れ | TB(-) | CM(-)

上位足と下位足のダウの位置関係とトレードシナリオ 本日のテクニカル分析【6月13日(火)】


【6月13日(火)のテクニカル分析】

おはようございます(^^)
維新の介です


では本日のドル円の流れです


【ドル/円】4時間足
FX テクニカル分析 ブログ 4時間足 トレード手法


MACDルールは下で成立
長期(青)は高値を切り下げ安値を更新
下げダウ継続です


短期(緑)ではいったん上昇ダウに入っていましたが
日足(赤)&週足(水色)の移動平均線におさえられ
長期(青)ダウに逆らいきることができずに下げていきました


その短期(緑)は直近安値を割り
場合によっては高値を切り下げていると判断できるかも?


というわけで
基本目線は売り相場


ただし
長期(青)の安値を更新しているわけではないため
下位足のトレンド転換次第では「安値切り上げ」状態となるため
買いが入りやすい状況になります


この上位足と下位足のダウの位置関係はよく覚えておいてください
だから直近安値までが「とりあえず」の目標値となるんです


そしてそれは
常に買いと売りとを考える時の材料になりますので
シナリオを描くために非常に重要な考え方なのです



【ドル/円】1時間足
FX テクニカル分析 ブログ 1時間足 トレード手法


MACDルールは不成立から下で成立しかけています
長期(青)高値を切り下げ安値を更新?


途中の「??」の部分が
この時間軸で明確な高値切り下げと判断されるかどうか?ですね


私の中では高値切り下げに見えましたので
ここは直近安値を割ってきたら下げ確定!!という美味しい局面と捉えて
売りで獲りにいくことができました


短期(緑)は高値を切り下げ安値を更新
下げダウ継続です


4時間足の移動平均線(赤)に対して戻していってますので
ダウの方向からも下げダウ継続か?


ただし
4時間足のところでも書いたように
ここはより長期のスパンで見た場合に「安値切り上げエリア」にあるということ


下位足のトレンド転換次第では
長期スパンでの下げが終了と判断されて
徐々に手仕舞いの買いが入ってくることもあるため注意が必要です


ほな
今日もがんばっていきましょう~ (*´ω`*)



期間限定で無料(送料のみ)です
 ↓
【維新の介著】「無料!(送料負担のみ)」
>>大衆心理を利用して利益を上げる!FXテクニカル分析22の技術


コチラは無料のレポート
 ↓
>>【無料レポート!!】 トレードで勝つには下手なほうがいい!!

 ~突き詰めようとして勝てなくなるトレーダーたち~

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

目から鱗でした。

「メンタルを鍛えるの嘘」は目から鱗でした。
メンタル以前に、自分は根本的な相場のとらえ方がわかっていなかったことを痛感しました。
特にテクニカル指標による相場のとらえ方は圧巻です。
移動平均線やMACDはこう使うのか!と感動を覚えました。
「根拠のある売買」とはよく聞く言葉ですが、指標のパラメーター設定一つとってみても、
ここまで根拠を明確にして、筋の通った解説をしてくれる書籍には出会ったことがありません。


「チャートを動かす大衆心理を・・・」感想

「目から鱗」的視点からの相場分析がされています。
中でも、印象に残っているのは、「メンタルを鍛える」の嘘・・・・。
「トレードするにあたり、不安を感じるのは、知識として理解ができていないからであり、
メンタルに責任転嫁してはいけない」という視点は、なるほど・・・と思いました。
また、5分足・15分足・60分足・・・・の相場の状況・勢いを連動させて、捉えていく視点も新鮮です。
これにより、5分足でトレードしても、状況判断により、15分足・60分足と、ポジションを継続させていく。
そして、「相場は取りやすいところで、取る」という事。あれこれ、テクニカルや知識を動員して、値動きを追っかけがちな私にとりましては、重要な視点です。
全編を読み終わっての感想としましては、新しい感覚の捉え方の様な感じがします。
難しい事を考え過ぎず、知的にすっきりと整理されていくと思います。
現在は、この内容が相場の実戦で活かせる様、再度読み直しております。


何回も読み返しました。

いままで読んだ書籍のなかで一番です。
何気なく使っていた移動平均線がこんなに使えるツールになるのかと正直驚きました。
トレードに対する考え方もすばらしいと感じました。
ことある事に読替返す価値のある本です。


期間限定で無料(送料のみ)です
 ↓
【維新の介著】「無料!(送料負担のみ)」
>>大衆心理を利用して利益を上げる!FXテクニカル分析22の技術


1日1回、応援クリックよろしくお願いします^^♪
  ↓

テクニカル分析ブログ





関連記事
[ 2017/06/13 08:35 ] MACDルールで見る本日の流れ | TB(-) | CM(-)

トレード手法をくみ上げる際に必ず考えなければならないこと 本日のテクニカル分析【6月12日(月)】


【6月12日(月)のテクニカル分析】

おはようございます(^^)
維新の介です


では本日のドル円の流れです


【ドル/円】4時間足
FX テクニカル分析 ブログ 4時間足 トレード手法


MACDルールは下で成立
長期(青)は安値を更新
そして高値を切り下げるのか?ってところ


日足(赤)&週足(水色)の移動平均線が上に位置し
しかも下げているため
少々上昇しづらいところ


対して短期(緑)は
安値を切り上げ高値を更新で上昇ダウ継続


短期(緑)レベルで高値を切り下げてきたら
さらに下げ継続の可能性がでてきますが
それまでは基本的には買い目線


ですが
買うには上値が重たくなりそうでリスクが高いところなので注意が必要


*****************


相場環境というのは「リスクの把握」と言い換えてもいいと思います
相場の先なんて誰にもわかりませんので
どこまで突き詰めようともトレードはリスクがつきまといます


そのリスクをどこまで軽減することができるのか?
優位性をどこまで引き上げることができるのか?


トレードとはこの両者のせめぎ合いであり
なおかつ
リスクを軽減することと優位性を引き上げることは表裏一体の同じことでもあるんです


ここ!重要ですよ!
トレードを組み上げる際に必ず意識してください!



【ドル/円】1時間足
FX テクニカル分析 ブログ 1時間足 トレード手法


MACDルールは不成立
長期(青)は安値を切り上げ高値も更新
上昇ダウ継続です


ですが
過去の高値付近でレートは急落
下げトレンドに転ずるか?


短期(緑)も上昇ダウを築いていますので
基本目線は買いですが
その短期安値は前回の短期安値レベルまで戻してきており
上昇圧力が少々弱まってきています


つまり
今後の短期(緑)の高値切り下げにつながりやすい状況と言うことができます


1時間足の移動平均線(青)をレートが下回り
その移動平均線も水平になりつつありますので
少し手仕舞いの売りが入ってくるっ可能性がありますので注意しておいてください


ただし
4時間足の移動平均線(赤)は上昇中


つまり?
日足(水色)は下げ
4時間足(赤)は上げ
1時間足(青)は下げ


そしてレートは日足と4時間足の移動平均線に挟まれている・・・


正直ちょっとイヤな相場かも(^^;)


ほな
今日もがんばっていきましょう~ (*´ω`*)



期間限定で無料(送料のみ)です
 ↓
【維新の介著】「無料!(送料負担のみ)」
>>大衆心理を利用して利益を上げる!FXテクニカル分析22の技術


コチラは無料のレポート
 ↓
>>【無料レポート!!】 トレードで勝つには下手なほうがいい!!

 ~突き詰めようとして勝てなくなるトレーダーたち~

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

極めれば「シンプル」

シンプル イズ ザ ベスト! という言葉があります。
どの分野でも、その世界を極めた人の言葉は共通しています。
試行錯誤を重ね、いくつもの遠回りをしてきた先人たちの、血と汗の結晶は「シンプル」で「美しい」ですね。
良書に出会いました。ありがとうございます。


これは当たりです。

今までに何十冊と投資 主に
FXの本を読んできましたが
実行しても全然違っていたり
しましたが この本は違います。 心理的なことも今まで聞いていたことと真逆のことを書かれてあり これでは
負けトレードしかできないや!と思い凄く勉強になります。 この本をバイブルとし
何度も読み返していると
もう負ける気がしません。
しかも安価! この本は
絶対にお薦め!  だけど
ある意味で教えたくない本でもありますね!?


勝ち方がわかりました

いやー!!
本当に神様からの贈り物の様な一冊!
この世の中には平等に書物があります。
チョイスする・しないかで分かれます。
この一冊をチョイスした事で私は、確かな勝ち方と、思考が変わりました。
この一冊を読むのではなく私の一部として取り込みました。
本当に、ありがとうございます。


期間限定で無料(送料のみ)です
 ↓
【維新の介著】「無料!(送料負担のみ)」
>>大衆心理を利用して利益を上げる!FXテクニカル分析22の技術


1日1回、応援クリックよろしくお願いします^^♪
  ↓

テクニカル分析ブログ





関連記事
[ 2017/06/12 08:44 ] MACDルールで見る本日の流れ | TB(-) | CM(-)

基本的なトレンドフォローの考え方 本日のテクニカル分析【6月9日(金)】


【6月9日(金)のテクニカル分析】

おはようございます(^^)
維新の介です


では本日のドル円の流れです


【ドル/円】4時間足
FX テクニカル分析 ブログ 4時間足 トレード手法


MACDルールは下で成立
長期(青)は高値をわずかに越えた後に
直近安値を更新


短期(緑)は高値を切り下げ安値を更新
下げダウ継続です


現在はちょうどレジサポ逆転ラインを築いているところ


ここで長期(青)レベルでも高値を切り下げて
さらに下げトレンドを継続させるか?


まだ売り優勢エリアにレートは存在していますが
4時間足の移動平均線(青)が支えつつあるのが気になるところ


支えられながら反転上昇の形を下位足で築いてしまえば
その後
すぐ上の抵抗線であるレジサポ逆転ラインを上抜いてくる可能性がでてきます


つまり
4時間足レベルの安値切り上げということですので
戻しの力もそれなりのものとなるわけです


ですが現在は下げダウ継続中なので
この時点で下位足で下げ転換が見えたら
再度下げてくる可能性は高いです



【ドル/円】1時間足
FX テクニカル分析 ブログ 1時間足 トレード手法


MACDルールは不成立
長期(青)は安値を切り上げ高値を更新
上昇ダウ継続です


短期(緑)はいったん下げに転じましたが急反発上昇


現在は高値も更新して上昇トレンド継続か?


前回の下げのブレイクポイントまで戻して
レジサポ逆転ラインを形成


この時点で4時間足の移動平均線(赤)は下げているため
相場としては売られやすい状況


つまり
抵抗線の存在による売り注文
4時間足レベルの戻り売り
ってことです


だからここで1時間足で高値切り下げ等のわかりやすい値動きを築けば
その後上位足と協力して下げてくる・・というわけです


これが基本的なトレンドフォローの考え方です(^^)


ただ
4時間足の移動平均線(赤)が水平になりつつあるため
支え切られる可能性も否定できません


だけどそこに
支えられるだけの根拠となるサポートラインは存在していない


だから買われたとしても根拠が少ないため
トレードはしづらい状況となる


つまりデイトレードレベルでは
買いも売りも判断が難しい相場なんです


もう少し節目等からわかりやすい形を築くか
強引に攻めるにしても
「リスクが高い」ということを把握した上でトレードすることが求められます


ほな
今日もがんばっていきましょう~ (*´ω`*)



期間限定で無料(送料のみ)です
 ↓
【維新の介著】「無料!(送料負担のみ)」
>>大衆心理を利用して利益を上げる!FXテクニカル分析22の技術


コチラは無料のレポート
 ↓
>>【無料レポート!!】 トレードで勝つには下手なほうがいい!!

 ~突き詰めようとして勝てなくなるトレーダーたち~

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

成長できる一冊

今までネットや一般書籍に頼りながら売買していましたが、
この本に出会って考え方がかなり変わって、利益を求めるためにポジポジしていたのが解消されました。
エントリーのタイミング、複数の時間軸を見ての相場の環境認識をつかむことや、
自分でわかるとこだけを狙っていくことなど、
FXを早く上達させて成長していくにはとっておきの一冊です。


5年間の闇からの解放

この本に出会うまで5年間もの間、勝ち負けを繰り返してきた私が安定して利益を上げることに成功しました。
やみくもにポジションを取るのではなく、
チャートから大衆心理を読み取って利益を伸ばすという考えは実に理にかなっていることがわかりました。
フォロー体制も万全です。本当にありがとうございました。


大切な一冊

非常に解りやすく単にテクニカルの知識の解説書ではなく考え方から理解する、
その本質の理が説かれ深い内容で繰り返して読む事によって新しい発見が有り、
今まで市販されている本の中にはなかった説明があり大変参考になりました。
まさに腑に落ちる感じが実感できました。


期間限定で無料(送料のみ)です
 ↓
【維新の介著】「無料!(送料負担のみ)」
>>大衆心理を利用して利益を上げる!FXテクニカル分析22の技術


1日1回、応援クリックよろしくお願いします^^♪
  ↓

テクニカル分析ブログ





関連記事
[ 2017/06/09 08:30 ] MACDルールで見る本日の流れ | TB(-) | CM(-)