MACDルールとダウ理論で見る本日のテクニカル分析【6月30日(火)】







【6月30日(火)のテクニカル分析】

ショートポジション持ちながら
週明けを迎えたら暴落

結果すごい利益!

ってコメントもらました(^^;)

正直ちょっとうらやましい(笑



おはようございます(^^)
維新の介です

本日のユロ円の流れです


【ユーロ/円】4時間足
FX テクニカル分析 ブログ 4時間足 トレード手法


MACDルールは不成立
長期(青)は下げダウで
短期(緑)も下げダウ


というわけで目線は売りなのですが
全戻し(笑


割っていった抵抗線は無視して
戻ってきましたねー(^^;)


これだから相場が荒れたあとはイヤ(^^;)


移動平均線なんて
カックンって鋭角で曲がるしね(^^;)


でもまぁ
現在買いが強いのか売りが強いのかを見極めるだけなので
結局はどんな相場も同じ


上位足が下げダウを築いているのであれば
下位足も下げの時しかトレードしない


そう決めているのであれば
下位足が下げてくるのを待つのみ


いくら値幅があろうが暴騰しようが無視


その徹底ぶりが
最終的には大きな利益を生むんですよ(^^)



【ユーロ/円】1時間足
FX テクニカル分析 ブログ 1時間足 トレード手法


MACDルールはほぼ下で成立していましたが
ちょっと崩れつつありますね
そりゃこれだけ戻したらそうなるか(^^;)


長期(青)はまだ下げダウ継続ですが
短期(緑)は安値切り上げ高値更新
上昇ダウです


そして暴落の起点までしっかりと戻してる(笑


長期は下げで短期は上昇ダウなのですから
そろわないとちょっと荒れた相場になりがち


起点まで戻したのだから
ここらで短期レベルの高値切り下げ等があれば
この後再度下げてくることが考えられます


もちろん昨夜につけた高値を更新したら
さらに上昇することも考えられますが


そうなってくると
せめて長期で安値を切り上げてほしいかな
でなければ安定した上昇になりづらいですので


では現在(8:37)の相場状況です


4時間足は長期的にも短期的にも買い方が優勢となりました


もちろん1時間足も
長期的にも短期的にも買い方が優勢です


そして5分足
長期的にも短期的にも買い方が優勢・・・・


買い目線相場です
でも上位足下げダウです(笑


判断しづらい時はトレードしない
基本ですね(^^)


もちろん下位足では上昇トレンドですので
スキャルやデイトレ限定で
上昇トレンドに沿ってトレードするのはありですが
上位足の抵抗線等には十分注意してください


ほな今日もがんばっていきましょう~ (^з^)-☆Chu!!

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

つながった!!

トレードの勉強はしてきましたが、自分の中で点であった知識が一本の線でつながりました。


「22の技術」の感想

今まで いろいろな本を読み、オンラインセミナーも
何回も視聴してきましたが、維新の介さんの教材はまったく新しい角度からFXに対する分析と見方を示されており、
私にとって衝撃的なものでした。
何回も読み返し徹底的に会得してトレードの成果を高めていこうと思います


ヒントが満載

この内容で、この価格は破格の金額です。
とはいえ、初心者には難しいかも・・・。
実際FXはじめて3年目ですが、この本の内容を理解するのに時間がかかりました。
解りやすくするため本を読みながら要点をノートにまとめました。
未だピンときていませんが、自分なりにルールをいくつか作ってバックテストをしている最中です。
この本は、これまで読んだ中でも最も相場の核心をついた一冊であることは間違いないと思います。
でも内容はほとんどヒントしか記載していないので、考えながら読まないと意味がないし、答えは自分で見つけるしかありません。
まだまだ時間がかかるかもしれませんが、参考にします。


大衆心理を利用して利益を上げる!FXテクニカル分析22の技術

【維新の介著】
>>大衆心理を利用して利益を上げる!FXテクニカル分析22の技術


1日1回、応援クリックよろしくお願いします^^♪
  ↓

テクニカル分析ブログ





関連記事
[ 2015/06/30 08:41 ] MACDルールで見る本日の流れ | TB(-) | CM(-)

MACDルールとダウ理論で見る本日のテクニカル分析【6月29日(月)】







【6月29日(月)のテクニカル分析】

おはようございます(^^)
維新の介です

本日のユロ円の流れです


【ユーロ/円】4時間足
FX テクニカル分析 ブログ 4時間足 トレード手法


MACDルールは不成立
っていうか
すごい窓空けでしたね(^^;)


週末の相場が動いていない時に
怖い決定はしないでほしい(※ユーロ圏財務相会合)


ニュース見たときにヒヤッとしたよ(^^;)


まぁ
ちゃんとトレンドを読んでいたら
4時間足トレーダーくらいまでであれば
買いポジを持っている人はいないと思うけどね(^^;)


高値切り下げから安値更新
そしてトレンドライン割れ


さらにリターンムーブによってそのトレンドラインを確定させて
その前に抵抗線も一度割っていたわけですから
ロングで持っている理由がありません


そして日足レベルであれば
まだ上昇トレンド継続



【ユーロ/円】1時間足
FX テクニカル分析 ブログ 1時間足 トレード手法


MACDルールがいきなり下で成立(笑
長期(青)は下げダウでした


でも短期(緑)は
窓空けの前に高値更新で安値切り上げ


いったん下げ止まり感を出していたにもかかわらずこの下げ
かなりイヤです(^^;)


さて
この後のシナリオですが
ちょっと立てにくいです


欧州勢が入ってきて多くの資金が動くようになってから
再度考え直したいところ


下げたから戻しを獲るでぇ~~とか
値幅が広いからガンガンスキャルでぇ~とか
こういう考え方はちょっと危険なので
私は推奨しません(^^;)


ただこの下げ
1か月ほど前に4時間足レベルで反転上昇をほぼ確定させたポイントまで下げています


つまりそこから買っていたトレーダーの損失確定の売りは
ひと息ついたかも?


では現在(8:35)の相場状況です


4時間足は長期的にも短期的にも売り方が優勢で
当然1時間足も同じ


5分足も圧倒的に売り方が優勢ですね


というわけで売り目線(^^;)
っていうか
落ち着くまで私は待つことにします


ほな今日もがんばっていきましょう~ (^з^)-☆Chu!!

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

チャートを動かす大衆心理を利用して

今日まで数多くのFX指導書を購入し見てきましたが
FXと言うマンモス市場をここまで沈着冷静に分析した指導書はこれが初めてです。

過去見た指導者は全てと言っていい位にインディケーターを参入のサインと解いていますが、
インディケーターは市場参加者の心理状態を示唆するものとして
見るべきという卓越したした指摘には目から鱗が落ちる思いでした。 素晴らしい指導書と思います



「大衆心理を利用して利益を上げる!FXテクニカル分析22の技術」

私は以前の感想にも述べさせていただきましたが、FXでなく株式の売買を行なっており、
チャ-トや大衆心理に関しての基本的なことは同じではないかと思い購入させていただきました。
  購入して正解でした。今まで市販されている本の中にはなかった説明があり、
大変参考になると感謝しております。
  特に、楽観エリア、悲観エリアによるエントリ-や決済、
損切りの考え方などが今までの失敗の大きな原因ではなかったかと思われます。
  何度か読み返しているうちに、現在は買ってよかったと痛切に感じております。
  もう少し何度か読ませていただき基本的なことを学び、次にMACDル-ル等の購入を検討したいと考えております。
  ありがとうございました。


大衆心理を利用して利益を上げる!FXテクニカル分析22の技術

【維新の介著】
>>大衆心理を利用して利益を上げる!FXテクニカル分析22の技術


1日1回、応援クリックよろしくお願いします^^♪
  ↓

テクニカル分析ブログ





関連記事
[ 2015/06/29 08:38 ] MACDルールで見る本日の流れ | TB(-) | CM(-)

MACDルールとダウ理論で見る本日のテクニカル分析【6月26日(金)】







【6月26日(金)のテクニカル分析】

おはようございます(^^)
維新の介です

本日のユロ円の流れです


【ユーロ/円】4時間足
FX テクニカル分析 ブログ 4時間足 トレード手法


MACDルールは不成立
長期(青)はダブルトップから安値更新で下げダウ形成


短期(緑)も順調に下げダウを築き
サポートラインも割ってきましたが・・・


急反発(笑)


昨日はチャート見ていないので
リアルの動きは知らないのですが
指標か何かの発表?


何にしても一度サポートを割ったし
下げダウも築いているし
再度安値を試してくる可能性はあります


だけどレートがサポートライン内に戻るパターンは
正直あまり好きではありませんね


ヒゲだけだし
上位足でみたらほとんどダマシのレベル
特に4時間足にトレンドラインを引くとわかりますが
一瞬ヒゲがラインを割っただけ


だけど
もうちょっと大きな流れで見たら高値切り下げで安値更新状態なので
日足レベルでも頭打ちかな?



【ユーロ/円】1時間足
FX テクニカル分析 ブログ 1時間足


MACDルールは不成立ですが
レートは日足MA(水色)の下に位置


だけど日足MAは上昇中ですので
再度上昇に転ずる可能性もあり


下げている4時間足MA(赤)と方向がガッチャンコしているんで
どちらにしても昨日はイヤな相場ではありました


長期(青)は下げダウを築いていますが
短期(緑)は安値更新の前に高値をちょっと更新していたりして
これもわかりづらい動き


わからないところには手を出さないに限りますね(^^;)


4時間足レベルのトレンドラインでは
ちょうど割るか割らないかくらいのところにレートが位置していますので
そこにも注意


長期的にも短期的にも売り方が優勢のところでトレンドラインを割ったらならば
もう少しわかりやすい動きをしたんでしょうけどね


では現在(8:41)の相場状況です


4時間足は長期的には買い方が優勢ですが
短期的には売り方が優勢


その時点でちょっとわかりづらい相場


1時間足は長期的には売り方が優勢ですが
短期的にはぎりぎり買い方が優勢


5分足は
長期的にも短期的にも買い方が優勢です


上位足がハッキリしていないので
ハッキリするまで待つが吉


ほな今日もがんばっていきましょう~ (^з^)-☆Chu!!

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

多くの疑問が晴れました

このレポートを見るまでは優秀なテクニカルツールを求めていました。
そしてパラメータの値にのみ興味が有りました。

それは大きな間違いでありそんな事ではさっぱり勝てないことは理解していましたが、
「ではどうすればよいのか」というところで止まっていました。

このレポートを読めばテクニカルツールの見方が変わります。
良く耳にする「相場の優位性」の意味と、とらえ方が理解出来ると思います。



視点が変わりました

テクニカル分析においてインディケーターとインディケーターの組うみ合わせで
ポイントを探ることだと思っていましたが、
チャートが群衆の心理を表していること、
そのため、みんなが見ているポイントを見極めることがテクニカル分析だとしることができたことは大きな収穫でした。


大衆心理を利用して利益を上げる!FXテクニカル分析22の技術

【維新の介著】
>>大衆心理を利用して利益を上げる!FXテクニカル分析22の技術


1日1回、応援クリックよろしくお願いします^^♪
  ↓

テクニカル分析ブログ





関連記事
[ 2015/06/26 08:43 ] MACDルールで見る本日の流れ | TB(-) | CM(-)

MACDルールとダウ理論で見る本日のテクニカル分析【6月25日(木)】







【6月25日(木)のテクニカル分析】

昨日
大阪のラーメン屋にカバン(財布入り)を忘れまして
神戸のほうの自宅に帰ってから気が付いて
焦りまくって再度大阪のラーメン屋へ・・・・(高速も使って40分くらいの距離)

ありましたよ(^^;)
ちゃんとそのままそこに
素晴らしい国です(^^;)


おはようございます(^^)
維新の介です

本日のユロ円の流れです


【ユーロ/円】4時間足
FX テクニカル分析 ブログ 4時間足 トレード手法


MACDルールは崩れてきました
長期(青)もダブルトップから直近安値割れ


短期(緑)も同じく
高値切り下げで直近安値割れ


下げに転じてきたか?


ただ
まだサポートラインがかなり強固に支えているため
やはり下抜いてくるまでは
長めのポジションをとることはできません


また
上下をレジスタンラインとサポートラインで挟まれているため
このまましばらくレンジになっていく可能性もありますし
その後レジスタンスラインを上抜いてさらに上昇してくかもしれません


徐々に上値は下げているけど
安値はわずかに切り上げつつあるレンジなので
この後の予測は難しいですね(^^)


基本は抜けるまで待つ
抜ける理由や反発する理由が強いところまで待つ(←これ重要)



【ユーロ/円】1時間足
FX テクニカル分析 ブログ 1時間足


MACDルールは崩れています
というか
下での成立が近付いています


長期(青)は直近安値は割ってきたのですが
このまま高値も切り下げとなるか?


短期(緑)は
長期高値切り下げポイントでダブルトップ
つまり上に行きたくないという意志表示をしてきました


しかし
その後短期(緑)は安値を切り上げ
まだ下げたくないという意志表示(笑


というわけで私から言えることは
どちらかに抜ける(ダウを築く)まで待ったほうがいいですよってこと(^^;)


それくらいダウって重要なんです


では現在(8:34)の相場状況です


4時間足は長期的には買い方が優勢
短期的には売り方が優勢
トレンドラインに近づいていますし
この後どうなるかちょっと楽しみです(^^)


1時間足は長期的には売り方が優勢ですが
昨夜の戻しで短期的にはぎりぎり買い方が優勢
再度売り方優勢になるか?


5分足は長期的には買い方が優勢ですが
短期的には売り方が優勢です


というか
その両者の損益分岐点が狭いところに存在していますので
抜けたあとは動く可能性が高いですね


ほな今日もがんばっていきましょう~ (^з^)-☆Chu!!

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

感想

まず相場環境を認識し、注文が集中しているポイントを把握し、
ポイントが来るまで待てるようになってきた。
これにより、無駄なエントリーも減ったし、勝率も良くなった。
また、本書に利益の伸ばし方も記載してあり、それに従い、利益も伸ばせるようになった。


相場を動かす大衆心理を利用して相場から利益を上げる22の法則

まず、維新の介さんの同書を購入しようと思ったのは、
江崎孝彦さんとの対談を拝見して、維新の介さんのトレードに対する真摯な態度と冷静な物腰、
相場に振り回されない聡明さ、素晴らしい方だなと感じました。
すぐに同書を購入しました。
今まで、幾度となく「トレードには強いメンタルが必要だ」「わからない相場ではトレードするな」と言われてきたように思います。
私自身はとても強いメンタルではないし、向いていないのかな・・と思ったこともあります。
わからない相場ではトレードするな!!
維新の介さんの同書には、「勝てない人というのはわからない所すら分かっていない」
とてもこの言葉が腑に落ちました。^^
その通りだからです。
維新の介さんには師匠がなく、独学ということでしたが、大変頭のいい方なんだと感じます。
本当に頭のいい方の書かれた本だからとてもわかりやすいです。
何度も繰り返し読まなければ本当に自分のモノにはならないと思いますので頑張ります。
維新の介さんの御本に巡り会えて本当に良かったと思います。
これからもどうぞ宜しくお願いいたします。


大衆心理を利用して利益を上げる!FXテクニカル分析22の技術

【維新の介著】
>>大衆心理を利用して利益を上げる!FXテクニカル分析22の技術


1日1回、応援クリックよろしくお願いします^^♪
  ↓

テクニカル分析ブログ





関連記事
[ 2015/06/25 08:38 ] MACDルールで見る本日の流れ | TB(-) | CM(-)

MACDルールとダウ理論で見る本日のテクニカル分析【6月23日(火)】







【6月23日(火)のテクニカル分析】

やっぱり我が家はいいですね

最近あちこち出張行くことが多いですが
できるだけ日帰りしています(^^)


おはようございます(^^)
維新の介です

本日のユロ円の流れです


【ユーロ/円】4時間足
FX テクニカル分析 ブログ 4時間足 トレード手法


MACDルールは上で成立
長期(青)は上昇ダウ
そして短期(緑)も上昇ダウ


だけど上値抵抗線(ピンク)を越えませんね
越えたとしてもすぐ上にも抵抗線(水色)がありますが・・・


その状態で日足の上昇「勢い」が収束しつつありますので
ひょっとして上昇終わり?


もちろん抵抗線を上抜いたら上昇はありますが
買いばっかり期待していたら
手仕舞いの売りの動きに乗り遅れますので
買い売りともにシナリオを立てておいたほうがいいですね。



【ユーロ/円】1時間足
FX テクニカル分析 ブログ 1時間足 トレード手法


MACDルールは不成立
長期(青)は上昇ダウ継続


短期(緑)も上昇ダウ継続ですが
抵抗線を上抜くか?という勢いを見せておいて
いきなり下げてきました


しかしまだ安値を切り上げているので
再度上値を試すか?


でも4時間足に上昇「勢い」はなくなったし
1時間足のMAもかろうじて上昇している程度


ただ上昇ダウ継続かつ
移動平均線の並びもいいので
もう少し上はあるかもしれない


売りで狙うなら
もうちょっとハッキリとトレンドが転換したのがわかる形を築いてから


では現在(8:39)の相場状況です


4時間足は長期的にも短期的にも買い方が優勢


1時間足も同じく
長期的にも短期的にも売り方が優勢


5分足は長期的には買い方が優勢ですが
短期的には売り方が優勢


ですが上位足が買い方優勢ですので
長期に支えられ反転したとみなされれば
少し上を狙っていく可能性はあり


ただ上位足のレンジ期間が長くなってきたので
その分値幅も狭くなってきました


だんだん獲れるところは少なくなるので
トレードは注文の集中がよくわかるところだけにしたいところ


ほな今日もがんばっていきましょう~ (^з^)-☆Chu!!

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

わかりやすい

期待外れでした。
もちろん、良い意味です!
投資の世界に入って1年、利益が出た後は必ず大損の繰り返しでマイナスの1年でした。
どうせ変わらないやろうなぁと思いながらもビデオメッセージに何か引っかかる所があり購入しました。
初心者にはわかりやすく書いてあり、この本を読んで自分なりにルールを設けたトレードを心がけると90日で800pipsです。
まだマイナスのじょうたいですが、この流れなら夏前に取り戻せそうです。
ちなみに利益の中からの貯金を除いての800pipsです(笑)
来月家族で沖縄旅行です!
もちろん費用は全てFXから。
本当にありがとうございます。



最上級!

22の技術を読み勉強し始めてから、5週続けてプラスです。
まだトレード始めて2か月チョットなので、まだまだこれからですが、
今まで何種類かのトレードマニュアルを読みましたが、
圧倒的に、この本は分かりやすく利にかなっていると思います。


大衆心理を利用して利益を上げる!FXテクニカル分析22の技術

【維新の介著】
>>大衆心理を利用して利益を上げる!FXテクニカル分析22の技術


1日1回、応援クリックよろしくお願いします^^♪
  ↓

テクニカル分析ブログ





関連記事
[ 2015/06/23 08:42 ] MACDルールで見る本日の流れ | TB(-) | CM(-)

MACDルールとダウ理論で見る本日のテクニカル分析【6月19日(金)】







【6月19日(金)のテクニカル分析】

おはようございます(^^)
維新の介です

本日のユロ円の流れです


【ユーロ/円】4時間足
FX テクニカル分析 ブログ 4時間足


MACDルールは上で成立
長期(青)は上昇ダウ継続
そして短期(緑)も上昇ダウですね


昨日の朝
レジスタンスラインを上抜いて上昇傾向となりましたが
やはりこれもお伝えしていたように
直近高値ピタリで戻されてしまいました


これを抜けてくることがあれば
次は抵抗線(水色)が控えていますので
そこで再度はね返される可能性は高いです


さらに抜けても
その上に直近?高値が存在します(かなりさかのぼってください)


また
ここらで上昇をやめた場合
つまりどこかの抵抗線で負けた場合
当然その後は下げてくることになります


下げてきたら
今度はこれまで越えてきたラインや
直近安値に注意しつつ
どこに大きな注文が入っているかを意識しておきましょう(^^)


大きな注文のポイントは
「意識」と「時間」です



【ユーロ/円】1時間足
FX テクニカル分析 ブログ 1時間足


MACDルールは上で成立
長期(青)は上昇ダウ
短期(緑)も上昇ダウ


つまり買い目線


でも抵抗線に引っかかりまくりですね
狭いところにたくさんラインが存在すると
当然相場は荒れます
トレードするには不向きとなります


さて越えてくるのか
それともはね返されるのか
それは神のみぞ知る


我々トレーダーは
ただ現実に粛々と対応するのみです


その対応ってやつ
いったいどこでどう対応したらいいの?ってことになりますが
その際に意識すべきが相場の「節目」です


トレードはこの「節目」を意識できているかどうか
そして使いこなせているかどうかで大きく変わります
ぜひ「節目マスター」になってください


では現在(8:39)の相場状況です


4時間足は長期的には買い方が優勢
昨日短期的にも買い方が優勢となり
いったん戻しかけましたが
ちゃんと短期的な損益分岐点で支えられました


つまり昨日の安値は
けっこう重要なラインとなる可能性があります


1時間足は長期的には買い方が優勢ですが
短期的には売り方が優勢となっています


再度買い方優勢となるかどうかで
相場環境はかなり変わってきます


5分足は長期的にも短期的にも売り方が優勢


上位足は買いがまだ強いので
5分足もこの後買い方優勢となる可能性はありますが
しばらくはイヤな相場環境が続きそうです


ほな今日もがんばっていきましょう~ (^з^)-☆Chu!!

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

やっと出会えた基本書です

投資にかぎらず、ビジネスにおいてもなぜそのような行動をおこすのかには、
必ずバックボーンとなる理論・戦略を身につけていないと多くの競争相手に勝つことはできません。
この著書は、その基本となる理論・戦略を身につけるための基本書です。
これからの長い道のりで迷った時に再度読み返すことで基本に立ち返らせてくれる・・・そんな本です。
店頭で手にすることはできません。自分へのささやかな投資です。ぜひ手にしてください。


「チャートを動かす大衆心理を利用して相場から利益を上げる22の技術」の感想

きちんとテクニカル分析の学習をしたい、と思っても、
一般書籍などでは様々なテクニカル指標やツールの使い方に関するものばかりで、
相場の本質に根ざした原理原則から学べる教材はほとんどありませんでした。
維新の介さんのこのテキストは本当に実践的で役に立つものですが、さらにとにかくわかりやすいです。
目からウロコの連続でした。
はーそうだったのかー、と今までのトレードを振り返ってみて、ちょっと悲しい気持ちにさえなりました。
この内容でこの価格は破格だと思います。


大衆心理を利用して利益を上げる!FXテクニカル分析22の技術

【維新の介著】
>>大衆心理を利用して利益を上げる!FXテクニカル分析22の技術


1日1回、応援クリックよろしくお願いします^^♪
  ↓

テクニカル分析ブログ





関連記事
[ 2015/06/19 08:43 ] MACDルールで見る本日の流れ | TB(-) | CM(-)

MACDルールとダウ理論で見る本日のテクニカル分析【6月18日(木)】







【6月18日(木)のテクニカル分析】

首痛めた(*´Д`)

上向けない
下向けない
右向けない
左向けない

めっちゃ不便でストレスたまる


おはようございます(^^)
維新の介です

本日のユロ円の流れです


【ユーロ/円】4時間足
FX テクニカル分析 ブログ 4時間足 トレード手法


MACDルールは上で成立
長期(青)はダブルトップから下げていたものが
再度安値を切り上げ
そして直近高値を更新してきました


短期(緑)も同じく上昇ダウですね


日足(赤)の上昇「勢い」はまだ残っているので
押し目になってもおかしくない局面でした


ただ
まだ上昇途中に抵抗となりそうなラインがいくつかありますので
一番上の抵抗線(水色)を上抜くまでは
十分な注意が必要です


日足レベルでの直近高値を上抜くことがなければ
やはり上昇トレンドは終了となり
その後下げることになりますので
抵抗線を上抜き続けるかどうか?というのは重要ですよ(^^)



【ユーロ/円】1時間足
FX テクニカル分析 ブログ 1時間足


MACDルールは上で成立
長期(青)は上昇ダウで
短期(緑)も上昇ダウ


1時間足の上昇「勢い」は半減しましたが
4時間足には波及しましたね


高値は越えてきましたので
次の高値に到達するかどうかが今の見どころ


いったん下げてきたとしても
先ほど上抜いた高値ラインで支えられるか
それともまたレンジの中に戻るのかにも注意(^^)


では現在(8:40)の相場状況です


4時間足は長期的にも短期的にも買い方が優勢となりました
昨日は短期的には売り方優勢でしたからね
そこから再度短期で買い方優勢となりましたので
相場環境としてもタイミングとしても「買い」です


1時間足も
長期的にも短期的にも買い方が優勢です


5分足も同じく
長期的にも短期的にも買い方が優勢


というわけで
今は売りを考える局面ではありません


ほな今日もがんばっていきましょう~ (^з^)-☆Chu!!

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

コスパが高い。

恥ずかしながら今まで何万円もする商材を買った事がありますが、
ハッキリ言ってこっちの方が上です。
何故なら殆どの商材が手法にばかり焦点を当てて書いているのに対して、
こちらはその裏にある意味までキチンと解説しています。
特に利確と損切りは同じ事というのは、完全に盲点でした。
値段以上の価値は絶対にあると思います。


感想

まず相場環境を認識し、注文が集中しているポイントを把握し、ポイントが来るまで待てるようになってきた。
これにより、無駄なエントリーも減ったし、勝率も良くなった。
また、本書に利益の伸ばし方も記載してあり、それに従い、利益も伸ばせるようになった。


大衆心理を利用して利益を上げる!FXテクニカル分析22の技術

【維新の介著】
>>大衆心理を利用して利益を上げる!FXテクニカル分析22の技術


1日1回、応援クリックよろしくお願いします^^♪
  ↓

テクニカル分析ブログ





関連記事
[ 2015/06/18 08:43 ] MACDルールで見る本日の流れ | TB(-) | CM(-)

MACDルールとダウ理論で見る本日のテクニカル分析【6月17日(水)】







【6月17日(水)のテクニカル分析】

早朝にウチのワンコがちょっと吠えた

「何があった!!!!!!」

って思って飛び起きて
1階に駆け降りた

「呼んでみただけ♪」

って顔してコッチ見て嬉しそうにしてる

力抜けた
そのまま寝られなくなったのでチャート見てた
早朝すぎて全然動かないけど(泣


おはようございます(^^)
維新の介です

本日のユロ円の流れです


【ユーロ/円】4時間足
FX テクニカル分析 ブログ 4時間足 トレード手法


MACDルールはまだ上で成立
でも長期(青)は
ダブルトップから安値更新
そしてさらに高値を切り下げるのか??


逆に短期(緑)は
安値切り上げの高値更新


昨日上昇からいきなり下落したけれども
それでもまだ上昇ダウ継続中


長期は下げダウ
短期は上げダウ


イヤな相場(^^;)


再度明確に安値を切り上げるか
それともサポートラインを割ってくるか


どちらからがハッキリしなければ
やはりイヤな相場となりそう



【ユーロ/円】1時間足
FX テクニカル分析 ブログ 1時間足 トレード手法


MACDルールは不成立
長期(青)は安値切り上げからた高値更新で
昨日急落があったとはいえ
それでもまだ上昇ダウ継続


短期(緑)は上昇ダウからいっきに安値更新
急落のあとは急上昇というのはよくありますが
移動平均線に逆らってまで
果たしてどこまで上げるかはちょっと疑問


それよりは
下げてきてくれたほうが
移動平均線方向に沿うことになるためトレードしやすい


でも長期(青)が上昇ダウ中なので
一度高値切り下げを確定してほしいところ


下げたからと言っても
その後サポートラインがすぐ下にあるので注意は必要


結局レンジはトレードが難しいということ
上位足のレンジから抜けたら
下位足で勝負する


ではレンジとはどのような状態?
これをちゃんと定義してあげることができたら
「待つ」ということが上手になります(^^)


では現在(8:31)の相場状況です


4時間足は長期的には買い方が優勢ですが
短期的には売り方が優勢


つまりこの時点で若干トレードしづらい


1時間足は
長期的にも短期的にも売り方が優勢


5分足は長期的には売り方が優勢ですが
短期的には買い方が優勢です


うーん。。。


こうやって書いていると頭が冷静になりますね(^^;)
トレードしづらいってことがよくわかる
つまりリスクの高いところということ


ほな今日もがんばっていきましょう~ (^з^)-☆Chu!!

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

迷わず読んだほうが良いです。

何年も時間を使ってそれでも勝ちきれない方に本当におすすめできます。
誰でも一度は聞いたことのある移動平均線や、色々な法則の理解が深まり、
初心に返りながら自分の中のルールを作りなおす事ができると思います。

まだ手にして2ヵ月ほどではありますが間違いなくパフォーマンスが安定してきました。

裁量が必要なので簡単ではありませんが確実に大切な事を教えてくれる一冊です。


Simple is best

今まで沢山の本や教材で勉強してきましたが、これだけでかなり勝率、利益を上げられると思った。
実際取引を始めても、変なところでポジションを持つことがなくなり、
利格、損切りのタイミングも決まったところで行えるようになってきた。
シンプルが一番と感じるようになった。


大衆心理を利用して利益を上げる!FXテクニカル分析22の技術

【維新の介著】
>>大衆心理を利用して利益を上げる!FXテクニカル分析22の技術


1日1回、応援クリックよろしくお願いします^^♪
  ↓

テクニカル分析ブログ





関連記事
[ 2015/06/17 08:36 ] MACDルールで見る本日の流れ | TB(-) | CM(-)

MACDルールとダウ理論で見る本日のテクニカル分析【6月16日(火)】







【6月16日(火)のテクニカル分析】

ワンコたちのために土地を見てきました

条件は
涼しくて広くて起伏に富んでいて
そして「安くて」←超重要(笑

なかなかないものですね
でもいいところがあったら引っ越そうかな


おはようございます(^^)
維新の介です

本日のユロ円の流れです


【ユーロ/円】4時間足
FX テクニカル分析 ブログ 4時間足


MACDルールはまだ上で成立です
つまり日足20MAはまだ安定して上昇しているということですので
現在のちょい下げは
日足レベルから見ると押し目中のたんなる保ち合いの可能性があるということです


レートはサポートラインで支えられ
短期(緑)ではわずかに安値を切り上げ
昨日お伝えしたように
基本的には上昇相場となりましたね(^^)


だけど短期(緑)直近高値を更新できずに
上値抵抗線を築きました


さて
抜けてくるか?


抜けてくるともう少し強い上昇になるかも
ただどちらにしても
まだ上に抵抗線があるので
本格上昇はそこを抜いてから・・・



【ユーロ/円】1時間足
FX テクニカル分析 ブログ 1時間足


MACDルールは不成立から
徐々に上で成立しつつあります


長期(青)は下げダウを築いていたのですが
サポートラインに支えらえわずかに安値を切り上げ


そして短期(緑)も安値を切り上げてきましたので上昇相場


ただ
直近長期(青)の高値付近でレートが抑えられています


抜けなければレンジの中に戻り
抜けたらもう少し上位足からの買い相場となります


でも過去のレートに
ちょこちょこと意識されそうな高値があるので
抜けて上昇してきた場合はそこらへんに注意


では現在(8:33)の相場状況です


4時間足は長期的には買い方が優勢ですが
短期的には売り方が優勢となっています


ただちょっと上昇するだけで
短期的にも買い方が優勢となりそうですね


1時間足は長期的にはぎりぎり売り方が優勢ですが
短期的には買い方が優勢


つまり
ちょっと上昇するだけで
長期的にも短期的にも買い方が優勢となります


5分足は長期的にも短期的にも買い方が優勢


結局昨日築いた上値抵抗線を上抜くかどうか?にかかっているわけです


もちろん
上抜かなければ下げ相場
というよりは
レンジ内に戻る動きとなります


ほな今日もがんばっていきましょう~ (^з^)-☆Chu!!

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

トレードの基礎がコンパクトに

根底に作者の素人投資家へのサービス精神が感じられます。
基礎的なことを、コンパクトに分かりやすく書かれていますので、大変重宝しています。
何度も読み返して頭に叩き込むことにより、負け犬から脱出できると思います。


22の技術の感想

今までわかったつもりでいたことが如何にあやふやな理解だったのかを思い知らされた。
テクニカルを一通り知った人には目からウロコの内容で
基本の大切さを教えてくれる。


大衆心理を利用して利益を上げる!FXテクニカル分析22の技術

【維新の介著】
>>大衆心理を利用して利益を上げる!FXテクニカル分析22の技術


1日1回、応援クリックよろしくお願いします^^♪
  ↓

テクニカル分析ブログ





関連記事
[ 2015/06/16 08:39 ] MACDルールで見る本日の流れ | TB(-) | CM(-)

MACDルールとダウ理論で見る本日のテクニカル分析【6月15日(月)】







【6月15日(月)のテクニカル分析】

ここ数か月
トレードのレベルが一段上がったような気がする

9年ほど前にトレードを始めて
それから何度もこういう感覚を味わって
そのたびにレベルアップしてきたけど

まだ上達の余地があったんだと
ちょっと嬉しくトレードが楽しい今日この頃(^^♪



おはようございます(^^)
維新の介です

本日のユロ円の流れです


【ユーロ/円】4時間足
FX テクニカル分析 ブログ 4時間足 トレード手法


MACDルールはまだ上で成立
でも長期(青)は
ダブルトップから安値割れ


けれども今は
直近安値に支えられている状態


短期(緑)も下げダウだし
このまま下抜けするのか?


ってこところでダイバージェンス発生


下げ幅が減ってきたってことですので
下げの勢いは失われつつあります


というわけで
反転上昇の可能性も高まってきました(^^;)


サポートラインが「確定」したと相場が判断したとき
下位足では跳ね上げることもありますので
どこから買いが集中してくるのかも注意しておいてください


それが下位足における
トレンドの転換だったりします(^^)



【ユーロ/円】1時間足
FX テクニカル分析 ブログ 1時間足 トレード手法


MACDルールは不成立
長期(青)は下げダウ形成
でもサポートラインでダイバージェンスも発生


けっこうはね返したところを見ると
意外に割られたくないラインだったのかもしれないですね


再度下値を試しに行ってるようですが
短期(緑)が直近高値を更新したし
ここで安値を切り上げたらさらに上昇しそうです


さて
安値を切り上を確定するのは?


トレンドフォローにおけるトレード手法なんてのは
こういったことを自分なりに
でも「相場の本質に沿って」決定する
ただそれだけなんです(^^)


では現在(8:36)の相場状況です


4時間足は長期的には買い方が優勢ですが
ついに短期的には売り方が優勢となりつつあります


私がスイングでポジっていたとしたら
いったん手仕舞いですね


1時間足は長期的にも短期的にも売り方が優勢で
5分足も同じく
長期的にも短期的にも売り方が優勢です


上位足が買いとも売りとも言えず
下位足は売り優勢で
でもサポートラインに支えられてダイバージェンス


うーん。。。
手を出しづらいので
しばらくスキャル専門かな(^^;)


ほな今日もがんばっていきましょう~ (^з^)-☆Chu!!

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

悩んでいるなら買おう!

私は投資は全くの未経験。まずは、投資とは何かを理解したくて色々な投資本は読んできた。
市販の投資本は、何やら複雑で難しい事が書いているのが多く、今一つ理解しにくいものが多かった。
「22の技術」を購入したのは、ずばり安かったから。市販の投資本とそう変わらない値段で、失敗しても痛くはない。
しかも、返金保証もあったしね。
結果は、実にシンプルで理解できる内容。
大衆心理をテーマにしているので、FX以外にも活用できると思いました。
「22の技術」を読了した後に、市販本を読む。理解できなかった所が理解できるようになっていた。
もし、購入を迷っているのなら、買いましょう。
投資初心者ほど読むべき書籍だと思います。



ものすごく真面目な本

ネットで情報商材とかたくさんある中、価格も安くて真剣に書かれている本だと思いました。
何度も繰り返し読むことが出来るのも、この本の特徴だと思います。
しかもこの価格でフォロー動画まで付いてくるのがすごい!
とても勉強になりました。これからのFX投資にも心強い1冊です。



あれ?勝てるんじゃない?

この本を読んでいると初心者の私でも
「あれ?勝てるんじゃない?」と思えるほどわかりやすい内容になっていました。



大衆心理を利用して利益を上げる!FXテクニカル分析22の技術

【維新の介著】
>>大衆心理を利用して利益を上げる!FXテクニカル分析22の技術


1日1回、応援クリックよろしくお願いします^^♪
  ↓

テクニカル分析ブログ





関連記事
[ 2015/06/15 08:43 ] MACDルールで見る本日の流れ | TB(-) | CM(-)