MACDルールとダウ理論で見る本日のテクニカル分析【1月30日(木)】



【1月30日(金)のテクニカル分析】

おはようございます(^^)

本日のユロ円の流れです。

【ユーロ/円】4時間足
FX テクニカル分析 ブログ 4時間足


MACDルールはまだ下で成立
長期(青)は下げダウ継続
下げ止まり感は出てきましたが
日足レベルの単なる戻り目である可能性も同等にあります


せめて長期(青)で安値を切り上げてほしいですね
もしレートがピンク水平ラインよりも下にたまりはじめたら下げ注意ですよ


ただ一昨日に書いた
上値重いラインを越えてきたら
ちょっと買っていくのもありかも


週足日足のミドルラインよりも下にレートが位置していることは忘れないで



【ユーロ/円】1時間足
FX テクニカル分析 ブログ 1時間足


MACDルールは崩れています
長期(青)は高値更新後にちょっとだけ安値も更新


といってもほぼダブルボトム
そんなに安値更新を気にする必要はないけれども
念のため・・ということであれば
上値ラインを越えたあとのリターンムーブまで待ったほうが安心


もしくは抜ける前にちょっとだけ戻って軽く安値を切り上げてくれると嬉しいですね(^^)
抜けた後に追随しやすくなる


上位足はともかく
4時間足と1時間足のMAがともに上を向いているので
上昇しやすい相場であることは確か


買いの場合、
あとは損益分岐点越えを待つだけ


売りの場合は
現在のプチ上昇の起点となったネックラインを下に割ってからのほうがよさそう


では現在(8:34)の相場状況です


4時間足は長期的にも短期的にも売り方が優勢ですが
短期的な損益分岐点上にレートがあり
ちょっと上昇するだけで短期的には買い方が優勢に「なる


1時間足は長期的に買い方が優勢であり
短期的にも買い方が優勢


もちろん5分足も買い方が優勢


つまり4時間足の短期的な損益分岐点だけが上昇を阻んでいる状態であるため
越えてきたら買い方が優勢になる


下位足が勝つか上位足が勝つか
ちょっと見ものです(^^)


ほな今日もがんばっていきましょう~ (^з^)-☆Chu!!

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

22の技術を購入してから。

22の技術を購入してから、今で3度目の読み返しです、本の中も赤線だらけ今は大事な部分をノートに取り実際にチャートに向かい実証しています。

これだけ内容の濃い書籍に速い内に出会えた事を心から感謝しています。

皆さんも購入して見て下さい。
私が言っている事が良く分かります。


大衆心理を利用して利益を上げる!FXテクニカル分析22の技術

【維新の介著】
>>大衆心理を利用して利益を上げる!FXテクニカル分析22の技術


1日1回、応援クリックよろしくお願いします^^♪
  ↓

テクニカル分析ブログ




□*■*□*■*□*■*□*■*□*■*□*■*□*■*□*■*□

【1月30日 金曜日の経済指標】

08:30 日) 全世帯家計調査 消費支出

08:30 日) 失業率

08:30 日) 有効求人倍率

08:30 日) 全国消費者物価指数

08:30 日) 東京都区部消費者物価指数


08:50 日) 鉱工業生産

14:00 日) 新設住宅着工戸数

19:00 欧) 失業率

19:00 欧) 消費者物価指数

22:30 米) 四半期実質国内総生産


23:45 米) シカゴ購買部協会景気指数

24:00 米) ミシガン大学消費者態度指数


関連記事
[ 2015/01/30 08:37 ] MACDルールで見る本日の流れ | TB(-) | CM(-)

MACDルールとダウ理論で見る本日のテクニカル分析【1月29日(木)】



【1月29日(木)のテクニカル分析】

おはようございます(^^)

本日のユロ円の流れです。

【ユーロ/円】4時間足
FX テクニカル分析 ブログ 4時間足


MACDルールは下で成立
長期(青)も下げダウ継続


短期(緑)は上昇ダウ・・だったところから
直近安値をちょいとだけ割ってきた


チャート上ピンク水平ラインよりも下でレートが推移し始めたら
さらに下げることも意識しておいたほうがいいですね


戻したとしても
その後高値を切り下げてしまえば
三尊からのネックライン割れの可能性もあります


日足の下げ「勢い」が半減しているとはいっても
まだレートは-1σよりも外に位置しているんで
安易な買いは厳禁



【ユーロ/円】1時間足
FX テクニカル分析 ブログ 1時間足


MACDルールは不成立
長期(青)は高値更新から安値更新
といってもほぼ同レベルで止まっています


そのちょい下に損益分岐ライン(ピンクライン)が存在しますので
それよりも下にレートが存在し始めたら
まだ下げてくる可能性大


短期(緑)は下げダウを築いていますので
すぐに買っていくのは難しい


若干の下げ「勢い」はあるけれども
4時間足に波及しているほどのものでもないので
すぐに終わる可能性が高い


ちょっと難しい
だけど値幅はあるから攻略したくなる(笑)


でもリスクの高いところは無視するのが
一番簡単なトレードの勝ち方です(^^;)


では現在(8:44)の相場状況です


4時間足は長期的にも短期的にも売り方が優勢
1時間足も同じですが
長期的な損益分岐点付近に位置しているので
この後の動きに注意必要


5分足は長期的にも短期的にも売り方が優勢ですので
すぐに買い方優勢相場にはなりませんが
なにかの拍子にいきなり売られる可能性は十分にありますのでこれも注意


ただ1時間足で長期的に買い方が優勢になれば
1分足で買い方が優勢であれば
少しずつ買われていく動きになるかも


ほな今日もがんばっていきましょう~ (^з^)-☆Chu!!

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

FX22の技術

利益が、週単位、月単位に出ていない人は、必須の本です。私は「FX22の技術」を購入してから、90%以上の確率で勝ち続け、資金は3倍となりました。理由は簡単です。以前の自分流のエントリーに間違いがあったからです。というか、エントリーの間違いというより、FXの本質、考え方を理解していなかったからです。そこが理解できたら、貴方もエントリーが変わりますよ。FXで勝つための技術が身に付きますよ。利益が当たり前になります。勝ち続けるトレーダーは何か凄いから勝てるのではなく、FXの本質を理解しているから勝つのだということが理解できます。あなたも、FXの本質を理解して、当たり前に勝ち続けてください。知らないと負け続けるだけですよ。絶対!


大衆心理を利用して利益を上げる!FXテクニカル分析22の技術

【維新の介著】
>>大衆心理を利用して利益を上げる!FXテクニカル分析22の技術


1日1回、応援クリックよろしくお願いします^^♪
  ↓

テクニカル分析ブログ




□*■*□*■*□*■*□*■*□*■*□*■*□*■*□*■*□

【1月29日 木曜日の経済指標】

08:50 日) 対外対内証券売買契約等の状況

08:50 日) 小売業販売額

08:50 日) 大型小売店(既存店)販売額

18:00 欧) マネーサプライM3

19:00 欧) 消費者信頼感

22:30 米) 新規失業保険申請件数

24:00 米) 住宅販売保留指数


関連記事
[ 2015/01/29 08:47 ] MACDルールで見る本日の流れ | TB(-) | CM(-)

MACDルールとダウ理論で見る本日のテクニカル分析【1月28日(水)】



【1月28日(水)のテクニカル分析】

おはようございます(^^)

本日のユロ円の流れです。

【ユーロ/円】4時間足
FX テクニカル分析 ブログ 4時間足


MACDルールは相変わらず下で成立
長期(青)も下げダウ中
レートも日足のボリンジャーバンドの-1σの外に位置していますので
長期的な目線は売り継続


だけど短期(緑)で安値を切り上げてきましので
昨日は下位足では買い相場となりました


レートは少し前の下げ目標であり
数日前の下げ起点のライン付近まで戻ってきました


これを上抜いてさらに買いが入るのか
それともリターンムーブから下げるのかが見どころ


この1か月ほどに渡る下げ相場の手仕舞いにつながっていくかどうか?
大きく戻すかどうかはそこらへんですね


現在は数日前の下げの手仕舞いが入っている程度



【ユーロ/円】1時間足
FX テクニカル分析 ブログ 1時間足


MACDルールは崩れてきました
長期(青)が安値切り上げ高値も更新していますし
短期(緑)も上昇ダウです


といっても日足は下げ下げだし
4時間足でもまだ長期的には下げダウ中
安易にロング・・・とはしづらいですね


上位足からわかるように
上値も少々重たくなりそうなところ


下位足で売り方が優勢になれば
少し売っていってもいいかもしれません


ただ4時間足の下げ「勢い」が完全に収束していますので
あまり大きな下げは期待しないほうがいいかな


では現在(8:30)の相場状況です


4時間足は売り方が優勢ですが
上で書いたラインを越えてきたら
短期的には買い方が優勢になりそうです


1時間足は長期的にも短期的にも買い方が優勢ですが
ちょいと上値が重い・・・


しかし買い方優勢である以上
簡単に売っていくこともできないですね


5分足は長期的にも短期的にも買い方が優勢で
今は短期的は損益分岐点上にレートがあります


反発上昇するか
それとも下抜いてくるか


下抜いてくれば
上位足のリターンムーブからの下げ可能性が
「ちょっとだけ」上がります


ほな今日もがんばっていきましょう~ (^з^)-☆Chu!!

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

22の技術のアンケート

非常に解りやすいですが、単にテクニカルの知識の解説書ではなくその本質の理が説かれ深い内容で繰り返して読む事によって読む度に新しい発見が有ります。
この本は総論ですが、これだけでも実戦に十分通用し、利益を上げることが出来る素晴らしい本です。
維新の介さんの、各論にあたるその他のマニュアルと合わせ真剣に勉強すれば、相場を我が手の内に入れることができ、安定した利益を積み重ねていけると確信を持っています。
ちなみに、私はFXではなく、日経225先物が主戦場です。


大衆心理を利用して利益を上げる!FXテクニカル分析22の技術

【維新の介著】
>>大衆心理を利用して利益を上げる!FXテクニカル分析22の技術


1日1回、応援クリックよろしくお願いします^^♪
  ↓

テクニカル分析ブログ




□*■*□*■*□*■*□*■*□*■*□*■*□*■*□*■*□

【1月28日 水曜日の経済指標】

21:00 米) MBA住宅ローン申請指数

28:00 米) 米連邦公開市場委員会(FOMC) 終了後政策金利発表


関連記事
[ 2015/01/28 08:33 ] MACDルールで見る本日の流れ | TB(-) | CM(-)

MACDルールとダウ理論で見る本日のテクニカル分析【1月27日(火)】



【1月27日(火)のテクニカル分析】

おはようございます(^^)

本日のユロ円の流れです。

【ユーロ/円】4時間足
FX テクニカル分析 ブログ 4時間足


MACDルールは下で成立
長期(青)は下げダウ継続


レートはまだ日足ボリンジャーバンドの-1σの外にあり
大きな流れは下げ相場


短期(緑)も下げダウ継続だが
MACDはダイバージェンスが発生しかけ
下げ幅が減ってきた


4時間足の下げ「勢い」も収束しつつあり
長かった下げも終わりが見えてきたか?


しかしまだ短期(緑)レベルですら安値を切り上げていないので
安易に下げ止まりとは判断しきれない



【ユーロ/円】1時間足
FX テクニカル分析 ブログ 1時間足


MACDルールは崩れつつあります
長期(青)は下げダウ継続


だけど短期(緑)は
直近高値を更新してきましたので
安値切り上げにつながる可能性がでてきました


1時間足のMA(青)が上げてきましたので
売りで攻めるにはちょっとリスクが高いところです
下位足における損益分岐点を見極めながらのトレードが望ましいですね
チャート上のピンクラインが参考になるかな?


現在(8:44)に跳ね返っているピンクラインは
昨日書いておいた132.968です
まだ有効に働いています


では現在(8:45)の相場状況です


4時間足は売り方が優勢
1時間足も長期的には売り方が優勢ですが
短期的には買い方が優勢となっています


5分足はすでに長期的に買い方が優勢
短期的にはちょうど境目にレートがあります


非常に短期的な部分で
買い方と売り方との境目です


ここを上抜いてきたら
買い方相場ですね


上位足で安値の切り上げがまったくありませんので
買っていくには非常にリスキーな相場環境でもあります


ほな今日もがんばっていきましょう~ (^з^)-☆Chu!!

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

今までの間違いがはっきりと認識できました

何年トレーダーをやっている人でも、まずは初心に帰って、22の技術を読んでみるべきだと思いました。今までの自分の間違いに気付き、どうあるべきかがはっきりとわかります。また、テクニカル分析もわかりやすく解説してくれているので、もっと高くても購入する価値は、絶対にあると思います。


大衆心理を利用して利益を上げる!FXテクニカル分析22の技術

【維新の介著】
>>大衆心理を利用して利益を上げる!FXテクニカル分析22の技術


1日1回、応援クリックよろしくお願いします^^♪
  ↓

テクニカル分析ブログ




□*■*□*■*□*■*□*■*□*■*□*■*□*■*□*■*□

【1月27日 火曜日の経済指標】

未 定 米) 米連邦公開市場委員会(FOMC) 1日目

08:50 日) 企業向けサービス価格指数

18:30 英) 四半期国内総生産

22:30 米) 耐久財受注

23:00 米) ケース・シラー米住宅価格指数

24:00 米) 新築住宅販売件数

24:00 米) 消費者信頼感指数(コンファレンス・ボード)

24:00 米) リッチモンド連銀製造業指数


関連記事
[ 2015/01/27 08:50 ] MACDルールで見る本日の流れ | TB(-) | CM(-)

MACDルールとダウ理論で見る本日のテクニカル分析【1月26日(月)】



【1月26日(月)のテクニカル分析】

おはようございます(^^)

本日のユロ円の流れです。

【ユーロ/円】4時間足
FX テクニカル分析 ブログ 4時間足


MACDルールは下で成立
長期(青)は下げダウ継続
さらに短期(緑)も下げダウ中です


というわけで売り目線


日足をずっとさかのぼってみるとわかりますが
先週末はサポートラインで支えら
少し反発上昇して終わりました


しかし今朝は窓空け
そしてあっさり安値割れ・・・


微妙にラインを下抜いていますが
果たして支えきれるか?



【ユーロ/円】1時間足
FX テクニカル分析 ブログ 1時間足


MACDルールは下で成立
長期(青)は下げダウ継続
そして短期(緑)も直近安値を割って下げダウ継続です


1時間足の下げ「勢い」は半減していますが
4時間足に波及していますので
まだ下げ相場


あとは上でも書いたサポートライン付近で反発するかどうか


せめて5分足で買い方が優勢になってくれなければ
ロングは怖い


今回の下げは欧州中央銀行のお墨付きやからね(^^;)
どこまで下げるか全くわからない


欧州時間で買い気配が見えたら
相場環境によってはちょっと買いも見ていこうかな


買っていく場合は132.968付近がひとつの目安かも
それまでは売り目線


では現在(8:39)の相場状況です


4時間足は売り方が優勢
1時間足は売り方が優勢
5分足も売り方が優勢
1分足も売り方が優勢


トレンドフォロアーとしては買っていく理由がない(笑)


ほな今日もがんばっていきましょう~ (^з^)-☆Chu!!

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

バイブルとして

トレードを始めようとしている人、ちょっと、つまずきかけている人は、読むべき本だと思います。購入して60日が過ぎ、今、2回目を読み終わったところです、1度目ではピンと来なかった所も、本当の意味での理解ができたと思います。また、しばらくして読み返そうと思っています。
また、新しい発見があるかも、


大衆心理を利用して利益を上げる!FXテクニカル分析22の技術

【維新の介著】
>>大衆心理を利用して利益を上げる!FXテクニカル分析22の技術


1日1回、応援クリックよろしくお願いします^^♪
  ↓

テクニカル分析ブログ




□*■*□*■*□*■*□*■*□*■*□*■*□*■*□*■*□

【1月26日 月曜日の経済指標】

08:50 日) 貿易統計

08:50 日) 日銀 金融政策決定会合議事要旨


関連記事
[ 2015/01/26 08:40 ] MACDルールで見る本日の流れ | TB(-) | CM(-)

MACDルールとダウ理論で見る本日のテクニカル分析【1月23日(金)】



【1月23日(金)のテクニカル分析】

おはようございます(^^)

本日のユロ円の流れです。

【ユーロ/円】4時間足
FX テクニカル分析 ブログ 4時間足


MACDルールは下で成立
長期(青)も下げダウ継続
さらに短期(緑)も下げダウ


短期(緑)で高値を切り下げた時点で
目線は下げです


ただし昨日も書いたように
もう少し長い間三角保ち合いになる可能性もありましたので
エントリーは注文が集中するところを探さなければなりません


1時間足だときれいなトレンドラインが引けていましたね(^^)


ただ昨日は
ドラギさんの発言によりいっきに下げてしまったので
エントリーのタイミングは下位足であっても少々難しかったかも(^^;)


大きく下げましたが
日足レベルの直近安値にほぼ到達
意識されないはずはないのでこのラインは注意
急反発上昇もありますよ


【ユーロ/円】1時間足
FX テクニカル分析 ブログ 1時間足


MACDルールは下げで成立しかけ?
ちゃんと成立するにはリターンムーブの値動きがほしいですね


長期(青)は下げダウ継続
短期(緑)も下げダウ継続


普通に考えたら下げ継続ですが
上でも書いたように日足レベルの直近安値付近
ちょっと注意が必要です


ただしリターンムーブから再度下げてくる可能性はありますので
下げ目線を外さないほうがいいですね


その場合でも
やはりこの安値ラインは意識されますので注意


では現在(8:34)の相場状況です


4時間足は売り方が優勢
1時間足も売り方が優勢


5分足は長期的には売り方が優勢ですが
短期的には買い方が優勢になりつつあります


しかし基本的な考え方は
上位足が売り方優勢ですので
5分足で再度短期的に売り方が優勢になれば
それは下げサインとなります


ほな今日もがんばっていきましょう~ (^з^)-☆Chu!!

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

22の技術について

3000円と格安だし大した物ではないんだろうなと期待はほとんどしていませんでした。
しかし届いた本を読むうちに今までの考え方が180°変わりました。今思えばもしあの時購入を見送っていたらと思うとぞっとします。
現在はお陰様で何とか勝ち続けられるようになってきました。でも本を読んだからといって勝てるものではないです。この本を熟読し努力することは必須です。
迷っておられるのでしたら是非購入をお勧めします。

大衆心理を利用して利益を上げる!FXテクニカル分析22の技術

【維新の介著】
>>大衆心理を利用して利益を上げる!FXテクニカル分析22の技術


1日1回、応援クリックよろしくお願いします^^♪
  ↓

テクニカル分析ブログ




□*■*□*■*□*■*□*■*□*■*□*■*□*■*□*■*□

【1月23日 金曜日の経済指標】

18:00 欧) 製造業購買担当者景気指数

18:00 欧) サービス部門購買担当者景気指数

24:00 米) 中古住宅販売件数

24:00 米) 景気先行指標総合指数


関連記事
[ 2015/01/23 08:37 ] MACDルールで見る本日の流れ | TB(-) | CM(-)

MACDルールとダウ理論で見る本日のテクニカル分析【1月22日(木)】



【1月22日(木)のテクニカル分析】

おはようございます(^^)

本日のユロ円の流れです。

【ユーロ/円】4時間足
FX テクニカル分析 ブログ 4時間足


下げもひと息かな?
短期的に安値を切り上げてきましたね


MACDルールはまだ下げで成立し
長期(青)は下げダウを築いていますので
少し戻しの気配といっても
大き目の日足レベルの戻しである可能性もありますので注意


主要なライン付近で頭をおさえられていますが
上抜いてくれば買い目線
さらに直近高値を上抜いたら当然買い相場


ただし日足レベルは下げ下げなので
あまり放置できる相場ではないかも


単なる手仕舞いの動きに少し乗るだけ



【ユーロ/円】1時間足
FX テクニカル分析 ブログ 1時間足


MACDルールは不成立
長期(青)は安値を切り上げてきましたね
買い相場に入りつつあります


短期(緑)も安値を切り上げました
直近高値も更新しているので
このまま上昇か?


ただちょっと上値が重いので
急落に注意


週足日足のMAは下げていて
1時間足と4時間足のMAが上げている状態


上位足勢と下位足勢がガッチャンコ


つまり上昇するとしても
けっこう値動きが荒い可能性がありますので
十分に注意が必要


日足レベルの戻しだとすると
ここで1時間足直近長期(青)高値を更新することがなければ
さらなる下げのための三角保ち合いになる可能性もあります


そうなるとどんどん値幅が狭くなっていくだけですからね(^^;)


では現在(8:44)の相場状況です


4時間足は売り方っが優勢
しかし1時間足は
長期的にも短期的にも買い方が優勢となってきました


つまり手仕舞いの買いが入ってきてもおかしくない相場状況です


5分足は買い方が優勢
つまり今朝の6時過ぎからは買っていってもよかった相場です


ほな今日もがんばっていきましょう~ (^з^)-☆Chu!!

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

グッときた!

十人十色で感じ方も色々だと思いますが自分には凄く良かったです。勝てないトレーダーはぜひ目を通してみてほしい。今まで一度読んだり、見たりしたものはそれで終わりのパターンが何度もあるがこの本は何度でも目を通したくなる。そしてそのたびに新しい気づきを与えてくれる本だと思う。この値段でこの価値はとてもお得だと思います。何度も何度も読み返していきます。PDFと冊子のダブルも良いですね。教科書のようにして毎日持ち歩いています。

大衆心理を利用して利益を上げる!FXテクニカル分析22の技術

【維新の介著】
>>大衆心理を利用して利益を上げる!FXテクニカル分析22の技術


1日1回、応援クリックよろしくお願いします^^♪
  ↓

テクニカル分析ブログ




□*■*□*■*□*■*□*■*□*■*□*■*□*■*□*■*□

【1月22日 木曜日の経済指標】

08:50 日) 対外対内証券売買契約等の状況

14:00 日) 金融経済月報

21:45 欧) 欧州中央銀行(ECB) 政策金利

22:30 欧) ドラギ欧州中央銀行(ECB)総裁 定例記者会見


22:30 米) 新規失業保険申請件数

23:00 米) 住宅価格指数

24:00 欧) 消費者信頼感


関連記事
[ 2015/01/22 08:46 ] MACDルールで見る本日の流れ | TB(-) | CM(-)

MACDルールとダウ理論で見る本日のテクニカル分析【1月21日(水)】



【1月21日(水)のテクニカル分析】

おはようございます(^^)

本日のユロ円の流れです。

【ユーロ/円】4時間足
FX テクニカル分析 ブログ 4時間足


MACDルールは下で成立
長期(青)は下げダウ


さらに下げるかどうか?ですが
とりあえずレートが
いったん損益分岐ライン(ピンク)を越えてきていますので
下に割ってから考えたほうが無難


もちろんこれより上にレートが存在し続けるようであれば
買っていくことも考えます


下げ「勢い」は
日足も4時間足も失われつつありますので
下げたとしてもとりあえずは4時間足直近安値付近までと思われます


それよりも安値の切り上げがほしいですね
けっこうな下げが続いたので
手仕舞いの買いの値動きを獲りにいきたい(^^)



【ユーロ/円】1時間足
FX テクニカル分析 ブログ 1時間足


MACDルールは不成立
長期(青)はまだ下げダウ継続中


短期(緑)は上昇ダウを継続していたが
ここで高値を切り下げるかどうか?というところ


下げを獲りにいくのであれば
ピンクラインに注意しつつのほうが安全


このラインよりも上にレートがたまるようであれば
再度買いを狙っていってもいいかもしれませんが
まだ上位足で安値の切り上げがないので
下げ止まったとは言えませんのでこれも注意が必要です


では現在(8:40)の相場状況です


4時間足は売り方が優勢ですが
1時間足は長期的にも短期的にも買い方が優勢になってきました


5分足は短期的に売り方が優勢ですが
長期的に買い方が優勢となっています


1時間足で買い方が優勢といっても
まだぎりぎりのところですので
5分足で長短ともに売り方が優勢になれば
再度下げてくる可能性があります


比較的短期から比較的長期まで
損益分岐点が重なっているあたりにレートがありますので
上げるにしろ下げるにしろ注意が必要なポイントに差し掛かってきました


ほな今日もがんばっていきましょう~ (^з^)-☆Chu!!

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

視点が変わりました

テクニカル分析においてインディケーターとインディケーターの組うみ合わせでポイントを探ることだと思っていましたが、チャートが群衆の心理を表していること、そのため、みんなが見ているポイントを見極めることがテクニカル分析だとしることができたことは大きな収穫でした。

大衆心理を利用して利益を上げる!FXテクニカル分析22の技術

【維新の介著】
>>大衆心理を利用して利益を上げる!FXテクニカル分析22の技術


1日1回、応援クリックよろしくお願いします^^♪
  ↓

テクニカル分析ブログ




□*■*□*■*□*■*□*■*□*■*□*■*□*■*□*■*□

【1月21日 水曜日の経済指標】

未 定 日) 日銀金融政策決定会合 終了後決定内容発表

未 定 日) 日銀金融政策決定会合 年間マネタリーベース増加目標

13:30 日) 全産業活動指数

14:00 日) 景気先行指数

14:00 日) 景気一致指数

15:30 日) 黒田東彦日銀総裁 定例記者会見

21:00 米) MBA住宅ローン申請指数

22:30 米) 住宅着工件数

22:30 米) 建設許可件数


関連記事
[ 2015/01/21 08:43 ] MACDルールで見る本日の流れ | TB(-) | CM(-)

MACDルールとダウ理論で見る本日のテクニカル分析【1月20日(火)】



【1月20日(火)のテクニカル分析】

おはようございます(^^)

本日のユロ円の流れです。

【ユーロ/円】4時間足
FX テクニカル分析 ブログ 4時間足


MACDルールは下で成立
長期(青)は下げダウ継続
短期もまだ下げダウを継続していますね


というわけで売り目線です


日足の下げ「勢い」は半減
4時間足はほぼ収束


ということは
再度下げに転じたとしても
直近安値を試すかどうか?くらいの可能性が高くなります


まだ安値の切り上げが確認できていませんので
安易に買いポジは持たないほうがよさそう


また上値がピンクライン(損益分岐点)で抑えられていますので
これの下にレートが位置している限りは
当然売り目線です



【ユーロ/円】1時間足
FX テクニカル分析 ブログ 1時間足


MACDルールは下で成立していたのが
徐々に崩れてきました


長期(青)は下げダウを築いていますが
短期(緑)は上昇ダウ継続中
スキャルレベルではロングもありですね


ですが4時間足でも書いたように
上値が重いところに差し掛かっています


かと言って下げるのか?といえば
レジサポの逆転ラインで支えれてもいます


このエリア内にレートが或る限りは
ちょっと難しい相場になりそうです


といっても狭い範囲ですから
そのうちすぐに抜けてくるかな?


では現在(8:46)の相場状況です


4時間足は売り方が優勢
1時間足も長期的には売り方が優勢


だけど短期的には買い方が優勢になっていますので
昨日からは少しずつ買いが増えています


5分足は長期的には買い方が優勢
でも短期的には売り方が優勢


つまり1時間足も5分足も
長短が一致していないため
ちょっと難しい相場になりがちです


ほな今日もがんばっていきましょう~ (^з^)-☆Chu!!

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

良書です

相場で勝つためには「優位性を利用しなければならない」とか「エッジを見つけなければならない」と言われていますが、今まで「優位性」とは何か「エッジ」とは何かがつかめずにいました。本書を読んでみて維新の介さんの言う「理にかなったトレード」の「理にかなった」と言う部分がそれらに当てはまるのではないかと思うようになりました。本書には「理にかなったトレード」をするためにどのように考え、何を、どうすればよいのかが書かれています。迷えるトレーダー必読の良書です。

大衆心理を利用して利益を上げる!FXテクニカル分析22の技術

【維新の介著】
>>大衆心理を利用して利益を上げる!FXテクニカル分析22の技術


1日1回、応援クリックよろしくお願いします^^♪
  ↓

テクニカル分析ブログ




□*■*□*■*□*■*□*■*□*■*□*■*□*■*□*■*□

【1月20日 火曜日の経済指標】

未 定 日) 日銀 金融政策決定会合(1日目)

19:00 欧) 1月 ZEW景況感調査

24:00 米) 1月 NAHB住宅市場指数


関連記事
[ 2015/01/20 08:49 ] MACDルールで見る本日の流れ | TB(-) | CM(-)

MACDルールとダウ理論で見る本日のテクニカル分析【1月19日(月)】



【1月19日(月)のテクニカル分析】

おはようございます(^^)

本日のユロ円の流れです。

【ユーロ/円】4時間足
FX テクニカル分析 ブログ 4時間足


下げましたねー
スイスフランやってくれましたねー
でもユロ円でロングポジを持つことはない相場でしたので
ダメージがある人はいないですよね(^^)


MACDルールは相変わらず下げで成立
長期(青)は下げダウ
短期(緑)も下げダウ


というわけで
やっぱり目線は売り


下げ止まるかなー?
なんて考えるのは大切なことなのですが


下げ止まりだと自分で信じ込むあまり
大きなトレンドに逆らって買っていく・・というのは
あまりいい選択とは言えません


上位足における下げ止まりライン上で
下位足で明らかにトレンド転換の動きがあった場合


こういう状況で
やっと少しデイトレレベルで買っていけるかな?くらいです


ではこの下げ
まだまだ続くのか?
それとも下げ止まるのか?


もうちょっと上の足
つまり日足を見てみましょう


【ユーロ/円】日足
FX テクニカル分析 ブログ 日足


あれ?
なんかラインが引ける


というわけで
下げ止まるための1つの条件をクリア


あとは日足れべうで安値を切り上げたら
さらに下位足でちょっとずつ買っていけるかもしれませんね(^^)


では1時間足を見ていきます


【ユーロ/円】1時間足
FX テクニカル分析 ブログ 1時間足


MACDルールは下げで成立
長期(青)は下げダウだけど
短期(緑)は安値切り上げ高値を更新してきました


実際先週末の夜中からは
5分足レベルで買っていける相場になりました


でもしっかりと買っていこうと思うのであれば
つまり本当に下げ止まりを確認するのであれば
長期レベルで安値の切り上げがほしいです


それまでは
まだちょっとしたきっかけで
いっきにラインを割って下げる可能性がありますので注意


では現在(8:33)の相場状況です


4時間足は売り方が優勢
1時間足も売り方が優勢


でも5分足は短期レベルで買い方が優勢
長期的にはまだ売り方が優勢かな
ちょっと微妙なところです


ほな今日もがんばっていきましょう~ (^з^)-☆Chu!!

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

感想

まず相場環境を認識し、注文が集中しているポイントを把握し、ポイントが来るまで待てるようになってきた。これにより、無駄なエントリーも減ったし、勝率も良くなった。また、本書に利益の伸ばし方も記載してあり、それに従い、利益も伸ばせるようになった。

大衆心理を利用して利益を上げる!FXテクニカル分析22の技術

【維新の介著】
>>大衆心理を利用して利益を上げる!FXテクニカル分析22の技術


1日1回、応援クリックよろしくお願いします^^♪
  ↓

テクニカル分析ブログ




□*■*□*■*□*■*□*■*□*■*□*■*□*■*□*■*□

【1月19日 月曜日の経済指標】

13:30 日) 鉱工業生産

14:00 日) 消費者態度指数

18:00 欧) 経常収支

19:00 欧) 建設支出


関連記事
[ 2015/01/19 08:35 ] MACDルールで見る本日の流れ | TB(-) | CM(-)