MACDルールとダウ理論で見る本日のテクニカル分析【7月31日(木)】

矢印 こちらのレポートで詳しく説明してあります。

私独自のMACDの使い方であり、どの時間軸でトレードすべきか、今トレードしていい状態なのか
どの時間軸で決済すべきか、そういったことが一目でわかります。
非常に汎用性の高い考え方ですので、ぜひ身に付けてください(^^)



【毎月レポートが手に入る!! 前代未聞のタイアップ!!!】





【7月31日(木)のテクニカル分析】

おはようございます(^^)

本日のユロ円の流れです。

【ユーロ/円】4時間足
FX テクニカル分析 ブログ 4時間足


MACDルールは下で成立ながらも
崩れつつあります


長期(青)は安値切り上げから一気に上昇
これまでの下げの手仕舞いの動きですね


だとすると
ここまで戻ってくるのは予定通り
ちょうどっここらへんが損益分岐点になっていますからね(^^)


4時間は上昇し
日足の下げ「勢い」も収束したので
ここらでちょっと一息


チャネルラインも
安値を切り上げながら抜けたことに注意しておいてください
抜けるときの前兆ですよ


で、きれいな逆三尊を築いて上昇してきたわけですが
さて、今日の戦略が難しい(笑)


反転下落も考えられるし
一息ついて(押し目を作って)さらに上昇することも考えられる


ただ今はけっこう頭を押さえられいるわけですが
抜けたからといってあまり慌ててついていかないほうがいいですね


上抜いてからゆっくり考える(^^)
いつものとおりです



【ユーロ/円】1時間足
FX テクニカル分析 ブログ 1時間足


コチラのMACDルールも不成立
長期(青)は高値切り下げ安値切り上げで方向感がなかったところ


だけど昨夜の指標で
安値を切り上げ、そして高値を更新してきました


スタート地点としては
昨日かいた上昇の場合の要注意ライン


前半はこのラインをきれいにはさんで上下していました
それがNYに入って
「このラインを下回ることなく反転上昇」したわけです


つまりはリターンムーブの一種ですね
こういうところはかなり強力なエントリーポイントとなりますし
オシレーターの反転でエントリーするにしても
チャート上のこういうポイントを押さえた上でのサインとして使えるようになれば
その精度は飛躍的に向上しますよ(^^)


だからトレードは
あくまでも値動き主体なんです
何年も言い続けていますよね


オシレーター主体にしてたら
勝ち続けるのはちょっと難しいですよ(^^)


さて、では現在(8:35)の相場状況


4時間足は買い方が優勢になりつつありますが
それでもまだ短期的なものです
売り方優勢に転ずる可能性もまだまだありますので
注意が必要です


1時間足は買い方優勢ですね
多少の戻しはあったとしても
買い方優勢には違いありません
戻してきた場合は、137.3~137.33と137.40くらいに注意しておいたほうがいいと思われます


5分足も、もちろん買い方優勢です
でもちょっと弱まってきていますね
短期的な売り方優勢になれば
先ほど書いたラインあたりまで売りが進むかもしれませんので、これも注意が必要


戻すことなく高値越えしたら
これはこれで注意しながらついていくしかないわけですが
一旦戻ってきてレジサポ入れ替わってからのほうが
ダマシにあわないためには無難だとは思います



1日1回、応援クリックよろしくお願いします^^♪
  ↓

テクニカル分析ブログ




□*■*□*■*□*■*□*■*□*■*□*■*□*■*□*■*□

【7月31日 木曜日の経済指標】

08:50 日) 前週分 対外対内証券売買契約等の状況

10:30 日) 6月 毎月勤労統計調査-現金給与総額

14:00 日) 6月 新設住宅着工戸数

18:00 欧) 6月 失業率

18:00 欧) 7月 消費者物価指数


20:30 米) 7月 チャレンジャー人員削減数

21:30 米) 前週分 新規失業保険申請件数

22:45 米) 7月 シカゴ購買部協会景気指


*★*――――*★**★*――――*★**★*――――*★**★*――――*★*


今の時代において、移動平均線だけで
相場から利益を上げることは不可能なのか!?

答えは「NO」です。 実は移動平均線だけでも相場に勝つことは可能です。しかも、相場のトレンドに乗って大きな値幅を取りつつ、同時に勝率も高めるという、投資の世界において、不可能だと思われている理想のトレードを実現する事ができます。

■高い勝率と大きな値幅が同時に取れる非常識な投資術 〜移動平均線編〜



文中に登場する「勢い」という概念をコチラのレポート内で詳しく説明してあります。
「必ず!」上の「移動平均線編」を購入後にコチラをご覧ください。

■高い"勝率"と大きな"値幅"が同時に取れる非常識な投資術 〜ボリンジャーバンド(応用編)〜

ボリンジャーバンドを使ったエントリーポイントや利の伸ばし方もわかりやすく書いてありますよ(^^)
世界中のどこにもない、私だけの独自の使い方です。



Facebookへようこそ

今までブログではお伝えしきれなかったリアルタイムの最新の情報、

そして専業トレーダーのリアルな日常を投稿していきます。

また、ふとチャートを見ながら考え付いたこと等、今まででしたらそのまま消え去っていたような事柄も

そのまま気軽に書いていきます。

大切な一言・・・ぜひお見逃しなく(^^)

関連記事
[ 2014/07/31 08:39 ] MACDルールで見る本日の流れ | TB(-) | CM(-)

MACDルールとダウ理論で見る本日のテクニカル分析【7月30日(水)】

矢印 こちらのレポートで詳しく説明してあります。

私独自のMACDの使い方であり、どの時間軸でトレードすべきか、今トレードしていい状態なのか
どの時間軸で決済すべきか、そういったことが一目でわかります。
非常に汎用性の高い考え方ですので、ぜひ身に付けてください(^^)



【毎月レポートが手に入る!! 前代未聞のタイアップ!!!】





【7月30日(水)のテクニカル分析】

おはようございます(^^)

本日のユロ円の流れです。

【ユーロ/円】4時間足
FX テクニカル分析 ブログ 4時間足


MACDルールは下で成立
長期(青)は下げダウ継続


短期(緑)は
高値切り下げ安値切り上げ、そしてさらに高値切り下げ・・・


方向感もないし
値幅もどんどん狭まってきていますので
トレードするのなら十分な注意が必要です


まぁ、方向感がないのならトレードしないのが基本ではありますが
するとしたら
下位足で方向がでたときに
欲張らずにちょいといただく程度にしておいたほうがよさそうですね


日足の下げ「勢い」は半減していましたが
ここにきて完全に収束しつつあるようです


そうなるとなおのこと下落の追撃は難しくなってきますね



【ユーロ/円】1時間足
FX テクニカル分析 ブログ 1時間足


コチラのMACDルールは完全に崩れています
長期(青)は
高値切り下げ安値切り上げ、そして高値切り下げ・・・?
というところです


方向感ありませんね(^^;)
昨夜のNYなんかホント嫌な値動き(^^;)


とりあえず短期(緑)もダウラインを引いてみましたが
無理やりです(笑)
あまり意味がありません(^^;)


とりあえず長期(青)が高値を切り下げつつ
上昇トレンドラインを割ってきたわけですから
それはつまり
上昇の巡航速度が崩れてきた
本来の上昇の流れが弱まりつつあるということができます


だから売り方が優勢になれば
いっきに下げてくる可能性が高いですね


では現在(8:42)はどのような相場状況か


4時間足は売り方優勢だったのが崩れつつあります
下位足が売り方優勢になれば売り方優勢続行
買い方が優勢になれば、4時間足レベルで手仕舞いの買いが入ってくる可能性がありますね


1時間足は現在方向感がありませんので
なんとも言えません


1時間足の中でも長期的には買い方優勢
短期的には売り方優勢・・といったところでしょうか?


5分足や1分足は売り方優勢ですが
上位足が上で書いたような状態ですので
ショートで攻めるにしても十分に注意してください


下げてくるとしたら
短期的には136.86辺りが注意ライン
長期的には136.845付近が注意ライン


23~24日につけたダブルボトムのネックラインの延長上も
気を付けたほうがいいラインですね


上昇の場合は
短期的には136.92くらいからが注意かな?


ただ今日はNYに大きな指標を控えています
そのため様子見相場も考えられるので
十分注意してください


1日1回、応援クリックよろしくお願いします^^♪
  ↓

テクニカル分析ブログ




□*■*□*■*□*■*□*■*□*■*□*■*□*■*□*■*□

【7月30日 水曜日の経済指標】

08:50 日) 6月 鉱工業生産

18:00 欧) 7月 消費者信頼感

20:00 米) MBA住宅ローン申請指数

21:15 米) 7月 ADP雇用統計

21:30 米) 4-6月期 四半期実質国内総生産

27:00 米) 米連邦公開市場委員会(FOMC) 終了後政策金利発表

27:00 米) FOMC 長期国債購入額

27:00 米) FOMC MBS購入額



*★*――――*★**★*――――*★**★*――――*★**★*――――*★*


今の時代において、移動平均線だけで
相場から利益を上げることは不可能なのか!?

答えは「NO」です。 実は移動平均線だけでも相場に勝つことは可能です。しかも、相場のトレンドに乗って大きな値幅を取りつつ、同時に勝率も高めるという、投資の世界において、不可能だと思われている理想のトレードを実現する事ができます。

■高い勝率と大きな値幅が同時に取れる非常識な投資術 〜移動平均線編〜



文中に登場する「勢い」という概念をコチラのレポート内で詳しく説明してあります。
「必ず!」上の「移動平均線編」を購入後にコチラをご覧ください。

■高い"勝率"と大きな"値幅"が同時に取れる非常識な投資術 〜ボリンジャーバンド(応用編)〜

ボリンジャーバンドを使ったエントリーポイントや利の伸ばし方もわかりやすく書いてありますよ(^^)
世界中のどこにもない、私だけの独自の使い方です。



Facebookへようこそ

今までブログではお伝えしきれなかったリアルタイムの最新の情報、

そして専業トレーダーのリアルな日常を投稿していきます。

また、ふとチャートを見ながら考え付いたこと等、今まででしたらそのまま消え去っていたような事柄も

そのまま気軽に書いていきます。

大切な一言・・・ぜひお見逃しなく(^^)

関連記事
[ 2014/07/30 08:48 ] MACDルールで見る本日の流れ | TB(-) | CM(-)

MACDルールとダウ理論で見る本日のテクニカル分析【7月29日(火)】

矢印 こちらのレポートで詳しく説明してあります。

私独自のMACDの使い方であり、どの時間軸でトレードすべきか、今トレードしていい状態なのか
どの時間軸で決済すべきか、そういったことが一目でわかります。
非常に汎用性の高い考え方ですので、ぜひ身に付けてください(^^)



【毎月レポートが手に入る!! 前代未聞のタイアップ!!!】





【7月29日(火)のテクニカル分析】

おはようございます(^^)

本日のユロ円の流れです。

【ユーロ/円】4時間足
FX テクニカル分析 ブログ 4時間足


MACDルールは下げで成立
長期(青)は下げダウ中


短期(緑)は高値切り下げの安値切り上げ
つまり方向感がない・・・


三角形を築いていますので
日足レベルの戻しか?


日足の下げ「勢い」は
半減したとはいえ、まだ健在なので
その可能性も高いですね


三角下抜けは
まだ下げにつながるとみておいたほうがいいかもしれません


ただ、
下げたとしても前回の安値を少し下回る程度かも?


日足レベルの安値ラインと
チャネルライン下限がありますからね



【ユーロ/円】1時間足
FX テクニカル分析 ブログ 1時間足


コチラのMACDルールは不成立
長期(青)は
高値切り下げの安値切り上げで方向感なし


短期(緑)は
安値切り上げ、そして高値は更新・・・せず?


まだ確定ではありませんけど
高値切り下げが濃厚になりつつありますね


ただ4時間足のMA(赤)が上を向いていますので
本気下げになるのか?


でも上昇トレンドラインを下抜いた要注意ですね
三角保ち合いからの下抜けになるかも


レートが136.845よりも下に溜まりはじめて
その後下抜けてきたら食いついたほうがいいかも


下げ圧力が強めの三角ということですので


4時間足を見たらよくわかるのですが
逆三尊を築きつつありますので
ネックラインを上抜けば上昇の可能性もあります


どちらも準備しておいたほうがよさそうですね(^^)


では現在(8:40)の相場状況


4時間足は売り方優勢も
その売り圧力は弱まりつつある


1時間足は売り方買い方ば微妙で方向がわかりづらいところですが
圧力としては売りが優勢


4時間足の売り方が弱まっているので
1時間足はなにかの拍子に買い方優勢にすぐに転ずる可能性があります


5分足はかろうじて買い方優勢
でも売り圧力が強くなりつつある


つまり5分足で売り方優勢になれば
売っていってもいい相場だし
1時間足で買い方優勢になれば買っていったらいい相場


ただ売るときには
上昇トレンドラインにきれいに下支えられているということを忘れずに


1日1回、応援クリックよろしくお願いします^^♪
  ↓

テクニカル分析ブログ




□*■*□*■*□*■*□*■*□*■*□*■*□*■*□*■*□

【7月29日 火曜日の経済指標】

08:30 日) 6月 全世帯家計調査・消費支出

08:30 日) 6月 失業率

08:30 日) 6月 有効求人倍率

08:50 日) 6月 小売業販売額

08:50 日) 6月 大型小売店(既存店)販売額

22:00 米) 5月 ケース・シラー米住宅価格指数

23:00 米) 7月 消費者信頼感指数

未 定 米) 米連邦公開市場委員会(FOMC)1日目


*★*――――*★**★*――――*★**★*――――*★**★*――――*★*


今の時代において、移動平均線だけで
相場から利益を上げることは不可能なのか!?

答えは「NO」です。 実は移動平均線だけでも相場に勝つことは可能です。しかも、相場のトレンドに乗って大きな値幅を取りつつ、同時に勝率も高めるという、投資の世界において、不可能だと思われている理想のトレードを実現する事ができます。

■高い勝率と大きな値幅が同時に取れる非常識な投資術 〜移動平均線編〜



文中に登場する「勢い」という概念をコチラのレポート内で詳しく説明してあります。
「必ず!」上の「移動平均線編」を購入後にコチラをご覧ください。

■高い"勝率"と大きな"値幅"が同時に取れる非常識な投資術 〜ボリンジャーバンド(応用編)〜

ボリンジャーバンドを使ったエントリーポイントや利の伸ばし方もわかりやすく書いてありますよ(^^)
世界中のどこにもない、私だけの独自の使い方です。



Facebookへようこそ

今までブログではお伝えしきれなかったリアルタイムの最新の情報、

そして専業トレーダーのリアルな日常を投稿していきます。

また、ふとチャートを見ながら考え付いたこと等、今まででしたらそのまま消え去っていたような事柄も

そのまま気軽に書いていきます。

大切な一言・・・ぜひお見逃しなく(^^)

関連記事
[ 2014/07/29 08:41 ] MACDルールで見る本日の流れ | TB(-) | CM(-)

MACDルールとダウ理論で見る本日のテクニカル分析【7月28日(月)】

矢印 こちらのレポートで詳しく説明してあります。

私独自のMACDの使い方であり、どの時間軸でトレードすべきか、今トレードしていい状態なのか
どの時間軸で決済すべきか、そういったことが一目でわかります。
非常に汎用性の高い考え方ですので、ぜひ身に付けてください(^^)



【毎月レポートが手に入る!! 前代未聞のタイアップ!!!】





【7月28日(月)のテクニカル分析】

おはようございます(^^)

本日のユロ円の流れです。

【ユーロ/円】4時間足
FX テクニカル分析 ブログ 4時間足


MACDルールは下で成立
長期(青)は下げダウで
短期(緑)も下げダウ中


日足は下げ「勢い」が半減しつつあり
4時間足の下げ「勢い」は収束しながら
MA(青)も水平になりつつある


下げ幅も減ってきて
ダイバージェンスも発生


下げ止まりが近い?


でもまだ日足ボリンジャーバンド内でバンドウォークしていますし
下げダウ継続ですので
下げ目線を外すことはできませんね



【ユーロ/円】1時間足
FX テクニカル分析 ブログ 1時間足


コチラのMACDルールは崩れています
長期(青)は戻しが大きくなってきましたが
一応下げダウ継続です


短期(緑)は
高値更新からその高値切り下げないままに
安値を割って下げてきました


金曜日に書いておいたネックラインを割って下げてきましたので
わかりやすかったのでは?


下位足でダマシにあった人もいたかもしれませんが
ダマシをかなりの高確率で防ぐ方法(考え方?)もありますので
また機会があればご紹介していきます(^^)


で、下げてきたわけですが
これも金曜日に書いておいたラインで一度ピタリと止まりましたね


その後少し行き過ぎましたけど(笑)


さて今日は
小さく細く描きこんだネックラインを上抜くまでは
目線は下げです


とりあえずは直近安値(※先週末NYの安値)
そこを抜くと赤のラインがひとまずの目標


さらにそのラインを抜くならば
長期直近安値(※4時間足の-2σ)あたり?


ネックラインを上抜いたら
下げてきたときのネックラインか
さらに上抜けば137.10あたり?


1時間足のMAが下げていますので
到達後いきなり下げてくることがありますので
1時間足MA(青)の方向には十分注意してくださいね


デイトレするにあたっては
ここを重視しておけばトレードに安定感がでますよ(^^)


では現在(8:38)の相場状況


4時間足は売り方優勢ながらも
ちょっと下げ圧力が減ってきているか?


1時間足は売り方優勢
でもコチラも下げ圧力は減っている


5分足は売り方優勢ですね
この5分足の売り方が優勢である限りは
上位足が先ほどの状態であるならば
下げ目線から目を逸らしてはいけません


ただ5分足直近安値(先週末安値)を割る前に
レートが136.715よりも上に行くことがあれば
リスクは高いけれど徐々に買いが進むかも?


その前に
直近安値を下抜いたらしばらく下でしょうけどね(^^;)



1日1回、応援クリックよろしくお願いします^^♪
  ↓

テクニカル分析ブログ




□*■*□*■*□*■*□*■*□*■*□*■*□*■*□*■*□

【7月28日 月曜日の経済指標】

23:00 米) 6月 住宅販売保留指数


*★*――――*★**★*――――*★**★*――――*★**★*――――*★*


今の時代において、移動平均線だけで
相場から利益を上げることは不可能なのか!?

答えは「NO」です。 実は移動平均線だけでも相場に勝つことは可能です。しかも、相場のトレンドに乗って大きな値幅を取りつつ、同時に勝率も高めるという、投資の世界において、不可能だと思われている理想のトレードを実現する事ができます。

■高い勝率と大きな値幅が同時に取れる非常識な投資術 〜移動平均線編〜



文中に登場する「勢い」という概念をコチラのレポート内で詳しく説明してあります。
「必ず!」上の「移動平均線編」を購入後にコチラをご覧ください。

■高い"勝率"と大きな"値幅"が同時に取れる非常識な投資術 〜ボリンジャーバンド(応用編)〜

ボリンジャーバンドを使ったエントリーポイントや利の伸ばし方もわかりやすく書いてありますよ(^^)
世界中のどこにもない、私だけの独自の使い方です。



Facebookへようこそ

今までブログではお伝えしきれなかったリアルタイムの最新の情報、

そして専業トレーダーのリアルな日常を投稿していきます。

また、ふとチャートを見ながら考え付いたこと等、今まででしたらそのまま消え去っていたような事柄も

そのまま気軽に書いていきます。

大切な一言・・・ぜひお見逃しなく(^^)

関連記事
[ 2014/07/28 08:39 ] MACDルールで見る本日の流れ | TB(-) | CM(-)

MACDルールとダウ理論で見る本日のテクニカル分析【7月25日(金)】

矢印 こちらのレポートで詳しく説明してあります。

私独自のMACDの使い方であり、どの時間軸でトレードすべきか、今トレードしていい状態なのか
どの時間軸で決済すべきか、そういったことが一目でわかります。
非常に汎用性の高い考え方ですので、ぜひ身に付けてください(^^)



【毎月レポートが手に入る!! 前代未聞のタイアップ!!!】





【7月25日(金)のテクニカル分析】

おはようございます(^^)

本日のユロ円の流れです。

【ユーロ/円】4時間足
FX テクニカル分析 ブログ 4時間足


MACDルールは下げで成立
長期(青)は下げダウ中


短期(緑)も下げダウを築いていたんですが
昨日の記事のネックライン(ピンク)を上抜けて跳ね上げましたね


チャネルライン下端にレートが到達していましたので
ある程度の戻しはシナリオ内


ただ日足にはまだ下げ「勢い」がありますので
うーん
このまま順調に上げ続けるということはないと思いますし
シナリオに組み込むべきではないかな?


ただ欧州からNY時間に上昇し続けたということは
何か大きなファンダの力が働いたのかも?


とすると
4時間足レベルで手仕舞いの注文が集中しそうなところでは
さらなる上昇にも注意したほうがいいですね



【ユーロ/円】1時間足
FX テクニカル分析 ブログ 1時間足


コチラのMACDルールは崩れてきました
長期(青)はまだ下げダウを築いていますが
その下げ幅は減っていますので
底打ちの可能性があります


短期(緑)はダイバージェンスから
高値を越えていっきに上昇


安値切り上げを経ていないので
大き目の戻し(手仕舞い売り)が入る可能性が高いです
短い方のピンクラインあたり注意が必要ですね


戻してくるとしたら136.75~136.77あたりか
136.88あたりにも注意
下げ止まる可能性があります


もちろん短いピンクライン(5分足レベルサポートライン)を下回ることがなければ
5分足で買い方優勢になればそのまま上昇の可能性が高いです


では現在(8:44)の相場状況


4時間足は売り方優勢
だけど現在ちょっと弱まっている


1時間足は買い方優勢になってきましたね


5分足は現在少々方向感がありませんので
買い方優勢になればそのまま上昇に転ずる可能性が高いです


でも先ほど書いた
5分足レベルのサポートラインを割れば
昨日の上昇の手仕舞い売りが入ってきて
これも先ほど書いたラインあたりまで戻してくる可能性があります


1日1回、応援クリックよろしくお願いします^^♪
  ↓

テクニカル分析ブログ




□*■*□*■*□*■*□*■*□*■*□*■*□*■*□*■*□

【7月25日 金曜日の経済指標】

08:30 日) 6月 全国消費者物価指数

08:30 日) 7月 東京都区部消費者物価指数


08:50 日) 前週分 対外対内証券売買契約等の状況

08:50 日) 6月 企業向けサービス価格指数

17:00 欧) 6月 マネーサプライM3

17:30 英) 四半期国内総生産

21:30 米) 6月 耐久財受注


*★*――――*★**★*――――*★**★*――――*★**★*――――*★*


今の時代において、移動平均線だけで
相場から利益を上げることは不可能なのか!?

答えは「NO」です。 実は移動平均線だけでも相場に勝つことは可能です。しかも、相場のトレンドに乗って大きな値幅を取りつつ、同時に勝率も高めるという、投資の世界において、不可能だと思われている理想のトレードを実現する事ができます。

■高い勝率と大きな値幅が同時に取れる非常識な投資術 〜移動平均線編〜



文中に登場する「勢い」という概念をコチラのレポート内で詳しく説明してあります。
「必ず!」上の「移動平均線編」を購入後にコチラをご覧ください。

■高い"勝率"と大きな"値幅"が同時に取れる非常識な投資術 〜ボリンジャーバンド(応用編)〜

ボリンジャーバンドを使ったエントリーポイントや利の伸ばし方もわかりやすく書いてありますよ(^^)
世界中のどこにもない、私だけの独自の使い方です。



Facebookへようこそ

今までブログではお伝えしきれなかったリアルタイムの最新の情報、

そして専業トレーダーのリアルな日常を投稿していきます。

また、ふとチャートを見ながら考え付いたこと等、今まででしたらそのまま消え去っていたような事柄も

そのまま気軽に書いていきます。

大切な一言・・・ぜひお見逃しなく(^^)

関連記事
[ 2014/07/25 08:44 ] MACDルールで見る本日の流れ | TB(-) | CM(-)

MACDルールとダウ理論で見る本日のテクニカル分析【7月24日(木)】

矢印 こちらのレポートで詳しく説明してあります。

私独自のMACDの使い方であり、どの時間軸でトレードすべきか、今トレードしていい状態なのか
どの時間軸で決済すべきか、そういったことが一目でわかります。
非常に汎用性の高い考え方ですので、ぜひ身に付けてください(^^)



【毎月レポートが手に入る!! 前代未聞のタイアップ!!!】





【7月24日(木)のテクニカル分析】

おはようございます(^^)

本日のユロ円の流れです。

【ユーロ/円】4時間足
FX テクニカル分析 ブログ 4時間足


MACDルールは下で成立
長期(青)は下げダウを継続中です


そして短期(緑)
コチラは一度安値を切り上げ、そした高値を更新したところから
高値切り下げを減ることなくいっきに安値割れ


で、ちょっと下げ止まってきたかな?
昨日書いた
日足レベルでの安値付近に近づいてきましたからね


日足は下げ「勢い」はあるけど
ちょっとダラダラ
4時間足の下げ「勢い」は半減してきつつあります


ということはそろそろ戻すか?


とか言いつつ
ずっと下げ続けてるけど(笑)



【ユーロ/円】1時間足
FX テクニカル分析 ブログ 1時間足


コチラのMACDルールはかろうじて下げで成立
長期(青)は下げダウ
でもダイバージェンス発生
下げも弱まってきたかな?


4時間足に引いたチャネルラインの下端ですしね
巡航速度的にはちょっと一息ついてもおかしくない


短期(緑)も下げダウを築いていたけれど
直近高値までレートが上げてきました


ネックライン(ピンクラインの下の方)を上抜いてきたら
底を打ったとみていいかも


そこからは昨日の下げの手仕舞いが入る可能性が高いけれど
136.86あたり
そして近いけど136.89あたり
137のすぐ下あたり
ここらへんのラインにちょっと注意が必要かも


そこを上抜けてきたら
今度はデイトレレベルでは買い目線


では現在(8:39)の相場状況


4時間足は売り方優勢
1時間足も売り方優勢ながら
もうほんのちょっと上昇したらその売り方の優位も崩れる


5分足は買い方優勢ですね
1時間足で売り方優勢を脱却したら
ちょっと買いで様子を見てもいいでしょう


でもその1時間足の売り方の優位が崩れる前に
5分足で売り方優勢になれば
再度そのままショートです


1日1回、応援クリックよろしくお願いします^^♪
  ↓

テクニカル分析ブログ




□*■*□*■*□*■*□*■*□*■*□*■*□*■*□*■*□

【7月24日 木曜日の経済指標】

08:50 日) 6月 貿易統計

17:00 欧) 7月 製造業購買担当者景気指数

17:00 欧) 7月 サービス部門購買担当者景気指数

17:30 英) 6月 小売売上高指数

21:30 米) 前週分 新規失業保険申請件数

23:00 米) 6月 新築住宅販売件数

23:15 日) 黒田東彦日銀総裁 発言

*★*――――*★**★*――――*★**★*――――*★**★*――――*★*


今の時代において、移動平均線だけで
相場から利益を上げることは不可能なのか!?

答えは「NO」です。 実は移動平均線だけでも相場に勝つことは可能です。しかも、相場のトレンドに乗って大きな値幅を取りつつ、同時に勝率も高めるという、投資の世界において、不可能だと思われている理想のトレードを実現する事ができます。

■高い勝率と大きな値幅が同時に取れる非常識な投資術 〜移動平均線編〜



文中に登場する「勢い」という概念をコチラのレポート内で詳しく説明してあります。
「必ず!」上の「移動平均線編」を購入後にコチラをご覧ください。

■高い"勝率"と大きな"値幅"が同時に取れる非常識な投資術 〜ボリンジャーバンド(応用編)〜

ボリンジャーバンドを使ったエントリーポイントや利の伸ばし方もわかりやすく書いてありますよ(^^)
世界中のどこにもない、私だけの独自の使い方です。



Facebookへようこそ

今までブログではお伝えしきれなかったリアルタイムの最新の情報、

そして専業トレーダーのリアルな日常を投稿していきます。

また、ふとチャートを見ながら考え付いたこと等、今まででしたらそのまま消え去っていたような事柄も

そのまま気軽に書いていきます。

大切な一言・・・ぜひお見逃しなく(^^)

関連記事
[ 2014/07/24 08:42 ] MACDルールで見る本日の流れ | TB(-) | CM(-)

MACDルールとダウ理論で見る本日のテクニカル分析【7月23日(水)】

矢印 こちらのレポートで詳しく説明してあります。

私独自のMACDの使い方であり、どの時間軸でトレードすべきか、今トレードしていい状態なのか
どの時間軸で決済すべきか、そういったことが一目でわかります。
非常に汎用性の高い考え方ですので、ぜひ身に付けてください(^^)



【毎月レポートが手に入る!! 前代未聞のタイアップ!!!】





【7月23日(水)のテクニカル分析】

おはようございます(^^)

本日のユロ円の流れです。

【ユーロ/円】4時間足
FX テクニカル分析 ブログ 4時間足


MACDルールは下で成立
長期(青)も下げダウ中


チャネルライン上端まで行かずに下げてきましたね
しかも短期(緑)は高値切り下げなき安値更新ですので
昨夜の下げに対しての手仕舞いの買い注文が入るかな?


入るとしたら
目安は136.95くらいまでか、その前の136.86くらいかな?
あくまでも目安ですよ


長期は下げているし
4時間足日足ともにエクスパンションしていますので
その中で戻しを獲りにいくのはちょっとコツがいるんです


もちろん昨夜の安値を割ってきたら
その後下げ継続の可能性もあります


とりあずの目安は
日足レベルのちょっと前の安値



【ユーロ/円】1時間足
FX テクニカル分析 ブログ 1時間足


コチラのMACDルールも下で成立
長期(青)は安値切り上げ高値更新して
下げ終了~~と思ったところでいきなりの下落(ーー;)


昨日書いておいたピンクのラインあたりがどうも壁でしたね
だけどこういう落ち方ってのはそんなにない


そんなにないってことは
相場に対して別に優位性があるわけではないので
獲れなくても全然OK


こういうところもなんとか獲れるようになりたい・・・
なんて考え始めたら
トレードがどんどん崩れていくよ


あ、ちなみに獲り方はありますけどね(≧▽≦)
流れに沿ってトレード・・っていう考え方からはシフトしないと
ちょっと難しいかな?
だからおすすめしません


短期(緑)は下げダウを築いたと見るべきか
それともいきなり下落したと見るべきか
少々判断に迷うところ


それよりも
高値を切り下げずに下落スタートということで
手仕舞いが入りやすいと考えたほうがよさそう


5分足レベル
136.68上越えくらいから戻していくか?


では現在(8:48)の相場状況


4時間足は売り方優勢
1時間足も売り方優勢
5分足も売り方優勢


1分足は買い方優勢なので
ここで1分足が売り方優勢に傾いたら再度ショートの準備


でも先ほどのラインを上抜いてきたら
5分足レベルで短期的には買い方優勢になってくるので
上位足の環境から考えても
手仕舞いの買いが入りやすくなる


だからスキャルでロングは可能か?


ちょっと細かく書きすぎてるな(笑)
あまり参考にせんとってね(^^;)


あー、こういう考え方や見方もあるんやねーっていう程度でお願いします(^^;)


1日1回、応援クリックよろしくお願いします^^♪
  ↓

テクニカル分析ブログ




□*■*□*■*□*■*□*■*□*■*□*■*□*■*□*■*□

【7月23日 水曜日の経済指標】

17:30 英) 英中銀金融政策委員会 議事要旨

20:00 米) MBA住宅ローン申請指数

23:00 欧) 7月 消費者信頼感


*★*――――*★**★*――――*★**★*――――*★**★*――――*★*


今の時代において、移動平均線だけで
相場から利益を上げることは不可能なのか!?

答えは「NO」です。 実は移動平均線だけでも相場に勝つことは可能です。しかも、相場のトレンドに乗って大きな値幅を取りつつ、同時に勝率も高めるという、投資の世界において、不可能だと思われている理想のトレードを実現する事ができます。

■高い勝率と大きな値幅が同時に取れる非常識な投資術 〜移動平均線編〜



文中に登場する「勢い」という概念をコチラのレポート内で詳しく説明してあります。
「必ず!」上の「移動平均線編」を購入後にコチラをご覧ください。

■高い"勝率"と大きな"値幅"が同時に取れる非常識な投資術 〜ボリンジャーバンド(応用編)〜

ボリンジャーバンドを使ったエントリーポイントや利の伸ばし方もわかりやすく書いてありますよ(^^)
世界中のどこにもない、私だけの独自の使い方です。



Facebookへようこそ

今までブログではお伝えしきれなかったリアルタイムの最新の情報、

そして専業トレーダーのリアルな日常を投稿していきます。

また、ふとチャートを見ながら考え付いたこと等、今まででしたらそのまま消え去っていたような事柄も

そのまま気軽に書いていきます。

大切な一言・・・ぜひお見逃しなく(^^)

関連記事
[ 2014/07/23 08:50 ] MACDルールで見る本日の流れ | TB(-) | CM(-)

MACDルールとダウ理論で見る本日のテクニカル分析【7月22日(火)】

矢印 こちらのレポートで詳しく説明してあります。

私独自のMACDの使い方であり、どの時間軸でトレードすべきか、今トレードしていい状態なのか
どの時間軸で決済すべきか、そういったことが一目でわかります。
非常に汎用性の高い考え方ですので、ぜひ身に付けてください(^^)



【毎月レポートが手に入る!! 前代未聞のタイアップ!!!】





【7月22日(火)のテクニカル分析】

おはようございます(^^)

本日のユロ円の流れです。

【ユーロ/円】4時間足
FX テクニカル分析 ブログ 4時間足


MACDルールは下で成立
長期(青)は下げダウ


短期は?
安値を切り上げてきました


というわけで
まだ大きな流れは下げのままですが
とりあえず目先は下げ止まりつつあります


まだネックラインを上抜いていないので
反転・・とは言いづらいかな


4時間足の下げ「勢い」はとりあえず収束
日足へと波及はしますが
その日足の下げ「勢い」も半減しつつありますね


ということは
昨日から書いているけど
そろそろ先週からの下げの手仕舞いの動きが入るか?



【ユーロ/円】1時間足
FX テクニカル分析 ブログ 1時間足


しかし昨日は獲りづらい相場でしたね
記事にも書いておいたように
137.00を下回ったところで少し獲れただけでした

結局その後安値を切り上げてしまいましたし
NYに突入したら私は就寝時間ですのでめったにトレードしません(笑)


というわけで
コチラのMACDルールは下げ成立だったのが崩れてきています


長期(青)は下げダウを築いていたところから
安値切り上げを確定
下げ止まりか、あらたなる大きな下げのための戻しか・・・


とりあえず今後手仕舞いが入るとしたら
ピンクのラインを越えてから買いが集中するかな?


現在昨日の高値付近でレートが止まっているので
ここを越えてくるときもちょっと注意が必要


で、戻してくる目安としては
昨日と同じ、137.56あたりかな?

もうちょっと手前の137.38あたりかもしれませんね
だとしたらほとんど利益は見込めないな(ーー;)


では現在(8:40)の相場状況です

4時間足は売り方優勢
1時間足は下げ止まって保ち合いエリアに入りましたね
短期的には買い方優勢です


5分足が買い方優勢なので
今後注文が集中するラインをレートが上抜いたときが買い時かな


なんかポジショントークみたいになってきた(笑)


1日1回、応援クリックよろしくお願いします^^♪
  ↓

テクニカル分析ブログ




□*■*□*■*□*■*□*■*□*■*□*■*□*■*□*■*□

【7月22日 火曜日の経済指標】

13:30 日) 5月 全産業活動指数

14:00 日) 5月 景気先行指数

14:00 日) 5月 景気一致指数

21:30 米) 6月 消費者物価指数

22:00 米) 5月 住宅価格指数

23:00 米) 7月 リッチモンド連銀製造業指数

23:00 米) 6月 中古住宅販売件数


*★*――――*★**★*――――*★**★*――――*★**★*――――*★*


今の時代において、移動平均線だけで
相場から利益を上げることは不可能なのか!?

答えは「NO」です。 実は移動平均線だけでも相場に勝つことは可能です。しかも、相場のトレンドに乗って大きな値幅を取りつつ、同時に勝率も高めるという、投資の世界において、不可能だと思われている理想のトレードを実現する事ができます。

■高い勝率と大きな値幅が同時に取れる非常識な投資術 〜移動平均線編〜



文中に登場する「勢い」という概念をコチラのレポート内で詳しく説明してあります。
「必ず!」上の「移動平均線編」を購入後にコチラをご覧ください。

■高い"勝率"と大きな"値幅"が同時に取れる非常識な投資術 〜ボリンジャーバンド(応用編)〜

ボリンジャーバンドを使ったエントリーポイントや利の伸ばし方もわかりやすく書いてありますよ(^^)
世界中のどこにもない、私だけの独自の使い方です。



Facebookへようこそ

今までブログではお伝えしきれなかったリアルタイムの最新の情報、

そして専業トレーダーのリアルな日常を投稿していきます。

また、ふとチャートを見ながら考え付いたこと等、今まででしたらそのまま消え去っていたような事柄も

そのまま気軽に書いていきます。

大切な一言・・・ぜひお見逃しなく(^^)

関連記事
[ 2014/07/22 08:40 ] MACDルールで見る本日の流れ | TB(-) | CM(-)

MACDルールとダウ理論で見る本日のテクニカル分析【7月21日(月)】

矢印 こちらのレポートで詳しく説明してあります。

私独自のMACDの使い方であり、どの時間軸でトレードすべきか、今トレードしていい状態なのか
どの時間軸で決済すべきか、そういったことが一目でわかります。
非常に汎用性の高い考え方ですので、ぜひ身に付けてください(^^)



【毎月レポートが手に入る!! 前代未聞のタイアップ!!!】





【7月21日(月)のテクニカル分析】

おはようございます(^^)

本日のユロ円の流れです。

【ユーロ/円】4時間足
FX テクニカル分析 ブログ 4時間足


MACDルールは下で成立
長期(青)は下げダウを築いていますね


というわけで
長期的な目線は下げなんですが、
チャネルライン下限からの反発がどこまであるか・・・?


4時間足の下げ「勢い」は収束しつつあるけど
日足には「勢い」が波及しているし
まだ下げる可能性はありますね


ただ、
4時間足の下げ「勢い」が収束するということは
けっこうな戻しがある可能性も高いので気を付けてください。



【ユーロ/円】1時間足
FX テクニカル分析 ブログ 1時間足


コチラのMACDルールも下で成立しており
長期(青)も下げダウを築いています


でも短期が安値を切り上げてきましたね
まだ直近高値を越えていませんからなんとも言えませんが
ピンクのラインを上に越えてきたら
そのまま一気に手仕舞いが入って上昇する可能性があります。


戻してくる目安としては
137.56あたりかな?


では現在(8:39)の相場状況


4時間足は売り方優勢
1時間足も売り方優勢ながら
手仕舞いの買いの動きが入ってきている気配あり


5分足は買い方優勢ですね
買いの注文が集中しているところを越えてくれば
スキャル程度でロングもありかな?


もちろん下げてくる可能性もありますので
十分注意が必要です


目安は137.00くらい
ここを下回ってきたら
売り方の勢力が強くなってくる可能性が高いです


1日1回、応援クリックよろしくお願いします^^♪
  ↓

テクニカル分析ブログ




□*■*□*■*□*■*□*■*□*■*□*■*□*■*□*■*□

【7月21日 月曜日の経済指標】

特に重要な指標はない


*★*――――*★**★*――――*★**★*――――*★**★*――――*★*


今の時代において、移動平均線だけで
相場から利益を上げることは不可能なのか!?

答えは「NO」です。 実は移動平均線だけでも相場に勝つことは可能です。しかも、相場のトレンドに乗って大きな値幅を取りつつ、同時に勝率も高めるという、投資の世界において、不可能だと思われている理想のトレードを実現する事ができます。

■高い勝率と大きな値幅が同時に取れる非常識な投資術 〜移動平均線編〜



文中に登場する「勢い」という概念をコチラのレポート内で詳しく説明してあります。
「必ず!」上の「移動平均線編」を購入後にコチラをご覧ください。

■高い"勝率"と大きな"値幅"が同時に取れる非常識な投資術 〜ボリンジャーバンド(応用編)〜

ボリンジャーバンドを使ったエントリーポイントや利の伸ばし方もわかりやすく書いてありますよ(^^)
世界中のどこにもない、私だけの独自の使い方です。



Facebookへようこそ

今までブログではお伝えしきれなかったリアルタイムの最新の情報、

そして専業トレーダーのリアルな日常を投稿していきます。

また、ふとチャートを見ながら考え付いたこと等、今まででしたらそのまま消え去っていたような事柄も

そのまま気軽に書いていきます。

大切な一言・・・ぜひお見逃しなく(^^)

関連記事
[ 2014/07/21 08:39 ] MACDルールで見る本日の流れ | TB(-) | CM(-)

MACDルールとダウ理論で見る本日のテクニカル分析【7月18日(金)】

矢印 こちらのレポートで詳しく説明してあります。

私独自のMACDの使い方であり、どの時間軸でトレードすべきか、今トレードしていい状態なのか
どの時間軸で決済すべきか、そういったことが一目でわかります。
非常に汎用性の高い考え方ですので、ぜひ身に付けてください(^^)



【毎月レポートが手に入る!! 前代未聞のタイアップ!!!】





【7月18日(金)のテクニカル分析】

おはようございます(^^)

本日のユロ円の流れです。

【ユーロ/円】4時間足
FX テクニカル分析 ブログ 4時間足

めっちゃ下げましたね
昨日大きく下げても不思議ではない・・って書いたけど
寝てからも下げ続けってのは、朝起きたときに少々不快(ーー;)


MACDルールは下で成立
長期(青)は下げダウ継続


短期(緑)も下げダウですね
日足にまで下げ「勢い」が波及していきています


4時間足の下げ「勢い」は半減してきているので
下位足では少々気を付けなければいけません
少々戻しが入る可能性があります


少々とは言っても
山高ければ谷深し
また逆も真なり
大きく下げたあとは戻しも大きいことが普通


下位足で買い方が優勢になったら
少々買ってみてもいいかもですね(^^)



【ユーロ/円】1時間足
FX テクニカル分析 ブログ 1時間足


コチラのMACDルールも下げで成立
長期(青)は下げダウ中


もちろん短期も下げ下げ
4時間足の下げ「勢い」は半減しつつある


1時間足の下げは少々ダラダラなので
いったん底を打ってくる可能性もありますね


ただもちろん現在も売り方が圧倒的に優勢ですので
安易にロングというわけにはいきません

目安は136.95あたりと 137.02あたりを越えてきたくらいかな?
136.89あたりもちょっと重要なラインが引ける


まぁ、これは「これ以上下げなければ」の話なんで
参考までに~


重要なラインはまだ引けるんで
そういったラインを越えるとき、
手仕舞いの買いの動きに乗ることができますね(^^)


では現在(8:44)の相場状況


4時間足は売り方優勢
1時間足も売り方優勢

見たらわかるって?(笑)

5分足も売り方優勢
1分足も売り方優勢だけど
ちょっと買い方優勢に移りそうな気配?


というわけで
全部売り方優勢なので
1分足がもし買い方優勢になっても
その後再度売り方が優勢になったら売っていかないとしょうがないわけです。


だけどハッキリとした戻しがないので
途中からの追っかけは非常に危険ですよね。


ある程度以上の時間軸で
ハッキリと戻しが確認できるまでは
あまり追いかけないほうがいいのでは?と思います(^^)



1日1回、応援クリックよろしくお願いします^^♪
  ↓

テクニカル分析ブログ




□*■*□*■*□*■*□*■*□*■*□*■*□*■*□*■*□

【7月18日 金曜日の経済指標】

08:50 日) 日銀 金融政策決定会合議事要旨

17:00 欧) 5月 経常収支

22:55 米) 7月 ミシガン大学消費者態度指数

23:00 米) 6月 景気先行指標総合指数


*★*――――*★**★*――――*★**★*――――*★**★*――――*★*


今の時代において、移動平均線だけで
相場から利益を上げることは不可能なのか!?

答えは「NO」です。 実は移動平均線だけでも相場に勝つことは可能です。しかも、相場のトレンドに乗って大きな値幅を取りつつ、同時に勝率も高めるという、投資の世界において、不可能だと思われている理想のトレードを実現する事ができます。

■高い勝率と大きな値幅が同時に取れる非常識な投資術 〜移動平均線編〜



文中に登場する「勢い」という概念をコチラのレポート内で詳しく説明してあります。
「必ず!」上の「移動平均線編」を購入後にコチラをご覧ください。

■高い"勝率"と大きな"値幅"が同時に取れる非常識な投資術 〜ボリンジャーバンド(応用編)〜

ボリンジャーバンドを使ったエントリーポイントや利の伸ばし方もわかりやすく書いてありますよ(^^)
世界中のどこにもない、私だけの独自の使い方です。



Facebookへようこそ

今までブログではお伝えしきれなかったリアルタイムの最新の情報、

そして専業トレーダーのリアルな日常を投稿していきます。

また、ふとチャートを見ながら考え付いたこと等、今まででしたらそのまま消え去っていたような事柄も

そのまま気軽に書いていきます。

大切な一言・・・ぜひお見逃しなく(^^)

関連記事
[ 2014/07/18 08:45 ] MACDルールで見る本日の流れ | TB(-) | CM(-)