MACDルールとダウ理論で見る本日のテクニカル分析【5月27日(火 )】

矢印 こちらのレポートで詳しく説明してあります。

私独自のMACDの使い方であり、どの時間軸でトレードすべきか、今トレードしていい状態なのか
どの時間軸で決済すべきか、そういったことが一目でわかります。
非常に汎用性の高い考え方ですので、ぜひ身に付けてください(^^)



【毎月レポートが手に入る!! 前代未聞のタイアップ!!!】





【5月27日(火)のテクニカル分析】

おはようございます(^^)

本日のユロ円の流れです。

【ユーロ/円】4時間足
FX テクニカル分析 ブログ 4時間足


MACDルールは下げで成立
短期のMACDは上げ、短期ストキャスも上げなんで
目先は上目線かもしれませんが
ちゃんと安値の切り上げが確認できないと
(※つまり誰もがトレンドの終了→反転を考え始めないと)
なかなかロングで獲りにいきやすい相場にはなりませんね。


ラインを上抜いたら少しは上げるかな?


短期(緑)は安値切り上げているんで
上抜いたらデイトレレベルであれば少しは期待できるかも



【ユーロ/円】1時間足
FX テクニカル分析 ブログ 1時間足


コチラのMACDルールは不成立
長期(青)は安値切り上げの
高値更新・・・なるか??


短期(緑)は上昇ダウを築いていますが
1時間足にも4時間足にも上昇「勢い」はまったくなく
抜けるところを抜けないと
値幅はあまり期待できないですね・・・


とりあえず上昇トレンドラインに沿って動いているけれども
上値が右肩下がりになってきたら
トレンドライン下抜けの兆候ですので注意が必要~


【お知らせ】
明日28日水曜日より
諸事情により更新できません。

来週月曜日からはいつも通り更新いたしますので
よろしくお願いいたします


1日1回、応援クリックよろしくお願いします^^♪
  ↓

テクニカル分析ブログ




□*■*□*■*□*■*□*■*□*■*□*■*□*■*□*■*□

【5月27日 火曜日の経済指標】

08:50 日) 4月 企業向けサービス価格指数

21:30 米) 4月 耐久財受注

22:00 米) 3月 住宅価格指数

22:00 米) 3月 ケース・シラー米住宅価格指数

22:00 米) 1-3月期 四半期住宅価格指数

23:00 米) 5月 消費者信頼感指数

23:00 米) 5月 リッチモンド連銀製造業指数


*★*――――*★**★*――――*★**★*――――*★**★*――――*★*


今の時代において、移動平均線だけで
相場から利益を上げることは不可能なのか!?

答えは「NO」です。 実は移動平均線だけでも相場に勝つことは可能です。しかも、相場のトレンドに乗って大きな値幅を取りつつ、同時に勝率も高めるという、投資の世界において、不可能だと思われている理想のトレードを実現する事ができます。

■高い勝率と大きな値幅が同時に取れる非常識な投資術 〜移動平均線編〜



文中に登場する「勢い」という概念をコチラのレポート内で詳しく説明してあります。
「必ず!」上の「移動平均線編」を購入後にコチラをご覧ください。

■高い"勝率"と大きな"値幅"が同時に取れる非常識な投資術 〜ボリンジャーバンド(応用編)〜

ボリンジャーバンドを使ったエントリーポイントや利の伸ばし方もわかりやすく書いてありますよ(^^)
世界中のどこにもない、私だけの独自の使い方です。



Facebookへようこそ

今までブログではお伝えしきれなかったリアルタイムの最新の情報、

そして専業トレーダーのリアルな日常を投稿していきます。

また、ふとチャートを見ながら考え付いたこと等、今まででしたらそのまま消え去っていたような事柄も

そのまま気軽に書いていきます。

大切な一言・・・ぜひお見逃しなく(^^)

関連記事
[ 2014/05/27 08:48 ] MACDルールで見る本日の流れ | TB(-) | CM(-)

MACDルールとダウ理論で見る本日のテクニカル分析【5月26日(月 )】

矢印 こちらのレポートで詳しく説明してあります。

私独自のMACDの使い方であり、どの時間軸でトレードすべきか、今トレードしていい状態なのか
どの時間軸で決済すべきか、そういったことが一目でわかります。
非常に汎用性の高い考え方ですので、ぜひ身に付けてください(^^)



【毎月レポートが手に入る!! 前代未聞のタイアップ!!!】





【5月26日(月)のテクニカル分析】

おはようございます(^^)

本日のユロ円の流れです。

【ユーロ/円】4時間足
FX テクニカル分析 ブログ 4時間足


MACDルールは下げで成立しています
長期(青)も下げダウですね


でも日足ボリンジャーバンドの下げ「勢い」は半減から収束へと向かっています。
そして短期(緑)も安値を切り上げてきました。


長期(青)の安値切り上げには至っていませんので
すぐにロング・・というのはちょっと難しいかもしれませんね。


4時間足にはまったく「勢い」がありませんし
下位足でもトレードは難しいかな?


しかも本日は
米国と英国の市場がお休みなんで
さらに注意が必要だと思われます。



【ユーロ/円】1時間足
FX テクニカル分析 ブログ 1時間足


コチラのMACDルールは崩れています。
長期(青)は安値を切り上げ
下げ止まり感がありますね。


ただ安値を切り上げても
1時間足4時間足に全く「勢い」がありませんので
トレード自体はけっこう難しくなりそう・・・


でも方向としては
短期(緑)も上昇ダウを築いていますので
目先は上ですね(^^)


あ、描きこむの忘れたけど
1時間足の安値切り上げの上昇トレンドラインを引いておいたほうがいいかも


長期(青)レベルで高値を更新せずに
そのトレンドラインを下に割ってきたら
再度下げに転ずる可能性があります。


つまり日足レベルで戻り売りが仕掛けられてくる可能性ですね。



1日1回、応援クリックよろしくお願いします^^♪
  ↓

テクニカル分析ブログ




□*■*□*■*□*■*□*■*□*■*□*■*□*■*□*■*□

【5月26日 月曜日の経済指標】

08:50 日) 日銀 金融政策決定会合議事要旨

17:00 欧) ドラギECB総裁の発言


*★*――――*★**★*――――*★**★*――――*★**★*――――*★*


今の時代において、移動平均線だけで
相場から利益を上げることは不可能なのか!?

答えは「NO」です。 実は移動平均線だけでも相場に勝つことは可能です。しかも、相場のトレンドに乗って大きな値幅を取りつつ、同時に勝率も高めるという、投資の世界において、不可能だと思われている理想のトレードを実現する事ができます。

■高い勝率と大きな値幅が同時に取れる非常識な投資術 〜移動平均線編〜



文中に登場する「勢い」という概念をコチラのレポート内で詳しく説明してあります。
「必ず!」上の「移動平均線編」を購入後にコチラをご覧ください。

■高い"勝率"と大きな"値幅"が同時に取れる非常識な投資術 〜ボリンジャーバンド(応用編)〜

ボリンジャーバンドを使ったエントリーポイントや利の伸ばし方もわかりやすく書いてありますよ(^^)
世界中のどこにもない、私だけの独自の使い方です。



Facebookへようこそ

今までブログではお伝えしきれなかったリアルタイムの最新の情報、

そして専業トレーダーのリアルな日常を投稿していきます。

また、ふとチャートを見ながら考え付いたこと等、今まででしたらそのまま消え去っていたような事柄も

そのまま気軽に書いていきます。

大切な一言・・・ぜひお見逃しなく(^^)

関連記事
[ 2014/05/26 08:33 ] MACDルールで見る本日の流れ | TB(-) | CM(-)

MACDルールとダウ理論で見る本日のテクニカル分析【5月23日(金 )】

矢印 こちらのレポートで詳しく説明してあります。

私独自のMACDの使い方であり、どの時間軸でトレードすべきか、今トレードしていい状態なのか
どの時間軸で決済すべきか、そういったことが一目でわかります。
非常に汎用性の高い考え方ですので、ぜひ身に付けてください(^^)



【毎月レポートが手に入る!! 前代未聞のタイアップ!!!】





【5月23日(金)のテクニカル分析】

おはようございます(^^)

本日のユロ円の流れです。

【ユーロ/円】4時間足
FX テクニカル分析 ブログ 4時間足


MACDルールは下げで成立ながらも
とりあえず下げ止まりかな?
短期MACDもハッキリと反転上昇してきましたしね。


長期(青)は下げダウを築いていますが
ちょっとわかりづらいですが
日足の下げ「勢い」は半減していますので
一度戻してきてもおかしくない相場状況です。


短期(緑)は
下げダウを築いていたところから高値更新
そしてその高値切り下げなき安値割れ


そこからは?
定番の急な戻し(^^)


戻したとは言っても安値切り上げがあるわけではないので
再度高値を切り下げてくる可能性はありますよ。


でももっと単純に見るのであれば
4時間足のMA(青)は水平だし
ボリンジャーバンドから見ることができる「勢い」もないし
日足の下げ「勢い」も半減しているので戻しが入る可能性も高いし・・・


というわけで
けっこう難しい相場に突入してきたかな?と判断できるわけです。


もちろん下位足で安値を切り上げたら
ロングで攻めることも可能ですが
少なくともこの時間軸では方向を見定めるのが難しい状況です。



【ユーロ/円】1時間足
FX テクニカル分析 ブログ 1時間足


コチラのMACDルールは崩れてきましたね
長期(青)はとりあえずまだ下げダウ中ですが
安値切り上げなるか???


短期(緑)は一応上昇ダウですね
直近高値を越えたら長期的(青)にも安値を切り上げることになってきますので
そのままバンドウォークしていく可能性はあります。


ただ現時点で
1時間足4時間足ともに「勢い」のない状態ですので
シナリオに加えるだけであって期待はするだけムダ。


15分足レベルで見ると
安値切り上げ部分に上昇トレンドラインがきれいに引けますので
とりあえずここを割ってくるかどうか注目しましょうか


割ってきたら
日足で下げモードに入ってくる可能性が少しあります。
下げトレンド中の戻しの中の保ち合いパターン形成ですね。



1日1回、応援クリックよろしくお願いします^^♪
  ↓

テクニカル分析ブログ




□*■*□*■*□*■*□*■*□*■*□*■*□*■*□*■*□

【5月23日 金曜日の経済指標】

23:00 米) 4月 新築住宅販売件数


*★*――――*★**★*――――*★**★*――――*★**★*――――*★*


今の時代において、移動平均線だけで
相場から利益を上げることは不可能なのか!?

答えは「NO」です。 実は移動平均線だけでも相場に勝つことは可能です。しかも、相場のトレンドに乗って大きな値幅を取りつつ、同時に勝率も高めるという、投資の世界において、不可能だと思われている理想のトレードを実現する事ができます。

■高い勝率と大きな値幅が同時に取れる非常識な投資術 〜移動平均線編〜



文中に登場する「勢い」という概念をコチラのレポート内で詳しく説明してあります。
「必ず!」上の「移動平均線編」を購入後にコチラをご覧ください。

■高い"勝率"と大きな"値幅"が同時に取れる非常識な投資術 〜ボリンジャーバンド(応用編)〜

ボリンジャーバンドを使ったエントリーポイントや利の伸ばし方もわかりやすく書いてありますよ(^^)
世界中のどこにもない、私だけの独自の使い方です。



Facebookへようこそ

今までブログではお伝えしきれなかったリアルタイムの最新の情報、

そして専業トレーダーのリアルな日常を投稿していきます。

また、ふとチャートを見ながら考え付いたこと等、今まででしたらそのまま消え去っていたような事柄も

そのまま気軽に書いていきます。

大切な一言・・・ぜひお見逃しなく(^^)

関連記事
[ 2014/05/23 08:49 ] MACDルールで見る本日の流れ | TB(-) | CM(-)

MACDルールとダウ理論で見る本日のテクニカル分析【5月22日(木 )】

矢印 こちらのレポートで詳しく説明してあります。

私独自のMACDの使い方であり、どの時間軸でトレードすべきか、今トレードしていい状態なのか
どの時間軸で決済すべきか、そういったことが一目でわかります。
非常に汎用性の高い考え方ですので、ぜひ身に付けてください(^^)



【毎月レポートが手に入る!! 前代未聞のタイアップ!!!】





【5月22日(木)のテクニカル分析】

おはようございます(^^)

本日のユロ円の流れです。

【ユーロ/円】4時間足
FX テクニカル分析 ブログ 4時間足


MACDルールは下げで成立しています
長期(青)はまだ下げダウが継続していますねー


日足レベルのサポートラインで底打ったかな?と思ったのですが
そのラインを割ってさらに下げてきました。


でも日足の下げ「勢い」は半減してるし
長期的なサポートラインを下位足で見ると多少行き過ぎるのはよくあること


ただ、今後さらに下げやすくなったとは言えますよね。


現在4時間足に下げ「勢い」はありませんので
昨夜のV字回復で終わりかな?


もしここが日足レベルの戻しにつながるのであれば
昨夜の安値ラインは重要なラインになりそう。



【ユーロ/円】1時間足
FX テクニカル分析 ブログ 1時間足


コチラのMACDルールは・・・微妙(^^;)


上位足と下位足次第でどうにでもなりそう


つまり、
上位足は下げなんで
下位足が下げスタンスをとれば
1時間足も簡単に下げに転ずる可能性の高い相場ですよ~ってことです。


相場の波というのは
上位足の大きな波には逆らえず
でも最初のさざ波を作るのは下位足の小さな波なんで、
上からと下からと考えないと乗り遅れるよ


長期(青)は下げダウ・・・?
じゃないね


直前でわずかに高値更新
そのためその後直近安値とほぼ同レベルまでしか下げなかったんで
そろそろ底打ち?と考えたのですが
さらに下げました


高値切り下げなき安値更新?
というわけで戻しも大きかったかな?(笑)


でも短期(緑)はちゃんと下げダウを築いていますね
で、現在まだ下げダウ継続中ですので
安易にロングはできませんね。


ただ4時間足に下げ「勢い」はありませんので
下げたとしても、そのままレンジに移行するような形か?


とりあえず上昇するにしても
ハッキリとした安値切り上げがほしい


ちとわかりづらい相場だ(*´Д`)



1日1回、応援クリックよろしくお願いします^^♪
  ↓

テクニカル分析ブログ




□*■*□*■*□*■*□*■*□*■*□*■*□*■*□*■*□

【5月22日 木曜日の経済指標】

08:50 日) 前週分 対外対内証券売買契約等の状況

17:00 欧) 5月 製造業購買担当者景気指数

17:00 欧) 5月 サービス部門購買担当者景気指数

17:30 英) 1-3月期 四半期国内総生産

21:30 米) 前週分 新規失業保険申請件数

23:00 米) 4月 中古住宅販売件数

23:00 米) 4月 景気先行指標総合指数


*★*――――*★**★*――――*★**★*――――*★**★*――――*★*


今の時代において、移動平均線だけで
相場から利益を上げることは不可能なのか!?

答えは「NO」です。 実は移動平均線だけでも相場に勝つことは可能です。しかも、相場のトレンドに乗って大きな値幅を取りつつ、同時に勝率も高めるという、投資の世界において、不可能だと思われている理想のトレードを実現する事ができます。

■高い勝率と大きな値幅が同時に取れる非常識な投資術 〜移動平均線編〜



文中に登場する「勢い」という概念をコチラのレポート内で詳しく説明してあります。
「必ず!」上の「移動平均線編」を購入後にコチラをご覧ください。

■高い"勝率"と大きな"値幅"が同時に取れる非常識な投資術 〜ボリンジャーバンド(応用編)〜

ボリンジャーバンドを使ったエントリーポイントや利の伸ばし方もわかりやすく書いてありますよ(^^)
世界中のどこにもない、私だけの独自の使い方です。



Facebookへようこそ

今までブログではお伝えしきれなかったリアルタイムの最新の情報、

そして専業トレーダーのリアルな日常を投稿していきます。

また、ふとチャートを見ながら考え付いたこと等、今まででしたらそのまま消え去っていたような事柄も

そのまま気軽に書いていきます。

大切な一言・・・ぜひお見逃しなく(^^)

関連記事
[ 2014/05/22 08:42 ] MACDルールで見る本日の流れ | TB(-) | CM(-)

MACDルールとダウ理論で見る本日のテクニカル分析【5月21日(水 )】

矢印 こちらのレポートで詳しく説明してあります。

私独自のMACDの使い方であり、どの時間軸でトレードすべきか、今トレードしていい状態なのか
どの時間軸で決済すべきか、そういったことが一目でわかります。
非常に汎用性の高い考え方ですので、ぜひ身に付けてください(^^)



【毎月レポートが手に入る!! 前代未聞のタイアップ!!!】





【5月21日(水)のテクニカル分析】

おはようございます(^^)

本日のユロ円の流れです。

【ユーロ/円】4時間足
FX テクニカル分析 ブログ 4時間足


MACDルールは下げで成立ながらも
短期MACDは反転上昇してきましたね。
底打ちかな?


長期(青)は下げダウを築いていますが、
短期(緑)は下げ幅をどんどん減らし
そして高値を更新し、
安値はほぼ同値で止まっています。


日足レベルサポートライン付近でもあるし、
下げ止まりの可能性がでてきました。


でも日足には
下げ「勢い」が半減したとはいえ残っているんですよね。


でもサポートラインでその「勢い」が弱まってきているのも事実なんで
どちらかにハッキリとした方向を築いてからトレードを始めるくらいでいいかも(^^)


ただ、同値で止まっているとはいっても
安値はわずかに割っているので
ここで高値切り下げを確定させてしまったら
ラインを割って下げてくる可能性が高まります。


【ユーロ/円】1時間足
FX テクニカル分析 ブログ 1時間足

コチラのMACDルールは崩れてきました
長期(青)は下げダウを築いていたんですが
ここで高値を更新してきました。


このまま安値を切り上げてくれればわかりやすかったんですが
わずかに安値を割ってきました(-_-;)


ってことは次に高値を切り下げてしまえば
再度下に・・・


短期(緑)はほぼ完全に同値で止まっていますね。
ということは
次は安値を切り上げてくる可能性が高まってきました。


でもここで高値切り下げを確定させてしまえば
再度安値突破を狙ってきそう・・・


どちらに動くか・・・となると
ホント微妙ですね


まぁ、こんなの予想しててもしょうがないんで
何がどうなったら上に向いたと判断するのか
どのラインを抜けたら下に向いたと判断するのか


そういったことを「明確」に決めて待つしかないです



1日1回、応援クリックよろしくお願いします^^♪
  ↓

テクニカル分析ブログ




□*■*□*■*□*■*□*■*□*■*□*■*□*■*□*■*□

【5月21日 水曜日の経済指標】

未 定 日) 日銀金融政策決定会合 終了後決定内容発表

未 定 日) 日銀金融政策決定会合 マネタリーベース年間増加目標


08:50 日) 4月 貿易統計

15:30 日) 黒田東彦日銀総裁、定例記者会見

17:00 欧) 3月 経常収支

17:30 英) 英中銀金融政策委員会議事要旨

17:30 英) 4月 小売売上高指数

20:00  米) MBA住宅ローン申請指数

23:00 欧) 5月 消費者信頼感

24:00 米) イエレン米連邦準備理事会(FRB)議長発言

27:00 米) 米連邦公開市場委員会(FOMC)議事要旨



*★*――――*★**★*――――*★**★*――――*★**★*――――*★*


今の時代において、移動平均線だけで
相場から利益を上げることは不可能なのか!?

答えは「NO」です。 実は移動平均線だけでも相場に勝つことは可能です。しかも、相場のトレンドに乗って大きな値幅を取りつつ、同時に勝率も高めるという、投資の世界において、不可能だと思われている理想のトレードを実現する事ができます。

■高い勝率と大きな値幅が同時に取れる非常識な投資術 〜移動平均線編〜



文中に登場する「勢い」という概念をコチラのレポート内で詳しく説明してあります。
「必ず!」上の「移動平均線編」を購入後にコチラをご覧ください。

■高い"勝率"と大きな"値幅"が同時に取れる非常識な投資術 〜ボリンジャーバンド(応用編)〜

ボリンジャーバンドを使ったエントリーポイントや利の伸ばし方もわかりやすく書いてありますよ(^^)
世界中のどこにもない、私だけの独自の使い方です。



Facebookへようこそ

今までブログではお伝えしきれなかったリアルタイムの最新の情報、

そして専業トレーダーのリアルな日常を投稿していきます。

また、ふとチャートを見ながら考え付いたこと等、今まででしたらそのまま消え去っていたような事柄も

そのまま気軽に書いていきます。

大切な一言・・・ぜひお見逃しなく(^^)

関連記事
[ 2014/05/21 08:28 ] MACDルールで見る本日の流れ | TB(-) | CM(-)

MACDルールとダウ理論で見る本日のテクニカル分析【5月20日(火 )】

【MACDルールについて】

当ブログ中によく出てくる「MACDルール」については、

矢印 こちらのレポートで詳しく説明してあります。

私独自のMACDの使い方であり、どの時間軸でトレードすべきか、今トレードしていい状態なのか
どの時間軸で決済すべきか、そういったことが一目でわかります。
非常に汎用性の高い考え方ですので、ぜひ身に付けてください(^^)



【毎月レポートが手に入る!! 前代未聞のタイアップ!!!】





【5月20日(火)のテクニカル分析】

おはようございます(^^)

本日のユロ円の流れです。

【ユーロ/円】4時間足
FX テクニカル分析 ブログ 4時間足


MACDルールは下げで成立ですね
長期(青)は下げダウ中


下げ「勢い」は日足レベルにまで波及しましたが・・・
現在サポートライン上でちょっと下げ「勢い」が減りつつありますね。
反転上昇くるか?


短期(緑)も下げダウを築いていますが
その下げ幅はどんどん狭くなり
ダイバージェンスも発生


さらに4時間足の下げ「勢い」も収束してきましたので
大きな戻しが入るとは言えませんが(※ダラダラの戻しかもしれないので注意)
とりあえず底を打ちつつあるようです。


確定させるには
せめて短期レベルで安値の切り上げがあるか
ネックライン上抜きか
そういったわかりやすい何かが必要です。


注意しておかなければいけないのは
「底を打った」「短期で安値を切り上げた」→上昇トレンドに転換!!??


ではないということです。
あくまでも底を打っただけ


ですが、もっともっと下位足で見るならば
上位足の短期安値の切り上げは
上昇トレンドとしてとらえることもできますよね。


だから
「現在どの時間軸にトレンドが発生しているのか」
「ではどの時間軸でトレードすべきなのか」
ということを把握するのはとても大切なことなんです(^^)



【ユーロ/円】1時間足
FX テクニカル分析 ブログ 1時間足


コチラのMACDルール
下げで成立しながらもそろそろ反転の気配が見えてきた?


長期(青)はまだ下げダウ継続
ですが短期MACDはずっと底を切り上げていますね
ダイバージェンスです。


つまり下げ幅が前回の下げに比べて減りつつあるということで、
下げ勢いが減少しつつあり、底打ちが近付いている?ということです。


1時間足4時間足ともに下げ「勢い」はなく
下げトレンドラインも上抜いてきました。


今後上昇に転ずるのであれば
ここまで引いてきサポートラインが今度はレジスタンスラインにかわってきますので
ライン付近のトレードでは注意が必要ですね。



1日1回、応援クリックよろしくお願いします^^♪
  ↓

テクニカル分析ブログ




□*■*□*■*□*■*□*■*□*■*□*■*□*■*□*■*□

【5月20日 火曜日の経済指標】

未 定 日) 日銀・金融政策決定会合(1日目)

14:00 日) 3月 景気先行指数

14:00 日) 3月 景気一致指数

17:30 英) 4月 消費者物価指数

17:30 英) 4月 小売物価指数


*★*――――*★**★*――――*★**★*――――*★**★*――――*★*


今の時代において、移動平均線だけで
相場から利益を上げることは不可能なのか!?

答えは「NO」です。 実は移動平均線だけでも相場に勝つことは可能です。しかも、相場のトレンドに乗って大きな値幅を取りつつ、同時に勝率も高めるという、投資の世界において、不可能だと思われている理想のトレードを実現する事ができます。

■高い勝率と大きな値幅が同時に取れる非常識な投資術 〜移動平均線編〜



文中に登場する「勢い」という概念をコチラのレポート内で詳しく説明してあります。
「必ず!」上の「移動平均線編」を購入後にコチラをご覧ください。

■高い"勝率"と大きな"値幅"が同時に取れる非常識な投資術 〜ボリンジャーバンド(応用編)〜

ボリンジャーバンドを使ったエントリーポイントや利の伸ばし方もわかりやすく書いてありますよ(^^)
世界中のどこにもない、私だけの独自の使い方です。



Facebookへようこそ

今までブログではお伝えしきれなかったリアルタイムの最新の情報、

そして専業トレーダーのリアルな日常を投稿していきます。

また、ふとチャートを見ながら考え付いたこと等、今まででしたらそのまま消え去っていたような事柄も

そのまま気軽に書いていきます。

大切な一言・・・ぜひお見逃しなく(^^)

関連記事
[ 2014/05/20 08:42 ] MACDルールで見る本日の流れ | TB(-) | CM(-)

MACDルールとダウ理論で見る本日のテクニカル分析【5月19日(月 )】

【MACDルールについて】

当ブログ中によく出てくる「MACDルール」については、

矢印 こちらのレポートで詳しく説明してあります。

私独自のMACDの使い方であり、どの時間軸でトレードすべきか、今トレードしていい状態なのか
どの時間軸で決済すべきか、そういったことが一目でわかります。
非常に汎用性の高い考え方ですので、ぜひ身に付けてください(^^)



【毎月レポートが手に入る!! 前代未聞のタイアップ!!!】





【5月19日(月)のテクニカル分析】

おはようございます(^^)

本日のユロ円の流れです。

【ユーロ/円】4時間足
FX テクニカル分析 ブログ 4時間足


MACDルールは下げで成立
長期(青)は下げダウを継続
短期(緑)も下げダウ中ですね


さらに日足にまで下げ「勢い」が波及していますし
4時間足の「勢い」も半減したとはいえ
まだ残っています。


でも日足レベルで見ると
サポートラインにタッチしていますので
そこらへんも注意が必要です。


タッチしたところでダイバージェンス発生。
一度大きく戻す可能性もでてきましたね。



【ユーロ/円】1時間足
FX テクニカル分析 ブログ 1時間足


コチラのMACDルールも下げで成立
長期(青)は下げダウ継続


でも下げ幅が減ってきたみたいですね
大きくダイバージェンスが発生しています。


4時間足の下げ「勢い」もなくなってきていますし
1時間足では「勢い」がありません。


さらに短期(緑)は
少々方向感がなくなった動きをしています。


一応現在は安値更新で高値切り下げなんで
下げダウ成立かな?
でもここでもダイバージェンス発生


さてさてどうなるか。
下げ幅が減ってきているのは事実なんで
短期レベルで安値を切り上げてきたら
手仕舞いの動きに乗って、少しずつロングポジも狙っていきますかね(^^)



1日1回、応援クリックよろしくお願いします^^♪
  ↓

テクニカル分析ブログ




□*■*□*■*□*■*□*■*□*■*□*■*□*■*□*■*□

【5月19日 月曜日の経済指標】

08:50 日) 3月 機械受注

18:00 欧) 3月 建設支出


*★*――――*★**★*――――*★**★*――――*★**★*――――*★*


今の時代において、移動平均線だけで
相場から利益を上げることは不可能なのか!?

答えは「NO」です。 実は移動平均線だけでも相場に勝つことは可能です。しかも、相場のトレンドに乗って大きな値幅を取りつつ、同時に勝率も高めるという、投資の世界において、不可能だと思われている理想のトレードを実現する事ができます。

■高い勝率と大きな値幅が同時に取れる非常識な投資術 〜移動平均線編〜



文中に登場する「勢い」という概念をコチラのレポート内で詳しく説明してあります。
「必ず!」上の「移動平均線編」を購入後にコチラをご覧ください。

■高い"勝率"と大きな"値幅"が同時に取れる非常識な投資術 〜ボリンジャーバンド(応用編)〜

ボリンジャーバンドを使ったエントリーポイントや利の伸ばし方もわかりやすく書いてありますよ(^^)
世界中のどこにもない、私だけの独自の使い方です。



Facebookへようこそ

今までブログではお伝えしきれなかったリアルタイムの最新の情報、

そして専業トレーダーのリアルな日常を投稿していきます。

また、ふとチャートを見ながら考え付いたこと等、今まででしたらそのまま消え去っていたような事柄も

そのまま気軽に書いていきます。

大切な一言・・・ぜひお見逃しなく(^^)

関連記事
[ 2014/05/19 08:35 ] MACDルールで見る本日の流れ | TB(-) | CM(-)

MACDルールとダウ理論で見る本日のテクニカル分析【5月16日(金 )】

【MACDルールについて】

当ブログ中によく出てくる「MACDルール」については、

矢印 こちらのレポートで詳しく説明してあります。

私独自のMACDの使い方であり、どの時間軸でトレードすべきか、今トレードしていい状態なのか
どの時間軸で決済すべきか、そういったことが一目でわかります。
非常に汎用性の高い考え方ですので、ぜひ身に付けてください(^^)



【毎月レポートが手に入る!! 前代未聞のタイアップ!!!】





【5月16日(金)のテクニカル分析】

おはようございます(^^)

本日のユロ円の流れです。

【ユーロ/円】4時間足
FX テクニカル分析 ブログ 4時間足


昨日の記事がうまくアップされていなかったみたいだけど
今日見たらちゃんとアップされてる・・・


せっかく書いた記事なんで
よかったら見てくださいね(^^;)
 ↓
http://fxsuke.blog97.fc2.com/blog-entry-858.html


では本日の相場を見ていきましょう!


MACDルールは下げで成立
長期(青)も下げダウ
というわけで下げ目線


ここまで下げたから、もうこれ以上は下げないだろうという考え方は不可
なんらかの反転の兆しがあれば
下げ目線ながらもリスクが高まってきたかな?と認識する


短期(緑)も下げダウ中
そして日足にも「勢い」が波及してきたが・・・
4時間足の「勢い」は半減してきたので
いったん戻し(手仕舞いの動き)が入るか?



【ユーロ/円】1時間足
FX テクニカル分析 ブログ 1時間足


コチラのMACDルールも下げで成立
長期(青)は下げダウ継続
短期(緑)も下げダウ中


というわけで
こちらも下げ目線


ただ、ちょっと下げ幅が減ってきたかな?
ダイバージェンスも発生しているし
下げが弱まってきた感じはありますね。


4時間足の下げ「勢い」が半減
1時間足の下げ「勢い」は収束


ってことは、
昨日の安値割れをするくらいまでは
少々下げてきたとしても追随は怖いな(^^;)


でもまだ下げトレンド内にレートが存在しているんで(※トレンドラインは描写忘れ)
下げ継続してくる可能性は十分にあります。


上抜いてきたら
ちょっと考え直さないといけないことがたくさん出てくるけどね(^^;)



1日1回、応援クリックよろしくお願いします^^♪
  ↓

テクニカル分析ブログ




□*■*□*■*□*■*□*■*□*■*□*■*□*■*□*■*□

【5月16日 金曜日の経済指標】

07:10 米) イエレン米連邦準備理事会(FRB)議長発言

13:30 日) 3月 鉱工業生産・確報値

18:00  欧) 3月 貿易収支

21:30  米) 4月 住宅着工件数

21:30 米) 4月 建設許可件数

22:55  米) 5月 ミシガン大学消費者態度指数・速報値


*★*――――*★**★*――――*★**★*――――*★**★*――――*★*


今の時代において、移動平均線だけで
相場から利益を上げることは不可能なのか!?

答えは「NO」です。 実は移動平均線だけでも相場に勝つことは可能です。しかも、相場のトレンドに乗って大きな値幅を取りつつ、同時に勝率も高めるという、投資の世界において、不可能だと思われている理想のトレードを実現する事ができます。

■高い勝率と大きな値幅が同時に取れる非常識な投資術 〜移動平均線編〜



文中に登場する「勢い」という概念をコチラのレポート内で詳しく説明してあります。
「必ず!」上の「移動平均線編」を購入後にコチラをご覧ください。

■高い"勝率"と大きな"値幅"が同時に取れる非常識な投資術 〜ボリンジャーバンド(応用編)〜

ボリンジャーバンドを使ったエントリーポイントや利の伸ばし方もわかりやすく書いてありますよ(^^)
世界中のどこにもない、私だけの独自の使い方です。



Facebookへようこそ

今までブログではお伝えしきれなかったリアルタイムの最新の情報、

そして専業トレーダーのリアルな日常を投稿していきます。

また、ふとチャートを見ながら考え付いたこと等、今まででしたらそのまま消え去っていたような事柄も

そのまま気軽に書いていきます。

大切な一言・・・ぜひお見逃しなく(^^)

関連記事
[ 2014/05/16 08:33 ] MACDルールで見る本日の流れ | TB(-) | CM(-)

MACDルールとダウ理論で見る本日のテクニカル分析【5月15日(木 )】

【MACDルールについて】

当ブログ中によく出てくる「MACDルール」については、

矢印 こちらのレポートで詳しく説明してあります。

私独自のMACDの使い方であり、どの時間軸でトレードすべきか、今トレードしていい状態なのか
どの時間軸で決済すべきか、そういったことが一目でわかります。
非常に汎用性の高い考え方ですので、ぜひ身に付けてください(^^)



【毎月レポートが手に入る!! 前代未聞のタイアップ!!!】





【5月15日(木)のテクニカル分析】

おはようございます(^^)

本日のユロ円の流れです。

【ユーロ/円】4時間足
FX テクニカル分析 ブログ 4時間足

MACDルールは下げで成立
長期(青)は下げダウ中ですね


そして短期(緑)、
これも高値を切り下げ、そして安値も割ってきましたので下げダウです(^^)


4時間足にはまだ下げ「勢い」があり、
日足にも下げ「勢い」が波及しています。


順当に見るならば
当然下げ継続として対処しなければいけないのですが
最初の下げ幅よりもだいぶ今回の下げ幅のほうが減っていますね。


ってことはオシレーターで見てもダイバージェンス状態
いったん下げ止まりがあるか?ということも考慮しておかなければなりません。


だいたい「急落」はそんなに続くものではないんでね


だからと言ってロングか?と言われると
そんな簡単な話でもありませんが・・・



【ユーロ/円】1時間足
FX テクニカル分析 ブログ 1時間足


コチラのMACDルールも下げで成立
長期(青)はきれいに下げダウを築いていますね


で、まだ確定したわけではありませんが
MACDがちょっとダイバージェンス気味?


現在1時間足の下げ「勢い」も収束してきていますし
下げ止まり&反転上昇も考慮しておかなければなりません。


でも短期(緑)は
まだ下げダウを築いていますので
下げ目線を外すわけにはいかないですよね。


また安値を切り上げる等の動きを見せたり
昨日書いたように、前日安値ラインを割って下げてきたので
その安値ラインを越えるレベルまで戻ったら
これも上昇あり?として注意が必要


1日1回、応援クリックよろしくお願いします^^♪
  ↓

テクニカル分析ブログ




□*■*□*■*□*■*□*■*□*■*□*■*□*■*□*■*□

【5月15日 木曜日の経済指標】

08:50 日) 前週分 対外対内証券売買契約等の状況

08:50 日) 1-3月期 四半期実質国内総生産

08:50 日) 3月 第三次産業活動指数

08:50 日) 前々週分 対外対内証券売買契約等の状況

13:25 日) 黒田東彦日銀総裁、発言

14:00 日) 4月 消費者態度指数・一般世帯

17:00 欧) 欧州中央銀行 月報

18:00 欧) 4月 消費者物価指数

18:00 欧) 1-3月期 四半期域内総生産


21:30 米) 5月 ニューヨーク連銀製造業景気指数

21:30 米) 4月 消費者物価指数

21:30 米) 前週分 新規失業保険申請件数

22:00 米) 3月 対米証券投資

22:15 米) 4月 鉱工業生産

22:15 米) 4月 設備稼働率

23:00 米) 5月 フィラデルフィア連銀製造業景気指数

23:00 米) 5月 NAHB住宅市場指数


*★*――――*★**★*――――*★**★*――――*★**★*――――*★*


今の時代において、移動平均線だけで
相場から利益を上げることは不可能なのか!?

答えは「NO」です。 実は移動平均線だけでも相場に勝つことは可能です。しかも、相場のトレンドに乗って大きな値幅を取りつつ、同時に勝率も高めるという、投資の世界において、不可能だと思われている理想のトレードを実現する事ができます。

■高い勝率と大きな値幅が同時に取れる非常識な投資術 〜移動平均線編〜



文中に登場する「勢い」という概念をコチラのレポート内で詳しく説明してあります。
「必ず!」上の「移動平均線編」を購入後にコチラをご覧ください。

■高い"勝率"と大きな"値幅"が同時に取れる非常識な投資術 〜ボリンジャーバンド(応用編)〜

ボリンジャーバンドを使ったエントリーポイントや利の伸ばし方もわかりやすく書いてありますよ(^^)
世界中のどこにもない、私だけの独自の使い方です。



Facebookへようこそ

今までブログではお伝えしきれなかったリアルタイムの最新の情報、

そして専業トレーダーのリアルな日常を投稿していきます。

また、ふとチャートを見ながら考え付いたこと等、今まででしたらそのまま消え去っていたような事柄も

そのまま気軽に書いていきます。

大切な一言・・・ぜひお見逃しなく(^^)

関連記事
[ 2014/05/16 07:56 ] MACDルールで見る本日の流れ | TB(-) | CM(-)

MACDルールとダウ理論で見る本日のテクニカル分析【5月14日(水 )】

【MACDルールについて】

当ブログ中によく出てくる「MACDルール」については、

矢印 こちらのレポートで詳しく説明してあります。

私独自のMACDの使い方であり、どの時間軸でトレードすべきか、今トレードしていい状態なのか
どの時間軸で決済すべきか、そういったことが一目でわかります。
非常に汎用性の高い考え方ですので、ぜひ身に付けてください(^^)



【毎月レポートが手に入る!! 前代未聞のタイアップ!!!】





【5月13日(火)のテクニカル分析】

おはようございます(^^)

本日のユロ円の流れです。

【ユーロ/円】4時間足
FX テクニカル分析 ブログ 4時間足


MACDルールは下げで成立
長期(青)は
高値を切り下げ安値を割って下げダウ中


そして短期(緑)は
高値切り下げなき安値更新だったのが
ちゃんと高値切り下げ確定させて下げてきました。


昨日「安値を試すかも~」って言ってた動きですね。


で、4時間足は完全に「勢い」は収束
でも日足が少し下げ勢いづいてきた?


ここで安値を切り上げるかどうかで
先は決まってきますね。


このまま安値を割ってしまうと
もうちょっとストンと落ちる可能性は高まりますし


割らなければ
ここで三角保ち合いを築いてくるかもしれません。


その場合は直近高値を更新しないことが条件ですよね


もし高値を越えてきたら
真ん中に引いたレジサポ逆転ラインより上のレベルへ再度移行する可能性もあります。



【ユーロ/円】1時間足
FX テクニカル分析 ブログ 1時間足


コチラのMACDルール
まだかろうじて下げで成立中


長期(青)は
安値を割って高値を切り下げ・・・さらに安値割れがあるかどうか?


短期(緑)が
高値切り下げなき安値更新ですからね、
ちょいと戻してくるかも


4時間足の下げ「勢い」は収束し
1時間足の下げも半減


判断の難しいところだな(*´Д`)


長期的に見たら下げだけど
短期的に見たら戻す可能性がある相場ですもんね


でもとりあえず
日足で下げかけているんで
昨日の安値割れや
数日前の下落の安値割れにはめっちゃ注意が必要です。



1日1回、応援クリックよろしくお願いします^^♪
  ↓

テクニカル分析ブログ




□*■*□*■*□*■*□*■*□*■*□*■*□*■*□*■*□

【5月14日 水曜日の経済指標】

08:50 日) 4月 国内企業物価指数

17:30 英) 4月 失業保険申請件数

17:30 英) 4月 失業率

18:00 欧) 3月 鉱工業生産

20:00 米) MBA住宅ローン申請指数

21:30 米) 4月 卸売物価指数


*★*――――*★**★*――――*★**★*――――*★**★*――――*★*


今の時代において、移動平均線だけで
相場から利益を上げることは不可能なのか!?

答えは「NO」です。 実は移動平均線だけでも相場に勝つことは可能です。しかも、相場のトレンドに乗って大きな値幅を取りつつ、同時に勝率も高めるという、投資の世界において、不可能だと思われている理想のトレードを実現する事ができます。

■高い勝率と大きな値幅が同時に取れる非常識な投資術 〜移動平均線編〜



文中に登場する「勢い」という概念をコチラのレポート内で詳しく説明してあります。
「必ず!」上の「移動平均線編」を購入後にコチラをご覧ください。

■高い"勝率"と大きな"値幅"が同時に取れる非常識な投資術 〜ボリンジャーバンド(応用編)〜

ボリンジャーバンドを使ったエントリーポイントや利の伸ばし方もわかりやすく書いてありますよ(^^)
世界中のどこにもない、私だけの独自の使い方です。



Facebookへようこそ

今までブログではお伝えしきれなかったリアルタイムの最新の情報、

そして専業トレーダーのリアルな日常を投稿していきます。

また、ふとチャートを見ながら考え付いたこと等、今まででしたらそのまま消え去っていたような事柄も

そのまま気軽に書いていきます。

大切な一言・・・ぜひお見逃しなく(^^)

関連記事
[ 2014/05/14 08:36 ] MACDルールで見る本日の流れ | TB(-) | CM(-)