FC2ブログ








MACDルールとダウ理論で見る本日のテクニカル分析【4月15日(火 )】

【MACDルールについて】

当ブログ中によく出てくる「MACDルール」については、

矢印 こちらのレポートで詳しく説明してあります。

私独自のMACDの使い方であり、どの時間軸でトレードすべきか、今トレードしていい状態なのか
どの時間軸で決済すべきか、そういったことが一目でわかります。
非常に汎用性の高い考え方ですので、ぜひ身に付けてください(^^)



【毎月レポートが手に入る!! 前代未聞のタイアップ!!!】





【4月15日(火)のテクニカル分析】

おはようございます(^^)

本日のユロ円の流れです。

【ユーロ/円】4時間足
FX テクニカル分析 ブログ 4時間足


MACDルールは下で成立しつつあるか?
長期(青)は安値切り上げ高値切り下げ
少々方向感を失いつつあります。


短期(緑)は
ダブルトップをつけた状態から安値更新


一応下げダウに分類かな?


しかし4時間足に下げ「勢い」がついたわけでもなく
当然日足への「勢い」の波及もない


これを抜けたらどうなる??
なんて大きな期待ができるようなラインも近くにない


しばらく様子見か。


でも先日も書いたけど
日足レベルではけっこう重要なライン付近にレートがあるため
下抜けは大きく動く可能性が高く、注意が必要



【ユーロ/円】1時間足
FX テクニカル分析 ブログ 1時間足


コチラのMACDルールは下げで成立
長期(青)はダブルトップからの安値割れで下げ濃厚


短期(緑)は
安値更新の高値切り下げで下げダウだったんですが
ここで安値切り上げか?


1時間足で下げ「勢い」もつかず
4時間足への波及もなかったので
上昇に転ずる可能性もあり


といっても
ボックス相場を築いている上値を抜かないことには
それもないかな(^^;)


とにかく希望するのは
「しっかりと方向性のある相場」



1日1回、応援クリックよろしくお願いします^^♪
  ↓

テクニカル分析ブログ




□*■*□*■*□*■*□*■*□*■*□*■*□*■*□*■*□

【4月15日 火曜日の経済指標】

08:01 英) 3月 英小売連合 小売売上高調査

17:30 英) 3月 消費者物価指数

17:30 英) 3月 小売物価指数

17:30 英) 3月 卸売物価指数

21:30 米) 4月 ニューヨーク連銀製造業景気指数

21:30 米) 3月 消費者物価指数

21:45 米) イエレン米連邦準備理事会(FRB)議長発言


22:00 米) 2月 対米証券投資

23:00 米) 4月 NAHB住宅市場指数


*★*――――*★**★*――――*★**★*――――*★**★*――――*★*


今の時代において、移動平均線だけで
相場から利益を上げることは不可能なのか!?

答えは「NO」です。 実は移動平均線だけでも相場に勝つことは可能です。しかも、相場のトレンドに乗って大きな値幅を取りつつ、同時に勝率も高めるという、投資の世界において、不可能だと思われている理想のトレードを実現する事ができます。

■高い勝率と大きな値幅が同時に取れる非常識な投資術 〜移動平均線編〜



文中に登場する「勢い」という概念をコチラのレポート内で詳しく説明してあります。
「必ず!」上の「移動平均線編」を購入後にコチラをご覧ください。

■高い"勝率"と大きな"値幅"が同時に取れる非常識な投資術 〜ボリンジャーバンド(応用編)〜

ボリンジャーバンドを使ったエントリーポイントや利の伸ばし方もわかりやすく書いてありますよ(^^)
世界中のどこにもない、私だけの独自の使い方です。



Facebookへようこそ

今までブログではお伝えしきれなかったリアルタイムの最新の情報、

そして専業トレーダーのリアルな日常を投稿していきます。

また、ふとチャートを見ながら考え付いたこと等、今まででしたらそのまま消え去っていたような事柄も

そのまま気軽に書いていきます。

大切な一言・・・ぜひお見逃しなく(^^)

関連記事
[ 2014/04/15 08:33 ] MACDルールで見る本日の流れ | TB(-) | CM(-)

MACDルールとダウ理論で見る本日のテクニカル分析【4月14日(月 )】

【MACDルールについて】

当ブログ中によく出てくる「MACDルール」については、

矢印 こちらのレポートで詳しく説明してあります。

私独自のMACDの使い方であり、どの時間軸でトレードすべきか、今トレードしていい状態なのか
どの時間軸で決済すべきか、そういったことが一目でわかります。
非常に汎用性の高い考え方ですので、ぜひ身に付けてください(^^)



【毎月レポートが手に入る!! 前代未聞のタイアップ!!!】





【4月14日(月)のテクニカル分析】

おはようございます(^^)

本日のユロ円の流れです。

【ユーロ/円】4時間足
FX テクニカル分析 ブログ 4時間足


ちょっとチャートがごちゃごちゃしてきたから
ボリンジャーバンドの1σラインを消してみた
そんなに支障はないはず


短期MA(緑)が1σラインの代用ね(^^)


MACDルールは不成立
長期(青)は
高値更新&ギリ安値切り上げだったんだけど
ここにきて高値切り下げ確定か?


4時間足、日足ともに
まだ下げ「勢い」があるほどではないけれど


この状態から下げ「勢い」がついてしまうと
けっこうな下げにつながる可能性が高いので注意が必要


日足レベルでは
けっこう重要なラインに差し掛かり中



【ユーロ/円】1時間足
FX テクニカル分析 ブログ 1時間足


コチラのMACDルールは不成立
長期(青)は
高値がほぼ同値でストップ
つまりダブルトップ


そこから短期(緑)レベルで高値を切り下げ
そのまま安値割れへ・・・


これで上位足がハッキリ下げトレンドを築いているのであれば
下げ途中に上げかけたけど
結局高値を更新せずにネックラインを下に割ってきたという判断ができるので
下げ続行だね~~って言えるんだけど


その肝心の上位足が少々方向がわかりづらい(笑)


目先下げ可能性が高いけれども
今日の前半はどうなのか?くらいの直近のこととなると


下げトレンドラインを引いた右端は
きれいなチャネルラインを引くこともできそうなので
ちょっと戻してくる可能性も高い


1時間足ではちょいと下げ「勢い」がついたけど
4時間足へと波及はしてないからね
もうちょっと下位足で安値を切り上げてしまうと
とりあえず下げ止まり~ってことにもなるかも



1日1回、応援クリックよろしくお願いします^^♪
  ↓

テクニカル分析ブログ




□*■*□*■*□*■*□*■*□*■*□*■*□*■*□*■*□

【4月14日 月曜日の経済指標】

18:00 欧) 2月 鉱工業生産

21:30 米) 3月 小売売上高

23:00 米) 2月 企業在庫


*★*――――*★**★*――――*★**★*――――*★**★*――――*★*


今の時代において、移動平均線だけで
相場から利益を上げることは不可能なのか!?

答えは「NO」です。 実は移動平均線だけでも相場に勝つことは可能です。しかも、相場のトレンドに乗って大きな値幅を取りつつ、同時に勝率も高めるという、投資の世界において、不可能だと思われている理想のトレードを実現する事ができます。

■高い勝率と大きな値幅が同時に取れる非常識な投資術 〜移動平均線編〜



文中に登場する「勢い」という概念をコチラのレポート内で詳しく説明してあります。
「必ず!」上の「移動平均線編」を購入後にコチラをご覧ください。

■高い"勝率"と大きな"値幅"が同時に取れる非常識な投資術 〜ボリンジャーバンド(応用編)〜

ボリンジャーバンドを使ったエントリーポイントや利の伸ばし方もわかりやすく書いてありますよ(^^)
世界中のどこにもない、私だけの独自の使い方です。



Facebookへようこそ

今までブログではお伝えしきれなかったリアルタイムの最新の情報、

そして専業トレーダーのリアルな日常を投稿していきます。

また、ふとチャートを見ながら考え付いたこと等、今まででしたらそのまま消え去っていたような事柄も

そのまま気軽に書いていきます。

大切な一言・・・ぜひお見逃しなく(^^)

関連記事
[ 2014/04/14 08:35 ] MACDルールで見る本日の流れ | TB(-) | CM(-)

MACDルールとダウ理論で見る本日のテクニカル分析【4月11日(金 )】

【MACDルールについて】

当ブログ中によく出てくる「MACDルール」については、

矢印 こちらのレポートで詳しく説明してあります。

私独自のMACDの使い方であり、どの時間軸でトレードすべきか、今トレードしていい状態なのか
どの時間軸で決済すべきか、そういったことが一目でわかります。
非常に汎用性の高い考え方ですので、ぜひ身に付けてください(^^)



【毎月レポートが手に入る!! 前代未聞のタイアップ!!!】





【4月11日(金)のテクニカル分析】

おはようございます(^^)

本日のユロ円の流れです。

【ユーロ/円】4時間足
FX テクニカル分析 ブログ 4時間足


MACDルールは不成立
長期(青)は・・・
ここらで短期レベルで安値を切り上げてくれたら
再度上昇ダウを築くわけですが


どうだろう?(^^;)
今、けっこう微妙なところですよね


短期(緑)は高値を切り下げていますので
今後安値割れにつながる可能性だって当然あるわけです。


MAを見ても
ガンガン上昇しているわけではないし
難しいところ


4時間足の下げ「勢い」もないし
当然日足へと波及することもありませんでした


とにかく「勢い」ほしい
ガーーっと相場参加者がどっちか一方を見てる相場が好き(笑)


適当に参加して
さっさと利益だけもらって抜け出す♪



【ユーロ/円】1時間足
FX テクニカル分析 ブログ 1時間足


コチラのMACDルールはまだ下げで成立か?
長期(青)は下げダウ築いているし
保ち合い下抜け?


でも短期ストキャスは反転上昇しかけてるし
これでレートが短期MA(緑)を上回ってくれば
短期安値切り上げで上昇に転ずる可能性がでてくる


移動平均線の並びで
この1時間足だけ見るならば
下抜け可能性のほうが高いけどね


でも上抜けしたら
今度は長期(青)の安値切り上げにつながるんで
上昇ってことになる・・・



1日1回、応援クリックよろしくお願いします^^♪
  ↓

テクニカル分析ブログ




□*■*□*■*□*■*□*■*□*■*□*■*□*■*□*■*□

【4月11日 金曜日の経済指標】

08:50 日) 日銀・金融政策決定会合議事要旨

08:50 日) 3月 マネーストックM2

08:50 日) 3月 国内企業物価指数

21:30 米) 3月 卸売物価指数

22:55 米) 4月 ミシガン大学消費者態度指数 速報値


*★*――――*★**★*――――*★**★*――――*★**★*――――*★*


今の時代において、移動平均線だけで
相場から利益を上げることは不可能なのか!?

答えは「NO」です。 実は移動平均線だけでも相場に勝つことは可能です。しかも、相場のトレンドに乗って大きな値幅を取りつつ、同時に勝率も高めるという、投資の世界において、不可能だと思われている理想のトレードを実現する事ができます。

■高い勝率と大きな値幅が同時に取れる非常識な投資術 〜移動平均線編〜



文中に登場する「勢い」という概念をコチラのレポート内で詳しく説明してあります。
「必ず!」上の「移動平均線編」を購入後にコチラをご覧ください。

■高い"勝率"と大きな"値幅"が同時に取れる非常識な投資術 〜ボリンジャーバンド(応用編)〜

ボリンジャーバンドを使ったエントリーポイントや利の伸ばし方もわかりやすく書いてありますよ(^^)
世界中のどこにもない、私だけの独自の使い方です。



Facebookへようこそ

今までブログではお伝えしきれなかったリアルタイムの最新の情報、

そして専業トレーダーのリアルな日常を投稿していきます。

また、ふとチャートを見ながら考え付いたこと等、今まででしたらそのまま消え去っていたような事柄も

そのまま気軽に書いていきます。

大切な一言・・・ぜひお見逃しなく(^^)

関連記事
[ 2014/04/11 08:33 ] MACDルールで見る本日の流れ | TB(-) | CM(-)

MACDルールとダウ理論で見る本日のテクニカル分析【4月10日(木 )】

【MACDルールについて】

当ブログ中によく出てくる「MACDルール」については、

矢印 こちらのレポートで詳しく説明してあります。

私独自のMACDの使い方であり、どの時間軸でトレードすべきか、今トレードしていい状態なのか
どの時間軸で決済すべきか、そういったことが一目でわかります。
非常に汎用性の高い考え方ですので、ぜひ身に付けてください(^^)



【毎月レポートが手に入る!! 前代未聞のタイアップ!!!】





【4月10日(木)のテクニカル分析】

おはようございます(^^)

本日のユロ円の流れです。

【ユーロ/円】4時間足
FX テクニカル分析 ブログ 4時間足


MACDルールは不成立
長期(青)は
安値切り上げなき高値更新からいっきに下げてきて
現在直近安値よりはちょいと上


反転上昇もあるよ~って言ってたライン付近で
少々反転の動きを見せているところ


といっても
短期(緑)が、まだ下げダウ中なんで
本格上昇には、やっぱり短期安値切り上げがほしいところ


ただ、
4時間足の下げ「勢い」は
日足に波及することなく収束


というわけで
下位足で安値を切り上げる可能性は高まってきました。


でもこの時間軸で言うならば
方向は安定していませんね。


だからもうちょっと下位足に相場環境を求めることにします(^^)



【ユーロ/円】1時間足
FX テクニカル分析 ブログ 1時間足


コチラのMACDルールは下げで成立ながらも
ダイバージェンスから
短期(緑)が安値を切り上げてきました。


でも長期(青)レベルで安値を切り上げたわけではありませんので
というか
長期(青)は下げダウ中なんで
まだ戻すかもしれませんね。


下位足での高値切り下げには十分注意が必要です。


高値切り下げながら
長期トレンドラインを下抜けしてきたのですから
その長期トレンドラインはサポートになるかもしれませんので
注意しておいてください。



1日1回、応援クリックよろしくお願いします^^♪
  ↓

テクニカル分析ブログ




□*■*□*■*□*■*□*■*□*■*□*■*□*■*□*■*□

【4月10日 木曜日の経済指標】

08:50 日) 2月 機械受注

08:50 日) 前週分 対外対内証券売買契約等の状況

17:00 欧) 欧州中央銀行(ECB)月報

20:00 英) イングランド銀行(BOE 英中央銀行)金利発表

20:00 英) 英中銀資産買取プログラム規模


21:30 米) 前週分 新規失業保険申請件数

21:30 米) 3月 輸入物価指数

21:30 米) 3月 輸出物価指数

27:00 米) 3月 月次財政収支


*★*――――*★**★*――――*★**★*――――*★**★*――――*★*


今の時代において、移動平均線だけで
相場から利益を上げることは不可能なのか!?

答えは「NO」です。 実は移動平均線だけでも相場に勝つことは可能です。しかも、相場のトレンドに乗って大きな値幅を取りつつ、同時に勝率も高めるという、投資の世界において、不可能だと思われている理想のトレードを実現する事ができます。

■高い勝率と大きな値幅が同時に取れる非常識な投資術 〜移動平均線編〜



文中に登場する「勢い」という概念をコチラのレポート内で詳しく説明してあります。
「必ず!」上の「移動平均線編」を購入後にコチラをご覧ください。

■高い"勝率"と大きな"値幅"が同時に取れる非常識な投資術 〜ボリンジャーバンド(応用編)〜

ボリンジャーバンドを使ったエントリーポイントや利の伸ばし方もわかりやすく書いてありますよ(^^)
世界中のどこにもない、私だけの独自の使い方です。



Facebookへようこそ

今までブログではお伝えしきれなかったリアルタイムの最新の情報、

そして専業トレーダーのリアルな日常を投稿していきます。

また、ふとチャートを見ながら考え付いたこと等、今まででしたらそのまま消え去っていたような事柄も

そのまま気軽に書いていきます。

大切な一言・・・ぜひお見逃しなく(^^)

関連記事
[ 2014/04/10 08:43 ] MACDルールで見る本日の流れ | TB(-) | CM(-)

MACDルールとダウ理論で見る本日のテクニカル分析【4月9日(水 )】

【MACDルールについて】

当ブログ中によく出てくる「MACDルール」については、

矢印 こちらのレポートで詳しく説明してあります。

私独自のMACDの使い方であり、どの時間軸でトレードすべきか、今トレードしていい状態なのか
どの時間軸で決済すべきか、そういったことが一目でわかります。
非常に汎用性の高い考え方ですので、ぜひ身に付けてください(^^)



【毎月レポートが手に入る!! 前代未聞のタイアップ!!!】





【4月9日(水)のテクニカル分析】

おはようございます(^^)

本日のユロ円の流れです。

【ユーロ/円】4時間足
FX テクニカル分析 ブログ 4時間足


はぁぁぁぁぁ~~~
トレンドラインも割って下げましたか・・・


4時間足下げ「勢い」残ってたし
戻しが大きくなりがちな局面だし
短期(緑)下げダウ中やもんね


で、長期的な上昇トレンドラインまで到達
この安値部分
日足レベルに引くことができる重要なラインにもタッチしてます。


反転上昇につながるか
それとも割ってきてさらなる下げとなるか・・・


とりあえずMACDルールは崩れつつあります。
長期(青)は安値切り上げなき高値更新から
これまたいっきに下落


高値切り下げなき安値割れになるのか?(笑)
できたら耐えてくれ
個人的理由により円安希望(*´Д`)


・・・という主観は置いといて


現在は長期は高値更新
短期は下げダウ中という状態


長期直近安値を割る前に短期安値切り上げがあれば
再度上昇に転ずる可能性あり


でも直近安値を割ってしまったら
日足レベルの重要な上昇ラインをわることでもあり
急落もあり得る(^^;)



【ユーロ/円】1時間足
FX テクニカル分析 ブログ 1時間足


コチラのMACDルールは下げで成立
長期(青)下げダウ
短期(緑)下げダウ


目先とりあえず下げだね


とは言っても
上位足の主要ライン上にあるわけなんで
下位足で安値切り上げがあれば反転上昇のもある


ただ、下げトレンド中なので
安易にロングはちと難易度が高い


やはり下降トレンドラインを安値切り上げながら上抜けするか
抜けたあとの上昇反転の形をとるか
それまで待ったほうがトレードは楽


でも流れは下げなんで
主要ラインを下抜けしてきたら
もしくは中段保ち合いパターンを築いて下抜けしてきたら注意



1日1回、応援クリックよろしくお願いします^^♪
  ↓

テクニカル分析ブログ




□*■*□*■*□*■*□*■*□*■*□*■*□*■*□*■*□

【4月9日 水曜日の経済指標】

20:00 米) MBA住宅ローン申請指数

23:00 米) 2月 卸売在庫

27:00 米) 米連邦公開市場委員会(FOMC)議事要旨


*★*――――*★**★*――――*★**★*――――*★**★*――――*★*


今の時代において、移動平均線だけで
相場から利益を上げることは不可能なのか!?

答えは「NO」です。 実は移動平均線だけでも相場に勝つことは可能です。しかも、相場のトレンドに乗って大きな値幅を取りつつ、同時に勝率も高めるという、投資の世界において、不可能だと思われている理想のトレードを実現する事ができます。

■高い勝率と大きな値幅が同時に取れる非常識な投資術 〜移動平均線編〜



文中に登場する「勢い」という概念をコチラのレポート内で詳しく説明してあります。
「必ず!」上の「移動平均線編」を購入後にコチラをご覧ください。

■高い"勝率"と大きな"値幅"が同時に取れる非常識な投資術 〜ボリンジャーバンド(応用編)〜

ボリンジャーバンドを使ったエントリーポイントや利の伸ばし方もわかりやすく書いてありますよ(^^)
世界中のどこにもない、私だけの独自の使い方です。



Facebookへようこそ

今までブログではお伝えしきれなかったリアルタイムの最新の情報、

そして専業トレーダーのリアルな日常を投稿していきます。

また、ふとチャートを見ながら考え付いたこと等、今まででしたらそのまま消え去っていたような事柄も

そのまま気軽に書いていきます。

大切な一言・・・ぜひお見逃しなく(^^)

関連記事
[ 2014/04/09 08:43 ] MACDルールで見る本日の流れ | TB(-) | CM(-)

MACDルールとダウ理論で見る本日のテクニカル分析【4月8日(火 )】

【MACDルールについて】

当ブログ中によく出てくる「MACDルール」については、

矢印 こちらのレポートで詳しく説明してあります。

私独自のMACDの使い方であり、どの時間軸でトレードすべきか、今トレードしていい状態なのか
どの時間軸で決済すべきか、そういったことが一目でわかります。
非常に汎用性の高い考え方ですので、ぜひ身に付けてください(^^)



【毎月レポートが手に入る!! 前代未聞のタイアップ!!!】





【4月8日(火)のテクニカル分析】

おはようございます(^^)

本日のユロ円の流れです。

【ユーロ/円】4時間足
FX テクニカル分析 ブログ 4時間足


MACDルールはかろうじて上で成立かな?ってところ
長期(青)は安値切り上げなき高値更新だったので
戻しも急でデカいよ~ってことで
やっぱりよく戻す(>_<)


全体的な上昇トレンドも
上昇速度ゆったりだしね
(※チャート左から右への流れ)


余計にもどしが大きくなりやすい


さて、短期のストキャス(オレンジ)もしっかり反転してきたし
上昇に転ずる兆しか?


といっても
まだ4時間足に下げ「勢い」は
半減したといはいえ存在するし


短期(緑)は下げダウ中でもあるし
安易に反転とは言えないですよね(^^;)


最低でも下位足で安値を切り上げてほしい・・・



【ユーロ/円】1時間足
FX テクニカル分析 ブログ 1時間足


コチラのMACDルール
思いっきり不成立
さらに長期(青)は当然下げダウ中


でも短期(緑)は?


下げダウだったところから
直近高値を更新しました


ということは次は安値切り上げやすい??


ここで安値を切り上げてくれたら
下降トレンドラインを抜けたかな?
長期上昇トレンドライン方向へと再度トレンドを築くのかな?
って感じになりますね(^^)


でも4時間のMA(赤)は下げてるし
1時間のMA(青)は上げてるしって状態になるわけなんで
すぐにそんな簡単な相場になるかどうかはちょっと疑わしい・・・



1日1回、応援クリックよろしくお願いします^^♪
  ↓

テクニカル分析ブログ




□*■*□*■*□*■*□*■*□*■*□*■*□*■*□*■*□

【4月8日 火曜日の経済指標】

未 定 日) 日銀金融政策決定会合 終了後決定内容発表

未 定 日) 日銀金融政策決定会合 マネタリーベース年間増加目標

08:50 日) 2月 国際収支・経常収支

08:50 日) 2月 国際収支・貿易収支

14:00 日) 3月 景気ウオッチャー調査-現状判断

15:30 日) 黒田東彦日銀総裁、定例記者会見


*★*――――*★**★*――――*★**★*――――*★**★*――――*★*


今の時代において、移動平均線だけで
相場から利益を上げることは不可能なのか!?

答えは「NO」です。 実は移動平均線だけでも相場に勝つことは可能です。しかも、相場のトレンドに乗って大きな値幅を取りつつ、同時に勝率も高めるという、投資の世界において、不可能だと思われている理想のトレードを実現する事ができます。

■高い勝率と大きな値幅が同時に取れる非常識な投資術 〜移動平均線編〜



文中に登場する「勢い」という概念をコチラのレポート内で詳しく説明してあります。
「必ず!」上の「移動平均線編」を購入後にコチラをご覧ください。

■高い"勝率"と大きな"値幅"が同時に取れる非常識な投資術 〜ボリンジャーバンド(応用編)〜

ボリンジャーバンドを使ったエントリーポイントや利の伸ばし方もわかりやすく書いてありますよ(^^)
世界中のどこにもない、私だけの独自の使い方です。



Facebookへようこそ

今までブログではお伝えしきれなかったリアルタイムの最新の情報、

そして専業トレーダーのリアルな日常を投稿していきます。

また、ふとチャートを見ながら考え付いたこと等、今まででしたらそのまま消え去っていたような事柄も

そのまま気軽に書いていきます。

大切な一言・・・ぜひお見逃しなく(^^)

関連記事
[ 2014/04/08 08:38 ] MACDルールで見る本日の流れ | TB(-) | CM(-)

MACDルールとダウ理論で見る本日のテクニカル分析【4月7日(月 )】

【MACDルールについて】

当ブログ中によく出てくる「MACDルール」については、

矢印 こちらのレポートで詳しく説明してあります。

私独自のMACDの使い方であり、どの時間軸でトレードすべきか、今トレードしていい状態なのか
どの時間軸で決済すべきか、そういったことが一目でわかります。
非常に汎用性の高い考え方ですので、ぜひ身に付けてください(^^)



【毎月レポートが手に入る!! 前代未聞のタイアップ!!!】





【4月7日(月)のテクニカル分析】

おはようございます(^^)

本日のユロ円の流れです。

【ユーロ/円】4時間足
FX テクニカル分析 ブログ 4時間足


MACDルールはなんとか上で成立していますが
長期(青)は安値切り上げなき高値更新のため
やはり大きめの下落(戻し)となっています


でも短期(緑)は下げダウ形成
さらに4時間足の下げ方向に「勢い」あり


というわけで
目先は下げ・・・と言いたいところですが


長期(青)で一度高値更新しており
長期的にも上昇トレンドラインが引ける状況であることから
下位足の安値切り上げ次第では
ここから再度上昇に転ずる可能性もあります。


つまり下げ止まりを相場が感じると
そこが押し目となる可能性が高い相場状況であるということですね。


といっても
まず本当に下位足で安値切り上げで
下げ止まりかな?というものを一度試して


次にもう少し上の時間軸で安値を切り上げると
お?本当に下げ止まって
押し目から上昇か?という動きになってくるのが定石です(^^)



【ユーロ/円】1時間足
FX テクニカル分析 ブログ 1時間足


コチラのMACDルールは崩れています
いや、むしろ下げで成立?ってところまできていますね


長期(青)、短期(緑)
ともに下げダウを築き


そしてその下げ勢いが
1時間足から4時間足へと波及し・・・


どう見ても下げ続行~ってな相場ですが(笑)


先ほど書いた理由により
どこかで下げ止まる可能性も高いですので
注意が必要です。


だからといって
すぐにロングか?トレンド反転上昇か?
なんて考えたらダメですよ


この時間軸では
現在はあくまでも下げトレンドなので
ロングポジはかなりリスクが高いです。


高値を切り下げながらの上昇トレンドライン割れ
そして下げトレンドの
レジスタンスライン以下にレートが位置しているわけですからね




1日1回、応援クリックよろしくお願いします^^♪
  ↓

テクニカル分析ブログ




□*■*□*■*□*■*□*■*□*■*□*■*□*■*□*■*□

【4月7日 月曜日の経済指標】

未 定 日) 日銀・金融政策決定会合(1日目)

08:50 日) 3月 外貨準備高

14:00 日) 2月 景気先行指数

14:00 日) 2月 景気一致指数

28:00 米) 2月 消費者信用残高


*★*――――*★**★*――――*★**★*――――*★**★*――――*★*


今の時代において、移動平均線だけで
相場から利益を上げることは不可能なのか!?

答えは「NO」です。 実は移動平均線だけでも相場に勝つことは可能です。しかも、相場のトレンドに乗って大きな値幅を取りつつ、同時に勝率も高めるという、投資の世界において、不可能だと思われている理想のトレードを実現する事ができます。

■高い勝率と大きな値幅が同時に取れる非常識な投資術 〜移動平均線編〜



文中に登場する「勢い」という概念をコチラのレポート内で詳しく説明してあります。
「必ず!」上の「移動平均線編」を購入後にコチラをご覧ください。

■高い"勝率"と大きな"値幅"が同時に取れる非常識な投資術 〜ボリンジャーバンド(応用編)〜

ボリンジャーバンドを使ったエントリーポイントや利の伸ばし方もわかりやすく書いてありますよ(^^)
世界中のどこにもない、私だけの独自の使い方です。



Facebookへようこそ

今までブログではお伝えしきれなかったリアルタイムの最新の情報、

そして専業トレーダーのリアルな日常を投稿していきます。

また、ふとチャートを見ながら考え付いたこと等、今まででしたらそのまま消え去っていたような事柄も

そのまま気軽に書いていきます。

大切な一言・・・ぜひお見逃しなく(^^)

関連記事
[ 2014/04/07 08:45 ] MACDルールで見る本日の流れ | TB(-) | CM(-)

MACDルールとダウ理論で見る本日のテクニカル分析【4月4日(金 )】

【MACDルールについて】

当ブログ中によく出てくる「MACDルール」については、

矢印 こちらのレポートで詳しく説明してあります。

私独自のMACDの使い方であり、どの時間軸でトレードすべきか、今トレードしていい状態なのか
どの時間軸で決済すべきか、そういったことが一目でわかります。
非常に汎用性の高い考え方ですので、ぜひ身に付けてください(^^)



【毎月レポートが手に入る!! 前代未聞のタイアップ!!!】





【4月4日(金)のテクニカル分析】

おはようございます(^^)

本日のユロ円の流れです。

【ユーロ/円】4時間足
FX テクニカル分析 ブログ 4時間足


MACDルールは上で成立
長期(青)はまだ安値切り上げがありませんねー


安値切り上げなき高値更新は
急な戻しが怖いです(>_<)


短期(緑)は
わずかに高値更新ならず
そして安値割れへ


つまりダブルトップからの下げダウです。


と言っても
4時間足で下げ「勢い」をつけたわけでもないわけで
そのままレンジに移行していく可能性もあります。


ただこのダブルトップ、
チャート左側の高値を更新せず(※ここでもダブルトップ)
その状態でさらに直近の高値越えを嫌がったわけなので


今後、この大きなダブルトップのネックライン割れで
急落につながる恐れもありますので
そこらへんにも注意が必要



【ユーロ/円】1時間足
FX テクニカル分析 ブログ 1時間足


コチラのMACDルールは崩れてきました
長期(青)はわずかに高値を更新せず


昨日引いたネックラインを割って
きれいなダブルトップを完成させて下げてきました。


今後このラインに対してリターンムーブがあるかどうか
そこからさらに下げてくるかどうかが見もの


本日は雇用統計Night!!だもんで
そこらへんもどう影響してくるか・・・


とりえあえずの目線は下げ?と言いたいところだけど
短期(緑)が高値切り下げなき安値更新


うーん
ということは
リターンムーブが起こりやすい状況とも言えるか?


まぁ、リターンムーブから下げるにしても
今下げてくるにしても
今後上昇を続けるにしても
ピンクのトレンドラインがけっこう重要なラインになる・・と思う・・・(^^;)



1日1回、応援クリックよろしくお願いします^^♪
  ↓

テクニカル分析ブログ




□*■*□*■*□*■*□*■*□*■*□*■*□*■*□*■*□

【4月4日 金曜日の経済指標】

21:30 米) 3月 非農業部門雇用者数変化

21:30 米) 3月 失業率


*★*――――*★**★*――――*★**★*――――*★**★*――――*★*


今の時代において、移動平均線だけで
相場から利益を上げることは不可能なのか!?

答えは「NO」です。 実は移動平均線だけでも相場に勝つことは可能です。しかも、相場のトレンドに乗って大きな値幅を取りつつ、同時に勝率も高めるという、投資の世界において、不可能だと思われている理想のトレードを実現する事ができます。

■高い勝率と大きな値幅が同時に取れる非常識な投資術 〜移動平均線編〜



文中に登場する「勢い」という概念をコチラのレポート内で詳しく説明してあります。
「必ず!」上の「移動平均線編」を購入後にコチラをご覧ください。

■高い"勝率"と大きな"値幅"が同時に取れる非常識な投資術 〜ボリンジャーバンド(応用編)〜

ボリンジャーバンドを使ったエントリーポイントや利の伸ばし方もわかりやすく書いてありますよ(^^)
世界中のどこにもない、私だけの独自の使い方です。



Facebookへようこそ

今までブログではお伝えしきれなかったリアルタイムの最新の情報、

そして専業トレーダーのリアルな日常を投稿していきます。

また、ふとチャートを見ながら考え付いたこと等、今まででしたらそのまま消え去っていたような事柄も

そのまま気軽に書いていきます。

大切な一言・・・ぜひお見逃しなく(^^)

関連記事
[ 2014/04/04 08:47 ] MACDルールで見る本日の流れ | TB(-) | CM(-)

MACDルールとダウ理論で見る本日のテクニカル分析【4月3日(木 )】

【MACDルールについて】

当ブログ中によく出てくる「MACDルール」については、

矢印 こちらのレポートで詳しく説明してあります。

私独自のMACDの使い方であり、どの時間軸でトレードすべきか、今トレードしていい状態なのか
どの時間軸で決済すべきか、そういったことが一目でわかります。
非常に汎用性の高い考え方ですので、ぜひ身に付けてください(^^)



【毎月レポートが手に入る!! 前代未聞のタイアップ!!!】





【4月3日(木)のテクニカル分析】

おはようございます(^^)

本日のユロ円の流れです。

【ユーロ/円】4時間足
FX テクニカル分析 ブログ 4時間足


MACDルールは上で成立しつつあり
長期(青)は高値を更新


だけど安値の切り上げがないので
一度下げてほしいところ


短期(緑)は上昇ダウを築いていますね
でも4時間足の「勢い」は完全に収束
そして日足への波及もありません


下位足で高値を切り下げたら
さらに下げてくる可能性がありますし
その際に引くことができるネックラインにも注意したほうがいいでしょう。


もちろんここで少し下げてきて
その後安値を切り上げて上昇してきたら
再度トライアングルが形成された押し目となる可能性もあります。



【ユーロ/円】1時間足
FX テクニカル分析 ブログ 1時間足


コチラのMACDルールは上で成立
長期(青)は上昇ダウを形成


短期(緑)は上昇ダウ・・・だったのですが
直近の安値を割ってきました


ということは
次は高値切り下げてくる可能性が高まってきた?


4時間足
完全に上昇「勢い」なくなってますもんね


とりあえず切り下げた高値に
下げトレンドラインは引いたけど
まだこの切り下げ高値は確定じゃないから
そんなに信用できるラインじゃないね


短期(緑)の安値を割ってしまったせいで
少々方向がわかりづらくなりましたが
現在上昇トレンドが崩れたとはまだ言い切れません


かといって
下げトレンドかというと
もちろんそういうわけでもない(^^;)


短期(緑)の動向を注視~ってとこかな
あとは注文が集中するのはどこか?ってのを
「焦らずに」「自分の主観を入れすぎずに」見ることが大切



1日1回、応援クリックよろしくお願いします^^♪
  ↓

テクニカル分析ブログ




□*■*□*■*□*■*□*■*□*■*□*■*□*■*□*■*□

【4月3日 木曜日の経済指標】

08:50 日) 前週分 対外対内証券売買契約等の状況

17:00 欧) 3月 サービス部門購買担当者景気指数

18:00 欧) 2月 小売売上高

20:30 米) 3月 チャレンジャー人員削減数

20:45 欧) 欧州中央銀行(ECB)政策金利

21:30 欧) ドラギ欧州中央銀行(ECB)総裁 定例記者会見

21:30 米) 2月 貿易収支

21:30 米) 前週分 新規失業保険申請件数

23:00 米) 3月 ISM非製造業景況指数



*★*――――*★**★*――――*★**★*――――*★**★*――――*★*


今の時代において、移動平均線だけで
相場から利益を上げることは不可能なのか!?

答えは「NO」です。 実は移動平均線だけでも相場に勝つことは可能です。しかも、相場のトレンドに乗って大きな値幅を取りつつ、同時に勝率も高めるという、投資の世界において、不可能だと思われている理想のトレードを実現する事ができます。

■高い勝率と大きな値幅が同時に取れる非常識な投資術 〜移動平均線編〜



文中に登場する「勢い」という概念をコチラのレポート内で詳しく説明してあります。
「必ず!」上の「移動平均線編」を購入後にコチラをご覧ください。

■高い"勝率"と大きな"値幅"が同時に取れる非常識な投資術 〜ボリンジャーバンド(応用編)〜

ボリンジャーバンドを使ったエントリーポイントや利の伸ばし方もわかりやすく書いてありますよ(^^)
世界中のどこにもない、私だけの独自の使い方です。



Facebookへようこそ

今までブログではお伝えしきれなかったリアルタイムの最新の情報、

そして専業トレーダーのリアルな日常を投稿していきます。

また、ふとチャートを見ながら考え付いたこと等、今まででしたらそのまま消え去っていたような事柄も

そのまま気軽に書いていきます。

大切な一言・・・ぜひお見逃しなく(^^)

関連記事
[ 2014/04/03 08:37 ] MACDルールで見る本日の流れ | TB(-) | CM(-)

MACDルールとダウ理論で見る本日のテクニカル分析【4月2日(水 )】

【MACDルールについて】

当ブログ中によく出てくる「MACDルール」については、

矢印 こちらのレポートで詳しく説明してあります。

私独自のMACDの使い方であり、どの時間軸でトレードすべきか、今トレードしていい状態なのか
どの時間軸で決済すべきか、そういったことが一目でわかります。
非常に汎用性の高い考え方ですので、ぜひ身に付けてください(^^)



【毎月レポートが手に入る!! 前代未聞のタイアップ!!!】





【4月2日(水)のテクニカル分析】

おはようございます(^^)

本日のユロ円の流れです。

【ユーロ/円】4時間足
FX テクニカル分析 ブログ 4時間足


MACDルールは上で成立しつつありますが
長期(青)は安値切り上げなき上昇ですので
急かつ大き目の戻しにはまだ注意が必要です。


4時間足の「勢い」が半減し
日足には波及していませんので
戻しが入るとしたらそろそろか?


ただ、短期(緑)は上昇ダウを築いているので
高値を切り下げたとか
更新したけどわずかであり、高値に水平線が引けたとか
そういった反転の兆候はあると思うんですけどね・・・



【ユーロ/円】1時間足
FX テクニカル分析 ブログ 1時間足


昨日記事にしましたね
より以上伸びるにはも「押し目」が必要
わかりやすい押し目が中段保ち合いだってやつ(^^)


で、いわゆる三角保ち合いパターンってのを築いて
さらに伸びました。


昨日言ってたのはこういうことです。


コチラのMACDルールは上で成立
長期(青)は押し目をしっかりと作ったので
上昇ダウ成立とみなしてもいいでしょう


短期(緑)も上昇ダウを築いていますね。
ってことは目線は上


だけど4時間足の「勢い」が半減していて
1時間足は完全収束しかけているので
戻しに入る条件は整いつつある


とりあえずもっと下位足の高値が切り下げているところに
下げトレンドラインを引いて待つしかないかな


上抜いたら、
リスクは高いと知りつつ追いかけるか
もしくはスルーする(笑)


上抜いたとしても
結局ダブルトップを築いて急落~なんてことがあるからね(^^;)


下げてきたら
ネックライン割れ
もしくは重要なレジサポを基準に
抜けてきたらスキャルを考える


でも上位足で明らかに「下げトレンド」と判定できるまでは
本当はスキャルもしないほうが安全


もし上位足トレンドに逆らって
下げ方面にスキャルなら
どこに注文が集中しているかをしっかりと把握しながらトレードすること


なんとなく・・・
みたいな根拠で勝ち続けることができるほど
トレードは甘くないよ(^^;)



1日1回、応援クリックよろしくお願いします^^♪
  ↓

テクニカル分析ブログ




□*■*□*■*□*■*□*■*□*■*□*■*□*■*□*■*□

【4月2日 水曜日の経済指標】

08:50 日) 3月 マネタリーベース

18:00 欧) 2月 卸売物価指数

20:00 米) MBA住宅ローン申請指数

21:15 米) 3月 ADP雇用統計


23:00 米) 2月 製造業新規受注


*★*――――*★**★*――――*★**★*――――*★**★*――――*★*


今の時代において、移動平均線だけで
相場から利益を上げることは不可能なのか!?

答えは「NO」です。 実は移動平均線だけでも相場に勝つことは可能です。しかも、相場のトレンドに乗って大きな値幅を取りつつ、同時に勝率も高めるという、投資の世界において、不可能だと思われている理想のトレードを実現する事ができます。

■高い勝率と大きな値幅が同時に取れる非常識な投資術 〜移動平均線編〜



文中に登場する「勢い」という概念をコチラのレポート内で詳しく説明してあります。
「必ず!」上の「移動平均線編」を購入後にコチラをご覧ください。

■高い"勝率"と大きな"値幅"が同時に取れる非常識な投資術 〜ボリンジャーバンド(応用編)〜

ボリンジャーバンドを使ったエントリーポイントや利の伸ばし方もわかりやすく書いてありますよ(^^)
世界中のどこにもない、私だけの独自の使い方です。



Facebookへようこそ

今までブログではお伝えしきれなかったリアルタイムの最新の情報、

そして専業トレーダーのリアルな日常を投稿していきます。

また、ふとチャートを見ながら考え付いたこと等、今まででしたらそのまま消え去っていたような事柄も

そのまま気軽に書いていきます。

大切な一言・・・ぜひお見逃しなく(^^)

関連記事
[ 2014/04/02 08:46 ] MACDルールで見る本日の流れ | TB(-) | CM(-)