MACDルールとダウ理論で見る本日のテクニカル分析【2月28日(金 )】

【MACDルールについて】

当ブログ中によく出てくる「MACDルール」については、

矢印 こちらのレポートで詳しく説明してあります。

私独自のMACDの使い方であり、どの時間軸でトレードすべきか、今トレードしていい状態なのか
どの時間軸で決済すべきか、そういったことが一目でわかります。
非常に汎用性の高い考え方ですので、ぜひ身に付けてください(^^)



【毎月レポートが手に入る!! 前代未聞のタイアップ!!!】





【2月28日(金)のテクニカル分析】

おはようございます(^^)

本日のユロ円の流れです。

【ユーロ/円】4時間足
FX テクニカル分析 ブログ 4時間足


いやー
荒くなりがち・・とは書いてるけど
ホンマに値動き荒いねー(*´Д`)


めっちゃ下げた
獲れたから寝た
朝起きたら全戻し(笑)


も、もうちょっと起きてたら・・・(*´Д`)


MACDルールはまだ上で成立
というか
日足MA(赤)上向きで
4時間足MA(青)がその上に位置しているんで
大きな流れではまだ上なんよね


長期(青)もまだ上昇ダウを築いているんで
ハッキリと下げと判断はできない状況


でも1時間足レベルでは下げです。
短期(緑)下げダウですもんね


4時間足に下げ「勢い」はあるけど
現在それは半減


週足日足の方向に逆らっているんで
どうしても本格下げにはなりづらい。


だけ日足レベルでは徐々に高値切り下げを確定させつつあるので
この先けっこうな暴落の可能性もありそう。



【ユーロ/円】1時間足
FX テクニカル分析 ブログ 1時間足


コチラのMACDルールは不成立
長期(青)は下げダウ
途中から加速して下げてきましたねー


短期(緑)は
一応下げダウがまだ成立しているけれど
直近高値近辺まで戻してきて
今後どちらにいくか悩み中


何度も書くけど
個人的理由から希望は円安継続 (*'▽')


とりあえず本日のシナリオ
日足は下げに移行しかけ
4時間足はまだかろうじて上
1時間足は下げ


難しい・・・(*´Д`)


だから無理に予想するのではなく
節目節目を大切に
注文の集中を考える


そこを抜けたときに
それがトレンド方向であればついていく


でもそのトレンド方向が
短期的なものであれば
そのトレードはリスクが高いので
エントリーしたとしたら早めに利確する
欲張らない


この考え方が
MACDルールをはじめとし、
私のトレードに対する基本的スタンス(^^)



1日1回、応援クリックよろしくお願いします^^♪
  ↓

テクニカル分析ブログ




□*■*□*■*□*■*□*■*□*■*□*■*□*■*□*■*□

【2月28日 金曜日の経済指標】

08:30 日) 1月 全世帯家計調査・消費支出

08:30 日) 1月 失業率

08:30 日) 1月 有効求人倍率

08:30 日) 1月 全国消費者物価指数

08:30 日) 2月 東京都区部消費者物価指数

08:50 日) 1月 鉱工業生産・速報値

08:50 日) 1月 小売業販売額

08:50 日) 1月 大型小売店(既存店)販売額

14:00 日) 1月 新設住宅着工戸数

19:00 欧) 1月 失業率

19:00 欧) 2月 消費者物価指数


19:00 日) 外国為替平衡操作の実施状況(介入実績)

22:30 米) 10-12月期 四半期実質国内総生産

23:45 米) 2月 シカゴ購買部協会景気指数

23:55 米) 2月 ミシガン大学消費者態度指数

24:00 米) 1月 住宅販売保留指数


*★*――――*★**★*――――*★**★*――――*★**★*――――*★*


今の時代において、移動平均線だけで
相場から利益を上げることは不可能なのか!?

答えは「NO」です。 実は移動平均線だけでも相場に勝つことは可能です。しかも、相場のトレンドに乗って大きな値幅を取りつつ、同時に勝率も高めるという、投資の世界において、不可能だと思われている理想のトレードを実現する事ができます。

■高い勝率と大きな値幅が同時に取れる非常識な投資術 〜移動平均線編〜



文中に登場する「勢い」という概念をコチラのレポート内で詳しく説明してあります。
「必ず!」上の「移動平均線編」を購入後にコチラをご覧ください。

■高い"勝率"と大きな"値幅"が同時に取れる非常識な投資術 〜ボリンジャーバンド(応用編)〜

ボリンジャーバンドを使ったエントリーポイントや利の伸ばし方もわかりやすく書いてありますよ(^^)
世界中のどこにもない、私だけの独自の使い方です。



Facebookへようこそ

今までブログではお伝えしきれなかったリアルタイムの最新の情報、

そして専業トレーダーのリアルな日常を投稿していきます。

また、ふとチャートを見ながら考え付いたこと等、今まででしたらそのまま消え去っていたような事柄も

そのまま気軽に書いていきます。

大切な一言・・・ぜひお見逃しなく(^^)

関連記事
[ 2014/02/28 08:48 ] MACDルールで見る本日の流れ | TB(-) | CM(-)

MACDルールとダウ理論で見る本日のテクニカル分析【2月27日(木 )】

【MACDルールについて】

当ブログ中によく出てくる「MACDルール」については、

矢印 こちらのレポートで詳しく説明してあります。

私独自のMACDの使い方であり、どの時間軸でトレードすべきか、今トレードしていい状態なのか
どの時間軸で決済すべきか、そういったことが一目でわかります。
非常に汎用性の高い考え方ですので、ぜひ身に付けてください(^^)



【毎月レポートが手に入る!! 前代未聞のタイアップ!!!】





【2月27日(木)のテクニカル分析】

おはようございます(^^)

本日のユロ円の流れです。

【ユーロ/円】4時間足
FX テクニカル分析 ブログ 4時間足


MACDルールは上で成立
長期(青)も上昇ダウ継続


チャネルラインからレートははみ出てきたけど
まだリターンムーブ(※プルバックって言い方もある)はない


でも昨日書いたように
短期(緑)レベルでは発生したので
そのレベルでの下げは昨日ありましたね。


4時間足で少々下げ「勢い」はつきましたが
すぐに半減


4時間足と日足のMAの方向がもガッチャンコしてますし
難しい相場になりがち


とりあえず今日の見どころは
このまま短期(緑)レベルでの下げを継続させるかどうか


もちろん下げダウを築いているので
短期的には現在は下げ目線


でもこの短期(緑)が安値を切り上げるようなことがあれば
いったん下げ止まり&長期安値切り上げ確定に近づく




【ユーロ/円】1時間足
FX テクニカル分析 ブログ 1時間足


コチラのMACDルールは崩れています。
長期(青)は下げダウ中なので
基本目線は下げ


でも短期(緑)が
高値を切り下げずして安値を割って下げていきました


そういう時のお決まりの形として(笑)
戻しが急になりがち・・・


その急に戻した値動きですが
今後高値切り下げ確定からさらに下げるか


下げたとしても
すぐに安値を切り上げて反転上昇となるか
注意しておくポイントはそこらへん


1時間足から4時間足へと「勢い」の波及はあったけど
どちらも現在半減してきました。


日足MA(水色)にも逆らってるし
4時間足の長期はまだ上昇を崩していないし(※弱まりつつはある)
あまり下げの継続は見込めないかな・・・



1日1回、応援クリックよろしくお願いします^^♪
  ↓

テクニカル分析ブログ




□*■*□*■*□*■*□*■*□*■*□*■*□*■*□*■*□

【2月27日 木曜日の経済指標】

08:50 日) 前週分 対外対内証券売買契約等の状況

18:00 欧) 1月 マネーサプライM3

19:00 欧) 2月 消費者信頼感

22:30 米) 前週分 新規失業保険申請件数

22:30 米) 1月 耐久財受注

27:30 欧) ドラギ欧州中央銀行総裁 発言


*★*――――*★**★*――――*★**★*――――*★**★*――――*★*


今の時代において、移動平均線だけで
相場から利益を上げることは不可能なのか!?

答えは「NO」です。 実は移動平均線だけでも相場に勝つことは可能です。しかも、相場のトレンドに乗って大きな値幅を取りつつ、同時に勝率も高めるという、投資の世界において、不可能だと思われている理想のトレードを実現する事ができます。

■高い勝率と大きな値幅が同時に取れる非常識な投資術 〜移動平均線編〜



文中に登場する「勢い」という概念をコチラのレポート内で詳しく説明してあります。
「必ず!」上の「移動平均線編」を購入後にコチラをご覧ください。

■高い"勝率"と大きな"値幅"が同時に取れる非常識な投資術 〜ボリンジャーバンド(応用編)〜

ボリンジャーバンドを使ったエントリーポイントや利の伸ばし方もわかりやすく書いてありますよ(^^)
世界中のどこにもない、私だけの独自の使い方です。



Facebookへようこそ

今までブログではお伝えしきれなかったリアルタイムの最新の情報、

そして専業トレーダーのリアルな日常を投稿していきます。

また、ふとチャートを見ながら考え付いたこと等、今まででしたらそのまま消え去っていたような事柄も

そのまま気軽に書いていきます。

大切な一言・・・ぜひお見逃しなく(^^)

関連記事
[ 2014/02/27 08:40 ] MACDルールで見る本日の流れ | TB(-) | CM(-)

MACDルールとダウ理論で見る本日のテクニカル分析【2月26日(水 )】

【MACDルールについて】

当ブログ中によく出てくる「MACDルール」については、

矢印 こちらのレポートで詳しく説明してあります。

私独自のMACDの使い方であり、どの時間軸でトレードすべきか、今トレードしていい状態なのか
どの時間軸で決済すべきか、そういったことが一目でわかります。
非常に汎用性の高い考え方ですので、ぜひ身に付けてください(^^)



【毎月レポートが手に入る!! 前代未聞のタイアップ!!!】





【2月26日(水)のテクニカル分析】

おはようございます(^^)

本日のユロ円の流れです。

【ユーロ/円】4時間足
FX テクニカル分析 ブログ 4時間足


MACDルールは上で成立
長期(青)は上昇ダウ継続


でも短期(緑)が・・・?


高値切り下げ、
そして安値も割ってきましたね


それもチャネルラインの外でです。
つまりリターンムーブ?


形がハッキリしませんが
だとしたらそれはチャネルラインを出てきた合図の1つ


まぁ、そのすぐ下にトレンドラインが引けるので
これも支持線になるでしょうけれどね。


短期(緑)レベルではなく
できたら長期(青)レベルのリターンムーブがほしいところ


つまり長期移動平均線(青)の流れで見る
高値の切り下げですね。


日足への上昇「勢い」の波及がない状態で
4時間足で下げモードになれば
デイトレレベルでは下げトレンドに入ったとみなしても構いませんので
上昇トレンドラインに気を付けつつ
目先はショート


でも長期的にはまだ上昇トレンドが崩れたわけではないので
実は短期と長期の方向が違うという
少々難しい局面でもあるわけです。


こういう時は
けっこう上下に激しくブレるリスクが高いです。


激しく動いているから
上も下も獲りに行きたくなりますが
自分がトレンドと判定する方向以外にはトレードしないのが鉄則ですよ。


値幅のあるところ全部を獲りに行こうとするから
トレードが崩れていくんですからね(^^)



【ユーロ/円】1時間足
FX テクニカル分析 ブログ 1時間足


コチラのMACDルールは崩れてきました
長期(青)も
高値を切り下げ安値も割ってきましたね。


昨日の保ち合いは
一瞬上に抜けたのですが
ダマシでそのまま下落・・・
上値重たかったもんね(*´Д`)


ここ数日
少々難しい相場となっています。


日足レベルで見ると
上昇トレンドを継続するか
ここらで一度高値を切り下げるかの攻防戦が行われていそうな形


だからどちらかに傾いたら
そのままいっきにいく可能性が高いですので
ちょっと楽しみ


個人的理由で円安希望(笑)
でもロング勢が負けそうな雰囲気・・・(泣)


とりあえず長期(青)は下げダウですが
短期(緑)が高値切り下げなき安値割れかな?


1時間足の下げ「勢い」は半減しているし
4時間足にも波及していないし
戻しがはいるか?


でも5分足レベルに引くことができる上昇トレンドライン
ここを下に割ってくるとちょっと危ないかも


なんか独り言みたいな記事になった(笑)



1日1回、応援クリックよろしくお願いします^^♪
  ↓

テクニカル分析ブログ




□*■*□*■*□*■*□*■*□*■*□*■*□*■*□*■*□

【2月26日 水曜日の経済指標】

18:30 英) 10-12月期 四半期国内総生産

21:00 米) MBA住宅ローン申請指数

24:00 米) 1月 新築住宅販売件数



*★*――――*★**★*――――*★**★*――――*★**★*――――*★*


今の時代において、移動平均線だけで
相場から利益を上げることは不可能なのか!?

答えは「NO」です。 実は移動平均線だけでも相場に勝つことは可能です。しかも、相場のトレンドに乗って大きな値幅を取りつつ、同時に勝率も高めるという、投資の世界において、不可能だと思われている理想のトレードを実現する事ができます。

■高い勝率と大きな値幅が同時に取れる非常識な投資術 〜移動平均線編〜



文中に登場する「勢い」という概念をコチラのレポート内で詳しく説明してあります。
「必ず!」上の「移動平均線編」を購入後にコチラをご覧ください。

■高い"勝率"と大きな"値幅"が同時に取れる非常識な投資術 〜ボリンジャーバンド(応用編)〜

ボリンジャーバンドを使ったエントリーポイントや利の伸ばし方もわかりやすく書いてありますよ(^^)
世界中のどこにもない、私だけの独自の使い方です。



Facebookへようこそ

今までブログではお伝えしきれなかったリアルタイムの最新の情報、

そして専業トレーダーのリアルな日常を投稿していきます。

また、ふとチャートを見ながら考え付いたこと等、今まででしたらそのまま消え去っていたような事柄も

そのまま気軽に書いていきます。

大切な一言・・・ぜひお見逃しなく(^^)

関連記事
[ 2014/02/26 08:55 ] MACDルールで見る本日の流れ | TB(-) | CM(-)

MACDルールとダウ理論で見る本日のテクニカル分析【2月25日(火 )】

【MACDルールについて】

当ブログ中によく出てくる「MACDルール」については、

矢印 こちらのレポートで詳しく説明してあります。

私独自のMACDの使い方であり、どの時間軸でトレードすべきか、今トレードしていい状態なのか
どの時間軸で決済すべきか、そういったことが一目でわかります。
非常に汎用性の高い考え方ですので、ぜひ身に付けてください(^^)



【毎月レポートが手に入る!! 前代未聞のタイアップ!!!】





【2月25日(火)のテクニカル分析】

おはようございます(^^)

本日のユロ円の流れです。

【ユーロ/円】4時間足
FX テクニカル分析 ブログ 4時間足


MACDルールは上で成立
長期(青)は上昇ダウ継続
短期(緑)も上昇ダウ中


ってことで
上やん?(笑)


でも4時間足も日足も「勢い」ないですねー
ガンガン攻めたり
利を伸ばしにいったりするのには少々危ない相場(^^;)


上値も重いですしね


昨日急落もありうる?って書いたけど
その直後にけっこう下げたもんね


今日もその可能性は少々あるので注意が必要


でも上に伸びたのであれば
もちろん上昇チャネルライン内であり
上昇ダウでもあるわけだから
それは素直についていきたい。



【ユーロ/円】1時間足
FX テクニカル分析 ブログ 1時間足


コチラMACDルールは微妙~~
長期(青)は上昇ダウ成立


でも短期(緑)は・・・


高値切り下げの安値切り上げ
トライアングルってやつですね
平たく言えばレンジとか保ち合いとか(笑)


上に抜けるか下に抜けるかはわからないけれども
素直についていけるのは(※セオリーでは)
上昇ダウを築き
移動平均線も上向きなのでロング方向だけ


ただ上値がけっこう重いので
下げ方向もアリと考えてもよいかも


その際には
このチャートには描きこんでないけど
いっぱい抵抗線になりそうなラインがあるので
到達&急反発にはかなり注意してください。


4時間足レベルでは
まだ上昇が崩れたわけではないので
反発も急になるリスクが高いです。



1日1回、応援クリックよろしくお願いします^^♪
  ↓

テクニカル分析ブログ




□*■*□*■*□*■*□*■*□*■*□*■*□*■*□*■*□

【2月25日 火曜日の経済指標】

08:50 日) 1月 企業向けサービス価格指数

23:00 米) 12月 住宅価格指数

23:00 米) 12月 ケース・シラー米住宅価格指数

24:00 米) 2月 消費者信頼感指数

24:00 米) 2月 リッチモンド連銀製造業指数


*★*――――*★**★*――――*★**★*――――*★**★*――――*★*


今の時代において、移動平均線だけで
相場から利益を上げることは不可能なのか!?

答えは「NO」です。 実は移動平均線だけでも相場に勝つことは可能です。しかも、相場のトレンドに乗って大きな値幅を取りつつ、同時に勝率も高めるという、投資の世界において、不可能だと思われている理想のトレードを実現する事ができます。

■高い勝率と大きな値幅が同時に取れる非常識な投資術 〜移動平均線編〜



文中に登場する「勢い」という概念をコチラのレポート内で詳しく説明してあります。
「必ず!」上の「移動平均線編」を購入後にコチラをご覧ください。

■高い"勝率"と大きな"値幅"が同時に取れる非常識な投資術 〜ボリンジャーバンド(応用編)〜

ボリンジャーバンドを使ったエントリーポイントや利の伸ばし方もわかりやすく書いてありますよ(^^)
世界中のどこにもない、私だけの独自の使い方です。



Facebookへようこそ

今までブログではお伝えしきれなかったリアルタイムの最新の情報、

そして専業トレーダーのリアルな日常を投稿していきます。

また、ふとチャートを見ながら考え付いたこと等、今まででしたらそのまま消え去っていたような事柄も

そのまま気軽に書いていきます。

大切な一言・・・ぜひお見逃しなく(^^)

関連記事
[ 2014/02/25 08:36 ] MACDルールで見る本日の流れ | TB(-) | CM(-)

MACDルールとダウ理論で見る本日のテクニカル分析【2月24日(月 )】

【MACDルールについて】

当ブログ中によく出てくる「MACDルール」については、

矢印 こちらのレポートで詳しく説明してあります。

私独自のMACDの使い方であり、どの時間軸でトレードすべきか、今トレードしていい状態なのか
どの時間軸で決済すべきか、そういったことが一目でわかります。
非常に汎用性の高い考え方ですので、ぜひ身に付けてください(^^)



【毎月レポートが手に入る!! 前代未聞のタイアップ!!!】





【2月24日(月)のテクニカル分析】

おはようございます(^^)

本日のユロ円の流れです。

【ユーロ/円】4時間足
FX テクニカル分析 ブログ 4時間足


MACDルールは上で成立しつつあり
長期(青)も上昇ダウ


上昇チャネルライン内にレートがあることを考えても
とりあえず目線は上


ただ、
そのチャネルラインの上端までレートが届かなくなってきて
さらにダイバージェンス・・・


4時間足に「勢い」はなく
日足に波及もしていない


というわけで
少々上値は重くなってきたか?


かといって
一応短期(緑)も上昇ダウだし
安易にショートは難しい


上じゃないから下?
どこかにショートで入れるタイミングは???


そうやってしまうと勝てないんですよね(^^;)


上昇なら上昇
下降なら下降


そう自分が判断したのであれば
上昇局面であればロング
下降局面であればショート


ただそれだけをひたすら待つ


当たり前のようで
実はこれができていない


逆に、これができるようになれば
トレードは本当に簡単になるよ(^^)


トレンドと逆方向に大きく動くこともあるから
ついついそれも獲りたくなる
獲り逃したらもったいない
獲り逃すことが恐怖


そうなってしまうんよね(^^;)


でもみんなそれが原因でトレードを崩す
私もそれやると崩れる(笑)
過去に何度もイタイ目を見た(>_<)


とりあえず今は上昇局面
しかし上値は重いので
何かの拍子に急落もあり得る
ただこれだけ



【ユーロ/円】1時間足
FX テクニカル分析 ブログ 1時間足


コチラもMACDルールは上で成立しつつありますね
長期(青)はギリ上昇ダウ継続


短期(緑)も上昇チャネルラインの中で
上昇ダウを築いていますね


というわけで
コチラも上昇局面です。


ただ、4時間足に「勢い」がなく
1時間足の上昇「勢い」もほぼ終了しているだけ(笑)


しかもめっちゃレジスタンスラインが有効に働いてる(^^;)
ここまでか
それとも再度このラインを試すか?


少し前に
4時間足で下げが加速していったときの
直近高値ラインですよね
売り方勢の損切りが集中しやすいポイントです。


それを突破してさらに上昇するかどうかは
神のみぞしるわけで
予想したってしょうがない


ただ越えたときに
「そのようなラインを越えてきた」と意識して見るか、
ただ「越えてきたな~」と見るかで
対応の仕方は変わってきますよね(^^)



1日1回、応援クリックよろしくお願いします^^♪
  ↓

テクニカル分析ブログ




□*■*□*■*□*■*□*■*□*■*□*■*□*■*□*■*□

【2月24日 月曜日の経済指標】

19:00 欧) 1月 消費者物価指数


*★*――――*★**★*――――*★**★*――――*★**★*――――*★*


今の時代において、移動平均線だけで
相場から利益を上げることは不可能なのか!?

答えは「NO」です。 実は移動平均線だけでも相場に勝つことは可能です。しかも、相場のトレンドに乗って大きな値幅を取りつつ、同時に勝率も高めるという、投資の世界において、不可能だと思われている理想のトレードを実現する事ができます。

■高い勝率と大きな値幅が同時に取れる非常識な投資術 〜移動平均線編〜



文中に登場する「勢い」という概念をコチラのレポート内で詳しく説明してあります。
「必ず!」上の「移動平均線編」を購入後にコチラをご覧ください。

■高い"勝率"と大きな"値幅"が同時に取れる非常識な投資術 〜ボリンジャーバンド(応用編)〜

ボリンジャーバンドを使ったエントリーポイントや利の伸ばし方もわかりやすく書いてありますよ(^^)
世界中のどこにもない、私だけの独自の使い方です。



Facebookへようこそ

今までブログではお伝えしきれなかったリアルタイムの最新の情報、

そして専業トレーダーのリアルな日常を投稿していきます。

また、ふとチャートを見ながら考え付いたこと等、今まででしたらそのまま消え去っていたような事柄も

そのまま気軽に書いていきます。

大切な一言・・・ぜひお見逃しなく(^^)

関連記事
[ 2014/02/24 08:55 ] MACDルールで見る本日の流れ | TB(-) | CM(-)

MACDルールとダウ理論で見る本日のテクニカル分析【2月21日(金 )】

【MACDルールについて】

当ブログ中によく出てくる「MACDルール」については、

矢印 こちらのレポートで詳しく説明してあります。

私独自のMACDの使い方であり、どの時間軸でトレードすべきか、今トレードしていい状態なのか
どの時間軸で決済すべきか、そういったことが一目でわかります。
非常に汎用性の高い考え方ですので、ぜひ身に付けてください(^^)



【毎月レポートが手に入る!! 前代未聞のタイアップ!!!】





【2月21日(金)のテクニカル分析】

おはようございます(^^)

本日のユロ円の流れです。

【ユーロ/円】4時間足
FX テクニカル分析 ブログ 4時間足


MACDルールは上で成立
長期(青)は
安値切り上げ高値更新で上昇ダウ中


でも短期(緑)は下げダウ?
どのように捉えるかは、ちょっと微妙なところですね


こういうときに
チャネルラインを活用すると判断に迷わなくなります。


トレードは
その判断が正しいか正しくないか・・ではなく
あやふやなままにトレードすることが一番いけません


トレードできると判断する
トレードできないと判断する


先は誰にもわかりませんので
それが正しいのかどうかは、その時点では知る由もなく
ゆえに自分の判断が正しいのか正しくないのかは
考えるだけ無駄


大切なのは
明確な自分なりの判断基準を持っていること。


迷うということは
その判断基準を持ち合わせていないということですから
本当はまだトレードしちゃダメなんですよ(^^;)


で、そのチャネルラインなんですが
昨日下抜けてきましたね。


でもまだ上昇トレンドが終わったとは判断できません
下抜けだけでは
単なる上昇中のダマシということもあるからです。


基本的には
先日も書きましたが
リターンムーブが発生してから
つまりライン抜け&高値切り下げが確定してからってことになります。


でなければ
下げチャネルライン引けませんもんね(^^)
それは下げトレンドラインも引けないってことですもんね


下げトレンドラインが引けない = 下げトレンドと判断できないってことですから
当然ショートできませんよね?


というわけで(笑)
この4時間足では
とりあえずまだ上昇中と判断します(^^)


移動平均線で判断してもいいし
単にダウだけで判断してもいいし
こうやってラインで判断してもいい


どれが正しいってのは
相場なのでありません。


一見明確に見えるラインだって
本当に正しいラインなんて誰にもわかりません。


大切なのは自分なりの判断基準を持つこと
そしてそれを守ること。



【ユーロ/円】1時間足
FX テクニカル分析 ブログ 1時間足


コチラはMACDルールは崩れてきました。
長期(青)は下げダウを築いているかどうか?ってことですが
ダウの基準は短期のMACDを見てやるとわかりやすいです


この場合短期のMACDは山谷を築いていませんので
下げダウは築いていませんと判断します。


だってこのMACDって
青MAと赤MAの差をとったモノなんで
それが山谷を築いていないってことは
赤MAに対して青MAはグランビルの形を築いていないってことでもあるわけですもんね。


というわけでですね
長期(青)はまだ上昇ダウ中


だから先ほどのチャネルラインも
一応まだ上昇トレンド中と判断することができます。


もちろんここらで高値を切り下げてしまうと
その後チャネルラインを下抜いていく可能性も高まりますし
下げチャネルラインを引くこともできます。


で、短期(緑)ですが
これは下げダウですね


ただもっと短期的な動きは
下げダウから上昇ダウへと転換しています。


というわけで
少々難しい動きになってます。


まだ下げ気味の日足MA(水色)
これに対して回帰していくのか
それともここで反発上昇となっていくのかが見どころ


とりあえず目先は
1時間足MAが上向きつつあるし
4時間足のMA(赤)も上向いているし
ロング待ち



1日1回、応援クリックよろしくお願いします^^♪
  ↓

テクニカル分析ブログ




□*■*□*■*□*■*□*■*□*■*□*■*□*■*□*■*□

【2月21日 金曜日の経済指標】

08:50 日) 日銀・金融政策決定会合議事要旨

18:30 英) 1月 小売売上高指数

24:00 米) 1月 中古住宅販売件数


*★*――――*★**★*――――*★**★*――――*★**★*――――*★*


今の時代において、移動平均線だけで
相場から利益を上げることは不可能なのか!?

答えは「NO」です。 実は移動平均線だけでも相場に勝つことは可能です。しかも、相場のトレンドに乗って大きな値幅を取りつつ、同時に勝率も高めるという、投資の世界において、不可能だと思われている理想のトレードを実現する事ができます。

■高い勝率と大きな値幅が同時に取れる非常識な投資術 〜移動平均線編〜



文中に登場する「勢い」という概念をコチラのレポート内で詳しく説明してあります。
「必ず!」上の「移動平均線編」を購入後にコチラをご覧ください。

■高い"勝率"と大きな"値幅"が同時に取れる非常識な投資術 〜ボリンジャーバンド(応用編)〜

ボリンジャーバンドを使ったエントリーポイントや利の伸ばし方もわかりやすく書いてありますよ(^^)
世界中のどこにもない、私だけの独自の使い方です。



Facebookへようこそ

今までブログではお伝えしきれなかったリアルタイムの最新の情報、

そして専業トレーダーのリアルな日常を投稿していきます。

また、ふとチャートを見ながら考え付いたこと等、今まででしたらそのまま消え去っていたような事柄も

そのまま気軽に書いていきます。

大切な一言・・・ぜひお見逃しなく(^^)

関連記事
[ 2014/02/21 08:57 ] MACDルールで見る本日の流れ | TB(-) | CM(-)

MACDルールとダウ理論で見る本日のテクニカル分析【2月20日(木 )】

【MACDルールについて】

当ブログ中によく出てくる「MACDルール」については、

矢印 こちらのレポートで詳しく説明してあります。

私独自のMACDの使い方であり、どの時間軸でトレードすべきか、今トレードしていい状態なのか
どの時間軸で決済すべきか、そういったことが一目でわかります。
非常に汎用性の高い考え方ですので、ぜひ身に付けてください(^^)



【毎月レポートが手に入る!! 前代未聞のタイアップ!!!】





【2月20日(木)のテクニカル分析】

おはようございます(^^)

本日のユロ円の流れです。

【ユーロ/円】4時間足
FX テクニカル分析 ブログ 4時間足


MACDルールは上で成立しつつあり
長期(青)は上昇ダウを築いています。


高値を切り下げ、安値を切り上げ
短期(緑)で方向感を失っていた相場は
その安値切り上げ後から上昇へ


上昇のチャネルラインの中にある相場なので
当然そのままついていくわけです(^^)


ただ、4時間足の「勢い」が
日足へと波及する前に半減してきました。


ということは?
いったんチャネルライン下限に戻る?
ことも考えられますね


予想はそんなに意味がないと考えているけれど
シナリオは大切



【ユーロ/円】1時間足
FX テクニカル分析 ブログ 1時間足


コチラもMACDルールは上で成立
長期(青)は
安値切り上げから高値更新
つまり上昇ダウ


でも短期(緑)は下げダウを築いてきましたね


4時間足の「勢い」はほぼなくなり
1時間足はまったく「勢い」なし


全体の流れは上昇なので
基本はロング待ち


上位足においてトレンドが転換した!
と判断できるまではロング待ち


それをちょこちょこ変更したり
ちゃんとトレンドというものを把握していなかったりする
これが勝てないトレーダーの特徴


もっとドッシリと腰を据えて待つ
これができると本当に勝てるようになるよ(^^)


どこまで待つか?


注文が集中しやすいラインを
トレンド方向へと抜けるまで待つんです。


その相場環境下で
下位足でトレードすると非常に勝ちやすい(^^)



1日1回、応援クリックよろしくお願いします^^♪
  ↓

テクニカル分析ブログ




□*■*□*■*□*■*□*■*□*■*□*■*□*■*□*■*□

【2月20日 木曜日の経済指標】

08:50 日) 1月 貿易統計

08:50 日) 前週分 対外対内証券売買契約等の状況

18:00 欧) 2月 製造業購買担当者景気指数

18:00 欧) 2月 サービス部門購買担当者景気指数

22:30 米) 前週分 新規失業保険申請件数

22:30 米) 1月 消費者物価指数

24:00 米) 2月 フィラデルフィア連銀製造業景気指数

24:00 米) 1月 景気先行指標総合指数

24:00 欧) 2月 消費者信頼感


*★*――――*★**★*――――*★**★*――――*★**★*――――*★*


今の時代において、移動平均線だけで
相場から利益を上げることは不可能なのか!?

答えは「NO」です。 実は移動平均線だけでも相場に勝つことは可能です。しかも、相場のトレンドに乗って大きな値幅を取りつつ、同時に勝率も高めるという、投資の世界において、不可能だと思われている理想のトレードを実現する事ができます。

■高い勝率と大きな値幅が同時に取れる非常識な投資術 〜移動平均線編〜



文中に登場する「勢い」という概念をコチラのレポート内で詳しく説明してあります。
「必ず!」上の「移動平均線編」を購入後にコチラをご覧ください。

■高い"勝率"と大きな"値幅"が同時に取れる非常識な投資術 〜ボリンジャーバンド(応用編)〜

ボリンジャーバンドを使ったエントリーポイントや利の伸ばし方もわかりやすく書いてありますよ(^^)
世界中のどこにもない、私だけの独自の使い方です。



Facebookへようこそ

今までブログではお伝えしきれなかったリアルタイムの最新の情報、

そして専業トレーダーのリアルな日常を投稿していきます。

また、ふとチャートを見ながら考え付いたこと等、今まででしたらそのまま消え去っていたような事柄も

そのまま気軽に書いていきます。

大切な一言・・・ぜひお見逃しなく(^^)

関連記事
[ 2014/02/20 08:38 ] MACDルールで見る本日の流れ | TB(-) | CM(-)

MACDルールとダウ理論で見る本日のテクニカル分析【2月19日(水 )】

【MACDルールについて】

当ブログ中によく出てくる「MACDルール」については、

矢印 こちらのレポートで詳しく説明してあります。

私独自のMACDの使い方であり、どの時間軸でトレードすべきか、今トレードしていい状態なのか
どの時間軸で決済すべきか、そういったことが一目でわかります。
非常に汎用性の高い考え方ですので、ぜひ身に付けてください(^^)



【毎月レポートが手に入る!! 前代未聞のタイアップ!!!】





【2月19日(水)のテクニカル分析】

おはようございます(^^)

本日のユロ円の流れです。

【ユーロ/円】4時間足
FX テクニカル分析 ブログ 4時間足


MACDルールは上で成立しつつあります
長期(青)は
ついに高値更新!
上昇ダウを作ってきました。


高値切り下げ安値を切り上げと
少々方向感のなかった短期ですが
昨日上抜き有力と書きましたように
上に抜けてきました。


上昇チャネルラインの中にあっての
短期的な下降チャネルラインを上抜いたわけです。


だから上抜き有力は当然でもあったんですけどね。


日足に「勢い」はありませんが
4時間足には「勢い」がありますね。


今後短期(緑)で
安値切り上げからさらなる上昇に転ずるかどうか


まだその可能性は十分にあると思いますけれども
押し目が入るとしても
デイトレレベルの時間軸で見たら
けっこうな下げになる可能性も高いですので注意が必要



【ユーロ/円】1時間足
FX テクニカル分析 ブログ 1時間足


コチラもMACDルールは上で成立しつつありますが
日足のMA(水色)がまだ下げ方向にありますので
急激に下げてくる可能性が残っています。


レジスタンスラインがサポートラインになったポイント(紫水平線)
ここをレートが割ってきたら要注意ですね。


4時間足にはまだ「勢い」がありますが
でもちょっと半減しつつある?


1時間足は完全に収束しました。
この後レンジ気味で推移するのか
けっこう下げてくるのか
これはちょっとわかりませんが


急な上昇のあとは、
「ある一定のライン」をレートが越えてきていない限りは
けっこうな戻しがあるものです。


つまり注文が集中しやすい明確なレジサポラインってことですよ。


そのラインをしっかりと越えていれば
次はレートは
そのラインよりも上で推移しやすいものですので(^^)


ちょっとしたことですが
知っているのといないのとでは
対処に大きな差がでてきます。


とりあえずレンジは上抜き
長期(青)は上昇ダウなんで
目線はロングです。


でも短期(緑)はダイバージェンス
1時間足にも「勢い」なし


ということはちょっと一休みの可能性もありますね。


高値を切り下げたら
その高値切り下げに沿って下げトレンドラインを引いておして
今後レートがそのラインを上抜くかどうか
そのあたりを相場環境の1つの目途にしておくといいと思います(^^)



1日1回、応援クリックよろしくお願いします^^♪
  ↓

テクニカル分析ブログ




□*■*□*■*□*■*□*■*□*■*□*■*□*■*□*■*□

【2月19日 水曜日の経済指標】

13:30 日) 12月 全産業活動指数

14:00 日) 12月 景気先行指数

14:00 日) 12月 景気一致指数

18:30 英) 英中銀金融政策委員会 議事要旨

18:30 英) 1月 失業保険申請件数

18:30 英) 1月 失業率


19:00 欧) 12月 建設支出

21:00 米) MBA住宅ローン申請指数

22:30 米) 1月 住宅着工件数

22:30 米) 1月 建設許可件数


22:30 米) 1月 卸売物価指数

28:00 米) 米連邦公開市場委員会(FOMC)議事要旨


*★*――――*★**★*――――*★**★*――――*★**★*――――*★*


今の時代において、移動平均線だけで
相場から利益を上げることは不可能なのか!?

答えは「NO」です。 実は移動平均線だけでも相場に勝つことは可能です。しかも、相場のトレンドに乗って大きな値幅を取りつつ、同時に勝率も高めるという、投資の世界において、不可能だと思われている理想のトレードを実現する事ができます。

■高い勝率と大きな値幅が同時に取れる非常識な投資術 〜移動平均線編〜



文中に登場する「勢い」という概念をコチラのレポート内で詳しく説明してあります。
「必ず!」上の「移動平均線編」を購入後にコチラをご覧ください。

■高い"勝率"と大きな"値幅"が同時に取れる非常識な投資術 〜ボリンジャーバンド(応用編)〜

ボリンジャーバンドを使ったエントリーポイントや利の伸ばし方もわかりやすく書いてありますよ(^^)
世界中のどこにもない、私だけの独自の使い方です。



Facebookへようこそ

今までブログではお伝えしきれなかったリアルタイムの最新の情報、

そして専業トレーダーのリアルな日常を投稿していきます。

また、ふとチャートを見ながら考え付いたこと等、今まででしたらそのまま消え去っていたような事柄も

そのまま気軽に書いていきます。

大切な一言・・・ぜひお見逃しなく(^^)

関連記事
[ 2014/02/19 08:42 ] MACDルールで見る本日の流れ | TB(-) | CM(-)

MACDルールとダウ理論で見る本日のテクニカル分析【2月18日(火 )】

【MACDルールについて】

当ブログ中によく出てくる「MACDルール」については、

矢印 こちらのレポートで詳しく説明してあります。

私独自のMACDの使い方であり、どの時間軸でトレードすべきか、今トレードしていい状態なのか
どの時間軸で決済すべきか、そういったことが一目でわかります。
非常に汎用性の高い考え方ですので、ぜひ身に付けてください(^^)



【毎月レポートが手に入る!! 前代未聞のタイアップ!!!】





【2月18日(火)のテクニカル分析】

おはようございます(^^)

本日のユロ円の流れです。

【ユーロ/円】4時間足
FX テクニカル分析 ブログ 4時間足


MACDルールは上昇に転じてきたか?
長期(青)は安値切り上げを確定させたので
あとは高値更新があるかどうかに注意


短期(緑)は
高値切り下げの安値切り上げ・・・
いわゆるフラッグ型のチャートパターンにはまってしまいましたね(^^;)


長期(青)安値切り上げ方向
つまり上抜けしてくれれば
素直についていきたいところ


上昇チャネルラインは
高値切り上げ(青)が確定したので
正確に引き直しました。


さて、その中に引いた上値トレンドラインを
上抜いてくるか・・・?
それともさらなるレンジへ?


そこらへんが見どころになるかな。



【ユーロ/円】1時間足
FX テクニカル分析 ブログ 1時間足


コチラもMACDルールは上で成立しかけています。
でも日足MA(水色)が完全に上じゃないので
あくまでも成立しかけ・・です。


しかしぐちゃぐちゃ相場が続きましたね(^^;)
やっぱり日足4時間足1時間足のMAの方向が
バッチリ決まっている相場が好きです


ん?
ということはそろそろか?


とりあえず長期(青)は
高値切り下げの安値切り上げ


現在安値切り上げの時点なので、
値動きは上抜けが有力


そして短期(緑)は上昇ダウを築いていますので
さらに上が有力


5分足レベルの上値抵抗線(レジスタンスライン)を上抜きましたし
フラッグを抜けてくるか?


もちろん直近高値(青)には気を付けないとダメですよ。


「勢い」がついてきたら
相場環境的には
比較的上を狙っていきやすい状況になりつつありますね。


あとは上位足において
上昇ダウを継続するかどうかに注目しておきましょう


こういう部分は絶対におろそかにしてはダメですよ~(^^)



1日1回、応援クリックよろしくお願いします^^♪
  ↓

テクニカル分析ブログ




□*■*□*■*□*■*□*■*□*■*□*■*□*■*□*■*□

【2月18日 火曜日の経済指標】

未 定 日) 日銀金融政策決定会合、終了後決定内容発表

未 定 日) 日銀金融政策決定会合、マネタリーベース年間増加目標

15:30 日) 黒田東彦日銀総裁、定例記者会見


18:00 欧) 12月 経常収支

18:30 英) 1月 消費者物価指数

18:30 英) 1月 小売物価指数


18:30 英) 1月 卸売物価指数

19:00 欧) 2月 ZEW景況感調査

22:30 米) 2月 ニューヨーク連銀製造業景気指数

23:00 米) 12月 対米証券投資

24:00 米) 2月 NAHB住宅市場指数


*★*――――*★**★*――――*★**★*――――*★**★*――――*★*


今の時代において、移動平均線だけで
相場から利益を上げることは不可能なのか!?

答えは「NO」です。 実は移動平均線だけでも相場に勝つことは可能です。しかも、相場のトレンドに乗って大きな値幅を取りつつ、同時に勝率も高めるという、投資の世界において、不可能だと思われている理想のトレードを実現する事ができます。

■高い勝率と大きな値幅が同時に取れる非常識な投資術 〜移動平均線編〜



文中に登場する「勢い」という概念をコチラのレポート内で詳しく説明してあります。
「必ず!」上の「移動平均線編」を購入後にコチラをご覧ください。

■高い"勝率"と大きな"値幅"が同時に取れる非常識な投資術 〜ボリンジャーバンド(応用編)〜

ボリンジャーバンドを使ったエントリーポイントや利の伸ばし方もわかりやすく書いてありますよ(^^)
世界中のどこにもない、私だけの独自の使い方です。



Facebookへようこそ

今までブログではお伝えしきれなかったリアルタイムの最新の情報、

そして専業トレーダーのリアルな日常を投稿していきます。

また、ふとチャートを見ながら考え付いたこと等、今まででしたらそのまま消え去っていたような事柄も

そのまま気軽に書いていきます。

大切な一言・・・ぜひお見逃しなく(^^)

関連記事
[ 2014/02/18 08:49 ] MACDルールで見る本日の流れ | TB(-) | CM(-)

MACDルールとダウ理論で見る本日のテクニカル分析【2月17日(月 )】

【MACDルールについて】

当ブログ中によく出てくる「MACDルール」については、

矢印 こちらのレポートで詳しく説明してあります。

私独自のMACDの使い方であり、どの時間軸でトレードすべきか、今トレードしていい状態なのか
どの時間軸で決済すべきか、そういったことが一目でわかります。
非常に汎用性の高い考え方ですので、ぜひ身に付けてください(^^)



【毎月レポートが手に入る!! 前代未聞のタイアップ!!!】





【2月17日(月)のテクニカル分析】

おはようございます(^^)

本日のユロ円の流れです。

【ユーロ/円】4時間足
FX テクニカル分析 ブログ 4時間足


MACDルールは成立・・・しかけてる?
でも長期(青)はまだ下げダウ中ですね。


そして短期(緑)も
上げダウから下げダウへ


長期的なチャネルラインはリターンムーブ発生から上抜けたかな?
でもまだ高値を更新して上昇という形にはなっていませんので
長期スパンで見ると下げトレンド中と言ってもいい流れです。


そして短期的な上昇チャネルラインは
短期(緑)高値を切り下げながら
下に抜けかけています。


ここを抜けずに頑張ってくれたら(笑)
再度上昇継続とみてもいいと思います。


でもとりあえずですね
現在、4時間足にも日足にも「勢い」がありませんので
デイトレするにもしっかりと局面を選ばないと
ちょっとキツイかも・・・


あとですね
実は現在下げ方向にもチャネルラインが新たに引ける局面になってきてます。


つまり下げ方向へと下抜けしやすい状況です。



【ユーロ/円】1時間足
FX テクニカル分析 ブログ 1時間足


コチラもMACDルールの成立は微妙
長期(青)は上昇ダウから
安値を割って、そして高値も切り下げてきたところ


ちょっと方向感のないトライアングルくさい・・・


ただ、「方向感がない」とよく言われるけれど
どこかの時間軸では「必ず」方向はありますので
その方向は把握しておくようにしてください。


でなければ
急な動きのときに対応できません。


さて、短期(緑)がどうか?と言えば・・・


安値切り上げの高値切り下げなんで
とりあえず待ちかな?と
5分足の安値に上昇トレンドラインを引いて抜けるのを待ちながら記事を書いていたのですが


・・・今いきなり下抜けた(-_-;)


ついていけなかったよ(*´Д`)


でもまだ
1時間足にも4時間足にも
下げ「勢い」がないんですよね。


だから焦ることはない
大きなトレンド方向へと
下げ「勢い」がついてから
下位足でトレードすれば十分です(^^)


今日はちょっとまとまりのない記事になってしまいました。
いつもの分析に
さらにラインまで加えると
ちょっと書くことが多すぎて大変(^^;)


でもたまには気分転換もね
いつもMACDルールがぁ~だけじゃつまらんでしょ?(笑)



1日1回、応援クリックよろしくお願いします^^♪
  ↓

テクニカル分析ブログ




□*■*□*■*□*■*□*■*□*■*□*■*□*■*□*■*□

【2月17日 月曜日の経済指標】

08:50 日) 10-12月期 四半期実質国内総生産

13:30 日) 12月 鉱工業生産


*★*――――*★**★*――――*★**★*――――*★**★*――――*★*


今の時代において、移動平均線だけで
相場から利益を上げることは不可能なのか!?

答えは「NO」です。 実は移動平均線だけでも相場に勝つことは可能です。しかも、相場のトレンドに乗って大きな値幅を取りつつ、同時に勝率も高めるという、投資の世界において、不可能だと思われている理想のトレードを実現する事ができます。

■高い勝率と大きな値幅が同時に取れる非常識な投資術 〜移動平均線編〜



文中に登場する「勢い」という概念をコチラのレポート内で詳しく説明してあります。
「必ず!」上の「移動平均線編」を購入後にコチラをご覧ください。

■高い"勝率"と大きな"値幅"が同時に取れる非常識な投資術 〜ボリンジャーバンド(応用編)〜

ボリンジャーバンドを使ったエントリーポイントや利の伸ばし方もわかりやすく書いてありますよ(^^)
世界中のどこにもない、私だけの独自の使い方です。



Facebookへようこそ

今までブログではお伝えしきれなかったリアルタイムの最新の情報、

そして専業トレーダーのリアルな日常を投稿していきます。

また、ふとチャートを見ながら考え付いたこと等、今まででしたらそのまま消え去っていたような事柄も

そのまま気軽に書いていきます。

大切な一言・・・ぜひお見逃しなく(^^)

関連記事
[ 2014/02/17 08:56 ] MACDルールで見る本日の流れ | TB(-) | CM(-)