MACDルールとダウ理論で見る本日のテクニカル分析【12月30日(月 )】

【MACDルールについて】

当ブログ中によく出てくる「MACDルール」については、

矢印 こちらのレポートで詳しく説明してあります。

私独自のMACDの使い方であり、どの時間軸でトレードすべきか、今トレードしていい状態なのか
どの時間軸で決済すべきか、そういったことが一目でわかります。
非常に汎用性の高い考え方ですので、ぜひ身に付けてください(^^)



【毎月レポートが手に入る!! 前代未聞のタイアップ!!!】





【12月30日(月)のテクニカル分析】

おはようございます(^^)

本日のユロ円の流れです。

【ユーロ/円】4時間足
FX テクニカル分析 ブログ 4時間足


MACDルールは上で成立。
長期(青)も上昇ダウ継続


わかりやすいレジスタンスラインを
「トレンド方向」に抜けると、
やはり伸びますねー


しかも、ちゃんと安値を切り上げながら抜けましたので
素直についてきた感じです。


短期(緑)も上昇ダウ継続していますので
とりあえずの目線はロング


でも日足にはあまり「勢い」がないことと
4時間足の「勢い」が半減していることに注意


ロングするには少々リスクが高まりつつあるってことです。



【ユーロ/円】1時間足
FX テクニカル分析 ブログ 1時間足


コチラもMACDルールは上で成立
長期(青)も上昇ダウ継続です。


短期(緑)も上昇ダウを築いていて
再度高値を更新するかどうか?


上位足トレンド方向に安値を切り上げれば
当然目線はロングになるわけですが
直近の高値(※この場合は直近の緑高値)を上抜くまでは
本当にさらにトレンドが上昇するのかどうか
相場も疑った動きをします。


そのため、
少々不安定な値動きをしがちなので注意が必要です。


で、さらに高値を更新するかどうか?
を判断するに有効なのがボリンジャーバンドだったりするわけです(^^)


もちろんオシレーターでも判断可能ですよ。
あ、当然100%ではありません(笑)


予想を当てる当てないではなく
リスクが高いか低いかという判断です。


トレードに大切なのはここですよ。


誰も相場の先はわからないんです。
そのわからない相場で勝負するには
勝負を仕掛ける部分のリスクがどの程度かを把握しておく必要があるんです。


その判断が
相場環境の把握能力でもあるわけです。


だから単にエントリーのタイミングだけを知ったところで
相場環境を読み取る力がなければ
トレードは勝てないのです。


そしてエントリーのタイミングは
単に方法論として「覚えれば」いいだけですが、


相場環境を読み取る力を身に付けるには
やはりそれなりの努力と時間と経験が必要なんです。


それを大半の人が怠り、
エントリーのタイミングばかりを知りたがるから
ほとんどの人が勝てないのです。


あ、なんか説教くさい記事になっちまった(*´Д`)



1日1回、応援クリックよろしくお願いします^^♪
  ↓

テクニカル分析ブログ




□*■*□*■*□*■*□*■*□*■*□*■*□*■*□*■*□

【12月30日 月曜日の経済指標】

19:00 日) 外国為替平衡操作の実施状況(介入実績)

24:00 米) 11月 住宅販売保留指数


*★*――――*★**★*――――*★**★*――――*★**★*――――*★*


今の時代において、移動平均線だけで
相場から利益を上げることは不可能なのか!?

答えは「NO」です。 実は移動平均線だけでも相場に勝つことは可能です。しかも、相場のトレンドに乗って大きな値幅を取りつつ、同時に勝率も高めるという、投資の世界において、不可能だと思われている理想のトレードを実現する事ができます。

■高い勝率と大きな値幅が同時に取れる非常識な投資術 〜移動平均線編〜



文中に登場する「勢い」という概念をコチラのレポート内で詳しく説明してあります。
「必ず!」上の「移動平均線編」を購入後にコチラをご覧ください。

■高い"勝率"と大きな"値幅"が同時に取れる非常識な投資術 〜ボリンジャーバンド(応用編)〜

ボリンジャーバンドを使ったエントリーポイントや利の伸ばし方もわかりやすく書いてありますよ(^^)
世界中のどこにもない、私だけの独自の使い方です。



Facebookへようこそ

今までブログではお伝えしきれなかったリアルタイムの最新の情報、

そして専業トレーダーのリアルな日常を投稿していきます。

また、ふとチャートを見ながら考え付いたこと等、今まででしたらそのまま消え去っていたような事柄も

そのまま気軽に書いていきます。

大切な一言・・・ぜひお見逃しなく(^^)

関連記事
[ 2013/12/30 08:41 ] MACDルールで見る本日の流れ | TB(-) | CM(-)

MACDルールとダウ理論で見る本日のテクニカル分析【12月27日(金 )】

【MACDルールについて】

当ブログ中によく出てくる「MACDルール」については、

矢印 こちらのレポートで詳しく説明してあります。

私独自のMACDの使い方であり、どの時間軸でトレードすべきか、今トレードしていい状態なのか
どの時間軸で決済すべきか、そういったことが一目でわかります。
非常に汎用性の高い考え方ですので、ぜひ身に付けてください(^^)



【毎月レポートが手に入る!! 前代未聞のタイアップ!!!】





【12月27日(金)のテクニカル分析】

おはようございます(^^)

本日のユロ円の流れです。

【ユーロ/円】4時間足
FX テクニカル分析 ブログ 4時間足


クリスマス前から値動きが悪くなってきていたので
というか、全く動かくなったので
更新をお休みしておりましたが、
少し動き始めましたので更新を再開します(^^)


でも明日は週末
そして週明けの30日31日は更新休むかも・・・


年末ですもんね(^^♪


あ、もちろん気が向いたら更新しますよ~


さて、MACDルールはまだ上で成立です
長期(青)も上昇ダウ継続


しばらく抵抗線となっていたラインを上抜いてきましたね。
更新をお休みさせてもらう前に
1時間足にラインを引いておきましたよね?


このような抵抗線でしっかりと上値を抑えられているようなときは
無理に利を伸ばそうとしたり
抜けるのを期待してエントリーしても無駄ですよ。


上位足が抜けてから
それから下位足でトレードを考える


オシレーター等の
インディケーターでは判断しきれない相場環境の部分です。


で、上抜いてきたので上昇ダウ成立
短期(緑)も上昇ダウですね。


日足には「勢い」はほとんど残っていませんが
4時間足には現在「勢い」がありますので
上値の重たさに注意しつつのロング目線となります。



【ユーロ/円】1時間足
FX テクニカル分析 ブログ 1時間足


コチラもMACDルールが上で成立してきました。
長期(青)は上昇ダウ成立


短期(緑)も上昇ダウで
直近高値(緑)を上抜くかどうか?というところ。


越えてきたらもちろん上目線です。


ただ1時間足の「勢い」が半減していますので
それほど伸びない可能性が高いです。


そして何より・・・


値動きが汚い(*´Д`)


これけっこう大事なことなんです。


いくら方向がわかっていても
ヒゲだらけってことは
相場が悩んでいるか
相場参加者が少なくて一方向の流れを作りづらくなっているかという状態なので


正直あまりトレードしたくない(^^;)


どうしてもストップを深めにとる必要がありますし
そうするとリスクとリワードの比率が悪くなりますからね。


そしてそういう部分を妥協してしまうと
「トータル」での勝ちから離れていく・・・


というわけで
私は年内のトレードは終了かも(笑)



1日1回、応援クリックよろしくお願いします^^♪
  ↓

テクニカル分析ブログ




□*■*□*■*□*■*□*■*□*■*□*■*□*■*□*■*□

【12月27日 金曜日の経済指標】

08:30 日) 11月 全世帯家計調査・消費支出

08:30 日) 11月 失業率

08:30 日) 11月 有効求人倍率

08:30 日) 11月 全国消費者物価指数

08:30 日) 12月 東京都区部消費者物価指数


08:50 日) 前週分 対外対内証券売買契約等の状況

08:50 日) 11月 鉱工業生産・速報値

08:50 日) 11月 小売業販売額

08:50 日) 11月 大型小売店(既存店)販売額

10:30 日) 11月 毎月勤労統計調査-現金給与総額


*★*――――*★**★*――――*★**★*――――*★**★*――――*★*


今の時代において、移動平均線だけで
相場から利益を上げることは不可能なのか!?

答えは「NO」です。 実は移動平均線だけでも相場に勝つことは可能です。しかも、相場のトレンドに乗って大きな値幅を取りつつ、同時に勝率も高めるという、投資の世界において、不可能だと思われている理想のトレードを実現する事ができます。

■高い勝率と大きな値幅が同時に取れる非常識な投資術 〜移動平均線編〜



文中に登場する「勢い」という概念をコチラのレポート内で詳しく説明してあります。
「必ず!」上の「移動平均線編」を購入後にコチラをご覧ください。

■高い"勝率"と大きな"値幅"が同時に取れる非常識な投資術 〜ボリンジャーバンド(応用編)〜

ボリンジャーバンドを使ったエントリーポイントや利の伸ばし方もわかりやすく書いてありますよ(^^)
世界中のどこにもない、私だけの独自の使い方です。



Facebookへようこそ

今までブログではお伝えしきれなかったリアルタイムの最新の情報、

そして専業トレーダーのリアルな日常を投稿していきます。

また、ふとチャートを見ながら考え付いたこと等、今まででしたらそのまま消え去っていたような事柄も

そのまま気軽に書いていきます。

大切な一言・・・ぜひお見逃しなく(^^)

関連記事
[ 2013/12/27 08:31 ] MACDルールで見る本日の流れ | TB(-) | CM(-)

MACDルールとダウ理論で見る本日のテクニカル分析【12月23日(月 )】

【MACDルールについて】

当ブログ中によく出てくる「MACDルール」については、

矢印 こちらのレポートで詳しく説明してあります。

私独自のMACDの使い方であり、どの時間軸でトレードすべきか、今トレードしていい状態なのか
どの時間軸で決済すべきか、そういったことが一目でわかります。
非常に汎用性の高い考え方ですので、ぜひ身に付けてください(^^)



【毎月レポートが手に入る!! 前代未聞のタイアップ!!!】





【12月23日(月)のテクニカル分析】

おはようございます(^^)





本日は東京祝日

欧州米国はクリスマス直前


というわけで

相場は動かないものとして

更新はお休みさせていただきます(^^♪


更新はクリスマス明けになるかも?






1日1回、応援クリックよろしくお願いします^^♪
  ↓

テクニカル分析ブログ




□*■*□*■*□*■*□*■*□*■*□*■*□*■*□*■*□

【12月23日 月曜日の経済指標】

22:30 USD(米) 11月 個人消費支出

22:30 USD(米) 11月 個人所得

22:30 USD(米) 11月 個人消費支出


23:55 USD(米) 12月 ミシガン大学消費者態度指数・確報値


*★*――――*★**★*――――*★**★*――――*★**★*――――*★*


今の時代において、移動平均線だけで
相場から利益を上げることは不可能なのか!?

答えは「NO」です。 実は移動平均線だけでも相場に勝つことは可能です。しかも、相場のトレンドに乗って大きな値幅を取りつつ、同時に勝率も高めるという、投資の世界において、不可能だと思われている理想のトレードを実現する事ができます。

■高い勝率と大きな値幅が同時に取れる非常識な投資術 〜移動平均線編〜



文中に登場する「勢い」という概念をコチラのレポート内で詳しく説明してあります。
「必ず!」上の「移動平均線編」を購入後にコチラをご覧ください。

■高い"勝率"と大きな"値幅"が同時に取れる非常識な投資術 〜ボリンジャーバンド(応用編)〜

ボリンジャーバンドを使ったエントリーポイントや利の伸ばし方もわかりやすく書いてありますよ(^^)
世界中のどこにもない、私だけの独自の使い方です。



Facebookへようこそ

今までブログではお伝えしきれなかったリアルタイムの最新の情報、

そして専業トレーダーのリアルな日常を投稿していきます。

また、ふとチャートを見ながら考え付いたこと等、今まででしたらそのまま消え去っていたような事柄も

そのまま気軽に書いていきます。

大切な一言・・・ぜひお見逃しなく(^^)

関連記事
[ 2013/12/23 08:45 ] MACDルールで見る本日の流れ | TB(-) | CM(-)

MACDルールとダウ理論で見る本日のテクニカル分析【12月20日(金 )】

【MACDルールについて】

当ブログ中によく出てくる「MACDルール」については、

矢印 こちらのレポートで詳しく説明してあります。

私独自のMACDの使い方であり、どの時間軸でトレードすべきか、今トレードしていい状態なのか
どの時間軸で決済すべきか、そういったことが一目でわかります。
非常に汎用性の高い考え方ですので、ぜひ身に付けてください(^^)



【毎月レポートが手に入る!! 前代未聞のタイアップ!!!】





【12月20日(金)のテクニカル分析】

おはようございます(^^)

本日のユロ円の流れです。

【ユーロ/円】4時間足
FX テクニカル分析 ブログ 4時間足


MACDルールは上で成立し
長期(青)は上昇ダウ


けれど4時間足日足ともに「勢い」はなく
上値が重たい・・・


短期(緑)で高値を更新している以上
次は安値切り上げ待ちなんやけど


うーん。。。


この値動きはクリスマス相場?
ちょっといや~な感じになってきた(>_<)



【ユーロ/円】1時間足
FX テクニカル分析 ブログ 1時間足


コチラもMACDルールは上で成立しつつあるし
長期(青)が高値を更新してきているんで
安値切り上げ待ちなんやけど・・・


いやな値動きしてるねー(*´Д`)


こういうときは
なんとか初動を捉えようとするのではなく
とにかくある程度の値動きを作るまで待ったほうが
絶対に楽だし、なにより安全です。


高値にラインを引いたけど
安値にも引くことができる


このボックス圏内を抜けてからのほうがいいやろね


というわけで
本日は書くことがなくなりました(^^;)


来週はホントにクリスマスなんで
更新するかどうかわからないです~


だって記事内容は
クリスマスなんできっと値動きないよ
トレード危険だよ
ってくらいしか書くことないもん。


ちなみに・・・


昨年のクリスマス相場は
ユロ円はけっこう上昇しました(笑)


その前の年は
ザ・クリスマス相場 って感じでしたね(^^)


さぁ、今年はどうなるか・・・



1日1回、応援クリックよろしくお願いします^^♪
  ↓

テクニカル分析ブログ




□*■*□*■*□*■*□*■*□*■*□*■*□*■*□*■*□

【12月20日 金曜日の経済指標】

未 定 日) 日銀金融政策決定会合、終了後決定内容発表

18:30 英) 7-9月期 四半期経常収支

18:30 英) 7-9月期 四半期国内総生産

22:30 加) 11月 消費者物価指数

22:30 米) 7-9月期 四半期実質国内総生産

22:30 加) 10月 小売売上高

24:00 欧) 12月 消費者信頼感


*★*――――*★**★*――――*★**★*――――*★**★*――――*★*


今の時代において、移動平均線だけで
相場から利益を上げることは不可能なのか!?

答えは「NO」です。 実は移動平均線だけでも相場に勝つことは可能です。しかも、相場のトレンドに乗って大きな値幅を取りつつ、同時に勝率も高めるという、投資の世界において、不可能だと思われている理想のトレードを実現する事ができます。

■高い勝率と大きな値幅が同時に取れる非常識な投資術 〜移動平均線編〜



文中に登場する「勢い」という概念をコチラのレポート内で詳しく説明してあります。
「必ず!」上の「移動平均線編」を購入後にコチラをご覧ください。

■高い"勝率"と大きな"値幅"が同時に取れる非常識な投資術 〜ボリンジャーバンド(応用編)〜

ボリンジャーバンドを使ったエントリーポイントや利の伸ばし方もわかりやすく書いてありますよ(^^)
世界中のどこにもない、私だけの独自の使い方です。



Facebookへようこそ

今までブログではお伝えしきれなかったリアルタイムの最新の情報、

そして専業トレーダーのリアルな日常を投稿していきます。

また、ふとチャートを見ながら考え付いたこと等、今まででしたらそのまま消え去っていたような事柄も

そのまま気軽に書いていきます。

大切な一言・・・ぜひお見逃しなく(^^)

関連記事
[ 2013/12/20 08:25 ] MACDルールで見る本日の流れ | TB(-) | CM(-)

MACDルールとダウ理論で見る本日のテクニカル分析【12月19日(木 )】

【MACDルールについて】

当ブログ中によく出てくる「MACDルール」については、

矢印 こちらのレポートで詳しく説明してあります。

私独自のMACDの使い方であり、どの時間軸でトレードすべきか、今トレードしていい状態なのか
どの時間軸で決済すべきか、そういったことが一目でわかります。
非常に汎用性の高い考え方ですので、ぜひ身に付けてください(^^)



【毎月レポートが手に入る!! 前代未聞のタイアップ!!!】





【12月19日(木)のテクニカル分析】

おはようございます(^^)

本日のユロ円の流れです。

【ユーロ/円】4時間足
FX テクニカル分析 ブログ 4時間足


FOMC、やっぱり破壊力ありますねー!
しっかり方向作ってくれる(笑)


MACDルールが成立している方向へと
大きく動かしてくれたのはうれしいですね。


上値が重たかったのを吹き飛ばしてくれました。
これで長期(青)は上昇ダウ継続です。


ただ短期(緑)が
安値切り上げなき高値更新なんで
急な戻しには注意が必要


日足に「勢い」がないのはちょっと心配ですね。
半減どころか収束してきてますので・・・


というわけで
上昇に見えるけど
実は上値が重たいのはまだ続いています。
そこらへんも少々リスクとなっていますので注意が必要。



【ユーロ/円】1時間足
FX テクニカル分析 ブログ 1時間足


コチラもMACDルールが上で成立しかけています。
でも長期(青)は・・・?


安値切り上げなき高値更新ですよね。
上昇ダウとはちょっと言いづらい


わずかに少し前の高値ラインを越えてきているけど
うーん。。。
どうかな?


ここで長期(青)が安値を切り上げ
そしてMACDルールが上で成立している状態であれば
高値を越えた時点で
今後も伸びてくると期待できるのですが


ちょっとまだ弱いか?
日足に「勢い」がないっていうマイナス要素もありますしね


ただ、短期(緑)は上昇ダウを築いていますので
目線は上か?


15分足レベルで見ると
ここでも「勢い」はなくなっていますが・・・


1時間足にはまだ「勢い」ありますね
4時間足にも波及しているように見えますので
今後短期レベルで押し目を築いて上昇継続する可能性はあります。


というわけで
とりあえずは、上値が重く、ロングは少々リスクが高いけれど
ショートを考える場面でもない


そんな感じ(^^)


ただし
上値が重いということは
ちょっとしたきっかけでいっきに下げてくることもあります。
心の準備だけはしておいたほうがいいでしょうね。


トレンド方向へのトレードではなくとも
15分足~1時間足レベルで下げ「勢い」がついたら
ショートスキャルピングは可能になりますので。



1日1回、応援クリックよろしくお願いします^^♪
  ↓

テクニカル分析ブログ




□*■*□*■*□*■*□*■*□*■*□*■*□*■*□*■*□

【12月19日 木曜日の経済指標】

08:50 日) 日銀・金融政策決定会合

08:50 日) 前週分 対外対内証券売買契約等の状況

14:00 日) 10月 景気一致指数

14:00 日) 10月 景気先行指数

18:00 欧) 10月 経常収支

22:30 米) 前週分 新規失業保険申請件数

24:00 米) 12月 フィラデルフィア連銀製造業景気指数

24:00 米) 11月 中古住宅販売件数

24:00 米) 11月 景気先行指標総合指数


*★*――――*★**★*――――*★**★*――――*★**★*――――*★*


今の時代において、移動平均線だけで
相場から利益を上げることは不可能なのか!?

答えは「NO」です。 実は移動平均線だけでも相場に勝つことは可能です。しかも、相場のトレンドに乗って大きな値幅を取りつつ、同時に勝率も高めるという、投資の世界において、不可能だと思われている理想のトレードを実現する事ができます。

■高い勝率と大きな値幅が同時に取れる非常識な投資術 〜移動平均線編〜



文中に登場する「勢い」という概念をコチラのレポート内で詳しく説明してあります。
「必ず!」上の「移動平均線編」を購入後にコチラをご覧ください。

■高い"勝率"と大きな"値幅"が同時に取れる非常識な投資術 〜ボリンジャーバンド(応用編)〜

ボリンジャーバンドを使ったエントリーポイントや利の伸ばし方もわかりやすく書いてありますよ(^^)
世界中のどこにもない、私だけの独自の使い方です。



Facebookへようこそ

今までブログではお伝えしきれなかったリアルタイムの最新の情報、

そして専業トレーダーのリアルな日常を投稿していきます。

また、ふとチャートを見ながら考え付いたこと等、今まででしたらそのまま消え去っていたような事柄も

そのまま気軽に書いていきます。

大切な一言・・・ぜひお見逃しなく(^^)

関連記事
[ 2013/12/19 08:32 ] MACDルールで見る本日の流れ | TB(-) | CM(-)

MACDルールとダウ理論で見る本日のテクニカル分析【12月18日(水 )】

【MACDルールについて】

当ブログ中によく出てくる「MACDルール」については、

矢印 こちらのレポートで詳しく説明してあります。

私独自のMACDの使い方であり、どの時間軸でトレードすべきか、今トレードしていい状態なのか
どの時間軸で決済すべきか、そういったことが一目でわかります。
非常に汎用性の高い考え方ですので、ぜひ身に付けてください(^^)



【毎月レポートが手に入る!! 前代未聞のタイアップ!!!】





【12月18日(水)のテクニカル分析】

おはようございます(^^)

本日のユロ円の流れです。

【ユーロ/円】4時間足
FX テクニカル分析 ブログ 4時間足


MACDルールは上で成立しながらも
上値は重たくなってきたというのは
昨日の記事でお伝えしました。


長期(青)はまだ上昇ダウですが
主要トレンドライン(赤)から引くことができる
短期のトレンドライン(紫)をレートが割ってきたので
ひとまず「勢い」のあるトレンドは終了かな?


日足ボリンジャーバンドを見ても
ちょっと隠れているけど
収束しつつありますからね。


再度上を狙う動きはあるかもしれませんが
そろそろクリスマス相場に入るための手仕舞いの動きに入ってきたか?


短期(緑)は下げダウを築いていますね。
けれど4時間足に下げ「勢い」をつけるほどの下げにはなっていない模様


主要トレンドライン(赤)を割って下げてくるには
長期(青)の高値切り下げが必要か?


再度上げてくるとするなら
やはり短期(緑)の安値切り上げか
切り下げている上値に引くことができる
右肩下がりのトレンドラインを上抜いてからか・・・



【ユーロ/円】1時間足
FX テクニカル分析 ブログ 1時間足


コチラはMACDルールは崩れています。
長期(青)も高値を切り下げ
さらに安値も割ってきましたので下げダウ成立


短期(緑)も下げダウで
昨夜1時間足に下げ「勢い」を作りましたが
結局4時間足に波及する前に下げ「勢い」は半減


今後の値動きは
短期(緑)のダウ次第ですね。


高値を切り下げたらさらに下げる可能性はありますし
安値を切り上げたらとりあえす下げ終了


もう一度4時間足を見てもらいたいのですが
ちょうどヘッド&ショルダーズのネックラインあたりにレートがあるんですよね。


だからもう少し上か下かに動いてくれないと
方向はなんとも言えないかな・・・



1日1回、応援クリックよろしくお願いします^^♪
  ↓

テクニカル分析ブログ




□*■*□*■*□*■*□*■*□*■*□*■*□*■*□*■*□

【12月18日 水曜日の経済指標】

08:50 日) 11月 貿易統計

19:00 欧) 10月 建設支出

21:00 米) MBA住宅ローン申請指数

22:30 米) 11月 住宅着工件数

22:30 米) 11月 建設許可件数

22:30 米) 9月 住宅着工件数

28:00 米) 米連邦公開市場委員会(FOMC) 終了後政策金利発表


*★*――――*★**★*――――*★**★*――――*★**★*――――*★*


今の時代において、移動平均線だけで
相場から利益を上げることは不可能なのか!?

答えは「NO」です。 実は移動平均線だけでも相場に勝つことは可能です。しかも、相場のトレンドに乗って大きな値幅を取りつつ、同時に勝率も高めるという、投資の世界において、不可能だと思われている理想のトレードを実現する事ができます。

■高い勝率と大きな値幅が同時に取れる非常識な投資術 〜移動平均線編〜



文中に登場する「勢い」という概念をコチラのレポート内で詳しく説明してあります。
「必ず!」上の「移動平均線編」を購入後にコチラをご覧ください。

■高い"勝率"と大きな"値幅"が同時に取れる非常識な投資術 〜ボリンジャーバンド(応用編)〜

ボリンジャーバンドを使ったエントリーポイントや利の伸ばし方もわかりやすく書いてありますよ(^^)
世界中のどこにもない、私だけの独自の使い方です。



Facebookへようこそ

今までブログではお伝えしきれなかったリアルタイムの最新の情報、

そして専業トレーダーのリアルな日常を投稿していきます。

また、ふとチャートを見ながら考え付いたこと等、今まででしたらそのまま消え去っていたような事柄も

そのまま気軽に書いていきます。

大切な一言・・・ぜひお見逃しなく(^^)

関連記事
[ 2013/12/18 08:40 ] MACDルールで見る本日の流れ | TB(-) | CM(-)

MACDルールとダウ理論で見る本日のテクニカル分析【12月17日(火 )】

【MACDルールについて】

当ブログ中によく出てくる「MACDルール」については、

矢印 こちらのレポートで詳しく説明してあります。

私独自のMACDの使い方であり、どの時間軸でトレードすべきか、今トレードしていい状態なのか
どの時間軸で決済すべきか、そういったことが一目でわかります。
非常に汎用性の高い考え方ですので、ぜひ身に付けてください(^^)



【毎月レポートが手に入る!! 前代未聞のタイアップ!!!】





【12月17日(火)のテクニカル分析】

おはようございます(^^)

本日のユロ円の流れです。

【ユーロ/円】4時間足
FX テクニカル分析 ブログ 4時間足


MACDルールは上で成立していますし
長期(青)は上昇ダウを築いています。


ですが、
その長期は対応MACDがダイバージェンス


そして短期(緑)も上昇ダウを築いていますが
やはりダイバージェンス


日足の「勢い」は半減
4時間足に「勢い」は無し


上値が重たいのもしょうがないですよね。


ただ、まだ短期(緑)が安値を切り上げていますので
上昇の可能性はありますし
下げてきたとしても
スキャルピング程度ならできますが、
基本上昇トレンドなのでそんなに期待はできそうもありません


ただトレンドラインを割ってきたら(ちょっと見えにくいかな?)
少々下げてくるかもしれませんね。


そして上昇を継続したとして
でも高値を更新しなかったとしても
今度は日足レベルの押し目に移行しただけかもしれませんので
安易に下げトレンド・・ってわけでもないんです。


ここらへんがトレードの難しいところかな?


トレンドがどのように上位足に波及しているか
もしくは波及せずに
その高値切り下げが上昇トレンドの終わりと判断されるのか


もちろんちゃんと判断方法はありますよ(^^)
これもまたの機会に~



【ユーロ/円】1時間足
FX テクニカル分析 ブログ 1時間足


コチラはMACDルールは崩れています。
長期(青)はかろうじて上昇ダウを築いていますね


でもダイバージェンスがいっぱい(笑)


短期(緑)も高値更新から安値切り上げ
上昇ダウ継続です。


だから
上値が重いながらも
目先はロング目線ってこと


ただし!


4時間足にも1時間足にも全く「勢い」がない・・・(>_<)


うーん
スキャルピングにしても
せめて15分足レベルで「勢い」がついてからにしたいな・・・


これで高値更新しなかったら
今度は下げに転ずる可能性も高いしね。



1日1回、応援クリックよろしくお願いします^^♪
  ↓

テクニカル分析ブログ




□*■*□*■*□*■*□*■*□*■*□*■*□*■*□*■*□

【12月17日 火曜日の経済指標】

18:30 英) 11月 卸売物価指数

18:30 英) 11月 消費者物価指数

18:30 英) 11月 小売物価指数


19:00 欧) 12月 ZEW景況感調査

19:00 欧) 11月 消費者物価指数

22:30 米) 11月 消費者物価指数


22:30 米) 7-9月期 四半期経常収支

24:00 米) 12月 NAHB住宅市場指数

未 定 米) 米連邦公開市場委員会(FOMC)1日目


*★*――――*★**★*――――*★**★*――――*★**★*――――*★*


今の時代において、移動平均線だけで
相場から利益を上げることは不可能なのか!?

答えは「NO」です。 実は移動平均線だけでも相場に勝つことは可能です。しかも、相場のトレンドに乗って大きな値幅を取りつつ、同時に勝率も高めるという、投資の世界において、不可能だと思われている理想のトレードを実現する事ができます。

■高い勝率と大きな値幅が同時に取れる非常識な投資術 〜移動平均線編〜



文中に登場する「勢い」という概念をコチラのレポート内で詳しく説明してあります。
「必ず!」上の「移動平均線編」を購入後にコチラをご覧ください。

■高い"勝率"と大きな"値幅"が同時に取れる非常識な投資術 〜ボリンジャーバンド(応用編)〜

ボリンジャーバンドを使ったエントリーポイントや利の伸ばし方もわかりやすく書いてありますよ(^^)
世界中のどこにもない、私だけの独自の使い方です。



Facebookへようこそ

今までブログではお伝えしきれなかったリアルタイムの最新の情報、

そして専業トレーダーのリアルな日常を投稿していきます。

また、ふとチャートを見ながら考え付いたこと等、今まででしたらそのまま消え去っていたような事柄も

そのまま気軽に書いていきます。

大切な一言・・・ぜひお見逃しなく(^^)

関連記事
[ 2013/12/17 08:47 ] MACDルールで見る本日の流れ | TB(-) | CM(-)

MACDルールとダウ理論で見る本日のテクニカル分析【12月16日(月 )】

【MACDルールについて】

当ブログ中によく出てくる「MACDルール」については、

矢印 こちらのレポートで詳しく説明してあります。

私独自のMACDの使い方であり、どの時間軸でトレードすべきか、今トレードしていい状態なのか
どの時間軸で決済すべきか、そういったことが一目でわかります。
非常に汎用性の高い考え方ですので、ぜひ身に付けてください(^^)



【毎月レポートが手に入る!! 前代未聞のタイアップ!!!】





【12月16日(月)のテクニカル分析】

おはようございます(^^)

本日のユロ円の流れです。

【ユーロ/円】4時間足
FX テクニカル分析 ブログ 4時間足


MACDルールは上で成立
長期(青)は上昇ダウ


うん、とりあえずロング目線ですね。


では短期(緑)は?
コチラも上昇ダウ
間違いなくロング目線・・・?


でも長期(青)ダイバージェンス
短期(緑)ダイバージェンス


日足の上昇「勢い」半減
4時間足の上昇「勢い」は収束


うーん・・・
これでまだ伸びるのかな・・・?


まぁ、日足の「勢い」が半減した時点で
どうしたってダラダラ上昇にはなりがちなんやけどね


とりあえず
日足ボリンジャーバンドの1σラインをレートが下回ってきたら要注意


つまりバンドウォークではなくなるってことやからね。


それまではロング目線
だから短期(緑)MAが上を向いてきたら
再度上昇と考えざるを得ないわけです。


ただし徐々に上昇リスクは高まっているってこと。


例えいくらこの後伸びたとしても
ダラダラ上昇だったり
急に戻ってきたりっていうリスクがついてまわるんです。



【ユーロ/円】1時間足
FX テクニカル分析 ブログ 1時間足


コチラはMACDルールが崩れてきました。
長期(青)はまだ上昇ダウですが
長短のMACD、どちらもダイバージェンス


上値はだいぶ重たくなってきているようです。


短期(緑)は先週末に急落しましたね。
この後短期レベルで高値を切り下げるようなことがあれば
上値が重いこともあって
さらに下げてくる可能性が高まります。


4時間足には「勢い」がなく
1時間足の下げ「勢い」は半減から収束に向かいつつあります。


ということは
しばらくトレードチャンスはないかな?


デイトレする以上
やはり1時間足には「勢い」がないとキツイ
贅沢言うなら4時間足にも流れがほしい(笑)


4時間足に流れがない1時間足の「勢い」なんて
一瞬で終わるか
もしくはダマシになる可能性が高いですからね。


とりあえず今日は
短期(緑)の高値切り下げ確定待ちショートか
長期(青)安値切り上げ確認後のロングかってところ?


でもロングで攻めるのであれば
ダイバージェンス後ということもあり
直近高値ラインを越えてくるかどうか要注意



1日1回、応援クリックよろしくお願いします^^♪
  ↓

テクニカル分析ブログ




□*■*□*■*□*■*□*■*□*■*□*■*□*■*□*■*□

【12月16日 月曜日の経済指標】

08:50 日) 日銀短観・四半期大企業製造業業況判断

08:50 日) 日銀短観・四半期大企業製造業先行き

08:50 日) 日銀短観・四半期大企業全産業設備投資

18:00 欧) 12月 製造業購買担当者景気指数

18:00 欧) 12月 サービス部門購買担当者景気指数

19:00 欧) 10月 貿易収支

22:30 米) 四半期非農業部門労働生産性・改定値

22:30 米) 12月 ニューヨーク連銀製造業景気指数


23:00 米) 10月 対米証券投資

23:15 米) 11月 鉱工業生産

23:15 米) 11月 設備稼働率


*★*――――*★**★*――――*★**★*――――*★**★*――――*★*


今の時代において、移動平均線だけで
相場から利益を上げることは不可能なのか!?

答えは「NO」です。 実は移動平均線だけでも相場に勝つことは可能です。しかも、相場のトレンドに乗って大きな値幅を取りつつ、同時に勝率も高めるという、投資の世界において、不可能だと思われている理想のトレードを実現する事ができます。

■高い勝率と大きな値幅が同時に取れる非常識な投資術 〜移動平均線編〜



文中に登場する「勢い」という概念をコチラのレポート内で詳しく説明してあります。
「必ず!」上の「移動平均線編」を購入後にコチラをご覧ください。

■高い"勝率"と大きな"値幅"が同時に取れる非常識な投資術 〜ボリンジャーバンド(応用編)〜

ボリンジャーバンドを使ったエントリーポイントや利の伸ばし方もわかりやすく書いてありますよ(^^)
世界中のどこにもない、私だけの独自の使い方です。



Facebookへようこそ

今までブログではお伝えしきれなかったリアルタイムの最新の情報、

そして専業トレーダーのリアルな日常を投稿していきます。

また、ふとチャートを見ながら考え付いたこと等、今まででしたらそのまま消え去っていたような事柄も

そのまま気軽に書いていきます。

大切な一言・・・ぜひお見逃しなく(^^)

関連記事
[ 2013/12/16 08:44 ] MACDルールで見る本日の流れ | TB(-) | CM(-)

MACDルールとダウ理論で見る本日のテクニカル分析【12月13日(金 )】

【MACDルールについて】

当ブログ中によく出てくる「MACDルール」については、

矢印 こちらのレポートで詳しく説明してあります。

私独自のMACDの使い方であり、どの時間軸でトレードすべきか、今トレードしていい状態なのか
どの時間軸で決済すべきか、そういったことが一目でわかります。
非常に汎用性の高い考え方ですので、ぜひ身に付けてください(^^)



【毎月レポートが手に入る!! 前代未聞のタイアップ!!!】





【12月13日(金)のテクニカル分析】

おはようございます(^^)

本日のユロ円の流れです。

【ユーロ/円】4時間足
FX テクニカル分析 ブログ 4時間足


MACDルールは相変わらず上で成立ですね
長期(青)も上昇ダウが崩れません。


そして短期(緑)も安値を切り上げ
さらに直近高値も更新してきました。


日足の「勢い」は半減していますが、
4時間足で再度「勢い」がついてきました。


トレンドライン(紫)を見てもわかりますように(ちょっと見づらいかな?)
トレンドが加速していますね(^^;)


日足がエクスパンションを起こしているわけではないので
レートが日足ボリンジャーバンド(赤)の2σを越えて
ガンガン行くイメージはないですけどね。


まぁ、そんな先入観で相場は見ないほうがいいです。
私はあまり目標値を置くトレードはしませんので


それって所詮、予測であり期待でしかないですもんね。


相場はあくまでも
相場環境の良いところのみでトレードし
先はわからないものというスタンスで
理に沿って利を伸ばすだけ


とりあえず
長短ともに上昇ダウで
移動平均線の並びもあっているので
ロング目線しかありません


ただ、上位足でオシレーターが反転してきて
下位足で高値の切り下げが見られるようであれば
それなりの戻しには注意してください。



【ユーロ/円】1時間足
FX テクニカル分析 ブログ 1時間足


コチラもMACDルールは上で成立か?
長短ともに上昇ダウだし
こちらも目線は上


1時間足の「勢い」が4時間足に波及しつつありますね。


あ、ここらの「勢い」の波及については
高い勝率と大きな値幅が同時に取れる非常識な投資術〜ボリンジャーバンド編〜をご覧ください(^^)
相場環境から利の伸ばし方まで
目からウロコだった!! ってよく言われる内容となっています。


でもできたら
先にコチラから読んでほしい
高い勝率と大きな値幅が同時に取れる非常識な投資術〜移動平均線編〜


ボリンジャーバンド編の理解がより深まります(^^)


というわけで
長短ともに上昇ダウ
移動平均線の並びもOK
「勢い」も付き始めた・・・


このような状況のときは
書くことがありません(笑)


上位足のオシレーターを見て
トレンドが弱まっていないかどうかを確認して
ダウが崩れてないかを確認する


オシレーターが弱まっていたら
その上昇は少しリスクが高まってくる


ダウが崩れたら
その上昇トレンドは終わり


一応
崩れたダウ、
つまり高値を切り下げたところに斜めにラインを引いておくと
再度上昇してきたときのエントリーの目安になりますよ(^^)



1日1回、応援クリックよろしくお願いします^^♪
  ↓

テクニカル分析ブログ




□*■*□*■*□*■*□*■*□*■*□*■*□*■*□*■*□

【12月13日 金曜日の経済指標】

13:30 日) 10月 鉱工業生産

22:30 米) 11月 卸売物価指数


*★*――――*★**★*――――*★**★*――――*★**★*――――*★*


今の時代において、移動平均線だけで
相場から利益を上げることは不可能なのか!?

答えは「NO」です。 実は移動平均線だけでも相場に勝つことは可能です。しかも、相場のトレンドに乗って大きな値幅を取りつつ、同時に勝率も高めるという、投資の世界において、不可能だと思われている理想のトレードを実現する事ができます。

■高い勝率と大きな値幅が同時に取れる非常識な投資術 〜移動平均線編〜



文中に登場する「勢い」という概念をコチラのレポート内で詳しく説明してあります。
「必ず!」上の「移動平均線編」を購入後にコチラをご覧ください。

■高い"勝率"と大きな"値幅"が同時に取れる非常識な投資術 〜ボリンジャーバンド(応用編)〜

ボリンジャーバンドを使ったエントリーポイントや利の伸ばし方もわかりやすく書いてありますよ(^^)
世界中のどこにもない、私だけの独自の使い方です。



Facebookへようこそ

今までブログではお伝えしきれなかったリアルタイムの最新の情報、

そして専業トレーダーのリアルな日常を投稿していきます。

また、ふとチャートを見ながら考え付いたこと等、今まででしたらそのまま消え去っていたような事柄も

そのまま気軽に書いていきます。

大切な一言・・・ぜひお見逃しなく(^^)

関連記事
[ 2013/12/13 08:49 ] MACDルールで見る本日の流れ | TB(-) | CM(-)

MACDルールとダウ理論で見る本日のテクニカル分析【12月12日(木 )】

【MACDルールについて】

当ブログ中によく出てくる「MACDルール」については、

矢印 こちらのレポートで詳しく説明してあります。

私独自のMACDの使い方であり、どの時間軸でトレードすべきか、今トレードしていい状態なのか
どの時間軸で決済すべきか、そういったことが一目でわかります。
非常に汎用性の高い考え方ですので、ぜひ身に付けてください(^^)



【毎月レポートが手に入る!! 前代未聞のタイアップ!!!】





【12月12日(木)のテクニカル分析】

おはようございます(^^)

本日のユロ円の流れです。

【ユーロ/円】4時間足
FX テクニカル分析 ブログ 4時間足


MACDルールは上で成立
長期(青)は上昇ダウ継続


短期(緑)は安値切り上げ確定・・・かな?


順当に考えれば
この後さらに上昇トレンド継続


だけど日足の「勢い」は半減
4時間足は完全に「勢い」収束して
ボリンジャーバンドもスクィーズ状態に


ということは
上昇してきても直近の高値を越えることはないかな?


高値を越えなければ
その後トライアングルのチャートパターンを築いていく可能性もありますね。


しかし上昇ダウを築いて
しかも短期ではヒドゥン・ダイバージェンスですので
上目線を外すわけにはいきません。


ただ短期のMACDもダイバージェンス
日足の「勢い」半減ということから
ちょっとしたきっかけでいっきに下げてくる可能性もあります。


チャートには引き忘れたけど
左下からトレンドラインを引くこともできますので
そのラインにも注意してください。



【ユーロ/円】1時間足
FX テクニカル分析 ブログ 1時間足


コチラもはMACDルールは不成立
長期(青)は安値切り上げを確定させるかどうか・・・というあたり


1時間足の移動平均線(青)が上昇してこないと
安値切り上げとは言いにくいですもんね。


でも短期(緑)は下げダウなんです。


さらに
1時間足も4時間足も「勢い」収束~


つまり方向感がなく
値幅もない


うわ! 最低の相場やん


まさかこのままクリスマス相場に突入とか
そんなんやめてやー


せめてみんな手仕舞いして
利益確定の売り相場になってくれんかな?(笑)


とりあえず上げるにしても下げるにしても
方向がハッキリしないことにはトレードは難しい


しばし待ちかな?



1日1回、応援クリックよろしくお願いします^^♪
  ↓

テクニカル分析ブログ




□*■*□*■*□*■*□*■*□*■*□*■*□*■*□*■*□

【12月12日 木曜日の経済指標】

08:50 日) 前週分 対外対内証券売買契約等の状況

18:00 欧) 欧州中央銀行 月報

19:00 欧) 10月 鉱工業生産

22:30 米) 前週分 新規失業保険申請件数

22:30 米) 11月 輸入物価指数

22:30 米) 11月 輸出物価指数

22:30 米) 11月 小売売上高

24:00 米) 10月 企業在庫


*★*――――*★**★*――――*★**★*――――*★**★*――――*★*


今の時代において、移動平均線だけで
相場から利益を上げることは不可能なのか!?

答えは「NO」です。 実は移動平均線だけでも相場に勝つことは可能です。しかも、相場のトレンドに乗って大きな値幅を取りつつ、同時に勝率も高めるという、投資の世界において、不可能だと思われている理想のトレードを実現する事ができます。

■高い勝率と大きな値幅が同時に取れる非常識な投資術 〜移動平均線編〜



文中に登場する「勢い」という概念をコチラのレポート内で詳しく説明してあります。
「必ず!」上の「移動平均線編」を購入後にコチラをご覧ください。

■高い"勝率"と大きな"値幅"が同時に取れる非常識な投資術 〜ボリンジャーバンド(応用編)〜

ボリンジャーバンドを使ったエントリーポイントや利の伸ばし方もわかりやすく書いてありますよ(^^)
世界中のどこにもない、私だけの独自の使い方です。



Facebookへようこそ

今までブログではお伝えしきれなかったリアルタイムの最新の情報、

そして専業トレーダーのリアルな日常を投稿していきます。

また、ふとチャートを見ながら考え付いたこと等、今まででしたらそのまま消え去っていたような事柄も

そのまま気軽に書いていきます。

大切な一言・・・ぜひお見逃しなく(^^)

関連記事
[ 2013/12/12 08:35 ] MACDルールで見る本日の流れ | TB(-) | CM(-)