MACDルールとダウ理論で見る本日のテクニカル分析【11月28日(金 )】

【MACDルールについて】

当ブログ中によく出てくる「MACDルール」については、

矢印 こちらのレポートで詳しく説明してあります。

私独自のMACDの使い方であり、どの時間軸でトレードすべきか、今トレードしていい状態なのか
どの時間軸で決済すべきか、そういったことが一目でわかります。
非常に汎用性の高い考え方ですので、ぜひ身に付けてください(^^)



【毎月レポートが手に入る!! 前代未聞のタイアップ!!!】





【11月29日(金)のテクニカル分析】

おはようございます(^^)

本日のユロ円の流れです。

【ユーロ/円】4時間足
FX テクニカル分析 ブログ 4時間足


MACDルールは上で成立
長期(青)は上昇ダウ形成
短期(緑)も上昇ダウ


とりあえずロング目線で待機しておくしかないですね(笑)


日足へと「勢い」は波及していますが
4時間足の「勢い」は半減
下位足での伸びはいったん鈍ってくるか?



【ユーロ/円】1時間足
FX テクニカル分析 ブログ 1時間足


コチラもMACDルールは上で成立
長期(青)は上昇ダウ
短期(緑)も上昇ダウ


ロング目線・・・です(笑)


上位足からきれいにダウを築かれたら
書くことがなくなるんですけどね・・・


1時間足には現在「勢い」がなく
4時間足も半減しているので
しばらく上値は重たくなりそう


さらに長短でダイバージェンスも発生していますので
次に押し目を築いても
少々リスクは高まっていると認識したほうがいいでしょう。


かと言って
上昇しなければすぐにショートか?
というわけにもいきません。


やはりトレンドに沿っていなければ
値幅が得られにくいので
損益率の悪いトレードになる可能性があります。


ただ上昇幅が大きかったので
戻しもそれなりに値幅が期待はできます。


でもそれは
ハッキリと下位足で下げトレンドを築いたときでなければ
やはりトレードは難しいと認識してください。


どこに注文が集中していて
どこを割ってきたら下げ勢力のほうが強くなるか?
それを考えると上達しますよ。


ここでは昨日の朝8時ごろの高値ライン
そのラインを夕方いっきに越えてきているので
そこがひとまず意識されるところだと思われます。


割り込みながら1時間足のボリンジャーバンドが
エクスパンションを起こしてくれたりしたら
下位足ではトレードしやすいでしょうね。


あくまでも上昇しなければ・・の話ですが(笑)


あ、あとですね
1時間足の安値を結んでトレンドラインを引くこともできますよね。


そこを割ってきたから1時間足でショートというわけにはいきませんが
(※トレンドには逆らっているから)
下位足でちょっと獲りにいく目安にはいいと思います。


あくまでもエントリーのタイミングとしてではなく
相場環境としてのライン割れです。



1日1回、応援クリックよろしくお願いします^^♪
  ↓

テクニカル分析ブログ




□*■*□*■*□*■*□*■*□*■*□*■*□*■*□*■*□

【11月29日 金曜日の経済指標】

08:30 日) 10月 全世帯家計調査・消費支出

08:30 日) 10月 失業率

08:30 日) 10月 有効求人倍率

08:30 日) 10月 全国消費者物価指数

08:30 日) 11月 東京都区部消費者物価指数


08:50 日) 10月 鉱工業生産・速報値

14:00 日) 10月 新設住宅着工戸数

19:00 欧) 10月 失業率

19:00 欧) 11月 消費者物価指数


19:00 日) 外国為替平衡操作の実施状況(介入実績)


*★*――――*★**★*――――*★**★*――――*★**★*――――*★*


今の時代において、移動平均線だけで
相場から利益を上げることは不可能なのか!?

答えは「NO」です。 実は移動平均線だけでも相場に勝つことは可能です。しかも、相場のトレンドに乗って大きな値幅を取りつつ、同時に勝率も高めるという、投資の世界において、不可能だと思われている理想のトレードを実現する事ができます。

■高い勝率と大きな値幅が同時に取れる非常識な投資術 〜移動平均線編〜



文中に登場する「勢い」という概念をコチラのレポート内で詳しく説明してあります。
「必ず!」上の「移動平均線編」を購入後にコチラをご覧ください。

■高い"勝率"と大きな"値幅"が同時に取れる非常識な投資術 〜ボリンジャーバンド(応用編)〜

ボリンジャーバンドを使ったエントリーポイントや利の伸ばし方もわかりやすく書いてありますよ(^^)
世界中のどこにもない、私だけの独自の使い方です。



Facebookへようこそ

今までブログではお伝えしきれなかったリアルタイムの最新の情報、

そして専業トレーダーのリアルな日常を投稿していきます。

また、ふとチャートを見ながら考え付いたこと等、今まででしたらそのまま消え去っていたような事柄も

そのまま気軽に書いていきます。

大切な一言・・・ぜひお見逃しなく(^^)

関連記事
[ 2013/11/29 08:33 ] MACDルールで見る本日の流れ | TB(-) | CM(-)

MACDルールとダウ理論で見る本日のテクニカル分析【11月28日(木 )】

【MACDルールについて】

当ブログ中によく出てくる「MACDルール」については、

矢印 こちらのレポートで詳しく説明してあります。

私独自のMACDの使い方であり、どの時間軸でトレードすべきか、今トレードしていい状態なのか
どの時間軸で決済すべきか、そういったことが一目でわかります。
非常に汎用性の高い考え方ですので、ぜひ身に付けてください(^^)



【毎月レポートが手に入る!! 前代未聞のタイアップ!!!】





【11月28日(木)のテクニカル分析】

おはようございます(^^)

本日のユロ円の流れです。

【ユーロ/円】4時間足
FX テクニカル分析 ブログ 4時間足


MACDルールは上で成立
長期(青)は安値切り上げ高値更新で
上昇ダウ継続


短期(緑)もきれいに上昇ダウを築いていますね。


先日も書きましたように
ダウ(押し目)を築いてこそ
相場は安定して大きく伸びるんです。


日足には現在「勢い」があり
4時間足も再度「勢い」がでてきました。


このままだと上昇目線継続なんですが
ここらである程度オシレーターにも注目しておいたほうがいいですね。


ダイバージェンス等発生させることがあれば
それが即トレンド反転とは言いませんが
やはり上昇熱は少し冷めてきたとも言うことができますので。


でも上昇ダウが継続している限りは
目線はロングが基本


そんな中でオシレーターが弱まってきたら
そのロングは少々リスクが高まってきた


そんな感じにとらえてください(^^)



【ユーロ/円】1時間足
FX テクニカル分析 ブログ 1時間足


上での成立が終わりかけていたMACDルールですが
再度上で成立しています。


長期(青)は高値を更新し上昇ダウ


昨日引いたラインを越えて
きれいに上昇しましたね


ラインってのはエントリーのタイミングに使用されがちですが
こうやって「相場環境」に使用することもできますよ(^^)
むしろそちらを推奨(笑)


短期(緑)も上昇ダウを築いていますが
1時間足の「勢い」は一旦終了気配


そして4時間足へと波及もしていませんので
この上昇は短期的に見たらとりあえず終わりも近いかな?


もちろん上昇ダウを上位足から築いている以上
安易にショートを獲りにいくのはリスクが高いですが


1時間足が下げ方向へとバンドウォークするくらいまで待てば
下位足で少し獲りにいくことは可能となりそうです。


ただ何度も書きますが
上昇ダウが継続している以上
基本の目線はロング



1日1回、応援クリックよろしくお願いします^^♪
  ↓

テクニカル分析ブログ




□*■*□*■*□*■*□*■*□*■*□*■*□*■*□*■*□

【11月28日 木曜日の経済指標】

08:50 日) 前週分 対外対内証券売買契約等の状況

08:50 日) 10月 小売業販売額

08:50 日) 10月 大型小売店(既存店)販売額

18:00 欧) 10月 マネーサプライM3

19:00 欧) 11月 消費者信頼感


*★*――――*★**★*――――*★**★*――――*★**★*――――*★*


今の時代において、移動平均線だけで
相場から利益を上げることは不可能なのか!?

答えは「NO」です。 実は移動平均線だけでも相場に勝つことは可能です。しかも、相場のトレンドに乗って大きな値幅を取りつつ、同時に勝率も高めるという、投資の世界において、不可能だと思われている理想のトレードを実現する事ができます。

■高い勝率と大きな値幅が同時に取れる非常識な投資術 〜移動平均線編〜



文中に登場する「勢い」という概念をコチラのレポート内で詳しく説明してあります。
「必ず!」上の「移動平均線編」を購入後にコチラをご覧ください。

■高い"勝率"と大きな"値幅"が同時に取れる非常識な投資術 〜ボリンジャーバンド(応用編)〜

ボリンジャーバンドを使ったエントリーポイントや利の伸ばし方もわかりやすく書いてありますよ(^^)
世界中のどこにもない、私だけの独自の使い方です。



Facebookへようこそ

今までブログではお伝えしきれなかったリアルタイムの最新の情報、

そして専業トレーダーのリアルな日常を投稿していきます。

また、ふとチャートを見ながら考え付いたこと等、今まででしたらそのまま消え去っていたような事柄も

そのまま気軽に書いていきます。

大切な一言・・・ぜひお見逃しなく(^^)

関連記事
[ 2013/11/28 08:37 ] MACDルールで見る本日の流れ | TB(-) | CM(-)

MACDルールとダウ理論で見る本日のテクニカル分析【11月27日(水 )】

【MACDルールについて】

当ブログ中によく出てくる「MACDルール」については、

矢印 こちらのレポートで詳しく説明してあります。

私独自のMACDの使い方であり、どの時間軸でトレードすべきか、今トレードしていい状態なのか
どの時間軸で決済すべきか、そういったことが一目でわかります。
非常に汎用性の高い考え方ですので、ぜひ身に付けてください(^^)



【毎月レポートが手に入る!! 前代未聞のタイアップ!!!】





【11月27日(水)のテクニカル分析】

おはようございます(^^)

本日のユロ円の流れです。

【ユーロ/円】4時間足
FX テクニカル分析 ブログ 4時間足


MACDルールは上を示しており
長期(青)は上昇ダウ


さて短期(緑)がどうなるか
対応ストキャス(緑)は反転上昇していますし
4時間足から日足へと「勢い」が波及しているので
まだ上昇の可能性は高いです。


ただ、4時間足には全く「勢い」がないため
しばらくレンジ気味に推移する可能性もありますね。


短期のMACDが下げつつありますので
もしここで短期ストキャス(緑)が反転下落してきたら
それなりの下げにつながりそうです。



【ユーロ/円】1時間足
FX テクニカル分析 ブログ 1時間足


コチラのMACDルールは崩れつつあるようです。
長期(青)は
安値切り上げなき高値更新から
安値切り上げを確定させてきた・・・?
という状態


とりあえずライン(茶色)を引いておきました
これくらいを越えてきたら
安値切り上げ確定と見てもいいかな?


短期(緑)は
高値切り下げの安値切り上げ?


トライアングルになって方向が不透明・・・


結局上に抜けるか下に抜けるかを待つしかないようです。


上に抜けたら上昇トレンド確定なので
素直についていったらいいし


下に抜けたら
長期の安値切り上げがない上昇だったので
それなりに戻す可能性が高いわけだから


下位足でちょこちょこ獲りに行ってもいいと思います。


レンジから抜ける瞬間を狙いにいって
ダマシにあって損失を積み重ねるのではなく


レンジから抜けたのを確認して
値幅ができてから攻めたほうが
デイトレは楽ですよ(^^)


ただレンジから抜ける瞬間を捉える方法はあります


もちろんどうしてもそんなに成功率が高いわけではありませんが
ただやみくもに狙っていくよりははるかにマシ


また機会があればご紹介します(^^)


レンジ内を獲りにいくトレードにも応用できますので。



1日1回、応援クリックよろしくお願いします^^♪
  ↓

テクニカル分析ブログ




□*■*□*■*□*■*□*■*□*■*□*■*□*■*□*■*□

【11月27日 水曜日の経済指標】

18:30 英) 7-9月期 四半期国内総生産

21:00 米) MBA住宅ローン申請指数


22:30 米) 10月 耐久財受注

22:30 米) 新規失業保険申請件数

23:45 米) 11月 シカゴ購買部協会景気指数

23:55 米) 11月 ミシガン大学消費者態度指数・確報値

24:00 米) 10月 景気先行指標総合指数


*★*――――*★**★*――――*★**★*――――*★**★*――――*★*


今の時代において、移動平均線だけで
相場から利益を上げることは不可能なのか!?

答えは「NO」です。 実は移動平均線だけでも相場に勝つことは可能です。しかも、相場のトレンドに乗って大きな値幅を取りつつ、同時に勝率も高めるという、投資の世界において、不可能だと思われている理想のトレードを実現する事ができます。

■高い勝率と大きな値幅が同時に取れる非常識な投資術 〜移動平均線編〜



文中に登場する「勢い」という概念をコチラのレポート内で詳しく説明してあります。
「必ず!」上の「移動平均線編」を購入後にコチラをご覧ください。

■高い"勝率"と大きな"値幅"が同時に取れる非常識な投資術 〜ボリンジャーバンド(応用編)〜

ボリンジャーバンドを使ったエントリーポイントや利の伸ばし方もわかりやすく書いてありますよ(^^)
世界中のどこにもない、私だけの独自の使い方です。



Facebookへようこそ

今までブログではお伝えしきれなかったリアルタイムの最新の情報、

そして専業トレーダーのリアルな日常を投稿していきます。

また、ふとチャートを見ながら考え付いたこと等、今まででしたらそのまま消え去っていたような事柄も

そのまま気軽に書いていきます。

大切な一言・・・ぜひお見逃しなく(^^)

関連記事
[ 2013/11/27 08:34 ] MACDルールで見る本日の流れ | TB(-) | CM(-)

MACDルールとダウ理論で見る本日のテクニカル分析【11月26日(火 )】

【MACDルールについて】

当ブログ中によく出てくる「MACDルール」については、

矢印 こちらのレポートで詳しく説明してあります。

私独自のMACDの使い方であり、どの時間軸でトレードすべきか、今トレードしていい状態なのか
どの時間軸で決済すべきか、そういったことが一目でわかります。
非常に汎用性の高い考え方ですので、ぜひ身に付けてください(^^)



【毎月レポートが手に入る!! 前代未聞のタイアップ!!!】





【11月26日(火)のテクニカル分析】

おはようございます(^^)

本日のユロ円の流れです。

【ユーロ/円】4時間足
FX テクニカル分析 ブログ 4時間足


MACDルールは上で成立
長期(青)は上昇ダウを築いていますね


短期(緑)は安値更新からの高値更新
伸びましたねー(^^)


でも短期(緑)の安値切り上げがない状態からの伸びなんで
どうしても急反転の不安がある伸びでした。


ですがやっと戻してきましたね。
ここから押し目を築いて伸びてくれるとうれしい


相場を引っ張っているドル円の
日足レベルで少し気になっていた7月頭の高値も越えてきたし
もうちょっと伸びないかな(^^)


おっと!
期待を込めて相場を見たらダメなんですよね(笑)


とりあえず現状は
長期(青)は上昇ダウ
短期(緑)は安値切り上げがないけど上昇中
4時間足から日足へと「勢い」は波及


そんな感じです。


ネックとなるのは短期レベルの動き
この短期移動平均線(緑)に注目しておきましょう。



【ユーロ/円】1時間足
FX テクニカル分析 ブログ 1時間足


コチラもMACDルールは上で成立
長期(青)は
安値切り上げを経ることなき高値更新上昇


短期(緑)はきれいに上昇ダウを築いています。


でもレートが1時間足のボリンジャーバンド内のイヤな位置にありますね。
急に崩れてバンドウォークしてきたら困るな
1分足程度で追いかけるしかない・・・


どちらにしろ
1時間足のMA(青)が下を向き
レートも下に位置しているんで
すぐにロングを考えるのは難しい


だけど目線は
長期(青)安値切り上げ待ちしかありません。


現在小さく高値を切り下げているレートの上に
トレンドラインを引いたら
再度上昇に転ずるかどうかの目安になるかな?


5分足程度でハッキリ安値を切り上げてきたら
その後ラインを上抜くきっかけになるかも


とりあえず相場は
全体に上昇相場ではあるのだけれども
少々弱含み・・・(※下げ要因も多少ある)


そんな感じ(^^)



1日1回、応援クリックよろしくお願いします^^♪
  ↓

テクニカル分析ブログ




□*■*□*■*□*■*□*■*□*■*□*■*□*■*□*■*□

【11月26日 火曜日の経済指標】

08:50 日) 10月 企業向けサービス価格指数

08:50 日) 日銀・金融政策決定会合議事要旨

22:30 米) 10月 住宅着工件数

22:30 米) 10月 建設許可件数


23:00 米) 9月 ケース・シラー米住宅価格指数

23:00 米) 9月 住宅価格指数

23:00 米) 7-9月期 四半期住宅価格指数

24:00 米) 11月 リッチモンド連銀製造業指数

24:00 米) 11月 消費者信頼感指数


*★*――――*★**★*――――*★**★*――――*★**★*――――*★*


今の時代において、移動平均線だけで
相場から利益を上げることは不可能なのか!?

答えは「NO」です。 実は移動平均線だけでも相場に勝つことは可能です。しかも、相場のトレンドに乗って大きな値幅を取りつつ、同時に勝率も高めるという、投資の世界において、不可能だと思われている理想のトレードを実現する事ができます。

■高い勝率と大きな値幅が同時に取れる非常識な投資術 〜移動平均線編〜



文中に登場する「勢い」という概念をコチラのレポート内で詳しく説明してあります。
「必ず!」上の「移動平均線編」を購入後にコチラをご覧ください。

■高い"勝率"と大きな"値幅"が同時に取れる非常識な投資術 〜ボリンジャーバンド(応用編)〜

ボリンジャーバンドを使ったエントリーポイントや利の伸ばし方もわかりやすく書いてありますよ(^^)
世界中のどこにもない、私だけの独自の使い方です。



Facebookへようこそ

今までブログではお伝えしきれなかったリアルタイムの最新の情報、

そして専業トレーダーのリアルな日常を投稿していきます。

また、ふとチャートを見ながら考え付いたこと等、今まででしたらそのまま消え去っていたような事柄も

そのまま気軽に書いていきます。

大切な一言・・・ぜひお見逃しなく(^^)

関連記事
[ 2013/11/26 08:42 ] MACDルールで見る本日の流れ | TB(-) | CM(-)

MACDルールとダウ理論で見る本日のテクニカル分析【11月25日(月 )】

【MACDルールについて】

当ブログ中によく出てくる「MACDルール」については、

矢印 こちらのレポートで詳しく説明してあります。

私独自のMACDの使い方であり、どの時間軸でトレードすべきか、今トレードしていい状態なのか
どの時間軸で決済すべきか、そういったことが一目でわかります。
非常に汎用性の高い考え方ですので、ぜひ身に付けてください(^^)



【毎月レポートが手に入る!! 前代未聞のタイアップ!!!】





【11月25日(月)のテクニカル分析】

おはようございます(^^)

本日のユロ円の流れです。

【ユーロ/円】4時間足
FX テクニカル分析 ブログ 4時間足


MACDルールは上で成立
長期(青)は上昇ダウ


いったん下げてきたような素振りを見せた相場ですが
やはり移動平均線の並び順が与える影響って大きいですね


この後、順調に上昇トレンド・・・と言いたいところですが
短期(緑)が一度安値更新した状態からの上昇ですので
急な大き目の戻しには気を付けたほうがよいでしょう。


それに先日も書きましたが
相場というのは、戻しが入ったほうが
その後きれいに伸びやすいものなんです(^^)


さらに4時間足から日足へと「勢い」が波及してきましたので
その傾向は強くなるでしょうね。


あとは7月の頭につけた高値を越えてくるかどうか・・・
越えずに下位足で高値を切り下げたら・・・



【ユーロ/円】1時間足
FX テクニカル分析 ブログ 1時間足


コチラもMACDルールは上で成立
でも長期(青)が・・・
安値割れからの高値更新


急な大き目の戻しに注意ってやつです(笑)


短期(緑)は上昇ダウを築いていますね。
しかも1時間足から4時間足へと「勢い」が波及していますので
まだロング目線かな?


と言っても
ロングで入るにはいったん押し目を築いてほしいところ


ただ、押し目を築いたと思っても
長期(青)で安値を切り上げていないため


短期レベル高値を更新しないか
更新してもわずかで、ダイバージェンスを発生させながら
長期安値切り上げを築くために下げてくるかもしれませんので
そこらへんは注意が必要


とりあえずは・・・
押し目待ちか
5分足レベルの高値更新待ち(8:43現在)かな?



1日1回、応援クリックよろしくお願いします^^♪
  ↓

テクニカル分析ブログ




□*■*□*■*□*■*□*■*□*■*□*■*□*■*□*■*□

【11月25日 月曜日の経済指標】

24:00 米) 10月 住宅販売保留指数



*★*――――*★**★*――――*★**★*――――*★**★*――――*★*


今の時代において、移動平均線だけで
相場から利益を上げることは不可能なのか!?

答えは「NO」です。 実は移動平均線だけでも相場に勝つことは可能です。しかも、相場のトレンドに乗って大きな値幅を取りつつ、同時に勝率も高めるという、投資の世界において、不可能だと思われている理想のトレードを実現する事ができます。

■高い勝率と大きな値幅が同時に取れる非常識な投資術 〜移動平均線編〜



文中に登場する「勢い」という概念をコチラのレポート内で詳しく説明してあります。
「必ず!」上の「移動平均線編」を購入後にコチラをご覧ください。

■高い"勝率"と大きな"値幅"が同時に取れる非常識な投資術 〜ボリンジャーバンド(応用編)〜

ボリンジャーバンドを使ったエントリーポイントや利の伸ばし方もわかりやすく書いてありますよ(^^)
世界中のどこにもない、私だけの独自の使い方です。



Facebookへようこそ

今までブログではお伝えしきれなかったリアルタイムの最新の情報、

そして専業トレーダーのリアルな日常を投稿していきます。

また、ふとチャートを見ながら考え付いたこと等、今まででしたらそのまま消え去っていたような事柄も

そのまま気軽に書いていきます。

大切な一言・・・ぜひお見逃しなく(^^)

関連記事
[ 2013/11/25 08:44 ] MACDルールで見る本日の流れ | TB(-) | CM(-)

MACDルールとダウ理論で見る本日のテクニカル分析【11月21日(木 )】

【MACDルールについて】

当ブログ中によく出てくる「MACDルール」については、

矢印 こちらのレポートで詳しく説明してあります。

私独自のMACDの使い方であり、どの時間軸でトレードすべきか、今トレードしていい状態なのか
どの時間軸で決済すべきか、そういったことが一目でわかります。
非常に汎用性の高い考え方ですので、ぜひ身に付けてください(^^)



【毎月レポートが手に入る!! 前代未聞のタイアップ!!!】





【11月21日(木)のテクニカル分析】

おはようございます(^^)

本日のユロ円の流れです。

【ユーロ/円】4時間足
FX テクニカル分析 ブログ 4時間足


昨日書きましたように
どうも「勢い」がないのが気になっていて
日足の2σも気になっていたのですが
やはり下げてきたか・・・


「勢い」があれば
高値更新後に追随してもいいのですが
それがない高値更新(ブレイク)は
一度戻してくることが多いんですね。


さらに長期(青)が上昇ダウを築いているかどうかが
ちょっと微妙でしたからね(青点線部)


長期(青)のMAが水平にすらなっていなかったので
上昇ダウを見なすべきではなかったのかもしれません。


とすると?
相変わらず、安値更新から安値切り上げを経ることなく
そのまま高値更新


つまり戻してくる可能性の高い相場ってことになります。


で、短期(緑)のダイバージェンスから
いっきに安値割れ


さてこの後どうなるか
ちょっと難しい・・・


長期(青)は安値更新から高値更新
短期(緑)は逆に、高値更新から安値更新


方向感ありませんねー(^_^;)


ならばトレードしたいのであれば
相場環境をこの時間軸に求めたらだめですよね。



【ユーロ/円】1時間足
FX テクニカル分析 ブログ 1時間足


MACDルールは崩れてきました。
長期(青)は上昇ダウを築いていたのですが
高値切り下げを経ることなくいっきに安値割れ


ということは
待ちは長期(青)の高値切り下げ
さらに急な戻しに注意パターン


そして短期(緑)は下げダウ形成
下げ「勢い」も半分残っているので
コチラは下げ待ち


うわー
この1時間足もわかりにくいですね(^_^;)


ただ現在のレートが
チャート左端の高値から引くことができるライン上
(※上昇の起点となったブレイクライン)にあるため
5分足程度の下位足で安値の切り上げやダイバージェンスがあれば
けっこう大きく反発上昇してくる可能性はありますね。
(※8:43現在5分足でダイバージェンス発生、さらに短期で安値切り上げからロング相場)


そういったところで
丁寧に待ってスキャルピング
今日はそんな感じかな


とにかく方向に賭けるトレードにおいて
その肝心の方向がわかりにくいのだから
トレードはかなり注意が必要



1日1回、応援クリックよろしくお願いします^^♪
  ↓

テクニカル分析ブログ




□*■*□*■*□*■*□*■*□*■*□*■*□*■*□*■*□

【11月21日 木曜日の経済指標】


08:50 日) 前週分 対外対内証券売買契約等の状況

昼過ぎ 日) 日銀金融政策決定会合、終了後決定内容発表

15:00 日) 黒田日銀総裁記者会見

18:00 欧) 11月 製造業購買担当者景気指数

18:00 欧) 11月 サービス部門購買担当者景気指数

22:30 米) 10月 卸売物価指数

22:30 米) 前週分 新規失業保険申請件数

24:00 米) 11月 フィラデルフィア連銀製造業景気指数

24:00 欧) 11月 消費者信頼感



*★*――――*★**★*――――*★**★*――――*★**★*――――*★*


今の時代において、移動平均線だけで
相場から利益を上げることは不可能なのか!?

答えは「NO」です。 実は移動平均線だけでも相場に勝つことは可能です。しかも、相場のトレンドに乗って大きな値幅を取りつつ、同時に勝率も高めるという、投資の世界において、不可能だと思われている理想のトレードを実現する事ができます。

■高い勝率と大きな値幅が同時に取れる非常識な投資術 〜移動平均線編〜



文中に登場する「勢い」という概念をコチラのレポート内で詳しく説明してあります。
「必ず!」上の「移動平均線編」を購入後にコチラをご覧ください。

■高い"勝率"と大きな"値幅"が同時に取れる非常識な投資術 〜ボリンジャーバンド(応用編)〜

ボリンジャーバンドを使ったエントリーポイントや利の伸ばし方もわかりやすく書いてありますよ(^^)
世界中のどこにもない、私だけの独自の使い方です。



Facebookへようこそ

今までブログではお伝えしきれなかったリアルタイムの最新の情報、

そして専業トレーダーのリアルな日常を投稿していきます。

また、ふとチャートを見ながら考え付いたこと等、今まででしたらそのまま消え去っていたような事柄も

そのまま気軽に書いていきます。

大切な一言・・・ぜひお見逃しなく(^^)

関連記事
[ 2013/11/21 08:44 ] MACDルールで見る本日の流れ | TB(-) | CM(-)

MACDルールとダウ理論で見る本日のテクニカル分析【11月20日(水 )】

【MACDルールについて】

当ブログ中によく出てくる「MACDルール」については、

矢印 こちらのレポートで詳しく説明してあります。

私独自のMACDの使い方であり、どの時間軸でトレードすべきか、今トレードしていい状態なのか
どの時間軸で決済すべきか、そういったことが一目でわかります。
非常に汎用性の高い考え方ですので、ぜひ身に付けてください(^^)



【毎月レポートが手に入る!! 前代未聞のタイアップ!!!】





【11月20日(水)のテクニカル分析】

おはようございます(^^)

本日のユロ円の流れです。

【ユーロ/円】4時間足
FX テクニカル分析 ブログ 4時間足


再度上昇に転じましたねー
よほどファンダの後押しが強いとみえる。


最近ファンダを見るのはやめました。
もちろん今までだってファンダを考慮してトレードしていたわけではないんですが
考えるのは好きだったんです。


でもついていけない(笑)
考えたところでトレードに全く生かせない
なら時間の無駄ということがやっと判明いたしまして・・・(笑)


それならテクニカルをもっと追究しようという結論に到達しました(←遅い?w)


で、MACDルールですが
上で成立しつつ
抵抗線を上抜いてきました。


長期(青)のダウは
うーん・・・
安値を切り上げたと見るべきか・・・


でも4時間足のMA(青)が下げてないんですよね
水平にすらなっていない


だから長期(青)レベルでダウを築いたとするかどうか少々悩むところ


この場合の1つの目安は
短期のMACDなんです。


これのクロスがあれば
1つのダウの山谷と考えるとわかりやすいです。


そうすると今回はダウを築いたということになりますね。


この短期のMACDというのは
長期(青)のMAと長々期(赤)のMAとの差をとったものなので

これが下げてくるという時点で
4時間足が日足に対して下げてきているということであり
さらにMACDラインとシグナルラインがクロスしているということは
その下げが顕著であると判断できるということなんです。


そうすると長期(青)が上昇ダウを築いたということになり
短期(緑)も上昇ダウ継続


そしてさらに抵抗線を上抜いた状態・・・と言うことができます。


ただ・・・
やっぱり「勢い」ないね(^_^;)


これで「勢い」がついてくれたら
さらに追随しやすい相場になりそうです。



【ユーロ/円】1時間足
FX テクニカル分析 ブログ 1時間足


コチラもMACDルールは上で成立です。
そして長期(青)は上昇ダウ継続


短期(緑)は下げダウを築いていたのですが
昨夜安値を切り上げてきました。


上位足が上昇トレンドの状態で
下位足の安値切り上げです


鉄板の反転上昇パターンですよね(^^♪


ええ、私はすでにチャート見ていませんでしたけどね(苦笑)


というわけで
長期(青)レベルでも高値を更新しましたし
上昇トレンド継続です。


ただ・・・
やはり「勢い」がない


1時間足では「勢い」がついたのですが
4時間足へと波及する前に「勢い」半減


上位足で再度しっかりと押しが入ってからのほうが獲りやすいのかなぁ・・・
(※抵抗線に対してのリターンムーブ)


ただ目線はロングにしておくしかないですね。
日足のボリンジャーバンドの2σに到達しているので
反転には少々注意


だからこそ「勢い」がほしいところ。



1日1回、応援クリックよろしくお願いします^^♪
  ↓

テクニカル分析ブログ




□*■*□*■*□*■*□*■*□*■*□*■*□*■*□*■*□

【11月20日 水曜日の経済指標】

21:00 米) MBA住宅ローン申請指数

22:30 米) 10月 小売売上高

22:30 米) 10月 消費者物価指数


24:00 米) 9月 企業在庫

24:00 米) 10月 中古住宅販売件数

28:00 米) 米連邦公開市場委員会(FOMC)議事要旨



*★*――――*★**★*――――*★**★*――――*★**★*――――*★*


今の時代において、移動平均線だけで
相場から利益を上げることは不可能なのか!?

答えは「NO」です。 実は移動平均線だけでも相場に勝つことは可能です。しかも、相場のトレンドに乗って大きな値幅を取りつつ、同時に勝率も高めるという、投資の世界において、不可能だと思われている理想のトレードを実現する事ができます。

■高い勝率と大きな値幅が同時に取れる非常識な投資術 〜移動平均線編〜



文中に登場する「勢い」という概念をコチラのレポート内で詳しく説明してあります。
「必ず!」上の「移動平均線編」を購入後にコチラをご覧ください。

■高い"勝率"と大きな"値幅"が同時に取れる非常識な投資術 〜ボリンジャーバンド(応用編)〜

ボリンジャーバンドを使ったエントリーポイントや利の伸ばし方もわかりやすく書いてありますよ(^^)
世界中のどこにもない、私だけの独自の使い方です。



Facebookへようこそ

今までブログではお伝えしきれなかったリアルタイムの最新の情報、

そして専業トレーダーのリアルな日常を投稿していきます。

また、ふとチャートを見ながら考え付いたこと等、今まででしたらそのまま消え去っていたような事柄も

そのまま気軽に書いていきます。

大切な一言・・・ぜひお見逃しなく(^^)

関連記事
[ 2013/11/20 08:48 ] MACDルールで見る本日の流れ | TB(-) | CM(-)

MACDルールとダウ理論で見る本日のテクニカル分析【11月19日(火 )】

【MACDルールについて】

当ブログ中によく出てくる「MACDルール」については、

矢印 こちらのレポートで詳しく説明してあります。

私独自のMACDの使い方であり、どの時間軸でトレードすべきか、今トレードしていい状態なのか
どの時間軸で決済すべきか、そういったことが一目でわかります。
非常に汎用性の高い考え方ですので、ぜひ身に付けてください(^^)



【毎月レポートが手に入る!! 前代未聞のタイアップ!!!】





【11月19日(火)のテクニカル分析】

おはようございます(^^)

本日のユロ円の流れです。

【ユーロ/円】4時間足
FX テクニカル分析 ブログ 4時間足


結局抵抗線を超えませんでしたね。
そして越える前に下位足で高値切り下げ
そしてそれが確定した深夜・・・急落


いくらシナリオ通りでも
午前4時台に下げられても・・・(T_T)


MACDルールは上で成立しつつありますが、
これで急落したらまだわかりませんね。


今後長期(青)で安値を切り上げたら
そのまま抵抗線越えは十分あると思いますが


なんといってもこの長期(青)
下げダウからいきなりの高値更新なんで
上昇ダウを築いていないんですよね。


昨日も書きましたように
押し目ってのは、さらなる上昇のために必要なものです。


ただ高値を越えた・・というだけでは
「勢い」のある上昇はなかなか続くことはありません。


ここでは短期(緑)が上昇ダウを築いているので
けっこう伸びましたが
やはり長期(青)レベルで伸びないと(ダウを築かないと)
これ以上は伸びにくいかな?


さて、この後
4時間足のMA(青)も割ってくるような下げになるか?


なったとしても
長続きはちょっと難しい?


長期(青)は高値更新だし
短期(緑)は上昇ダウ継続中ですもんね。



【ユーロ/円】1時間足
FX テクニカル分析 ブログ 1時間足


コチラもMACDルールは上で成立していますが
MACDがダイバージェンス
短期(緑)が安値切り下げ


さらに上に抵抗線があるわけですから
この1時間足で見ても上昇は打ち止めか


4時間足のバンドウォークも完全収束しそうですしね。
再度長期(青)レベルで押し目が入り
そのまま抵抗線を上抜くか


あきらめてポジション解消の売りが集中→下落
となるか


抵抗線を越えたい勢力と
ポジションを解消する勢力が均衡して
なんらかのチャートパターンを作ってしばらく保ち合うか・・・


丁寧にラインを引いて
ダウを見て
判断していく・・・


これがまた楽しい(笑)
裁量トレードの醍醐味ですね(^^♪


チャートパターンを築くならば
短期(緑)が安値を割っているので
いわゆる上昇フラッグ型か?


でもとりあえず
抵抗線の手前でMACDダイバージェンス
そして短期高値切り下げ&安値割れなんで


見るべき方向は
「長期が押し目を作って再度上昇に転ずるかもしれないことを考慮した上での
 短期的な下げ目線」


こんな感じ(^^)



1日1回、応援クリックよろしくお願いします^^♪
  ↓

テクニカル分析ブログ




□*■*□*■*□*■*□*■*□*■*□*■*□*■*□*■*□

【11月19日 火曜日の経済指標】

14:00 日) 9月 景気一致指数

14:00 日) 9月 景気先行指数

19:00 欧) 9月 建設支出

19:00 欧) 11月 ZEW景況感調査



*★*――――*★**★*――――*★**★*――――*★**★*――――*★*


今の時代において、移動平均線だけで
相場から利益を上げることは不可能なのか!?

答えは「NO」です。 実は移動平均線だけでも相場に勝つことは可能です。しかも、相場のトレンドに乗って大きな値幅を取りつつ、同時に勝率も高めるという、投資の世界において、不可能だと思われている理想のトレードを実現する事ができます。

■高い勝率と大きな値幅が同時に取れる非常識な投資術 〜移動平均線編〜



文中に登場する「勢い」という概念をコチラのレポート内で詳しく説明してあります。
「必ず!」上の「移動平均線編」を購入後にコチラをご覧ください。

■高い"勝率"と大きな"値幅"が同時に取れる非常識な投資術 〜ボリンジャーバンド(応用編)〜

ボリンジャーバンドを使ったエントリーポイントや利の伸ばし方もわかりやすく書いてありますよ(^^)
世界中のどこにもない、私だけの独自の使い方です。



Facebookへようこそ

今までブログではお伝えしきれなかったリアルタイムの最新の情報、

そして専業トレーダーのリアルな日常を投稿していきます。

また、ふとチャートを見ながら考え付いたこと等、今まででしたらそのまま消え去っていたような事柄も

そのまま気軽に書いていきます。

大切な一言・・・ぜひお見逃しなく(^^)

関連記事
[ 2013/11/19 08:41 ] MACDルールで見る本日の流れ | TB(-) | CM(-)

MACDルールとダウ理論で見る本日のテクニカル分析【11月18日(月 )】

【MACDルールについて】

当ブログ中によく出てくる「MACDルール」については、

矢印 こちらのレポートで詳しく説明してあります。

私独自のMACDの使い方であり、どの時間軸でトレードすべきか、今トレードしていい状態なのか
どの時間軸で決済すべきか、そういったことが一目でわかります。
非常に汎用性の高い考え方ですので、ぜひ身に付けてください(^^)



【毎月レポートが手に入る!! 前代未聞のタイアップ!!!】





【11月18日(月)のテクニカル分析】

おはようございます(^^)

本日のユロ円の流れです。

【ユーロ/円】4時間足
FX テクニカル分析 ブログ 4時間足


よく伸びますねー(^_^;)
どこまで伸びるんやコレ?


とりあえずすぐ上に抵抗線があるけど
このライン有効なんかな?
なんかいきなり突破してさらに上昇しそう・・・


それはまぁそれでいいんやけど
個人的ドル建て資産があるもんで(笑)
ドル高円安大歓迎♪


MACDルールは上で成立しつつあるけど
長期(青)下げダウからの
安値切り上げを経ることなく急上昇


抵抗線の手前でちょっとスピード落ちたかな?
越えることなく下位足で高値の切り下げやダイバージェンス等あれば
長期(青)安値切り上げがないこともあり
急落の可能性があるので要注意!


というか
反発下げか、抵抗線上抜きか
どちらかを確定してくれないと
ちとトレードしづらいなぁ・・・


1分足ですらガタガタやん?(8:31現在)


トレードってのは
とにかく値幅値幅値幅!


方向性をしっかり伴った値幅であれば
こんなにトレードしやすい時はないんです。


だから値幅&方向ができるまでちと休憩~


初動~~~
なんて考えてたら疲れるだけ


動いたら誰か教えてー
ってくらいがちょうどいいんですよ(^^)



【ユーロ/円】1時間足
FX テクニカル分析 ブログ 1時間足


コチラ、MACDルールは上で成立
長期(青)も上昇ダウ
でも抵抗線の手前で少々動きが鈍い


1時間足にも4時間足にも「勢い」はないけど
長期短期ともに上昇ダウの上
バンドウォークしているんで
上目線で待つしかないですよね。


あとはどこかで押し目を作ってくれたらいいんです。


押し目が入らないと
レートってのは伸びにくいですからね。


「売る人がいるから買える人がいる」


これは覚えておいたほうがいいです。


ただ一方的に上昇し続けていたら
買い場がないんです。


追加で買ってくれる人がいなければ
そのトレンドの寿命は短くなるんです。


てっぺんを掴まされるの怖いですやん?(>_<)


とりあえず今日は
上でも書きましたが
ロング目線の値幅待ち


もしくは
反発下落待ち


この場合は
どこでみんながロングポジションを手放すかを考える


あまりインディケーターに頼らずに
値動きを見ていたほうがわかりやすいよ(^^)



1日1回、応援クリックよろしくお願いします^^♪
  ↓

テクニカル分析ブログ




□*■*□*■*□*■*□*■*□*■*□*■*□*■*□*■*□

【11月18日 月曜日の経済指標】

18:00 欧) 9月 経常収支

19:00 欧) 9月 貿易収支

23:00 米) 9月 対米証券投資

24:00 米) 11月 NAHB住宅市場指数



*★*――――*★**★*――――*★**★*――――*★**★*――――*★*


今の時代において、移動平均線だけで
相場から利益を上げることは不可能なのか!?

答えは「NO」です。 実は移動平均線だけでも相場に勝つことは可能です。しかも、相場のトレンドに乗って大きな値幅を取りつつ、同時に勝率も高めるという、投資の世界において、不可能だと思われている理想のトレードを実現する事ができます。

■高い勝率と大きな値幅が同時に取れる非常識な投資術 〜移動平均線編〜



文中に登場する「勢い」という概念をコチラのレポート内で詳しく説明してあります。
「必ず!」上の「移動平均線編」を購入後にコチラをご覧ください。

■高い"勝率"と大きな"値幅"が同時に取れる非常識な投資術 〜ボリンジャーバンド(応用編)〜

ボリンジャーバンドを使ったエントリーポイントや利の伸ばし方もわかりやすく書いてありますよ(^^)
世界中のどこにもない、私だけの独自の使い方です。



Facebookへようこそ

今までブログではお伝えしきれなかったリアルタイムの最新の情報、

そして専業トレーダーのリアルな日常を投稿していきます。

また、ふとチャートを見ながら考え付いたこと等、今まででしたらそのまま消え去っていたような事柄も

そのまま気軽に書いていきます。

大切な一言・・・ぜひお見逃しなく(^^)

関連記事
[ 2013/11/18 08:41 ] MACDルールで見る本日の流れ | TB(-) | CM(-)

MACDルールとダウ理論で見る本日のテクニカル分析【11月15日(金 )】

【MACDルールについて】

当ブログ中によく出てくる「MACDルール」については、

矢印 こちらのレポートで詳しく説明してあります。

私独自のMACDの使い方であり、どの時間軸でトレードすべきか、今トレードしていい状態なのか
どの時間軸で決済すべきか、そういったことが一目でわかります。
非常に汎用性の高い考え方ですので、ぜひ身に付けてください(^^)



【毎月レポートが手に入る!! 前代未聞のタイアップ!!!】





【11月15日(金)のテクニカル分析】

おはようございます(^^)

本日のユロ円の流れです。

【ユーロ/円】4時間足
FX テクニカル分析 ブログ 4時間足


いやー、しかし戻しますねー
どこまで上昇するんだこれ?


・・・という疑問を持つことが
トレードではとてもイケナイこと(^^)


上昇しているのであれば
その上昇が終わったと判断できるまで
ただロングで追いかけるのみ


「予想」しようとしたら
様々な要素が邪魔をして
怖くなって素直に追いかけることができなくなって獲り逃すよ


でもMACDルールは成立していないし
長期(青)は下げダウからいきなりの高値更新状態なんですよね。


だから長期(青)の安値切り上げがないと
ロングで追いかけようにも
いつ戻ってくるかわからないというリスクはあります。


だからあまり長い時間軸で追いかけないほうがいい
ではどの時間軸で追いかけたらいいのか?
ってのがMACDルールでもあるんです(^^)


エントリーのタイミングを教えてくれるとか
そんなものは他にいくらでもあるからね。


それよりももっと大切なことを教えてくれるよ。


しかし4時間足に「勢い」がないし
日足に「勢い」が波及したわけでもない・・・


だからどうしてもダラダラ上昇になるんで
下位足でのトレードは
一方向に動いていながらけっこう難しいものとなりがち


そんなときに
よくもっと下位足で絶妙のポイントをさがして~~
ってなりがちだけど


上位足に「勢い」がないのであれば
今まで1分足でトレードしていたのを5分足に
5分足でトレードしていたのを15分足に


そうやってスライドさせると
けっこう勝てるようになる


トレード回数が減るだけでも
損益率や勝率が改善することも多いよ(^^)



【ユーロ/円】1時間足
FX テクニカル分析 ブログ 1時間足


コチラはMACDルール成立?
日足のA(水色)がまだ下げているか?


だとしたら
まだ下げてくる可能性は高いか?


でも一応
長期(青)は上昇ダウ形成
短期(緑)も上昇ダウですね。


まぁ、「勢い」はありませんので
非常に獲りにくい相場になってはいますが・・・


こういうときは
一度安値切り上げまで待つか
高値を更新したときを狙うか


とにかく上位足において
再度「注文が集中」する時まで待つのが正解


上位足が上昇なんだから
下位足でロングのサインがでるたびにエントリーを繰り返していたりしたら
絶対に勝てないよ


とにかくね
チャートを見て「ヒゲ」が多いと思ったら
ちょっと手控えるのもアリ


そういう直観も大事です(^^)
ヒゲが多いってことは
他の相場参加者も迷ってるってことなんでね。


だったら注文がそこに集中することはないんで
当然伸びません。



1日1回、応援クリックよろしくお願いします^^♪
  ↓

テクニカル分析ブログ




□*■*□*■*□*■*□*■*□*■*□*■*□*■*□*■*□

【11月15日 金曜日の経済指標】

19:00 欧) 10月 消費者物価指数

22:30 米) 10月 輸入物価指数

22:30 米) 10月 輸出物価指数

22:30 加) 9月 製造業出荷

22:30 米) 11月 ニューヨーク連銀製造業景気指数

23:15 米) 10月 鉱工業生産

23:15 米) 10月 設備稼働率

24:00 米) 9月 卸売在庫



*★*――――*★**★*――――*★**★*――――*★**★*――――*★*


今の時代において、移動平均線だけで
相場から利益を上げることは不可能なのか!?

答えは「NO」です。 実は移動平均線だけでも相場に勝つことは可能です。しかも、相場のトレンドに乗って大きな値幅を取りつつ、同時に勝率も高めるという、投資の世界において、不可能だと思われている理想のトレードを実現する事ができます。

■高い勝率と大きな値幅が同時に取れる非常識な投資術 〜移動平均線編〜



文中に登場する「勢い」という概念をコチラのレポート内で詳しく説明してあります。
「必ず!」上の「移動平均線編」を購入後にコチラをご覧ください。

■高い"勝率"と大きな"値幅"が同時に取れる非常識な投資術 〜ボリンジャーバンド(応用編)〜

ボリンジャーバンドを使ったエントリーポイントや利の伸ばし方もわかりやすく書いてありますよ(^^)
世界中のどこにもない、私だけの独自の使い方です。



Facebookへようこそ

今までブログではお伝えしきれなかったリアルタイムの最新の情報、

そして専業トレーダーのリアルな日常を投稿していきます。

また、ふとチャートを見ながら考え付いたこと等、今まででしたらそのまま消え去っていたような事柄も

そのまま気軽に書いていきます。

大切な一言・・・ぜひお見逃しなく(^^)

関連記事
[ 2013/11/15 08:41 ] MACDルールで見る本日の流れ | TB(-) | CM(-)