MACDルールとダウ理論で見る本日のテクニカル分析【9月30日(月)】

【MACDルールについて】

当ブログ中によく出てくる「MACDルール」については、

矢印 こちらのレポートで詳しく説明してあります。

私独自のMACDの使い方であり、どの時間軸でトレードすべきか、今トレードしていい状態なのか
どの時間軸で決済すべきか、そういったことが一目でわかります。
非常に汎用性の高い考え方ですので、ぜひ身に付けてください(^^)



【毎月レポートが手に入る!! 前代未聞のタイアップ!!!】





【9月30日(月)のテクニカル分析】

おはようございます(^^)

本日のユロ円の流れです。

【ユーロ/円】4時間足
FX テクニカル分析 ブログ 4時間足


窓あけからのスタートでしたねー
100ぴぴくらい窓をあけた?


こういうときって
短期足の移動平均線の計算等がめちゃくちゃになるんで
落ち着くまであまりトレードしたくない(^_^;)


とりあえずMACDルールはまだ上で成立しているけど
長期(青)は高値を切り下げ
そして安値も割ってきました。


短期(緑)は
結局安値を切り上げることがありませんでしたので
そのまま下げダウ継続です。


4時間足に下げ「勢い」もついてきたので
とりあえずの目線は下げです。


でも移動平均線の並びが
まだ大きな流れが上昇であることを示していますので
下げといっても
上下に値動きの荒い下げになる可能性も考えておかなければなりません。



【ユーロ/円】1時間足
FX テクニカル分析 ブログ 1時間足


MACDルールは下げで成立しかけ・・・
まだ成立じゃないですよ。


長期(青)は結局安値を切り上げることなく
下げダウ継続


そんな中で短期(緑)も下げダウ形成なので
安値割れの可能性はどんどん高まっていってましたね。


ただ、まだ日足MA(水色)の上に
4時間足のMA(赤)が位置していますし
わかりやすい値動きをしてくれるかどうかは少々疑問


急な戻しも多い形ですので
注意が必要です。


とりあえずは
一度戻って
特にブレイクしてきたラインまで戻って(リターンムーブ)
その後に下げてくれればうれしい(^^♪


スキャルピングレベルであれば
値幅があるため
下位足でダウが成立していれば
ちょっとだけ下げを狙うことができるかもしれないけど


個人的には
急に下げたあとは
一度戻してからゆっくりトレードしたいところ。



1日1回、応援クリックよろしくお願いします^^♪
  ↓

テクニカル分析ブログ




□*■*□*■*□*■*□*■*□*■*□*■*□*■*□*■*□

【9月30日 月曜日の経済指標】

18:00 欧) 9月 消費者物価指数

19:00 日) 外国為替平衡操作の実施状況(介入実績)

22:45 米) 9月 シカゴ購買部協会景気指数


*★*――――*★**★*――――*★**★*――――*★**★*――――*★*


今の時代において、移動平均線だけで
相場から利益を上げることは不可能なのか!?

答えは「NO」です。 実は移動平均線だけでも相場に勝つことは可能です。しかも、相場のトレンドに乗って大きな値幅を取りつつ、同時に勝率も高めるという、投資の世界において、不可能だと思われている理想のトレードを実現する事ができます。

■高い勝率と大きな値幅が同時に取れる非常識な投資術 〜移動平均線編〜



文中に登場する「勢い」という概念をコチラのレポート内で詳しく説明してあります。
「必ず!」上の「移動平均線編」を購入後にコチラをご覧ください。

■高い"勝率"と大きな"値幅"が同時に取れる非常識な投資術 〜ボリンジャーバンド(応用編)〜

ボリンジャーバンドを使ったエントリーポイントや利の伸ばし方もわかりやすく書いてありますよ(^^)
世界中のどこにもない、私だけの独自の使い方です。



Facebookへようこそ

今までブログではお伝えしきれなかったリアルタイムの最新の情報、

そして専業トレーダーのリアルな日常を投稿していきます。

また、ふとチャートを見ながら考え付いたこと等、今まででしたらそのまま消え去っていたような事柄も

そのまま気軽に書いていきます。

大切な一言・・・ぜひお見逃しなく(^^)

関連記事
[ 2013/09/30 08:41 ] MACDルールで見る本日の流れ | TB(-) | CM(-)

MACDルールとダウ理論で見る本日のテクニカル分析【9月27日(金)】

【MACDルールについて】

当ブログ中によく出てくる「MACDルール」については、

矢印 こちらのレポートで詳しく説明してあります。

私独自のMACDの使い方であり、どの時間軸でトレードすべきか、今トレードしていい状態なのか
どの時間軸で決済すべきか、そういったことが一目でわかります。
非常に汎用性の高い考え方ですので、ぜひ身に付けてください(^^)



【毎月レポートが手に入る!! 前代未聞のタイアップ!!!】





【9月27日(金)のテクニカル分析】

おはようございます(^^)

本日のユロ円の流れです。

【ユーロ/円】4時間足
FX テクニカル分析 ブログ 4時間足


MACDルールは上で成立
長期(青)も上昇ダウ継続していますね。


でも日足にまで「勢い」が波及しているわけでもないので
イマイチぱっとしない相場です。


短期(緑)はダイバージェンスから上昇しましたが
やはり昨日書いたように急落・・・


直近の高値を越えず
このまま高値切り下げか?


でも長期は上昇ダウであり
移動平均線の並び&方向も上なので
このまま下げ?とはやはりならないわけで


結局短期(緑)の安値切り上げを待つか
トライアングルを抜けてくるまで待つしかないか・・・



【ユーロ/円】1時間足
FX テクニカル分析 ブログ 1時間足


MACDルールは上で成立しかけているけど微妙
このまま短期のMACDが下げてしまうと
長期MACDも下げそうですもんね。


長期(青)は直近高値を越えていないので
まだ一応下げダウ中


だけど移動平均線の並び&方向は上・・・


では短期(緑)のダウは?
方向感・・・なし・・・(笑)


この1時間足
上と下にトレンドラインが引けますね
トライアングルができる


トレードは
それをどちらかに越えてからかな?(^_^;)


方向感がないときは
方向がハッキリしてからトレード



これはトレードを行う上での鉄則ですよ(^^)



1日1回、応援クリックよろしくお願いします^^♪
  ↓

テクニカル分析ブログ




□*■*□*■*□*■*□*■*□*■*□*■*□*■*□*■*□

【9月27日 金曜日の経済指標】

08:30 日) 8月 全国消費者物価指数

08:30 日) 9月 東京都区部消費者物価指数

08:50 日) 前週分 対外対内証券売買契約等の状況

18:00 欧) 9月 消費者信頼感

21:30 米) 8月 個人所得

21:30 米) 8月 個人消費支出

22:55 米) 9月 ミシガン大学消費者態度指数・速報値


*★*――――*★**★*――――*★**★*――――*★**★*――――*★*


今の時代において、移動平均線だけで
相場から利益を上げることは不可能なのか!?

答えは「NO」です。 実は移動平均線だけでも相場に勝つことは可能です。しかも、相場のトレンドに乗って大きな値幅を取りつつ、同時に勝率も高めるという、投資の世界において、不可能だと思われている理想のトレードを実現する事ができます。

■高い勝率と大きな値幅が同時に取れる非常識な投資術 〜移動平均線編〜



文中に登場する「勢い」という概念をコチラのレポート内で詳しく説明してあります。
「必ず!」上の「移動平均線編」を購入後にコチラをご覧ください。

■高い"勝率"と大きな"値幅"が同時に取れる非常識な投資術 〜ボリンジャーバンド(応用編)〜

ボリンジャーバンドを使ったエントリーポイントや利の伸ばし方もわかりやすく書いてありますよ(^^)
世界中のどこにもない、私だけの独自の使い方です。



Facebookへようこそ

今までブログではお伝えしきれなかったリアルタイムの最新の情報、

そして専業トレーダーのリアルな日常を投稿していきます。

また、ふとチャートを見ながら考え付いたこと等、今まででしたらそのまま消え去っていたような事柄も

そのまま気軽に書いていきます。

大切な一言・・・ぜひお見逃しなく(^^)

関連記事
[ 2013/09/27 08:40 ] MACDルールで見る本日の流れ | TB(-) | CM(-)

MACDルールとダウ理論で見る本日のテクニカル分析【9月26日(木)】

【MACDルールについて】

当ブログ中によく出てくる「MACDルール」については、

矢印 こちらのレポートで詳しく説明してあります。

私独自のMACDの使い方であり、どの時間軸でトレードすべきか、今トレードしていい状態なのか
どの時間軸で決済すべきか、そういったことが一目でわかります。
非常に汎用性の高い考え方ですので、ぜひ身に付けてください(^^)



【毎月レポートが手に入る!! 前代未聞のタイアップ!!!】





【9月26日(木)のテクニカル分析】

おはようございます(^^)

本日のユロ円の流れです。

【ユーロ/円】4時間足
FX テクニカル分析 ブログ 4時間足


MACDルールは上で成立
長期(青)も上昇ダウ継続


移動平均線の並びもいいのに
日足に「勢い」がつきませんねー


もっとエクスパンションを起こしてガンガン伸びてほしいのに・・・


で、長期(青)は上昇ダウですが
短期(緑)はまだ下げダウ中


ですがサポートラインに引っかかったあたりで
ダイバージェンス発生


ここから上昇に転ずるか?


でもここで急に上昇したとしても
4時間のMA(青)が下げてますからね


そして短期(緑)の安値も切り上げてないんで
上昇後に急落の可能性大


日足4時間足ともに「勢い」があるわけでもないし
上げてきたら下位足では獲りやすくなるかな?
という相場環境



【ユーロ/円】1時間足
FX テクニカル分析 ブログ 1時間足


MACDルールは不成立
長期(青)は下げダウ


でもサポートラインに引っかかって
ダイバージェンス発生
反転上昇なるか?


でも高値は高値で
直近高値を越えずに戻ってきましたね・・・


下げはサポートラインで跳ね返り
上げは高値を越えず・・・


ちょっとイヤな感じで
上下にふたをされました。


これで短期(緑)で
安値の切り上げを確定させてくれたら
高値レジスタンスラインを越えていきそうです。


でもそれがない場合は・・・


長期(青)は下げダウを築いているので下?
でも4時間足の長期(青)は上昇ダウ(笑)


というわけで
意外と難しい局面です。


トレードしたいのはどちらか?と問われれば
やはり4時間足が上昇ダウで
そちら方向へと1時間足でダイバージェンスが発生しているため
ロング待ちとしたいですね。


でもその1時間足で安値を切り上げていないので・・・
さらに上値も重たくて・・・


だから難しいんです(>_<)


こういうときは
どちらかに抜けてからトレードするか♪
という待ち方に限ります


きっとこっちに抜けるはずー!
と決めつけて
少しでも早めエントリーをしようとすると
ダマシ&損切りだらけのトレードとなるわけです。



1日1回、応援クリックよろしくお願いします^^♪
  ↓

テクニカル分析ブログ




□*■*□*■*□*■*□*■*□*■*□*■*□*■*□*■*□

【9月26日 木曜日の経済指標】

17:00 欧) 8月 マネーサプライM3

17:30 英) 4-6月期 四半期経常収支

17:30 英) 4-6月期 四半期国内総生産

21:30 米) 4-6月期 四半期実質国内総生産

21:30 米) 前週分 新規失業保険申請件数

23:00 米) 8月 住宅販売保留指数


*★*――――*★**★*――――*★**★*――――*★**★*――――*★*


今の時代において、移動平均線だけで
相場から利益を上げることは不可能なのか!?

答えは「NO」です。 実は移動平均線だけでも相場に勝つことは可能です。しかも、相場のトレンドに乗って大きな値幅を取りつつ、同時に勝率も高めるという、投資の世界において、不可能だと思われている理想のトレードを実現する事ができます。

■高い勝率と大きな値幅が同時に取れる非常識な投資術 〜移動平均線編〜



文中に登場する「勢い」という概念をコチラのレポート内で詳しく説明してあります。
「必ず!」上の「移動平均線編」を購入後にコチラをご覧ください。

■高い"勝率"と大きな"値幅"が同時に取れる非常識な投資術 〜ボリンジャーバンド(応用編)〜

ボリンジャーバンドを使ったエントリーポイントや利の伸ばし方もわかりやすく書いてありますよ(^^)
世界中のどこにもない、私だけの独自の使い方です。



Facebookへようこそ

今までブログではお伝えしきれなかったリアルタイムの最新の情報、

そして専業トレーダーのリアルな日常を投稿していきます。

また、ふとチャートを見ながら考え付いたこと等、今まででしたらそのまま消え去っていたような事柄も

そのまま気軽に書いていきます。

大切な一言・・・ぜひお見逃しなく(^^)

関連記事
[ 2013/09/26 08:31 ] MACDルールで見る本日の流れ | TB(-) | CM(-)

MACDルールとダウ理論で見る本日のテクニカル分析【9月25日(水)】

【MACDルールについて】

当ブログ中によく出てくる「MACDルール」については、

矢印 こちらのレポートで詳しく説明してあります。

私独自のMACDの使い方であり、どの時間軸でトレードすべきか、今トレードしていい状態なのか
どの時間軸で決済すべきか、そういったことが一目でわかります。
非常に汎用性の高い考え方ですので、ぜひ身に付けてください(^^)



【毎月レポートが手に入る!! 前代未聞のタイアップ!!!】





【9月25日(水)のテクニカル分析】

おはようございます(^^)

本日のユロ円の流れです。

【ユーロ/円】4時間足
FX テクニカル分析 ブログ 4時間足


MACDルールは上で成立
長期(青)も上昇ダウが継続しています。


昨日、長期(青)直近高値ライン近辺で値動きが荒れましたね。
そのため少々難しい相場となりました。


でもそれなりに値幅はあったので
じっくり待てばけっこう獲りやすい相場でもありました。


とにかく値幅さえあればトレードは楽(^_^;)


現在大きな流れは上昇トレンドですが
短期(緑)は下げダウを築いていますね。


ストキャス(青)を見るとダイバージェンスが発生していますし
そろそろ上値が重たくなってきたかな?


でも上昇ダウを築いている限り
この時間軸では
短期(緑)の安値切り上げ待ちですね



【ユーロ/円】1時間足
FX テクニカル分析 ブログ 1時間足


コチラはMACDルール不成立
長期(青)も
高値を切り下げ、そして安値を更新してしまいました。
下げダウです。


昨日、下げ目標となるかな?
と書いたラインまでほぼ戻ってきました。


というわけで
本日前半は
このラインでの攻防が考えられます。


現在長期(青)が下げダウ
そして短期(緑)も下げダウを築いていますので
とりあえずの目線は下げです。


ただ、ラインを割らずに
短期(緑)が安値を切り上げてきたら
そのまま爆上げも考えられますね(^^)


ただ長期(青)に安値の切り上げがないので
急に上げても急に下げてくるリスクもあります


4時間のMA(赤)が下げていますしね。


ラインを下に割ってきたら
長短下げダウ継続なので下げ目線ではありますが
4時間の長期は上昇ダウなのを忘れてはいけません。


スキャルピング程度には十分な下げは見込めますが
しっかり伸ばす局面とは言い難いですね(^_^;)



1日1回、応援クリックよろしくお願いします^^♪
  ↓

テクニカル分析ブログ




□*■*□*■*□*■*□*■*□*■*□*■*□*■*□*■*□

【9月25日 水曜日の経済指標】

20:00 米) MBA住宅ローン申請指数

21:30 米) 8月 耐久財受注

23:00 米) 8月 新築住宅販売件数


*★*――――*★**★*――――*★**★*――――*★**★*――――*★*


今の時代において、移動平均線だけで
相場から利益を上げることは不可能なのか!?

答えは「NO」です。 実は移動平均線だけでも相場に勝つことは可能です。しかも、相場のトレンドに乗って大きな値幅を取りつつ、同時に勝率も高めるという、投資の世界において、不可能だと思われている理想のトレードを実現する事ができます。

■高い勝率と大きな値幅が同時に取れる非常識な投資術 〜移動平均線編〜



文中に登場する「勢い」という概念をコチラのレポート内で詳しく説明してあります。
「必ず!」上の「移動平均線編」を購入後にコチラをご覧ください。

■高い"勝率"と大きな"値幅"が同時に取れる非常識な投資術 〜ボリンジャーバンド(応用編)〜

ボリンジャーバンドを使ったエントリーポイントや利の伸ばし方もわかりやすく書いてありますよ(^^)
世界中のどこにもない、私だけの独自の使い方です。



Facebookへようこそ

今までブログではお伝えしきれなかったリアルタイムの最新の情報、

そして専業トレーダーのリアルな日常を投稿していきます。

また、ふとチャートを見ながら考え付いたこと等、今まででしたらそのまま消え去っていたような事柄も

そのまま気軽に書いていきます。

大切な一言・・・ぜひお見逃しなく(^^)

関連記事
[ 2013/09/25 08:26 ] MACDルールで見る本日の流れ | TB(-) | CM(-)

MACDルールとダウ理論で見る本日のテクニカル分析【9月24日(火)】

【MACDルールについて】

当ブログ中によく出てくる「MACDルール」については、

矢印 こちらのレポートで詳しく説明してあります。

私独自のMACDの使い方であり、どの時間軸でトレードすべきか、今トレードしていい状態なのか
どの時間軸で決済すべきか、そういったことが一目でわかります。
非常に汎用性の高い考え方ですので、ぜひ身に付けてください(^^)



【毎月レポートが手に入る!! 前代未聞のタイアップ!!!】





【9月24日(火)のテクニカル分析】

おはようございます(^^)

本日のユロ円の流れです。

【ユーロ/円】4時間足
FX テクニカル分析 ブログ 4時間足


MACDルールは上で成立。
長期(青)も上昇ダウを築いていますね。
そして短期(緑)も上昇ダウ継続中です。


レートが直近高値を少し下に割ってきましたね


その直近の高値を上に更新したとき
〇(紫)で囲ったローソクを見ると
かなり注文が集中したようですので、


このラインを割ってきたということは
損切り注文に引っかかって下げてくるかも・・・


といっても長期(青)で高値を切り下げたわけではありませんし
上昇ダウは継続中ですので
短期的に少し獲れるかな?とういトレードしかできませんけどね。
(※伸びる伸びないにかかわらず)


その下には
これまたブレイクしてきたラインが控えています。


下げてくるとしたら
そこらへんが目標になるかな?


といっても長期も短期も上昇ダウ継続中
急に大きく上に戻してくることもあるから注意が必要です。



【ユーロ/円】1時間足
FX テクニカル分析 ブログ 1時間足


MACDルールは崩れました。
長期(青)はまだ上昇ダウ継続中


でも短期(緑)は下げダウ形成
そしてサポートラインを割って昨日は下げ相場でした。


今回のように
サポートラインを割る前の値動きの中に
明確な高値の切り下げを見出すことができなかった場合


〇(紫)の部分のように
一度ラインを割ってもすぐにラインまで戻って
そこから本格的に下げてくる・・という
いわゆる「リターンムーブ」という動きをすることが多いことに注意してください。


現在相場は下げていますが
まだ長期(青)が上昇ダウなんで
短期(緑)で安値の切り上げが見られたら
そのまま再度上昇へと転ずる可能性は高いです。


とうわけで
現在ショート目線ではありますが
放置できる相場というわけでもなく
小刻みに獲っていくしかないですね。


そして5分足レベルくらいで
安値の切り上げが見られたら
それが1時間足短期(緑)レベルへの安値の切り上げへとつながる上げになるかどうか
そこらへんをしっかり見ていったほうがいいと思われます。



1日1回、応援クリックよろしくお願いします^^♪
  ↓

テクニカル分析ブログ




□*■*□*■*□*■*□*■*□*■*□*■*□*■*□*■*□

【9月24日 火曜日の経済指標】

22:00 米) 7月 ケース・シラー米住宅価格指数

22:00 米) 7月 住宅価格指数

23:00 米) 9月 リッチモンド連銀製造業指数

23:00 米) 9月 消費者信頼感指数


*★*――――*★**★*――――*★**★*――――*★**★*――――*★*


今の時代において、移動平均線だけで
相場から利益を上げることは不可能なのか!?

答えは「NO」です。 実は移動平均線だけでも相場に勝つことは可能です。しかも、相場のトレンドに乗って大きな値幅を取りつつ、同時に勝率も高めるという、投資の世界において、不可能だと思われている理想のトレードを実現する事ができます。

■高い勝率と大きな値幅が同時に取れる非常識な投資術 〜移動平均線編〜



文中に登場する「勢い」という概念をコチラのレポート内で詳しく説明してあります。
「必ず!」上の「移動平均線編」を購入後にコチラをご覧ください。

■高い"勝率"と大きな"値幅"が同時に取れる非常識な投資術 〜ボリンジャーバンド(応用編)〜

ボリンジャーバンドを使ったエントリーポイントや利の伸ばし方もわかりやすく書いてありますよ(^^)
世界中のどこにもない、私だけの独自の使い方です。



Facebookへようこそ

今までブログではお伝えしきれなかったリアルタイムの最新の情報、

そして専業トレーダーのリアルな日常を投稿していきます。

また、ふとチャートを見ながら考え付いたこと等、今まででしたらそのまま消え去っていたような事柄も

そのまま気軽に書いていきます。

大切な一言・・・ぜひお見逃しなく(^^)

関連記事
[ 2013/09/24 08:47 ] MACDルールで見る本日の流れ | TB(-) | CM(-)

MACDルールとダウ理論で見る本日のテクニカル分析【9月23日(月)】

【MACDルールについて】

当ブログ中によく出てくる「MACDルール」については、

矢印 こちらのレポートで詳しく説明してあります。

私独自のMACDの使い方であり、どの時間軸でトレードすべきか、今トレードしていい状態なのか
どの時間軸で決済すべきか、そういったことが一目でわかります。
非常に汎用性の高い考え方ですので、ぜひ身に付けてください(^^)



【毎月レポートが手に入る!! 前代未聞のタイアップ!!!】





【9月23日(月)のテクニカル分析】

おはようございます(^^)

本日のユロ円の流れです。

【ユーロ/円】4時間足
FX テクニカル分析 ブログ 4時間足


MACDルールは上で成立
長期(青)も上昇ダウ継続中


短期(緑)レベルの高値を
短期(緑)安値を切り上げながら更新


そしてそのまま「勢い」がついて
さて・・再度安値を切り上げて高値を更新していくか?
という局面。


ここで大切なのは
この先どうなるか?と予想するのではなく


高値を更新したらどうするか
高値を更新せずに下げてきたらどうするか
このシナリオをたてておくことです。


とりあえずトレンドフォローである以上
この4時間足を見る限りでは
下げを考えることはできませんね


4時間足から日足へと「勢い」も波及していますので
下げがあるとしたら
それは上昇中の単なる戻しと捉えるしかないわけです(^^)


ということは?
きれいに下げてくることだってもちろんありますが
それは下位足において売り注文が集中していた場合だけであって
基本的には
少々難しい下げになると想定しておかなければなりません。


だから小さく刻むか
ストップ幅を大きめにとるか
上下に値動きの荒いダウに頼って伸ばすしかないわけです。


だから上昇局面に下げを考えるよりも
ロング待ちしたほうが簡単なんですね(^^)



【ユーロ/円】1時間足
FX テクニカル分析 ブログ 1時間足


MACDルールは上で成立していますね。
長期もわかりやすいレジスタンスラインを安値を切り上げながら越えて
そのまま上昇中です。


ただ1時間足には全く「勢い」がなく
4時間足はその上昇「勢い」を半減させています。


だから再度高値を試す可能性はありますが
その高値を越えてぐんぐん伸びるか?といえば
少々難しいかな?


再度高値を狙って
高値は越えたけどあまり伸びず
ダイバージェンスから下げ・・・


そして4時間足レベルで戻しを築いて
その後再度上昇していく・・・


そんなシナリオが
個人的には一番好きなんですけどね(笑)


もちろんファンダが強ければ
ほとんど戻しらしい戻しにはならず
さらなる強い上昇になることも当然あるわけです(^^)


でも大切なのは
上位足のトレンドの方向に沿ってさえいれば
リワードが得られやすく
かつ勝率も高いよってことです。


それがわかっているのに
わざわざ勝率を下げる可能性のあることをしたり
例え勝ったとしても
トータルの損益率を引き下げる行為は
トレードを長く続けるというのであれば
やはりおすすめできませんね(^^)



1日1回、応援クリックよろしくお願いします^^♪
  ↓

テクニカル分析ブログ




□*■*□*■*□*■*□*■*□*■*□*■*□*■*□*■*□

【9月23日 月曜日の経済指標】

17:00 欧) 9月 製造業購買担当者景気指数

17:00 欧) 9月 サービス部門購買担当者景気指数


*★*――――*★**★*――――*★**★*――――*★**★*――――*★*


今の時代において、移動平均線だけで
相場から利益を上げることは不可能なのか!?

答えは「NO」です。 実は移動平均線だけでも相場に勝つことは可能です。しかも、相場のトレンドに乗って大きな値幅を取りつつ、同時に勝率も高めるという、投資の世界において、不可能だと思われている理想のトレードを実現する事ができます。

■高い勝率と大きな値幅が同時に取れる非常識な投資術 〜移動平均線編〜



文中に登場する「勢い」という概念をコチラのレポート内で詳しく説明してあります。
「必ず!」上の「移動平均線編」を購入後にコチラをご覧ください。

■高い"勝率"と大きな"値幅"が同時に取れる非常識な投資術 〜ボリンジャーバンド(応用編)〜

ボリンジャーバンドを使ったエントリーポイントや利の伸ばし方もわかりやすく書いてありますよ(^^)
世界中のどこにもない、私だけの独自の使い方です。



Facebookへようこそ

今までブログではお伝えしきれなかったリアルタイムの最新の情報、

そして専業トレーダーのリアルな日常を投稿していきます。

また、ふとチャートを見ながら考え付いたこと等、今まででしたらそのまま消え去っていたような事柄も

そのまま気軽に書いていきます。

大切な一言・・・ぜひお見逃しなく(^^)

関連記事
[ 2013/09/23 08:41 ] MACDルールで見る本日の流れ | TB(-) | CM(-)

MACDルールとダウ理論で見る本日のテクニカル分析【9月20日(金)】

【MACDルールについて】

当ブログ中によく出てくる「MACDルール」については、

矢印 こちらのレポートで詳しく説明してあります。

私独自のMACDの使い方であり、どの時間軸でトレードすべきか、今トレードしていい状態なのか
どの時間軸で決済すべきか、そういったことが一目でわかります。
非常に汎用性の高い考え方ですので、ぜひ身に付けてください(^^)



【毎月レポートが手に入る!! 前代未聞のタイアップ!!!】





【9月20日(金)のテクニカル分析】

おはようございます(^^)

本日のユロ円の流れです。

【ユーロ/円】4時間足
FX テクニカル分析 ブログ 4時間足

いやー
昨日は伸びましたねー(^^♪
獲り放題ですたねー♪


やはり長期(青)が上昇ダウ
短期(緑)も上昇ダウ
移動平均線の並びも素敵


そんな中で
明確なレジスタンスラインを上抜き(笑)


なかなかお目にかかれないくらいの
これ以上ない形でしたね


MACDルールはまだ上で成立
4時間足の「勢い」は半減しつつも
日足へと「勢い」がついてきたかな?
というところ


次は2009年につけた高値あたりを目指すか?



【ユーロ/円】1時間足
FX テクニカル分析 ブログ 1時間足

MACDルールは上で成立
長期(青)も上昇ダウを築いていますね。


そんな中で
わかりやすいレジスタンスライン(茶)を上抜いてきました。


上位足の流れは上昇なんで
当然の流れですよね(^^)


ですが・・・
短期(緑)に安値の切り上げがない?


なので大きめのリターンムーブが入るかも?
と警戒していたので
利を伸ばし切ることができず
若干細切れにしてしまったのが残念(>_<)


さて、そろそろ1時間足の「勢い」もなくなってきたので
戻しの時間帯に入るか?


しかしこれだけきれいな上昇だと
戻しも少なくさらに上昇していく可能性も高いので
山高ければ谷深し~ とばかりに
すぐにショートにいくのは危険です。


トレンドフォローであればトレンドフォローに徹すること
これが勝ち続けるコツですよ(^^)


もしショートにいくならば
これがこうならなければ絶対にトレードしない!!
という基準を1つ設けることです。



1日1回、応援クリックよろしくお願いします^^♪
  ↓

テクニカル分析ブログ




□*■*□*■*□*■*□*■*□*■*□*■*□*■*□*■*□

【9月20日 金曜日の経済指標】

23:00 欧) 9月 消費者信頼感


*★*――――*★**★*――――*★**★*――――*★**★*――――*★*


今の時代において、移動平均線だけで
相場から利益を上げることは不可能なのか!?

答えは「NO」です。 実は移動平均線だけでも相場に勝つことは可能です。しかも、相場のトレンドに乗って大きな値幅を取りつつ、同時に勝率も高めるという、投資の世界において、不可能だと思われている理想のトレードを実現する事ができます。

■高い勝率と大きな値幅が同時に取れる非常識な投資術 〜移動平均線編〜



文中に登場する「勢い」という概念をコチラのレポート内で詳しく説明してあります。
「必ず!」上の「移動平均線編」を購入後にコチラをご覧ください。

■高い"勝率"と大きな"値幅"が同時に取れる非常識な投資術 〜ボリンジャーバンド(応用編)〜

ボリンジャーバンドを使ったエントリーポイントや利の伸ばし方もわかりやすく書いてありますよ(^^)
世界中のどこにもない、私だけの独自の使い方です。



Facebookへようこそ

今までブログではお伝えしきれなかったリアルタイムの最新の情報、

そして専業トレーダーのリアルな日常を投稿していきます。

また、ふとチャートを見ながら考え付いたこと等、今まででしたらそのまま消え去っていたような事柄も

そのまま気軽に書いていきます。

大切な一言・・・ぜひお見逃しなく(^^)

関連記事
[ 2013/09/20 08:43 ] MACDルールで見る本日の流れ | TB(-) | CM(-)

MACDルールとダウ理論で見る本日のテクニカル分析【9月19日(木)】

【MACDルールについて】

当ブログ中によく出てくる「MACDルール」については、

矢印 こちらのレポートで詳しく説明してあります。

私独自のMACDの使い方であり、どの時間軸でトレードすべきか、今トレードしていい状態なのか
どの時間軸で決済すべきか、そういったことが一目でわかります。
非常に汎用性の高い考え方ですので、ぜひ身に付けてください(^^)



【毎月レポートが手に入る!! 前代未聞のタイアップ!!!】





【9月19日(木)のテクニカル分析】

おはようございます(^^)

本日のユロ円の流れです。

【ユーロ/円】4時間足
FX テクニカル分析 ブログ 4時間足


MACDルールはまだ上で成立していますね。
長期(青)も上昇ダウ継続中です。


そして懸念材料であった下げダウの短期(緑)
ダイバージェンスから高値更新を目指すも
直近高値に阻まれていたのですが


昨日一度安値の切り上げを見せて
そのまま高値(抵抗線)を上抜いてきました。


さて、このまま1時間~4時間足で「勢い」がついてくれれば
下位足で獲りやすくなるんですけどね。



【ユーロ/円】1時間足
FX テクニカル分析 ブログ 1時間足


MACDルールの成立は微妙?
昨夜、スコーン!とレートが下げてしまいましたからね(^_^;)
ちょっと上昇の値動きについてこれてませんね。


レジスタンスラインとなっていたところで
一度高値を切り下げてたんで
そこから大きく下げましたが


結局前回の安値を下回ることなく
FOMCにも救われ(笑)
上昇に転じてきました。


ただここでの懸念は
明確な短期(緑)で安値の切り上げがないこと・・・(-_-;)


こういうときは
リターンムーブが大きかったりしますので
ちょっと戻しに対しての注意が必要です。


でも長期(青)で安値切り上げの高値更新状態なので
短期(緑)は下げてきたとしても安値の切り上げ待ちですね。


あ、ちょっと注意してほしいのですが
これは「予想」ではないということ。


ここで安値の切り上げを待つというのは
この形になったらトレードするというだけのことです。


相場がどう動くかなんてのは
全くわかりませんので、予想はするだけ無駄


こうなったら多くの投資家が参加してくるので
そちら方向へと動きやすいだろう
だから参加しよう・・・


これがシナリオですからね(^^)


きっと次はこうなるんじゃないか?
なんてのは予想であり
その予想を信じてトレードするのは
「投資」ではなく「ギャンブル」です。


無意識のうちにどちらを選択しているか
時々冷静になって自分を見つめたほうがいいですよ(^^)



1日1回、応援クリックよろしくお願いします^^♪
  ↓

テクニカル分析ブログ




□*■*□*■*□*■*□*■*□*■*□*■*□*■*□*■*□

【9月19日 木曜日の経済指標】

未 定 日)黒田日銀総裁の発言

17:30 英) 8月 小売売上高指数

21:30 米) 前週分 新規失業保険申請件数

21:30 米) 4-6月期 四半期経常収支

23:00 米) 9月 フィラデルフィア連銀製造業景気指数

23:00 米) 8月 中古住宅販売件数

23:00 米) 8月 景気先行指標総合指数


*★*――――*★**★*――――*★**★*――――*★**★*――――*★*


今の時代において、移動平均線だけで
相場から利益を上げることは不可能なのか!?

答えは「NO」です。 実は移動平均線だけでも相場に勝つことは可能です。しかも、相場のトレンドに乗って大きな値幅を取りつつ、同時に勝率も高めるという、投資の世界において、不可能だと思われている理想のトレードを実現する事ができます。

■高い勝率と大きな値幅が同時に取れる非常識な投資術 〜移動平均線編〜



文中に登場する「勢い」という概念をコチラのレポート内で詳しく説明してあります。
「必ず!」上の「移動平均線編」を購入後にコチラをご覧ください。

■高い"勝率"と大きな"値幅"が同時に取れる非常識な投資術 〜ボリンジャーバンド(応用編)〜

ボリンジャーバンドを使ったエントリーポイントや利の伸ばし方もわかりやすく書いてありますよ(^^)
世界中のどこにもない、私だけの独自の使い方です。



Facebookへようこそ

今までブログではお伝えしきれなかったリアルタイムの最新の情報、

そして専業トレーダーのリアルな日常を投稿していきます。

また、ふとチャートを見ながら考え付いたこと等、今まででしたらそのまま消え去っていたような事柄も

そのまま気軽に書いていきます。

大切な一言・・・ぜひお見逃しなく(^^)

関連記事
[ 2013/09/19 08:42 ] MACDルールで見る本日の流れ | TB(-) | CM(-)

MACDルールとダウ理論で見る本日のテクニカル分析【9月18日(水)】

【MACDルールについて】

当ブログ中によく出てくる「MACDルール」については、

矢印 こちらのレポートで詳しく説明してあります。

私独自のMACDの使い方であり、どの時間軸でトレードすべきか、今トレードしていい状態なのか
どの時間軸で決済すべきか、そういったことが一目でわかります。
非常に汎用性の高い考え方ですので、ぜひ身に付けてください(^^)



【毎月レポートが手に入る!! 前代未聞のタイアップ!!!】





【9月18日(水)のテクニカル分析】

おはようございます(^^)

本日のユロ円の流れです。

【ユーロ/円】4時間足
FX テクニカル分析 ブログ 4時間足


MACDルールは上で成立
長期(青)は安値を確定させて
上昇ダウを継続させていますね。


短期(緑)は下げダウを築いていましたが
安値をほとんど更新せず
ダイバージェンスから反転上昇気味


どうも直近高値(緑)から引くことができるライン上で
上にいきづらくなっているようです。


本日の節目はそこらへんですね。
越えてきたら日足週足方向へと4時間足のバンドウォークとなりやすい環境です。


そうなってくると
しばらくPCの前に張り付きです(笑)


ただ短期(緑)で
安値の切り上げが確認されていないのが少々気になりますね。


再度安値切り上げを試しにいく動きをする可能性も
考慮しておいたほうがよさそうです。


だって直近高値を更新しないのであれば
まだ短期(緑)では下げダウ継続なんで。



【ユーロ/円】1時間足
FX テクニカル分析 ブログ 1時間足


コチラもMACDルールは上で成立?
しかけてますね。


だけどレートが直近高値(青)を越えてこないと
ちゃんと成立はしないかな?


越えてきたら
1時間足も4時間足もバンドウォークしそうなんですけどね(^^)


1時間足のMA(青)が4時間足のMA(赤)を上抜いて
そして4時間足のMA(赤)も上を向いてきつつあります。


そして4時間足では上昇ダウを築いているのですから
高値さえ越えたら伸びてくる可能性は十分にあります。


ただ問題は
長期(青)はまだ上昇ダウを築いていないこと・・・


例え高値を越えてきたとしても
安値の切り上げがないと安心できない小心者のトレーダーが私(笑)


しかも高値を越えないと相場が判断したら
今度は大きく下げてくる可能性も高い相場


でも移動平均線の方向&並びから考えると
大きく下げても急に戻してくる可能性のある相場・・・



1日1回、応援クリックよろしくお願いします^^♪
  ↓

テクニカル分析ブログ




□*■*□*■*□*■*□*■*□*■*□*■*□*■*□*■*□

【9月18日 水曜日の経済指標】

指標発表についてですが
今後は、私がトレードするにあたって意識する指標のみ掲載していきます。


18:00 欧) 7月 建設支出

20:00 米) MBA住宅ローン申請指数

21:30 米) 8月 住宅着工件数

21:30 米) 8月 建設許可件数

27:00 米) 米連邦公開市場委員会(FOMC) 終了後政策金利発表


*★*――――*★**★*――――*★**★*――――*★**★*――――*★*


今の時代において、移動平均線だけで
相場から利益を上げることは不可能なのか!?

答えは「NO」です。 実は移動平均線だけでも相場に勝つことは可能です。しかも、相場のトレンドに乗って大きな値幅を取りつつ、同時に勝率も高めるという、投資の世界において、不可能だと思われている理想のトレードを実現する事ができます。

■高い勝率と大きな値幅が同時に取れる非常識な投資術 〜移動平均線編〜



文中に登場する「勢い」という概念をコチラのレポート内で詳しく説明してあります。
「必ず!」上の「移動平均線編」を購入後にコチラをご覧ください。

■高い"勝率"と大きな"値幅"が同時に取れる非常識な投資術 〜ボリンジャーバンド(応用編)〜

ボリンジャーバンドを使ったエントリーポイントや利の伸ばし方もわかりやすく書いてありますよ(^^)
世界中のどこにもない、私だけの独自の使い方です。



Facebookへようこそ

今までブログではお伝えしきれなかったリアルタイムの最新の情報、

そして専業トレーダーのリアルな日常を投稿していきます。

また、ふとチャートを見ながら考え付いたこと等、今まででしたらそのまま消え去っていたような事柄も

そのまま気軽に書いていきます。

大切な一言・・・ぜひお見逃しなく(^^)

関連記事
[ 2013/09/18 08:39 ] MACDルールで見る本日の流れ | TB(-) | CM(-)

MACDルールとダウ理論で見る本日のテクニカル分析【9月17日(火)】

【MACDルールについて】

当ブログ中によく出てくる「MACDルール」については、

矢印 こちらのレポートで詳しく説明してあります。

私独自のMACDの使い方であり、どの時間軸でトレードすべきか、今トレードしていい状態なのか
どの時間軸で決済すべきか、そういったことが一目でわかります。
非常に汎用性の高い考え方ですので、ぜひ身に付けてください(^^)



【毎月レポートが手に入る!! 前代未聞のタイアップ!!!】





【9月17日(火)のテクニカル分析】

おはようございます(^^)

本日のユロ円の流れです。

【ユーロ/円】4時間足
FX テクニカル分析 ブログ 4時間足


MACDルールは上で成立
長期(青)は安値切り上げ高値更新
つまり上昇ダウ継続中ですね。


でも短期は?
高値切り下げの安値更新・・・


下げダウです


でも安値はほとんど割ることなく
ダイバージェンス発生


さ、ここから長期(青)で上昇ダウを継続するか?


4時間足(青)と日足(赤)のMAの方向がガッチャンコしてますねー
ちょっといやな相場です。
 ↓
※参考 ■高い勝率と大きな値幅が同時に取れる非常識な投資術 〜移動平均線編〜


「待ち」は
やはり長期(青)が上昇ダウを築き
そして短期(緑)でダイバージェンス発生なので
ロング期待ですよね。


ただ4時間足にも日足にも「勢い」(オレンジ〇)がないので
しばらくは難しい相場が続くかも?


基本的にデイトレやスキャルピングなんで
上位足が動き始める「初動」を捉える必要はなく


上位足が動き始めた、
そして「勢い」がある
ダウを築いている


そういうところで
下位足で押し目トレード・・・


これが一番楽です(^^♪



【ユーロ/円】1時間足
FX テクニカル分析 ブログ 1時間足


MACDルールは不成立です。
長期(青)高値切り下げ安値もわずかに更新・・・


だけどそこでダイバージェンス発生
このまま上昇??


と言いたいところだけど
4時間足のMA(赤)が下げてますねー


でも日足のMA(水色)は上げてるし
1時間足のMA(青)が上げてきたら
上昇につながる可能性も高いです。


ただ、短期(緑)は
高値切り下げの安値切り上げで
方向感がありません


とりあえずどちらかに抜けてほしいですね。


抜けて伸びが期待できるのは
底は堅そうだし
4時間足では上昇ダウを築いているし・・で、
やはりロングです。


でもまだこの1時間足でも
1時間足のMA(青)と4時間足のMA(赤)がガッチャンコ・・・


だからせめて移動平均線の方向だけでも
しっかりとどちらかに確定してほしいですね。


ここまで書いたような相場環境が整うまでは
のんびり様子見といきますか(^^)



1日1回、応援クリックよろしくお願いします^^♪
  ↓

テクニカル分析ブログ




□*■*□*■*□*■*□*■*□*■*□*■*□*■*□*■*□

【9月17日 火曜日の経済指標】

指標発表についてですが
今後は、私がトレードするにあたって意識する指標のみ掲載していきます。


未 定 米) 米連邦公開市場委員会(FOMC)1日目

17:00 欧) 7月 経常収支

17:30 英) 8月 消費者物価指数

17:30 英) 8月 小売物価指数

18:00 欧) 7月 貿易収支

18:00 欧) 9月 ZEW景況感調査

21:30 米) 8月 消費者物価指数

22:00 米) 7月 対米証券投資

23:00 米) 9月 NAHB住宅市場指数


*★*――――*★**★*――――*★**★*――――*★**★*――――*★*


今の時代において、移動平均線だけで
相場から利益を上げることは不可能なのか!?

答えは「NO」です。 実は移動平均線だけでも相場に勝つことは可能です。しかも、相場のトレンドに乗って大きな値幅を取りつつ、同時に勝率も高めるという、投資の世界において、不可能だと思われている理想のトレードを実現する事ができます。

■高い勝率と大きな値幅が同時に取れる非常識な投資術 〜移動平均線編〜



文中に登場する「勢い」という概念をコチラのレポート内で詳しく説明してあります。
「必ず!」上の「移動平均線編」を購入後にコチラをご覧ください。

■高い"勝率"と大きな"値幅"が同時に取れる非常識な投資術 〜ボリンジャーバンド(応用編)〜

ボリンジャーバンドを使ったエントリーポイントや利の伸ばし方もわかりやすく書いてありますよ(^^)
世界中のどこにもない、私だけの独自の使い方です。



Facebookへようこそ

今までブログではお伝えしきれなかったリアルタイムの最新の情報、

そして専業トレーダーのリアルな日常を投稿していきます。

また、ふとチャートを見ながら考え付いたこと等、今まででしたらそのまま消え去っていたような事柄も

そのまま気軽に書いていきます。

大切な一言・・・ぜひお見逃しなく(^^)

関連記事
[ 2013/09/17 08:40 ] MACDルールで見る本日の流れ | TB(-) | CM(-)