MACDルールとダウ理論で見る本日のテクニカル分析【8月26日(月)】

【MACDルールについて】

当ブログ中によく出てくる「MACDルール」については、

矢印 こちらのレポートで詳しく説明してあります。

私独自のMACDの使い方であり、どの時間軸でトレードすべきか、今トレードしていい状態なのか
どの時間軸で決済すべきか、そういったことが一目でわかります。
非常に汎用性の高い考え方ですので、ぜひ身に付けてください(^^)



【毎月レポートが手に入る!! 前代未聞のタイアップ!!!】





【8月26日(月)のテクニカル分析】

おはようございます(^^)

本日のユロ円の流れです。

【ユーロ/円】4時間足
FX テクニカル分析 ブログ 4時間足

MACDルールは上で成立しています。
長期(青)は安値切り上げから高値更新
つまり上昇ダウです。


さらに短期(緑)も上昇ダウを築いていますね。
でも4時間足の「勢い」が半減
日足には波及・・・したかな?
ちょっと微妙


でもとりあえずは
目線はロングですよね。


例えこの後下げてこようとも
主軸はダウであり
しかも上位足からの移動平均線の並びも
現在相場が上昇中であることを示しています。


とりあえず一番勝ちトレードに近づくのが簡単な方法は
ダウと移動平均線に逆らわないことですよ(^^)


少なくとも
デイトレやスキャルをするにあたって
1時間足の20MAに沿ったトレードするだけで
ホント、リスクとリワードの比率は改善されます。


トレードってのは
何度も言いますが
「どこでも獲れるようになる」ことが上達ではありません。


リスクに対してリワードが
継続的に大きければいいんです。



【ユーロ/円】1時間足
FX テクニカル分析 ブログ 1時間足

さて、1時間足ですが
MACDルールは上で成立していますね。
長期(青)も上昇ダウを築いています。


でも短期(緑)は?
安値切り上げで上昇?
高値切り下げで下落?


ちょっと方向感を失くしていますね。


だけど大筋は上昇方向なので
安値を切り上げている以上
直近高値を更新したら
そのまま上昇していく可能性が高いです。


もちろん方向感を失ったまま
しばらくレンジ
もしくは上昇エネルギーがなくなったと判断されて
なにかのきっかけでいきなり下落ってことも考えられますが、


今後どちらに動くかを予測してトレードするのではなく
トレンドフォローである以上
現在の相場状況が上昇である以上
ロングしか考えてはいけないんです(^^)


だから考えるべきは
「上位足でどうなったら下位足でロングで攻める」
「上位足がどうなったらトレードしないでながめている」


これをちゃんと決めておくことです。


これができなければ
ちょっとした値動きすべてにくらいつくようなトレードであったり
トータルで見たときに
単なる自己の期待を込めただけのギャンブルトレードになっていたりしますよ(^^)



1日1回、応援クリックよろしくお願いします^^♪
  ↓

テクニカル分析ブログ




□*■*□*■*□*■*□*■*□*■*□*■*□*■*□*■*□

【8月26日 月曜日の経済指標】

指標発表についてですが
今後は、私がトレードするにあたって意識する指標のみ掲載していきます。



21:30 米) 7月 耐久財受注



*★*――――*★**★*――――*★**★*――――*★**★*――――*★*


今の時代において、移動平均線だけで
相場から利益を上げることは不可能なのか!?

答えは「NO」です。 実は移動平均線だけでも相場に勝つことは可能です。しかも、相場のトレンドに乗って大きな値幅を取りつつ、同時に勝率も高めるという、投資の世界において、不可能だと思われている理想のトレードを実現する事ができます。

■高い勝率と大きな値幅が同時に取れる非常識な投資術 〜移動平均線編〜



文中に登場する「勢い」という概念をコチラのレポート内で詳しく説明してあります。
「必ず!」上の「移動平均線編」を購入後にコチラをご覧ください。

■高い"勝率"と大きな"値幅"が同時に取れる非常識な投資術 〜ボリンジャーバンド(応用編)〜

ボリンジャーバンドを使ったエントリーポイントや利の伸ばし方もわかりやすく書いてありますよ(^^)
世界中のどこにもない、私だけの独自の使い方です。



Facebookへようこそ

今までブログではお伝えしきれなかったリアルタイムの最新の情報、

そして専業トレーダーのリアルな日常を投稿していきます。

また、ふとチャートを見ながら考え付いたこと等、今まででしたらそのまま消え去っていたような事柄も

そのまま気軽に書いていきます。

大切な一言・・・ぜひお見逃しなく(^^)

関連記事
[ 2013/08/26 08:32 ] MACDルールで見る本日の流れ | TB(-) | CM(-)

MACDルールとダウ理論で見る本日のテクニカル分析【8月23日(金)】

【MACDルールについて】

当ブログ中によく出てくる「MACDルール」については、

矢印 こちらのレポートで詳しく説明してあります。

私独自のMACDの使い方であり、どの時間軸でトレードすべきか、今トレードしていい状態なのか
どの時間軸で決済すべきか、そういったことが一目でわかります。
非常に汎用性の高い考え方ですので、ぜひ身に付けてください(^^)



【毎月レポートが手に入る!! 前代未聞のタイアップ!!!】





【8月23日(金)のテクニカル分析】

おはようございます(^^)

本日のユロ円の流れです。

【ユーロ/円】4時間足
FX テクニカル分析 ブログ 4時間足


MACDルールは上で成立しつつあります。
昨日書きましたが
長期(青)が安値の切り上げ確定であれば
それはMACDルール成立につながるわけですね。


短期MACDを対応させれば
だいたいの長期(青)ダウがわかりますが
今回は値動きが荒く
それもハッキリしづらいです。


でも現在相場を引っ張っているであろう
ドル円を見ると・・・?

【ユーロ/円】4時間足
テクニカル分析 ブログ

どうやら安値切り上げと見てよさそうです(^^)
そしてそれが昨日の上昇につながったようですね。


で、ユロ円に戻って・・・


高値も更新しましたし
短期(緑)も上昇ダウ形成


4時間足に「勢い」があり
日足にはまだ波及していない状態


波及せずして日足ボリンジャーバンドの2σに位置しているため
そろそろ反転があってもおかしくないです。


ただそれには
下位足の高値切り下げ等のサインが必要で
それがないかぎり(つまり上昇ダウが下位足でも継続している限り)
そのまま日足バンドウォークへと続くこともありますので
2σタッチ=反転
という考え方はやめてくださいね(^^)



【ユーロ/円】1時間足
FX テクニカル分析 ブログ 1時間足


コチラもMACDルールは成立
高値を更新してきたことによって
長期(青)の上昇ダウが明確になってきましたね。


そして短期(緑)
これは上昇ダウを築きながら
1時間足に「勢い」がつき
それが4時間足へと波及してきました。


というわけで
目線はロング



現在(午前8:46)レートは
8月2日のちょっと気になる高値にさしかかってきていますので
そこを越えるかどうかはちょっと注意しておいたほうがよさそうです。



1日1回、応援クリックよろしくお願いします^^♪
  ↓

テクニカル分析ブログ




□*■*□*■*□*■*□*■*□*■*□*■*□*■*□*■*□

【8月23日 金曜日の経済指標】

指標発表についてですが
今後は、私がトレードするにあたって意識する指標のみ掲載していきます。



17:30 英) 4-6月期 四半期国内総生産

21:30 加) 7月 消費者物価指数

23:00 欧) 8月 消費者信頼感

23:00 米) 7月 新築住宅販売件数


*★*――――*★**★*――――*★**★*――――*★**★*――――*★*


今の時代において、移動平均線だけで
相場から利益を上げることは不可能なのか!?

答えは「NO」です。 実は移動平均線だけでも相場に勝つことは可能です。しかも、相場のトレンドに乗って大きな値幅を取りつつ、同時に勝率も高めるという、投資の世界において、不可能だと思われている理想のトレードを実現する事ができます。

■高い勝率と大きな値幅が同時に取れる非常識な投資術 〜移動平均線編〜



文中に登場する「勢い」という概念をコチラのレポート内で詳しく説明してあります。
「必ず!」上の「移動平均線編」を購入後にコチラをご覧ください。

■高い"勝率"と大きな"値幅"が同時に取れる非常識な投資術 〜ボリンジャーバンド(応用編)〜

ボリンジャーバンドを使ったエントリーポイントや利の伸ばし方もわかりやすく書いてありますよ(^^)
世界中のどこにもない、私だけの独自の使い方です。



Facebookへようこそ

今までブログではお伝えしきれなかったリアルタイムの最新の情報、

そして専業トレーダーのリアルな日常を投稿していきます。

また、ふとチャートを見ながら考え付いたこと等、今まででしたらそのまま消え去っていたような事柄も

そのまま気軽に書いていきます。

大切な一言・・・ぜひお見逃しなく(^^)

関連記事
[ 2013/08/23 08:46 ] MACDルールで見る本日の流れ | TB(-) | CM(-)

MACDルールとダウ理論で見る本日のテクニカル分析【8月22日(木)】

【MACDルールについて】

当ブログ中によく出てくる「MACDルール」については、

矢印 こちらのレポートで詳しく説明してあります。

私独自のMACDの使い方であり、どの時間軸でトレードすべきか、今トレードしていい状態なのか
どの時間軸で決済すべきか、そういったことが一目でわかります。
非常に汎用性の高い考え方ですので、ぜひ身に付けてください(^^)



【毎月レポートが手に入る!! 前代未聞のタイアップ!!!】





【8月22日(木)のテクニカル分析】

おはようございます(^^)

本日のユロ円の流れです。

【ユーロ/円】4時間足
FX テクニカル分析 ブログ 4時間足


MACDルールは成立しかけ・・・?ていますね。
でも長期(青)は
どちらにも「?」を入れていますが
どうも高安値がハッキリしません。


ストキャスや短期のMACDから
どこをダウとして見るかというのは
ある程度判断できますが


基本的に、高安値やラインというのは
やはり多くのトレーダーが認識してこそ役に立つものです


そしてわかりやすいからこそ
多くの注文がそこに集中し
レートを大きく動かすわけです。


「わかりにくい」というのは
他のトレーダーだってそう思っています。


ならば方向がハッキリしない相場になるのも当然なんですね。
そして方向がハッキリしなければ
それは各期間設定の移動平均線に表れます。


だから移動平均線のパーフェクトオーダーなんてのは
非常にわかりやすい相場だったりするんです(^^)


あまりテクニカルに懲りすぎずに
今わかりやすい動きをしているかどうか?
どちらに動いているか簡単にわかるか?


そういった部分に注意し
ただその方向へ乗るだけのトレードを繰り返すんです。


少しトレードに対して気が楽になりますよ。



【ユーロ/円】1時間足
FX テクニカル分析 ブログ 1時間足


MACDルールは上で成立しつつありますね。
でも長期(青)は
安値更新の高値切り下げ・・・??


しかし値動き荒いですね(-_-;)
1時間足にも4時間足にも「勢い」がないし。


上昇してくれたほうが
そのまま上位足に「勢い」は波及しやすいんですけどね
どうなるやら・・・


短期(緑)的な部分で言えば
もうなにがなんやら(笑)


どっち向いているのか
何をもってダウとするのか
どこに注文が集中しているのか
全然わかりません(-_-;)


で、こういう時の対策として

1.スルーする
2.他の通貨ペアでトレードする

このどちらかです・


私は1のスルーして遊びに行く派(^^)


帰ってきて動いていれば
ちょっとだけ参加してスキャルピング


それくらい気持ちに余裕をもったほうが
トレードはうまくいきますよ


わかりづらい動きをしているところは
獲れたとしても「たまたま」である可能性が高いです。


そこで調子に乗ってしまうと
すぐに利益を吐き出してしまうことになります。


トレンドフォローでトレードするのならば
あくまでも上位足がどうなっているか
ここを重点的に考えてください。



1日1回、応援クリックよろしくお願いします^^♪
  ↓

テクニカル分析ブログ




□*■*□*■*□*■*□*■*□*■*□*■*□*■*□*■*□

【8月22日 木曜日の経済指標】

指標発表についてですが
今後は、私がトレードするにあたって意識する指標のみ掲載していきます。



08:50 日) 前週分 対外対内証券売買契約等の状況

17:00 欧) 8月 製造業購買担当者景気指数

17:00 欧) 8月 サービス部門購買担当者景気指数

21:30 米) 前週分 新規失業保険申請件数

22:00 米) 6月 住宅価格指数

22:00 米) 4-6月期 四半期住宅価格指数

23:00 米) 7月 景気先行指標総合指数



*★*――――*★**★*――――*★**★*――――*★**★*――――*★*


今の時代において、移動平均線だけで
相場から利益を上げることは不可能なのか!?

答えは「NO」です。 実は移動平均線だけでも相場に勝つことは可能です。しかも、相場のトレンドに乗って大きな値幅を取りつつ、同時に勝率も高めるという、投資の世界において、不可能だと思われている理想のトレードを実現する事ができます。

■高い勝率と大きな値幅が同時に取れる非常識な投資術 〜移動平均線編〜



文中に登場する「勢い」という概念をコチラのレポート内で詳しく説明してあります。
「必ず!」上の「移動平均線編」を購入後にコチラをご覧ください。

■高い"勝率"と大きな"値幅"が同時に取れる非常識な投資術 〜ボリンジャーバンド(応用編)〜

ボリンジャーバンドを使ったエントリーポイントや利の伸ばし方もわかりやすく書いてありますよ(^^)
世界中のどこにもない、私だけの独自の使い方です。



Facebookへようこそ

今までブログではお伝えしきれなかったリアルタイムの最新の情報、

そして専業トレーダーのリアルな日常を投稿していきます。

また、ふとチャートを見ながら考え付いたこと等、今まででしたらそのまま消え去っていたような事柄も

そのまま気軽に書いていきます。

大切な一言・・・ぜひお見逃しなく(^^)

関連記事
[ 2013/08/22 08:43 ] MACDルールで見る本日の流れ | TB(-) | CM(-)

MACDルールとダウ理論で見る本日のテクニカル分析【8月21日(水)】

【MACDルールについて】

当ブログ中によく出てくる「MACDルール」については、

矢印 こちらのレポートで詳しく説明してあります。

私独自のMACDの使い方であり、どの時間軸でトレードすべきか、今トレードしていい状態なのか
どの時間軸で決済すべきか、そういったことが一目でわかります。
非常に汎用性の高い考え方ですので、ぜひ身に付けてください(^^)



【毎月レポートが手に入る!! 前代未聞のタイアップ!!!】





【8月21日(水)のテクニカル分析】



おはようございます(^^)

本日、早朝からの急用で
更新ができませぬ。

あしからずご了承ください。



京都三条界隈でうろうろしとります(^^)




1日1回、応援クリックよろしくお願いします^^♪
  ↓

テクニカル分析ブログ




□*■*□*■*□*■*□*■*□*■*□*■*□*■*□*■*□

【8月21日 水曜日の経済指標】

指標発表についてですが
今後は、私がトレードするにあたって意識する指標のみ掲載していきます。



20:00 米) MBA住宅ローン申請指数

23:00 米) 7月 中古住宅販売件数

27:00 米) 米連邦公開市場委員会(FOMC)議事要旨



*★*――――*★**★*――――*★**★*――――*★**★*――――*★*


今の時代において、移動平均線だけで
相場から利益を上げることは不可能なのか!?

答えは「NO」です。 実は移動平均線だけでも相場に勝つことは可能です。しかも、相場のトレンドに乗って大きな値幅を取りつつ、同時に勝率も高めるという、投資の世界において、不可能だと思われている理想のトレードを実現する事ができます。

■高い勝率と大きな値幅が同時に取れる非常識な投資術 〜移動平均線編〜



文中に登場する「勢い」という概念をコチラのレポート内で詳しく説明してあります。
「必ず!」上の「移動平均線編」を購入後にコチラをご覧ください。

■高い"勝率"と大きな"値幅"が同時に取れる非常識な投資術 〜ボリンジャーバンド(応用編)〜

ボリンジャーバンドを使ったエントリーポイントや利の伸ばし方もわかりやすく書いてありますよ(^^)
世界中のどこにもない、私だけの独自の使い方です。



Facebookへようこそ

今までブログではお伝えしきれなかったリアルタイムの最新の情報、

そして専業トレーダーのリアルな日常を投稿していきます。

また、ふとチャートを見ながら考え付いたこと等、今まででしたらそのまま消え去っていたような事柄も

そのまま気軽に書いていきます。

大切な一言・・・ぜひお見逃しなく(^^)

関連記事
[ 2013/08/21 08:30 ] MACDルールで見る本日の流れ | TB(-) | CM(-)

MACDルールとダウ理論で見る本日のテクニカル分析【8月20日(火)】

【MACDルールについて】

当ブログ中によく出てくる「MACDルール」については、

矢印 こちらのレポートで詳しく説明してあります。

私独自のMACDの使い方であり、どの時間軸でトレードすべきか、今トレードしていい状態なのか
どの時間軸で決済すべきか、そういったことが一目でわかります。
非常に汎用性の高い考え方ですので、ぜひ身に付けてください(^^)



【毎月レポートが手に入る!! 前代未聞のタイアップ!!!】





【8月20日(火)のテクニカル分析】

おはようございます(^^)

本日のユロ円の流れです。

【ユーロ/円】4時間足
FX テクニカル分析 ブログ 4時間足


MACDルールは不成立・・・
でも今を長期(青)の安値切り上げと見るならば
今後成立してくる可能性が高いです。


ただ、昨日多少の上昇が見られましたが
「勢い」も一瞬で収束し
どうも注文を巻き込んでいっきに・・・
という具合にはいかないようですので
このまま上昇という見方はちょっと厳しいか?


とりあえず値動きが荒いですね(^_^;)
トレードってのは
値動きが荒い=明確なトレンドを築いていない
そのようなときはエントリーしないのが鉄則


だからヒゲだらけでちょっといやだな・・・
と思うのであれば
その感覚は大切にして
上位足において方向がハッキリするまで待つことも大切


たしかにね
その間けっこう大きく動くこともあるかもしれません
昨日のようにね


でも獲れなくてもいいんです。
相場ってのはただでさえ難しいんです。


難しいところに突っ込んで
たまたま大きく動くところを獲れたって
それは「運」が良かっただけですので
トレードとはいいません。


トレードとは
あくまでも自分の理に基づいて
優位性の見られるところで行うものです。



【ユーロ/円】1時間足
FX テクニカル分析 ブログ 1時間足


さて、4時間足はわかりにくい動きをしていますが
1時間足はどうでしょう?
この時間軸の形によっては
スキャルピングは可能ってこともありますからね。


MACDルールは・・・
不成立(-_-;)


ダウは・・・
短期(緑)はかろうじて上昇ダウ?
でもイレギュラーな動きも見せているし
明確な注文の反転ラインが見えないから
ダウも明確ではないですね。


長期(青)は?
安値更新から高値更新?
そう見えるだけで
やはりわかりにくい・・・


これはわかりやすいダウを築くまで待つべきかな?(^_^;)
私はトレードしたくないですね。


難しい相場だと
シナリオが増えて書くことも増えるのですが


難しすぎる相場だと
ただ難しいとしか書くことがない(笑)



1日1回、応援クリックよろしくお願いします^^♪
  ↓

テクニカル分析ブログ




□*■*□*■*□*■*□*■*□*■*□*■*□*■*□*■*□

【8月20日 火曜日の経済指標】

指標発表についてですが
今後は、私がトレードするにあたって意識する指標のみ掲載していきます。



18:00 欧) 6月 建設支出



*★*――――*★**★*――――*★**★*――――*★**★*――――*★*


今の時代において、移動平均線だけで
相場から利益を上げることは不可能なのか!?

答えは「NO」です。 実は移動平均線だけでも相場に勝つことは可能です。しかも、相場のトレンドに乗って大きな値幅を取りつつ、同時に勝率も高めるという、投資の世界において、不可能だと思われている理想のトレードを実現する事ができます。

■高い勝率と大きな値幅が同時に取れる非常識な投資術 〜移動平均線編〜



文中に登場する「勢い」という概念をコチラのレポート内で詳しく説明してあります。
「必ず!」上の「移動平均線編」を購入後にコチラをご覧ください。

■高い"勝率"と大きな"値幅"が同時に取れる非常識な投資術 〜ボリンジャーバンド(応用編)〜

ボリンジャーバンドを使ったエントリーポイントや利の伸ばし方もわかりやすく書いてありますよ(^^)
世界中のどこにもない、私だけの独自の使い方です。



Facebookへようこそ

今までブログではお伝えしきれなかったリアルタイムの最新の情報、

そして専業トレーダーのリアルな日常を投稿していきます。

また、ふとチャートを見ながら考え付いたこと等、今まででしたらそのまま消え去っていたような事柄も

そのまま気軽に書いていきます。

大切な一言・・・ぜひお見逃しなく(^^)

関連記事
[ 2013/08/20 08:39 ] MACDルールで見る本日の流れ | TB(-) | CM(-)

MACDルールとダウ理論で見る本日のテクニカル分析【8月19日(月)】

【MACDルールについて】

当ブログ中によく出てくる「MACDルール」については、

矢印 こちらのレポートで詳しく説明してあります。

私独自のMACDの使い方であり、どの時間軸でトレードすべきか、今トレードしていい状態なのか
どの時間軸で決済すべきか、そういったことが一目でわかります。
非常に汎用性の高い考え方ですので、ぜひ身に付けてください(^^)



【毎月レポートが手に入る!! 前代未聞のタイアップ!!!】





【8月19日(月)のテクニカル分析】

おはようございます(^^)

本日のユロ円の流れです。

【ユーロ/円】4時間足
FX テクニカル分析 ブログ 4時間足


MACDルールは不成立
っていうか
各期間設定の移動平均線が集まってきてグチャグチャ・・・(-_-;)


パッと見ただけでもトレードしたくないねー(笑)


でもそういう直観って大事なんですよ
いやだな・・って思うってことは
直観的に相場が自分の理の外にあるということがわかったってこと


ならば無理する必要はないし
理の外にある相場に手を出すってことは
それは「投資」ではなく、ただの「ギャンブル」


しかも負け越し確定のギャンブルなんで
ギャンブルとも言えませんね
ドブにお金を捨てているだけ(^^)


どんなところでもトレードできる必要はなく
わかりやすいところだけ攻める


勝てるトレーダーになるための鉄則ですよ(^^)
ただでさえ相場ってのは難しいんですからね。


こういうときはですね
どこかわかりやすいところに
ラインをズバ!!って入れてしまうんです。


もちろん適当ではなく
それなりに抜けたら動きそうなところ
注文が集中してそうなところにね


でもそのラインがわかりにくい・・・というのであれば
無理にラインを引くのではなく
4時間足や1時間足のボリンジャーバンドに「勢い」がついてから攻めたらいいんです。


「伸びているのを確認」してからトレードする。
トレンドフォローの基本ですよ~



【ユーロ/円】1時間足
FX テクニカル分析 ブログ 1時間足


さて、下位足ではスキャルのチャンスはあるのかな?


MACDルールは・・・
微妙ですね


長期ダウ短期ダウ
ともに安定していません。


そしてこの1時間足でも
移動平均線が集まってごちゃごちゃ。
方向が分かりにくくなっています。


方向がわかりにくいのであれば
抜けた方向へとついていくのが一番簡単です。


もちろん抜けたあとに
一度その方向へとダウを築いてから追いかけるほうが
より安全だとは思います。


現時点で言えることはそれくらいかな?
のんびり待つか~(^^♪




1日1回、応援クリックよろしくお願いします^^♪
  ↓

テクニカル分析ブログ




□*■*□*■*□*■*□*■*□*■*□*■*□*■*□*■*□

【8月19日 月曜日の経済指標】

指標発表についてですが
今後は、私がトレードするにあたって意識する指標のみ掲載していきます。



14:00 日) 6月 景気一致指数



*★*――――*★**★*――――*★**★*――――*★**★*――――*★*


今の時代において、移動平均線だけで
相場から利益を上げることは不可能なのか!?

答えは「NO」です。 実は移動平均線だけでも相場に勝つことは可能です。しかも、相場のトレンドに乗って大きな値幅を取りつつ、同時に勝率も高めるという、投資の世界において、不可能だと思われている理想のトレードを実現する事ができます。

■高い勝率と大きな値幅が同時に取れる非常識な投資術 〜移動平均線編〜



文中に登場する「勢い」という概念をコチラのレポート内で詳しく説明してあります。
「必ず!」上の「移動平均線編」を購入後にコチラをご覧ください。

■高い"勝率"と大きな"値幅"が同時に取れる非常識な投資術 〜ボリンジャーバンド(応用編)〜

ボリンジャーバンドを使ったエントリーポイントや利の伸ばし方もわかりやすく書いてありますよ(^^)
世界中のどこにもない、私だけの独自の使い方です。



Facebookへようこそ

今までブログではお伝えしきれなかったリアルタイムの最新の情報、

そして専業トレーダーのリアルな日常を投稿していきます。

また、ふとチャートを見ながら考え付いたこと等、今まででしたらそのまま消え去っていたような事柄も

そのまま気軽に書いていきます。

大切な一言・・・ぜひお見逃しなく(^^)

関連記事
[ 2013/08/19 08:24 ] MACDルールで見る本日の流れ | TB(-) | CM(-)

MACDルールとダウ理論で見る本日のテクニカル分析【8月16日(金)】

【MACDルールについて】

当ブログ中によく出てくる「MACDルール」については、

矢印 こちらのレポートで詳しく説明してあります。

私独自のMACDの使い方であり、どの時間軸でトレードすべきか、今トレードしていい状態なのか
どの時間軸で決済すべきか、そういったことが一目でわかります。
非常に汎用性の高い考え方ですので、ぜひ身に付けてください(^^)



【毎月レポートが手に入る!! 前代未聞のタイアップ!!!】





【8月16日(金)のテクニカル分析】

おはようございます(^^)

本日はドル円です(笑)

間違えないようにご注意ください(^^)

トレーダー同士の集まりで
今はドル円が熱い!!とのことで、
そして確かにわかりやすい値動きをしているんですよね♪

【ドル/円】4時間足
FX テクニカル分析 ブログ 4時間足


MACDルールは下でほぼ成立していますね。
長期(青)はきれいな下げダウを築いています。


でも短期(緑)は?
安値切り上げから高値更新と
コチラは上昇ダウ


といっても
4時間足の「勢い」は収束し
日足レベルへの波及もありませんでした。


現在少々下げていますが
その直前に少々大きなイレギュラーな上昇がありますね。


このヒゲは・・・
無視してもいいかな?


結局直近高値の上に買い注文が入っていなかったから
ちょいと高値更新しただけで終わったんですもんね。


無視するならば
短期(緑)は安値切り上げの高値更新
の上昇ダウ継続なんで
安値切り上げ待ちかな?


でも長期(青)は下げダウなんで
短期(緑)が上げたところでね・・・?


だって「勢い」ないし
長期的な移動平均線の並びはデッドクロスしているし・・・


デイトレするには
ちょっと方向感を失いそうかな?


そのかわり
ちゃんとダウを築けは
素直にその方向へと動いているのが最近のドル円ですね。



【ドル/円】1時間足
FX テクニカル分析 ブログ 1時間足


MACDルールは下で成立しかけかな?
長期(青)は高値更新からいっきに安値割れ・・・
としたいところだけど
このイレギュラーの上昇を高値越えと見るべきかどうか・・・


長期(青)レベルでは無視して
短期(緑)レベルでは考慮したほうがいいかな?


だとすると
短期的には高値更新から切り下を経ずして安値割れなんで
大きく戻す可能性があり


長期的には
単純に上昇ダウなんで
ラインを引き忘れたけど
少し前までレジスタンスラインだったところが
サポートラインになりそうな状態まで下げてきているので
そこらで反発上昇も考えられますよね。


しかしユーロ/円ではわかりにくかった上昇スタートも
こうやってドル円で見ると
ちゃんと安値切り上げ(青)からの上昇なんですよね。


相場は今ドル円が引っ張ってるか・・・


私は個人的には多通貨ペアは見ないのですが
こうやってわかりやすい相場で勝負するのは
やはり「勝ちやすさ」という観点からみるとアリですね(^^)


当然のことながら
何をもって「わかりやすい」とするか
そこを持っていなければいけませんよ?



1日1回、応援クリックよろしくお願いします^^♪
  ↓

テクニカル分析ブログ




□*■*□*■*□*■*□*■*□*■*□*■*□*■*□*■*□

【8月16日 金曜日の経済指標】

指標発表についてですが
今後は、私がトレードするにあたって意識する指標のみ掲載していきます。



17:00 欧) 6月 経常収支

18:00 欧) 7月 消費者物価指数

18:00 欧) 6月 貿易収支

21:30 米) 4-6月期 四半期非農業部門労働生産性・速報値

21:30 米) 7月 住宅着工件数

21:30 米) 7月 建設許可件数

22:55 米) 8月 ミシガン大学消費者態度指数・速報値



*★*――――*★**★*――――*★**★*――――*★**★*――――*★*


今の時代において、移動平均線だけで
相場から利益を上げることは不可能なのか!?

答えは「NO」です。 実は移動平均線だけでも相場に勝つことは可能です。しかも、相場のトレンドに乗って大きな値幅を取りつつ、同時に勝率も高めるという、投資の世界において、不可能だと思われている理想のトレードを実現する事ができます。

■高い勝率と大きな値幅が同時に取れる非常識な投資術 〜移動平均線編〜



文中に登場する「勢い」という概念をコチラのレポート内で詳しく説明してあります。
「必ず!」上の「移動平均線編」を購入後にコチラをご覧ください。

■高い"勝率"と大きな"値幅"が同時に取れる非常識な投資術 〜ボリンジャーバンド(応用編)〜

ボリンジャーバンドを使ったエントリーポイントや利の伸ばし方もわかりやすく書いてありますよ(^^)
世界中のどこにもない、私だけの独自の使い方です。



Facebookへようこそ

今までブログではお伝えしきれなかったリアルタイムの最新の情報、

そして専業トレーダーのリアルな日常を投稿していきます。

また、ふとチャートを見ながら考え付いたこと等、今まででしたらそのまま消え去っていたような事柄も

そのまま気軽に書いていきます。

大切な一言・・・ぜひお見逃しなく(^^)

関連記事
[ 2013/08/16 09:00 ] MACDルールで見る本日の流れ | TB(-) | CM(-)

MACDルールとダウ理論で見る本日のテクニカル分析【8月15日(木)】

【MACDルールについて】

当ブログ中によく出てくる「MACDルール」については、

矢印 こちらのレポートで詳しく説明してあります。

私独自のMACDの使い方であり、どの時間軸でトレードすべきか、今トレードしていい状態なのか
どの時間軸で決済すべきか、そういったことが一目でわかります。
非常に汎用性の高い考え方ですので、ぜひ身に付けてください(^^)



【毎月レポートが手に入る!! 前代未聞のタイアップ!!!】





【8月15日(木)のテクニカル分析】

おはようございます(^^)

本日のユロ円の流れです。

【ユーロ/円】4時間足
FX テクニカル分析 ブログ 4時間足


MACDルールは不成立ですね
で、長期(青)は下げダウ形成


そんな中で
短期(緑)でダイバージェンス発生
そこからいっきに高値更新へ


安値切り上げなき高値更新なんで
急な戻しに注意~ですよね(^^)


でも4時間足に「勢い」が波及するまで上昇しましたね。
そろそろ収束かな?


とりあえず4時間足レベルで「勢い」半減
そして全収束へ?というあたりです。


日足へと波及しているわけでも
長期(青)で上昇ダウを築いているわけでもありませんので
安易にロング継続はちょっと怖いかも


ここは長期(青)の安値切り上げを築くべく
しっかり戻してほしいですよね(^_^;)



【ユーロ/円】1時間足
FX テクニカル分析 ブログ 1時間足


コチラもMACDルールは不成立
長期(青)は
先日書いたように、派手なダイバージェンスとともに
それなりに反転理由があるので上昇しましたが
長期(青)で安値切り上げがないのもまた事実


下位足で高値の切り下げ等あれば
大きく戻してくる可能性大と言うのは
いつも書いているとおり


でも昨日は高値切り下げ後に
要人発表か指標発表でもあったかな?


変な上昇がありましたね。


それで短期(緑)が
安値切り上げの高値も更新しちまったもんだから(笑)
下げてくるのがちょっと遅れてる・・・


でも現在は
再度高値を切り下げ
そして安値も割ってきているところ


目線は
長期レベルでは下げがあってもおかしくはないけど
方向感はないよ~
短期レベルでは下げだよ~
って感じ(^^)


でも今度は
レジスタンスラインだったネックラインがサポートになりそう


ライン近辺まで下げてきて
より下位足で安値切り上げ等ありましたら
再度反発上昇の可能性がありますので注意が必要


そうすると長期(青)レベルの安値切り上げになるか?



1日1回、応援クリックよろしくお願いします^^♪
  ↓

テクニカル分析ブログ




□*■*□*■*□*■*□*■*□*■*□*■*□*■*□*■*□

【8月15日 木曜日の経済指標】

指標発表についてですが
今後は、私がトレードするにあたって意識する指標のみ掲載していきます。



08:50 日) 前週分 対外対内証券売買契約等の状況

17:30 英) 7月 小売売上高指数

21:30 米) 8月 ニューヨーク連銀製造業景気指数

21:30 米) 7月 消費者物価指数

21:30 米) 前週分 新規失業保険申請件数

23:00 米) 8月 フィラデルフィア連銀製造業景気指数


*★*――――*★**★*――――*★**★*――――*★**★*――――*★*


今の時代において、移動平均線だけで
相場から利益を上げることは不可能なのか!?

答えは「NO」です。 実は移動平均線だけでも相場に勝つことは可能です。しかも、相場のトレンドに乗って大きな値幅を取りつつ、同時に勝率も高めるという、投資の世界において、不可能だと思われている理想のトレードを実現する事ができます。

■高い勝率と大きな値幅が同時に取れる非常識な投資術 〜移動平均線編〜



文中に登場する「勢い」という概念をコチラのレポート内で詳しく説明してあります。
「必ず!」上の「移動平均線編」を購入後にコチラをご覧ください。

■高い"勝率"と大きな"値幅"が同時に取れる非常識な投資術 〜ボリンジャーバンド(応用編)〜

ボリンジャーバンドを使ったエントリーポイントや利の伸ばし方もわかりやすく書いてありますよ(^^)
世界中のどこにもない、私だけの独自の使い方です。



Facebookへようこそ

今までブログではお伝えしきれなかったリアルタイムの最新の情報、

そして専業トレーダーのリアルな日常を投稿していきます。

また、ふとチャートを見ながら考え付いたこと等、今まででしたらそのまま消え去っていたような事柄も

そのまま気軽に書いていきます。

大切な一言・・・ぜひお見逃しなく(^^)

関連記事
[ 2013/08/15 08:39 ] MACDルールで見る本日の流れ | TB(-) | CM(-)

MACDルールとダウ理論で見る本日のテクニカル分析【8月14日(水)】

【MACDルールについて】

当ブログ中によく出てくる「MACDルール」については、

矢印 こちらのレポートで詳しく説明してあります。

私独自のMACDの使い方であり、どの時間軸でトレードすべきか、今トレードしていい状態なのか
どの時間軸で決済すべきか、そういったことが一目でわかります。
非常に汎用性の高い考え方ですので、ぜひ身に付けてください(^^)



【毎月レポートが手に入る!! 前代未聞のタイアップ!!!】





【8月14日(水)のテクニカル分析】

おはようございます(^^)

本日のユロ円の流れです。

【ユーロ/円】4時間足
FX テクニカル分析 ブログ 4時間足


MACDルールは不成立
長期(青)も下げダウを築いています。


で、短期は・・・?


安値更新(下げダウ中)からいっきに高値更新


いっきに・・と言っても
昨日書きましたように
反転してもおかしくないだけの根拠はありましたよね(^^)


ただ、高値は越えてきましたが
安値切り上げなき高値更新なので
急落には注意してください。


下位足で高値の切り下げ等ありましたら
そのままいっきに
昨日越えたネックライン近辺まで戻ってくる可能性があります。


そこから安値切り上げ(短期)を形作っての上昇があれば
再度ロングのチャンスがでてきますね(^^)


ただ、長期(青)の安値切り上げがないので
少々注意は必要。



【ユーロ/円】1時間足
FX テクニカル分析 ブログ 1時間足


MACDルールは不成立
長期(青)は
安値の切り上げがない状態からの高値更新


ですが派手にダイバージェンスが発生していることからもわかるように
だいぶ底堅いところからの反転ですので
この上昇も納得ですよね。


そして長期で底堅い状態から
短期(緑)の安値切り上げからの上昇です。


ただ、長期(青)の安値切り上げがないので
ここからそこそこ大きく戻ってくる可能性もありますので
短期レベルや下位足においての高値の切り下げ等ありましたら
戻しに注意が必要です。


ですが1時間足から4時間足へと「勢い」が波及しておりますので
短期(緑)で上昇ダウが崩れなければ
そのまま再度上昇を続ける可能性はあります。


ただ・・・


4時間足の「勢い」は本物には成りにくい状態ですし
1時間足の「勢い」は完全に収束してしまっているし・・・


このあと高値更新あるかな?


まぁ先入観はいけませんよね(^_^;)
現在の相場の事実は
長期が下げ止まったかな?と思われるところから
短期で上昇ダウを築いている


でも4時間足長期は下げダウ中


それだけです(^^)


時々でいいので
相場を主観で見ていないかどうか
期待を込めて見ていないかどうか
自分を客観視するクセをつけてくださいね。




1日1回、応援クリックよろしくお願いします^^♪
  ↓

テクニカル分析ブログ




□*■*□*■*□*■*□*■*□*■*□*■*□*■*□*■*□

【8月14日 水曜日の経済指標】

指標発表についてですが
今後は、私がトレードするにあたって意識する指標のみ掲載していきます。



17:30 英) 英中銀金融政策委員会議事要旨

17:30 英) 7月 失業率

17:30 英) 7月 失業保険申請件数

18:00 欧) 4-6月期 四半期域内総生産

20:00 米) MBA住宅ローン申請指数

21:30 米) 7月 卸売物価指数



*★*――――*★**★*――――*★**★*――――*★**★*――――*★*


今の時代において、移動平均線だけで
相場から利益を上げることは不可能なのか!?

答えは「NO」です。 実は移動平均線だけでも相場に勝つことは可能です。しかも、相場のトレンドに乗って大きな値幅を取りつつ、同時に勝率も高めるという、投資の世界において、不可能だと思われている理想のトレードを実現する事ができます。

■高い勝率と大きな値幅が同時に取れる非常識な投資術 〜移動平均線編〜



文中に登場する「勢い」という概念をコチラのレポート内で詳しく説明してあります。
「必ず!」上の「移動平均線編」を購入後にコチラをご覧ください。

■高い"勝率"と大きな"値幅"が同時に取れる非常識な投資術 〜ボリンジャーバンド(応用編)〜

ボリンジャーバンドを使ったエントリーポイントや利の伸ばし方もわかりやすく書いてありますよ(^^)
世界中のどこにもない、私だけの独自の使い方です。



Facebookへようこそ

今までブログではお伝えしきれなかったリアルタイムの最新の情報、

そして専業トレーダーのリアルな日常を投稿していきます。

また、ふとチャートを見ながら考え付いたこと等、今まででしたらそのまま消え去っていたような事柄も

そのまま気軽に書いていきます。

大切な一言・・・ぜひお見逃しなく(^^)

関連記事
[ 2013/08/14 08:39 ] MACDルールで見る本日の流れ | TB(-) | CM(-)

MACDルールとダウ理論で見る本日のテクニカル分析【8月13日(火)】

【MACDルールについて】

当ブログ中によく出てくる「MACDルール」については、

矢印 こちらのレポートで詳しく説明してあります。

私独自のMACDの使い方であり、どの時間軸でトレードすべきか、今トレードしていい状態なのか
どの時間軸で決済すべきか、そういったことが一目でわかります。
非常に汎用性の高い考え方ですので、ぜひ身に付けてください(^^)



【毎月レポートが手に入る!! 前代未聞のタイアップ!!!】





【8月13日(火)のテクニカル分析】

おはようございます(^^)

本日のユロ円の流れです。

【ユーロ/円】4時間足
FX テクニカル分析 ブログ 4時間足


MACDルールは不成立
長期(青)は下げダウ中
でも日足に「勢い」が波及しませんでしたね。


ということは下げトレンドも終わりかな?


短期(緑)はまだ下げダウを築いていますが
上位足へと「勢い」が波及することなくダイバージェンス発生


下げ止まりのダブルボトム?


日足週足のMAも
位置関係はまだ上昇ですしね。


ネックラインを上抜いてくれば
もっと上昇があるかもしれません。


でもホントは
ネックラインを越える時点で
短期(緑)の安値の切り上げがほしいところ


それはつまり
ヘッドアンドショルダーズのボトム形完成でもあるんですけどね。


そのほうが
ラインを抜けたときの戻しが少ないので
トレードがしやすいんです。


とりあえずの目先ですが
長期短期ともに下げダウを築いているので
下げ目線・・・?


でも下げ止まり感が強いですので
上げ目線・・・?


難しいところですよね


つまり現在上昇中も
いつ急に戻ってくる(下げてくる)かわからない相場ですよ~
ってことです。


特にネックラインを越えるまでは。



【ユーロ/円】1時間足
FX テクニカル分析 ブログ 1時間足


MACDルールは下げで成立・・・?
しかけてましたが
長期(青)派手なダイバージェンスから
短期(緑)は安値の切り上げ
そして高値更新へ・・・


1時間足では上昇「勢い」がついてますが
4時間足のボリンジャーバンド2σと
先ほど書いたネックラインが重なっていますね。


ってことは
より下位足で高値切り下げや「勢い」の失速等あれば
いきなり戻してくる(下げてくる)可能性がありますので注意


ただしこのままネックラインを上越えしてきたら
それなりの上昇が見込めそうです。


ただそれも
上位足に反転理由が少しばかりあり
1時間の短期(緑)で上昇ダウを築いているというくらいの
弱い理由しかありませんので


上抜いたとしても
失速とともに急落してくる(リターンムーブ)可能性があります。


なので上値の重たさに注意しつつ
目先はロング


だけど「勢い」がなくなってきたと思ったら
あまり深追いせずに
再度形を築いてからトレードしなおしたほうが無難ですよね。



1日1回、応援クリックよろしくお願いします^^♪
  ↓

テクニカル分析ブログ




□*■*□*■*□*■*□*■*□*■*□*■*□*■*□*■*□

【8月13日 火曜日の経済指標】

指標発表についてですが
今後は、私がトレードするにあたって意識する指標のみ掲載していきます。



08:50 日) 日銀・金融政策決定会合議事要旨

08:50 日) 6月 機械受注

17:30 英) 7月 消費者物価指数

17:30 英) 7月 小売物価指数

21:30 米) 7月 小売売上高


21:30 米) 7月 輸入物価指数

21:30 米) 7月 輸出物価指数


*★*――――*★**★*――――*★**★*――――*★**★*――――*★*


今の時代において、移動平均線だけで
相場から利益を上げることは不可能なのか!?

答えは「NO」です。 実は移動平均線だけでも相場に勝つことは可能です。しかも、相場のトレンドに乗って大きな値幅を取りつつ、同時に勝率も高めるという、投資の世界において、不可能だと思われている理想のトレードを実現する事ができます。

■高い勝率と大きな値幅が同時に取れる非常識な投資術 〜移動平均線編〜



文中に登場する「勢い」という概念をコチラのレポート内で詳しく説明してあります。
「必ず!」上の「移動平均線編」を購入後にコチラをご覧ください。

■高い"勝率"と大きな"値幅"が同時に取れる非常識な投資術 〜ボリンジャーバンド(応用編)〜

ボリンジャーバンドを使ったエントリーポイントや利の伸ばし方もわかりやすく書いてありますよ(^^)
世界中のどこにもない、私だけの独自の使い方です。



Facebookへようこそ

今までブログではお伝えしきれなかったリアルタイムの最新の情報、

そして専業トレーダーのリアルな日常を投稿していきます。

また、ふとチャートを見ながら考え付いたこと等、今まででしたらそのまま消え去っていたような事柄も

そのまま気軽に書いていきます。

大切な一言・・・ぜひお見逃しなく(^^)

関連記事
[ 2013/08/13 08:42 ] MACDルールで見る本日の流れ | TB(-) | CM(-)