MACDルールとダウ理論で見る本日のテクニカル分析【3月29日(金)】

【MACDルールについて】

当ブログ中によく出てくる「MACDルール」については、

矢印 こちらのレポートで詳しく説明してあります。

私独自のMACDの使い方であり、どの時間軸でトレードすべきか、今トレードしていい状態なのか

どの時間軸で決済すべきか、そういったことが一目でわかります。

非常に汎用性の高い考え方ですので、ぜひ身に付けてください(^^)


【毎月レポートが手に入る!! 前代未聞のタイアップ!!!】
FXDDでトレードするだけで、
専業トレーダーになるためのテクニックや考え方を書いた数十ページのレポートが
毎月「永続的に」届きます!!

私、維新の介が総力を挙げたタイアップです!!
どんな書籍にも書いていない情報ばかりです






【3月29日(金)のテクニカル分析】

おはようございます(^^)

昨日はブログの調子が悪く、記事更新できませんでした。

かわりにFacebookのほうで更新しておきましたので
よかったら見てくださいね(^^)

では本日もユロ円の流れです。

【ユーロ/円】4時間足
FX テクニカル分析 ブログ 4時間足


MACDルールは成立していませんが
長期MACDが下げています。


長期ダウ(青)も下げダウを築き
短期ダウ(黄緑)も下げていますね。


ということは?
当然目線はまだ下げなわけです。


でもその下げ幅がちょっと狭くなってきましたね。
日足のボリンジャーバンドの-2σあたりで
ちょっと下げしぶってる感じです。


そこで下げしぶれば
ちょっとしたきっかけですぐ上げに転じることが多いです。


ちょっとしたきっかけとは
指標であったり
下位足での安値の切り上げだったり
ダイバージェンスだったり・・・


で、もしここで上げに転じてしまえば
日足レベルで安値(赤)を切り上げることになってしまいますね。


ってことは?
日足では高値を切り下げ
そして安値を切り上げる・・・


ペナント型と言われる
いわゆるチャートパターンにはまってしまう可能性が高くなります。


まぁ・・つまり・・・
方向感がない相場ってやつです(-_-;)


そのパターンから上に抜けたら
そのまま素直についていきやすいんですけどね。


とりあえずですね
ここらで底を確定するか
そのまま下げ継続するかに注意する必要があります。


下げ継続であれば
日足ネックライン割れまでは待つ必要があるかな?


それはつまり
週足のミドルライン割れでもありますね。



【ユーロ/円】1時間足
FX テクニカル分析 ブログ 1時間足


下げで成立していたMACDルールが
ちょっと崩れてきましたね。


先ほど書いた
下位足におけるダイバージェンスが発生しています。


長期レベルでも短期レベルでも
それぞれMACDやストキャスで発生していますね。


長期でダイバージェンス
短期でダイバージェンス
反転の可能性が高まってきています。


短期(黄緑)では
すでに高値更新安値切り上げとなっていますね。


長期で安値の切り上げがあったわけではありませんので
もう一度安値を試しにくる可能性はありますが、
その下げを注意しつつ
直近高値(黄緑)越え=4時間のMA(赤)越え
があれば、ちょっとロングもありかな?


ただ日足レベルから高値を切り下げていて
安値の切り上げは
まだ1時間の短期(黄緑)レベルでしかないわけだから
短期で高値の切り下げが確定すれば
まだまだ下げてくる可能性を否定できません。


常に最優先はダウですよ(^^)
ごちゃごちゃインディケーターをいじってもいいんです。
でも必ずそこに考え方のベースとしてダウ理論を入れておいてください。



1日1回、応援クリックよろしくお願いします^^♪
  ↓

テクニカル分析ブログ




□*■*□*■*□*■*□*■*□*■*□*■*□*■*□*■*□

【3月29日 金曜日の経済指標】

08:30 日) 2月 失業率

08:30 日) 2月 有効求人倍率

08:30 日) 2月 全世帯家計調査・消費支出

08:30 日) 2月 全国消費者物価指数

08:30 日) 3月 東京都区部消費者物価指数


08:50 日) 2月 鉱工業生産・速報値

14:00 日) 2月 新設住宅着工戸数

16:45 仏) 2月 卸売物価指数

16:45 仏) 2月 消費支出

19:00 日) 外国為替平衡操作の実施状況(介入実績)

21:30 米) 2月 個人所得

21:30 米) 2月 個人消費支出

22:55 米) 3月 ミシガン大学消費者態度指数・確報値



*★*――――*★**★*――――*★**★*――――*★**★*――――*★*


今の時代において、移動平均線だけで
相場から利益を上げることは不可能なのか!?

答えは「NO」です。 実は移動平均線だけでも相場に勝つことは可能です。しかも、相場のトレンドに乗って大きな値幅を取りつつ、同時に勝率も高めるという、投資の世界において、不可能だと思われている理想のトレードを実現する事ができます。

■高い勝率と大きな値幅が同時に取れる非常識な投資術 〜移動平均線編〜



文中に登場する「勢い」という概念をコチラのレポート内で詳しく説明してあります。
「必ず!」上の「移動平均線編」を購入後にコチラをご覧ください。

■高い"勝率"と大きな"値幅"が同時に取れる非常識な投資術 〜ボリンジャーバンド(応用編)〜

ボリンジャーバンドを使ったエントリーポイントや利の伸ばし方もわかりやすく書いてありますよ(^^)
世界中のどこにもない、私だけの独自の使い方です。



Facebookへようこそ

今までブログではお伝えしきれなかったリアルタイムの最新の情報、

そして専業トレーダーのリアルな日常を投稿していきます。

また、ふとチャートを見ながら考え付いたこと等、今まででしたらそのまま消え去っていたような事柄も

そのまま気軽に書いていきます。

大切な一言・・・ぜひお見逃しなく(^^)

関連記事
[ 2013/03/29 08:44 ] MACDルールで見る本日の流れ | TB(-) | CM(-)

MACDルールとダウ理論で見る本日のテクニカル分析【3月27日(水)】

【MACDルールについて】

当ブログ中によく出てくる「MACDルール」については、

矢印 こちらのレポートで詳しく説明してあります。

私独自のMACDの使い方であり、どの時間軸でトレードすべきか、今トレードしていい状態なのか

どの時間軸で決済すべきか、そういったことが一目でわかります。

非常に汎用性の高い考え方ですので、ぜひ身に付けてください(^^)


【毎月レポートが手に入る!! 前代未聞のタイアップ!!!】
FXDDでトレードするだけで、
専業トレーダーになるためのテクニックや考え方を書いた数十ページのレポートが
毎月「永続的に」届きます!!

私、維新の介が総力を挙げたタイアップです!!
どんな書籍にも書いていない情報ばかりです






【3月27日(水)のテクニカル分析】

おはようございます(^^)

では本日もユロ円の流れです。

【ユーロ/円】4時間足
FX テクニカル分析 ブログ 4時間足


MACDルールは成立していませんが
長期短期MACDともに下げています。


しかし成立していないということは
週足方向には逆らっているということになりますので
日足レベルで伸びにくい状況ということでもありますよね。


日足でトレンドを築きにくいのであれば
やはり4時間足レベルで素直な伸びを期待するのは
ちょっと難しい・・・


というわけで
少々「いびつ」な下げダウを長期(青)で築いています。


短期ダウ(黄緑)も下げダウを築いていますが
4時間足の「勢い」は半減し
日足へと波及していません。


ですので少々大き目の反発があってもおかしくないですね。


だけどしっかりと安心して反発を獲っていくには
やはり下位足のしっかりとした安値の切り上げがほしいところです。



【ユーロ/円】1時間足
FX テクニカル分析 ブログ 1時間足


とりあえずMACDルールは下げを示しています
その状況での上昇はあまり期待できません。


長期ダウ(青)も下げを築いています。
でも短期ダウ(黄緑)は安値を切り上げてきました。


つまり現在(午前8時前から)の上昇は
15分足レベルでの安値の切り上げによるものと考えられます。
抵抗線を上抜いたのも大きいかな?


上抜いたレートが少し戻す時
この上抜いたラインが支持線に変われば
もうちょっと上昇が見込めますね。


1時間足に「勢い」がついてきますが
4時間足(赤)や日足(水色)のミドルバンドに逆らった「勢い」ですので
あまり期待できない「勢い」です。


ロングポジを持っているのでしたら
あまり伸ばしにいかないのがいいかも。
ちなみに私は刻んでます。


とりあえず上位足から下げダウを築いているわけなので
1時間足の短期(黄緑)が下げダウを築いたり
もしくはダイバージェンス等が発生しますと
再度下げてくる可能性があるので注意が必要です。



1日1回、応援クリックよろしくお願いします^^♪
  ↓

テクニカル分析ブログ




□*■*□*■*□*■*□*■*□*■*□*■*□*■*□*■*□

【3月27日 水曜日の経済指標】

09:00 NZ) 3月 NBNZ企業信頼感

16:00 独) 4月 GFK消費者信頼感調査

16:00 独) 2月 輸入物価指数

16:45 仏) 10-12月期 国内総生産

17:00 スイス) 3月 KOF景気先行指数

18:30 英) 10-12月期 四半期国内総生産

18:30 英) 10-12月期 四半期経常収支

19:00 欧) 3月 消費者信頼感

20:00 米) MBA住宅ローン申請指数

21:30 加) 2月 消費者物価指数


23:00 米) 2月 住宅販売保留指数


*★*――――*★**★*――――*★**★*――――*★**★*――――*★*


今の時代において、移動平均線だけで
相場から利益を上げることは不可能なのか!?

答えは「NO」です。 実は移動平均線だけでも相場に勝つことは可能です。しかも、相場のトレンドに乗って大きな値幅を取りつつ、同時に勝率も高めるという、投資の世界において、不可能だと思われている理想のトレードを実現する事ができます。

■高い勝率と大きな値幅が同時に取れる非常識な投資術 〜移動平均線編〜



文中に登場する「勢い」という概念をコチラのレポート内で詳しく説明してあります。
「必ず!」上の「移動平均線編」を購入後にコチラをご覧ください。

■高い"勝率"と大きな"値幅"が同時に取れる非常識な投資術 〜ボリンジャーバンド(応用編)〜

ボリンジャーバンドを使ったエントリーポイントや利の伸ばし方もわかりやすく書いてありますよ(^^)
世界中のどこにもない、私だけの独自の使い方です。



Facebookへようこそ

今までブログではお伝えしきれなかったリアルタイムの最新の情報、

そして専業トレーダーのリアルな日常を投稿していきます。

また、ふとチャートを見ながら考え付いたこと等、今まででしたらそのまま消え去っていたような事柄も

そのまま気軽に書いていきます。

大切な一言・・・ぜひお見逃しなく(^^)

関連記事
[ 2013/03/27 08:38 ] MACDルールで見る本日の流れ | TB(-) | CM(-)

MACDルールとダウ理論で見る本日のテクニカル分析【3月26日(火)】

【MACDルールについて】

当ブログ中によく出てくる「MACDルール」については、

矢印 こちらのレポートで詳しく説明してあります。

私独自のMACDの使い方であり、どの時間軸でトレードすべきか、今トレードしていい状態なのか

どの時間軸で決済すべきか、そういったことが一目でわかります。

非常に汎用性の高い考え方ですので、ぜひ身に付けてください(^^)


【毎月レポートが手に入る!! 前代未聞のタイアップ!!!】
FXDDでトレードするだけで、
専業トレーダーになるためのテクニックや考え方を書いた数十ページのレポートが
毎月「永続的に」届きます!!

私、維新の介が総力を挙げたタイアップです!!
どんな書籍にも書いていない情報ばかりです






【3月26日(火)のテクニカル分析】

おはようございます(^^)

では本日もユロ円の流れです。

【ユーロ/円】4時間足
FX テクニカル分析 ブログ 4時間足


MACDルールは不成立ですが
長期短期MACDともに下げていますね。


長期ダウ(青)は下げダウで
短期ダウ(黄緑)も同方向へと下げダウを築いています。


日足対応ストキャス(赤)も下げてきているので
しばらくこの傾向は続くかもしれません。


ただ週足のミドルバンドは上を向いてますし
4時間足の勢いがちょっと微妙な上に
日足に「勢い」が波及しただけでもありませんからね。


それに日足に「勢い」が波及したとしても
週足が反対を向いている限り
その「勢い」が本物にはなりにくい状態です。


そこらへんを詳しく知りたい方は
コチラの移動平均線に関するレポートと
http://www.money-trade.jp/SL/ishin/skri/suke
それに続くボリンジャーバンド編をぜひご覧ください(^^)



【ユーロ/円】1時間足
FX テクニカル分析 ブログ 1時間足


昨日書いたままですよね
目先はロングで
長期(青)の高値を越える前に短期(黄緑)で高値を切り下げたら注意・・・


そのとおりに1時間足の短期(15分足の長期)の高値切り下げから
NY時間に大きく下げました。


で、1時間足の「勢い」が4時間足へと波及したわけですが
4時間足でMACDルールが成立しているわけではありませんしね。
この波及はあまり信用しないほうがいいです。


ですので、
今後の下げの追撃は少し気を付けてくださいね。


でもとりあえず
長期ダウ(青)は下げを築き
短期ダウ(黄緑)も下げダウ中


1時間足に「勢い」も半分残っているので
短期レベルでの安値の切り上げに注意しつつのショート


って書いているうちに少し下げてきました


8:17に121.053でショート
「勢い」の波及が怪しいので
8:29に120.905で利確


15pipsくらいですね(^^)


ここでのエントリーの仕方は
コチラにしか書いていません(^^)
 ↓ ↓
【FXDD×維新の介 前代未聞のスペシャルタイアップ企画!!】

覚えるとすごくトレードが楽になりますよ♪


本日の今後の展開ですが、
短期ダウ(黄緑)が安値を切り上げてしまえば
当然短期足でロング狙い
ただ上げ方は少々いやらしくなる可能性が高いし
直近安値(青)までしか戻らない可能性もあります。


もしそこまでしか戻らなければ
さらに下位足での高値の切り下げから下げ継続もあります。


そして当然ながら
上位足から下げダウが継続している限り
目先は下げですので
「勢い」に注意しつつ、下げ兆候があれば攻めていきたいと思います。


1時間足で「勢い」が完全に収束すれば
大きめの戻しが入る可能性も高くなりますので
少しロング目線もありかな?



1日1回、応援クリックよろしくお願いします^^♪
  ↓

テクニカル分析ブログ




□*■*□*■*□*■*□*■*□*■*□*■*□*■*□*■*□

【3月26日 火曜日の経済指標】

06:45 NZ) 2月 貿易収支

08:50 日) 2月 企業向けサービス価格指数

16:45 仏) 3月 消費者信頼感指数

21:30 米) 2月 耐久財受注

22:00 米) 1月 ケース・シラー米住宅価格指数

23:00 米) 2月 新築住宅販売件数


23:00 米) 3月 リッチモンド連銀製造業指数

23:00 米) 3月 消費者信頼感指数


*★*――――*★**★*――――*★**★*――――*★**★*――――*★*


今の時代において、移動平均線だけで
相場から利益を上げることは不可能なのか!?

答えは「NO」です。 実は移動平均線だけでも相場に勝つことは可能です。しかも、相場のトレンドに乗って大きな値幅を取りつつ、同時に勝率も高めるという、投資の世界において、不可能だと思われている理想のトレードを実現する事ができます。

■高い勝率と大きな値幅が同時に取れる非常識な投資術 〜移動平均線編〜



文中に登場する「勢い」という概念をコチラのレポート内で詳しく説明してあります。
「必ず!」上の「移動平均線編」を購入後にコチラをご覧ください。

■高い"勝率"と大きな"値幅"が同時に取れる非常識な投資術 〜ボリンジャーバンド(応用編)〜

ボリンジャーバンドを使ったエントリーポイントや利の伸ばし方もわかりやすく書いてありますよ(^^)
世界中のどこにもない、私だけの独自の使い方です。



Facebookへようこそ

今までブログではお伝えしきれなかったリアルタイムの最新の情報、

そして専業トレーダーのリアルな日常を投稿していきます。

また、ふとチャートを見ながら考え付いたこと等、今まででしたらそのまま消え去っていたような事柄も

そのまま気軽に書いていきます。

大切な一言・・・ぜひお見逃しなく(^^)

関連記事
[ 2013/03/26 08:50 ] MACDルールで見る本日の流れ | TB(-) | CM(-)

MACDルールとダウ理論で見る本日のテクニカル分析【3月25日(月)】

【MACDルールについて】

当ブログ中によく出てくる「MACDルール」については、

矢印 こちらのレポートで詳しく説明してあります。

私独自のMACDの使い方であり、どの時間軸でトレードすべきか、今トレードしていい状態なのか

どの時間軸で決済すべきか、そういったことが一目でわかります。

非常に汎用性の高い考え方ですので、ぜひ身に付けてください(^^)


【毎月レポートが手に入る!! 前代未聞のタイアップ!!!】
FXDDでトレードするだけで、
専業トレーダーになるためのテクニックや考え方を書いた数十ページのレポートが
毎月「永続的に」届きます!!

私、維新の介が総力を挙げたタイアップです!!
どんな書籍にも書いていない情報ばかりです






【3月25日(月)のテクニカル分析】

おはようございます(^^)

では本日もユロ円の流れです。

【ユーロ/円】4時間足
FX テクニカル分析 ブログ 4時間足


今週も窓空けから始まりましたねー
で、すでに全戻ししているんで
ローソク足の陽線があまり見かけない形してますね(^^)


MACDルールは不成立
長期ダウ(青)は下げダウ
短期ダウ(黄緑)は高値切り上げの安値更新


方向がわからないパターンですね(-_-;)


高値更新からいっきに安値を割った場合は
先週末のように急な戻しが入る可能性が非常に高くなります。


今朝下方向へと大きく窓を空けましたが
その急な戻しの傾向には逆らえなかったのか
いっきに窓を埋めてきましたね。


窓空けは埋めにくる・・・とよく言われますが
あんな無責任なこと書かないでほしいですよね。
それも「相場環境次第」ですので
安易に信じて逆張りとかしないほうがいいですよ(^^)


ここは4時間足に「勢い」がつかず
そして当然日足にも「勢い」がない
その状態での4時間足ボリンジャーバンドの-2σ突き抜けですから
さらに戻す可能性は高くなりました。


で、ここから先ですが
長期ダウ(青)が下げていて
短期ダウ(黄緑)が安値を割っているので
待つべきは短期の高値切り下げの確定ですよね。


現在下位足が上げていますので
どこかで高値の切り下げがあれば、
そこから下落につながる可能性があるので要注意です。


しかし各移動平均線が集まってきましたね・・・
方向感がないってことであると同時に
放たれたときが楽しみです。



【ユーロ/円】1時間足
FX テクニカル分析 ブログ 1時間足


MACDルールは下げで成立していますね。
長期ダウ(青)は、高値更新からいっきに安値を割ってきました。


そして当然そこにあるのは?
いつも書いている急な戻しです(笑)


1時間足から4時間足へとまったく「勢い」が波及しませんでしたので
4時間足のボリンジャーバンド
-2σ突き抜けは協力な反転ポイントとなるわけです。


単純に-2σ突き抜けの逆張りではなく
このように「相場環境」をしっかりと把握すると
その成功率は飛躍的に高まるんですよ。


そこらへんの「相場環境」の把握力は
コチラでじっくりと育ててください。
トレード手法よりもはるかに重要なことを書いています。


ありゃ?
のんびり記事を書いていたらいきなり上に伸びてきましたねー(笑)
さっき決済したんで獲り損ねました(-_-;)
記事を書いている間に相場環境が変わるのは勘弁してほしい(T_T)


ですが短期ダウ(黄緑)は上昇ダウを築いているので
目先がロングなのは変更ありません。


ただ長期ダウが安値を割っているので
長期ダウの直近高値を越えることなく
この短期ダウレベルで高値を切り下げることがあれば
それは下げの兆候ですので注意が必要です。



1日1回、応援クリックよろしくお願いします^^♪
  ↓

テクニカル分析ブログ




□*■*□*■*□*■*□*■*□*■*□*■*□*■*□*■*□

【3月25日 月曜日の経済指標】

特になし


*★*――――*★**★*――――*★**★*――――*★**★*――――*★*


今の時代において、移動平均線だけで
相場から利益を上げることは不可能なのか!?

答えは「NO」です。 実は移動平均線だけでも相場に勝つことは可能です。しかも、相場のトレンドに乗って大きな値幅を取りつつ、同時に勝率も高めるという、投資の世界において、不可能だと思われている理想のトレードを実現する事ができます。

■高い勝率と大きな値幅が同時に取れる非常識な投資術 〜移動平均線編〜



文中に登場する「勢い」という概念をコチラのレポート内で詳しく説明してあります。
「必ず!」上の「移動平均線編」を購入後にコチラをご覧ください。

■高い"勝率"と大きな"値幅"が同時に取れる非常識な投資術 〜ボリンジャーバンド(応用編)〜

ボリンジャーバンドを使ったエントリーポイントや利の伸ばし方もわかりやすく書いてありますよ(^^)
世界中のどこにもない、私だけの独自の使い方です。



Facebookへようこそ

今までブログではお伝えしきれなかったリアルタイムの最新の情報、

そして専業トレーダーのリアルな日常を投稿していきます。

また、ふとチャートを見ながら考え付いたこと等、今まででしたらそのまま消え去っていたような事柄も

そのまま気軽に書いていきます。

大切な一言・・・ぜひお見逃しなく(^^)

関連記事
[ 2013/03/25 08:44 ] MACDルールで見る本日の流れ | TB(-) | CM(-)

MACDルールとダウ理論で見る本日のテクニカル分析【3月22日(金)】

【MACDルールについて】

当ブログ中によく出てくる「MACDルール」については、

矢印 こちらのレポートで詳しく説明してあります。

私独自のMACDの使い方であり、どの時間軸でトレードすべきか、今トレードしていい状態なのか

どの時間軸で決済すべきか、そういったことが一目でわかります。

非常に汎用性の高い考え方ですので、ぜひ身に付けてください(^^)


【毎月レポートが手に入る!! 前代未聞のタイアップ!!!】
FXDDでトレードするだけで、
専業トレーダーになるためのテクニックや考え方を書いた数十ページのレポートが
毎月「永続的に」届きます!!

私、維新の介が総力を挙げたタイアップです!!
どんな書籍にも書いていない情報ばかりです






【3月22日(金)のテクニカル分析】

おはようございます(^^)

では本日もユロ円の流れです。

【ユーロ/円】4時間足
FX テクニカル分析 ブログ 4時間足


長期ダウ(青)が前回の安値ラインを上抜いたので
下げダウも終わりが近いかな?
といったことを書きましたが
サックリとそのラインを割って大きく下げてきましたね。


ですが短期(黄緑)で上昇ダウを築いているためか
下げ「勢い」をつけるまでは伸びませんでした。


日足に下げ「勢い」があるわけではありませんし
4時間短期が上昇ダウであるため
この4時間ボリンジャーバンドの-2σあたりで反発かな?


でも下位足での安値の切り上げはほしいところですよね。


4時間足長期(青)で下げダウ継続してしまったので
短期(黄緑)が直近安値を割って下げ「勢い」をつけてきたら
さらに急落に注意が必要。


ただ日足レベルと見ると
上昇トレンド途中でペナント型のチャートパターンを築いているので
上昇最中の一休み・・・ともとれますよね。


ということは?
短期足での休値切り上げがあれば、
ペナントの上値ラインを試しにいくかもしれません。



【ユーロ/円】1時間足
FX テクニカル分析 ブログ 1時間足


MACDルールの成立不成立が微妙なところ
このルールの成立を早めに察するには
ダウに注目してくださいね(^^)


安値切り上げ、高値切り下げ
さらにネックライン割れ
これらが投資家のどういう行動を表しているかを考えれば
方向というものがわかりやすくなると思います。


で、昨日の記事ですが


>そして下位足の高値の切り下げとともに
>いっきに下げてくる可能性もあります。

このように書きました。


チャート上の赤のラインがそれですね。
その後いっきに下げてます。


しかし1時間足では下げ「勢い」がついたものの
4時間足にまで波及することはありませんでした。
この時点で1時間足が完全に閉じつつあります。


ということは?
この1時間足より下位足で
安値の切り上げ等があればまたいっきに上げてくる可能性があります。
しかも長期(青)上昇ダウを形成しながらですからね。


その上昇は1時間足のMA(青)の上昇をともなってくれば
獲りやすい上昇となるかもしれません。


ここ最近の1時間足の安値ラインは
先ほど書いた日足のフラッグの安値トレンドラインに支えられているため
安値切り上げから上昇可能性は高いですが


その反面
下に割ってきたときに大きく下げる可能性も高いポイントです。



1日1回、応援クリックよろしくお願いします^^♪
  ↓

テクニカル分析ブログ




□*■*□*■*□*■*□*■*□*■*□*■*□*■*□*■*□

【3月22日 金曜日の経済指標】

08:50 日) 前週分 対外対内証券売買契約等の状況

16:45 仏) 3月 企業景況感指数

18:00 独) 3月 IFO企業景況感指数


*★*――――*★**★*――――*★**★*――――*★**★*――――*★*


今の時代において、移動平均線だけで
相場から利益を上げることは不可能なのか!?

答えは「NO」です。 実は移動平均線だけでも相場に勝つことは可能です。しかも、相場のトレンドに乗って大きな値幅を取りつつ、同時に勝率も高めるという、投資の世界において、不可能だと思われている理想のトレードを実現する事ができます。

■高い勝率と大きな値幅が同時に取れる非常識な投資術 〜移動平均線編〜



文中に登場する「勢い」という概念をコチラのレポート内で詳しく説明してあります。
「必ず!」上の「移動平均線編」を購入後にコチラをご覧ください。

■高い"勝率"と大きな"値幅"が同時に取れる非常識な投資術 〜ボリンジャーバンド(応用編)〜

ボリンジャーバンドを使ったエントリーポイントや利の伸ばし方もわかりやすく書いてありますよ(^^)
世界中のどこにもない、私だけの独自の使い方です。



Facebookへようこそ

今までブログではお伝えしきれなかったリアルタイムの最新の情報、

そして専業トレーダーのリアルな日常を投稿していきます。

また、ふとチャートを見ながら考え付いたこと等、今まででしたらそのまま消え去っていたような事柄も

そのまま気軽に書いていきます。

大切な一言・・・ぜひお見逃しなく(^^)

関連記事
[ 2013/03/22 08:39 ] MACDルールで見る本日の流れ | TB(-) | CM(-)

MACDルールとダウ理論で見る本日のテクニカル分析【3月21日(木)】

【MACDルールについて】

当ブログ中によく出てくる「MACDルール」については、

矢印 こちらのレポートで詳しく説明してあります。

私独自のMACDの使い方であり、どの時間軸でトレードすべきか、今トレードしていい状態なのか

どの時間軸で決済すべきか、そういったことが一目でわかります。

非常に汎用性の高い考え方ですので、ぜひ身に付けてください(^^)


【毎月レポートが手に入る!! 前代未聞のタイアップ!!!】
FXDDでトレードするだけで、
専業トレーダーになるためのテクニックや考え方を書いた数十ページのレポートが
毎月「永続的に」届きます!!

私、維新の介が総力を挙げたタイアップです!!
どんな書籍にも書いていない情報ばかりです






【3月21日(木)のテクニカル分析】

おはようございます(^^)

では本日もユロ円の流れです。

【ユーロ/円】4時間足
FX テクニカル分析 ブログ 4時間足


FOMCもあってか
抵抗線を上抜いてきましたね


長期ダウ(青)の前回安値ラインを上回ったので
下げダウは半分終了しました。
ですが、まだ長期(青)の安値の切り上げがあったわけではないので
油断はできません。


MACDルールも成立していませんね。
成立するということは
ダウも成立していることが多いので
そういう点も注意して見てくださいね(^^)
MACDルールというのは、ダウやグランビルの法則も兼ねているんですよ。


短期ダウ(黄緑)は
この高値越えで完全に上昇ダウを築きました。
安値切り上げの高値更新ですね。


でも日足はともかくとして
4時間足にも「勢い」が波及していないわけですから
上に伸びないのと、越えてきた抵抗線との間で
ちょっとの間レンジになるかもしれません。



【ユーロ/円】1時間足
FX テクニカル分析 ブログ 1時間足


昨日の記事で
4時間足のところでこのように書きましたね。


>短期安値切り上げ
>その中のさらに下位足での安値の切り上げがあれば
>いっきに上昇してくる可能性もあります。


4時間の短期安値切り上げ、それはつまり1時間足(青)の安値切り上げ
その中のさらに下位足・・ということですから
1時間足の短期(黄緑)ということです。


で、チャートを見てください。
長期(青)の安値切り上げが
短期(黄緑)の安値切り上げで早期に確定させ
そのままいっきに上昇しています。


昨日書いた「相場環境」において
この状況が発生すれば
よくある現象です。
「相場環境」とともに覚えておいてください(^^)


で、いっきに上昇したのはいいのですが
1時間足の「勢い」が半減した現時点で
4時間足に「勢い」の波及は見られません。


短期のストキャス(黄緑)もダイバージェンス気味ですよね。
ボリンジャーバンドの動きと連動することが多いです。


ですがとりあえず
長期ダウ(青)上昇
短期ダウ(黄緑)上昇・・なので
短期的な目線は上にしなければしょうがないです。


ただ、4時間はまだ上昇ダウを築いていないこと
1時間の「勢い」は半減し4時間足に波及していないこと
これらは「リスク」です。


つまりここでロングを獲りにいくのは
それなりにリスクがあるということは頭に入れておいてください。


エントリー後も伸びにくいリスク
伸びても急に下げてくるリスク
値動きが荒くなるリスク


このようなリスクが高くなります。


そして下位足の高値の切り下げとともに
いっきに下げてくる可能性もあります。


「方向」と「勢い」
これらは現在のリスクの過多を判断できる大きな要因となりますよ(^^)



1日1回、応援クリックよろしくお願いします^^♪
  ↓

テクニカル分析ブログ




□*■*□*■*□*■*□*■*□*■*□*■*□*■*□*■*□

【3月21日 木曜日の経済指標】

06:45 NZ) 10-12月期 四半期国内総生産

08:50 日) 2月 貿易統計

13:30 日) 1月 全産業活動指数

16:00 スイス) 2月 貿易収支

17:30 独) 3月 製造業購買担当者景気指数

17:30 独) 3月 サービス部門購買担当者景気指数

18:00 欧) 3月 製造業購買担当者景気指数

18:00 欧) 3月 サービス部門購買担当者景気指数

18:30 英) 2月 小売売上高指数

21:30 加) 1月 小売売上高

21:30 米) 前週分 新規失業保険申請件数

22:00 米) 1月 住宅価格指数

23:00 米) 3月 フィラデルフィア連銀製造業景気指数

23:00 米) 2月 中古住宅販売件数


23:00 米) 2月 景気先行指標総合指数


*★*――――*★**★*――――*★**★*――――*★**★*――――*★*


今の時代において、移動平均線だけで
相場から利益を上げることは不可能なのか!?

答えは「NO」です。 実は移動平均線だけでも相場に勝つことは可能です。しかも、相場のトレンドに乗って大きな値幅を取りつつ、同時に勝率も高めるという、投資の世界において、不可能だと思われている理想のトレードを実現する事ができます。

■高い勝率と大きな値幅が同時に取れる非常識な投資術 〜移動平均線編〜



文中に登場する「勢い」という概念をコチラのレポート内で詳しく説明してあります。
「必ず!」上の「移動平均線編」を購入後にコチラをご覧ください。

■高い"勝率"と大きな"値幅"が同時に取れる非常識な投資術 〜ボリンジャーバンド(応用編)〜

ボリンジャーバンドを使ったエントリーポイントや利の伸ばし方もわかりやすく書いてありますよ(^^)
世界中のどこにもない、私だけの独自の使い方です。



Facebookへようこそ

今までブログではお伝えしきれなかったリアルタイムの最新の情報、

そして専業トレーダーのリアルな日常を投稿していきます。

また、ふとチャートを見ながら考え付いたこと等、今まででしたらそのまま消え去っていたような事柄も

そのまま気軽に書いていきます。

大切な一言・・・ぜひお見逃しなく(^^)

関連記事
[ 2013/03/21 08:42 ] MACDルールで見る本日の流れ | TB(-) | CM(-)

MACDルールとダウ理論で見る本日のテクニカル分析【3月20日(水)】

【MACDルールについて】

当ブログ中によく出てくる「MACDルール」については、

矢印 こちらのレポートで詳しく説明してあります。

私独自のMACDの使い方であり、どの時間軸でトレードすべきか、今トレードしていい状態なのか

どの時間軸で決済すべきか、そういったことが一目でわかります。

非常に汎用性の高い考え方ですので、ぜひ身に付けてください(^^)


【毎月レポートが手に入る!! 前代未聞のタイアップ!!!】
FXDDでトレードするだけで、
専業トレーダーになるためのテクニックや考え方を書いた数十ページのレポートが
毎月「永続的に」届きます!!

私、維新の介が総力を挙げたタイアップです!!
どんな書籍にも書いていない情報ばかりです






【3月20日(水)のテクニカル分析】

おはようございます(^^)

では本日もユロ円の流れです。

【ユーロ/円】4時間足
FX テクニカル分析 ブログ 4時間足


やはり抵抗線で頭を抑えられましたね。
昨日書いたように
下位足で高値切りさげがあれば下げ目線です。


長期ダウ(青)が下げていて
短期ダウ(黄緑)も下げ
そこでさらに下位足でも下げダウがあれば当然下げですもんね(^^)


とりあえず現状は
その下げダウが長短ともに継続している状態


4時間足の下げ「勢い」は半減してますねー
そして当然この位置では日足にも波及しません。


ということは・・・
4時間直近短期の安値ラインを割ってくるのはちょっとキツイか?
割ったとしても
あまり大きく下げることなくダイバージェンスから反転・・・
そんなシナリオもありますね。


そして割らなかった場合は
短期安値切り上げ
その中のさらに下位足での安値の切り上げがあれば
いっきに上昇してくる可能性もあります。
日足では安値切り上げポイントですからね



【ユーロ/円】1時間足
FX テクニカル分析 ブログ 1時間足


昨日の記事で
短期で高値の切り下げがあれば下げ目線と書きましたが
短期(黄緑)の高値を切り下げたところから
大きく獲りやすい形で下げてますね。


4時間の長短下げ
1時間足の長短下げなんで
当たり前と言えば当たり前(笑)


それだけダウは重要だということです(^^)


こういうパターンのときに
どこでどのタイミングでエントリーしたらいいのか

【FXDD×維新の介】の第6回から第7回にかけてのレポートで詳しく書いてます。


ここらへんを理解したら
めっちゃトレードは簡単になりますよ(^^)
面白いようにチャートがわかり
エントリーするための1本のラインが正確に引けるようになる♪


ちなみに完全に介流であり
どこにもない情報です♪
「え?そんな引き方??」
って思うかもw



で、1時間足は下げ方向でMACDルール成立
でも4時間下げ「勢い」半減で
1時間足でも半減してますね。


ということは
「勢い」が少ないながらも
上位足からの流れはあるわけですから
まだ長期の安値ラインを割る可能性はありますが


違う見方をすれば
「勢い」半減なため
安値を切り上げた瞬間にその「勢い」は終息していき
反転上昇につながる・・とも考えられます。


結局ダウかい!!
って感じですが
はい!非常に重要ですのですごく意識しなければいけません(^^)



1日1回、応援クリックよろしくお願いします^^♪
  ↓

テクニカル分析ブログ




□*■*□*■*□*■*□*■*□*■*□*■*□*■*□*■*□

【3月20日 水曜日の経済指標】

06:45 NZ) 10-12月期 四半期経常収支

16:00 独) 2月 生産者物価指数

18:00 欧) 1月 経常収支

18:30 英) 英中銀金融政策委員会(MPC)議事要旨

18:30 英) 2月 失業率

18:30 英) 2月 失業保険申請件数

20:00 米) MBA住宅ローン申請指数


24:00 欧) 3月 消費者信頼感

27:00 米) 米連邦公開市場委員会(FOMC)、終了後政策金利発表


*★*――――*★**★*――――*★**★*――――*★**★*――――*★*


今の時代において、移動平均線だけで
相場から利益を上げることは不可能なのか!?

答えは「NO」です。 実は移動平均線だけでも相場に勝つことは可能です。しかも、相場のトレンドに乗って大きな値幅を取りつつ、同時に勝率も高めるという、投資の世界において、不可能だと思われている理想のトレードを実現する事ができます。

■高い勝率と大きな値幅が同時に取れる非常識な投資術 〜移動平均線編〜



文中に登場する「勢い」という概念をコチラのレポート内で詳しく説明してあります。
「必ず!」上の「移動平均線編」を購入後にコチラをご覧ください。

■高い"勝率"と大きな"値幅"が同時に取れる非常識な投資術 〜ボリンジャーバンド(応用編)〜

ボリンジャーバンドを使ったエントリーポイントや利の伸ばし方もわかりやすく書いてありますよ(^^)
世界中のどこにもない、私だけの独自の使い方です。



Facebookへようこそ

今までブログではお伝えしきれなかったリアルタイムの最新の情報、

そして専業トレーダーのリアルな日常を投稿していきます。

また、ふとチャートを見ながら考え付いたこと等、今まででしたらそのまま消え去っていたような事柄も

そのまま気軽に書いていきます。

大切な一言・・・ぜひお見逃しなく(^^)

関連記事
[ 2013/03/20 08:43 ] MACDルールで見る本日の流れ | TB(-) | CM(-)

MACDルールとダウ理論で見る本日のテクニカル分析【3月19日(火)】

【MACDルールについて】

当ブログ中によく出てくる「MACDルール」については、

矢印 こちらのレポートで詳しく説明してあります。

私独自のMACDの使い方であり、どの時間軸でトレードすべきか、今トレードしていい状態なのか

どの時間軸で決済すべきか、そういったことが一目でわかります。

非常に汎用性の高い考え方ですので、ぜひ身に付けてください(^^)


【毎月レポートが手に入る!! 前代未聞のタイアップ!!!】
FXDDでトレードするだけで、
専業トレーダーになるためのテクニックや考え方を書いた数十ページのレポートが
毎月「永続的に」届きます!!

私、維新の介が総力を挙げたタイアップです!!
どんな書籍にも書いていない情報ばかりです






【3月19日(火)のテクニカル分析】

おはようございます(^^)

では本日もユロ円の流れです。

【ユーロ/円】4時間足
FX テクニカル分析 ブログ 4時間足


とりあえず・・・
ブレイクラインまで値を戻しましたね。
ブレイクと言っても
大きく窓空けですが・・・(笑)


逆張りをするのであれば
こういうポイントまで待つ必要があります。


また、トレンドフォローで攻めたい場合であっても
こういうポイントでの下位足に注目して
高値の切り下げ等でエントリーすれば
上位足で高値切り下げ、下位足で高値の切り下げと
トレンドフォローになりますね。


全体の流れとしては
長期ダウ(青)、短期ダウ(黄緑)ともに下げダウで
長短のMACDも下げです。


で、下げ待ち・・・と言いたいところですが
レートは4時間のMA(青)と日足のMA(赤)との間に挟まれ
ちょっとイヤな位置


4時間の下げ「勢い」は半減し
当然この位置では日足へと波及もしません。


まだ4時間が完全に閉じたわけではありませんので
もう一回安値を試す可能性は残っていますが
割ってきた安値ラインを越えることがあれば
その可能性もなくなってきます。


だからこのラインを挟んでの
下位足の攻防次第・・・って感じでしょうね。



【ユーロ/円】1時間足
FX テクニカル分析 ブログ 1時間足


コチラの1時間足は
長期(青)は下げダウなんだけど
短期(黄緑)は上昇を続けています。


抵抗となっているラインに到達しても
まだ上昇ダウを築いているので
反発して下げ・・とは言えない状況です。


これで上昇ダウを築きながらラインを上抜ければ
そのまま上に行く可能性が高まりますが
ここで短期レベルで高値の切り下げ等あれば
再度安値を試しにいく可能性がでてきます。


4時間足から下げダウで
でも1時間の短期は上げダウですので
この短期のダウ次第で方向がコロっと変わります。


1時間の上昇「勢い」も終息していますので
今後高値を切り下げてくるかもしれませんね。


その1時間の短期ダウの切り下げをいち早く見つけるには
より下位足での高値の切り下げに注目するんですよ(^^)



1日1回、応援クリックよろしくお願いします^^♪
  ↓

テクニカル分析ブログ




□*■*□*■*□*■*□*■*□*■*□*■*□*■*□*■*□

【3月19日 火曜日の経済指標】

09:30 豪) 豪準備銀行(中央銀行)、金融政策会合議事要旨公表

14:00 日) 1月 景気先行指数

14:00 日) 1月 景気一致指数

18:30 英) 2月 卸売物価指数

18:30 英) 2月 消費者物価指数

18:30 英) 2月 小売物価指数


19:00 欧) 1月 建設支出

19:00 欧) 3月 ZEW景況感調査

19:00 独) 3月 ZEW景況感調査

21:30 加) 1月 卸売売上高

21:30 加) 1月 製造業出荷

21:30 米) 2月 住宅着工件数

21:30 米) 2月 建設許可件数


未 定 米) 米連邦公開市場委員会(FOMC)1日目


*★*――――*★**★*――――*★**★*――――*★**★*――――*★*


今の時代において、移動平均線だけで
相場から利益を上げることは不可能なのか!?

答えは「NO」です。 実は移動平均線だけでも相場に勝つことは可能です。しかも、相場のトレンドに乗って大きな値幅を取りつつ、同時に勝率も高めるという、投資の世界において、不可能だと思われている理想のトレードを実現する事ができます。

■高い勝率と大きな値幅が同時に取れる非常識な投資術 〜移動平均線編〜



文中に登場する「勢い」という概念をコチラのレポート内で詳しく説明してあります。
「必ず!」上の「移動平均線編」を購入後にコチラをご覧ください。

■高い"勝率"と大きな"値幅"が同時に取れる非常識な投資術 〜ボリンジャーバンド(応用編)〜

ボリンジャーバンドを使ったエントリーポイントや利の伸ばし方もわかりやすく書いてありますよ(^^)
世界中のどこにもない、私だけの独自の使い方です。



Facebookへようこそ

今までブログではお伝えしきれなかったリアルタイムの最新の情報、

そして専業トレーダーのリアルな日常を投稿していきます。

また、ふとチャートを見ながら考え付いたこと等、今まででしたらそのまま消え去っていたような事柄も

そのまま気軽に書いていきます。

大切な一言・・・ぜひお見逃しなく(^^)

関連記事
[ 2013/03/19 08:49 ] MACDルールで見る本日の流れ | TB(-) | CM(-)

MACDルールとダウ理論で見る本日のテクニカル分析【3月18日(月)】

【MACDルールについて】

当ブログ中によく出てくる「MACDルール」については、

矢印 こちらのレポートで詳しく説明してあります。

私独自のMACDの使い方であり、どの時間軸でトレードすべきか、今トレードしていい状態なのか

どの時間軸で決済すべきか、そういったことが一目でわかります。

非常に汎用性の高い考え方ですので、ぜひ身に付けてください(^^)


【毎月レポートが手に入る!! 前代未聞のタイアップ!!!】
FXDDでトレードするだけで、
専業トレーダーになるためのテクニックや考え方を書いた数十ページのレポートが
毎月「永続的に」届きます!!

私、維新の介が総力を挙げたタイアップです!!
どんな書籍にも書いていない情報ばかりです






【3月18日(月)のテクニカル分析】

おはようございます(^^)

では本日もユロ円の流れです。

【ユーロ/円】4時間足
FX テクニカル分析 ブログ 4時間足


ちゅどーん!!
窓空けましたねー
下げましたねー(笑)


200ぴぴくらい?


朝ベッドの中でスマホでチャート見て
げっ!!ってなって
値幅がある中のスキャル狙いで
思わず早起きしちまいました ( ̄▽ ̄)


MACDルールは不成立ながらも
長期MACD方向への下げですし
なにより高値を切り下げてます。


いわゆるヘッド&ショルダーズというやつですよね。
ちょっと前にその形を築くかな?と記事にしたけど
ここまでけっこうかかりました。


そしてこの日足2σからの反転については
コチラのレポートで獲り方や考え方は書いてますね(^^)
http://www.money-trade.jp/SL/ishin/skrb/suke


とりあえず・・・
長期ダウ(青)は高値切り下げからの安値更新
つまり順当な下げダウですので
目線は下げですよね。


【ユーロ/円】1時間足
FX テクニカル分析 ブログ 1時間足


コチラは
いきなりMACDルールを成立させてきましたね(笑)
というわけで目線は下げ。


この1時間足レベルの長期ダウ(青)を見ると
安値の切り上げ、高値の切り下げ
つまり「方向感のない」状態からの下げですので
チャートに引いたラインのように
ライン割れまでトレードを待つ必要があります。


ここらへんは
FXDD×維新の介のレポートで詳しく書いていってるところです(^^)
今後さらにおもしろくなってきますのでご期待ください。


ですがとりあえず高値の切り下げからの安値割れですので
コチラも下げダウ成立
短期ダウ(黄緑)も下げダウを築いていますね。


というわけで
下げ継続を待つのが王道


ロングを待つのであれば
当然短期レベルで安値を切り上げる
もしくは最低でも5分足レベルで安値を切り上げないと
ちょっと危険


1日1回、応援クリックよろしくお願いします^^♪
  ↓

テクニカル分析ブログ




□*■*□*■*□*■*□*■*□*■*□*■*□*■*□*■*□

【3月18日 月曜日の経済指標】

09:01 英) 3月 ライトムーブ住宅価格

19:00 欧) 1月 貿易収支

21:30 加) 1月 対カナダ証券投資額

23:00 米) 3月 NAHB住宅市場指数


*★*――――*★**★*――――*★**★*――――*★**★*――――*★*


今の時代において、移動平均線だけで
相場から利益を上げることは不可能なのか!?

答えは「NO」です。 実は移動平均線だけでも相場に勝つことは可能です。しかも、相場のトレンドに乗って大きな値幅を取りつつ、同時に勝率も高めるという、投資の世界において、不可能だと思われている理想のトレードを実現する事ができます。

■高い勝率と大きな値幅が同時に取れる非常識な投資術 〜移動平均線編〜



文中に登場する「勢い」という概念をコチラのレポート内で詳しく説明してあります。
「必ず!」上の「移動平均線編」を購入後にコチラをご覧ください。

■高い"勝率"と大きな"値幅"が同時に取れる非常識な投資術 〜ボリンジャーバンド(応用編)〜

ボリンジャーバンドを使ったエントリーポイントや利の伸ばし方もわかりやすく書いてありますよ(^^)
世界中のどこにもない、私だけの独自の使い方です。



Facebookへようこそ

今までブログではお伝えしきれなかったリアルタイムの最新の情報、

そして専業トレーダーのリアルな日常を投稿していきます。

また、ふとチャートを見ながら考え付いたこと等、今まででしたらそのまま消え去っていたような事柄も

そのまま気軽に書いていきます。

大切な一言・・・ぜひお見逃しなく(^^)

関連記事
[ 2013/03/18 08:38 ] MACDルールで見る本日の流れ | TB(-) | CM(-)

MACDルールとダウ理論で見る本日のテクニカル分析【3月15日(金)】

【MACDルールについて】

当ブログ中によく出てくる「MACDルール」については、

矢印 こちらのレポートで詳しく説明してあります。

私独自のMACDの使い方であり、どの時間軸でトレードすべきか、今トレードしていい状態なのか

どの時間軸で決済すべきか、そういったことが一目でわかります。

非常に汎用性の高い考え方ですので、ぜひ身に付けてください(^^)


【毎月レポートが手に入る!! 前代未聞のタイアップ!!!】
FXDDでトレードするだけで、
専業トレーダーになるためのテクニックや考え方を書いた数十ページのレポートが
毎月「永続的に」届きます!!

私、維新の介が総力を挙げたタイアップです!!
どんな書籍にも書いていない情報ばかりです






【3月15日(金)のテクニカル分析】

おはようございます(^^)

では本日もユロ円の流れです。

【ユーロ/円】4時間足
FX テクニカル分析 ブログ 4時間足


MACDルールは不成立ですが
このままレートが4時間のMA(青)の上を推移すれば
成立してくる可能性がありますね。


成立すると
現在抵抗線となっている上値を抜きやすくなります。


で、そのレートですが
4時間のMA(青)の上に来たわけですが
まだストキャス(青)がちょっとついてきてないかな?


ってことで
また下げていく可能性が少し残っていますが
日足MA(赤)の上にレートがあり
その日足ストキャス(赤)も上を向いているので
戻してもそんなに大きくならないか・・・?(※あくまでも4時間足レベルでの話)


とりあえず日足に「勢い」はなく
4時間足にもない状態なので
あまりトレードに適しているとは言えません。


4時間のMA(青)が上を向いてこないと
長期(青)の安値の切り上げも確定しないし
もうしばらくわかりにくい相場が続くかも。


【ユーロ/円】1時間足
FX テクニカル分析 ブログ 1時間足


コチラもMACDルール不成立ですね。
1時間足に「勢い」はなく
当然この位置からいきなり4時間足に「勢い」がでることもまずありません。


昨日長期ダウ(青)を青点線の位置に入れましたが、
移動平均線(青)が下を向いたままでしたので
安値切り上げをみなすには少々無理がありましたね。


昨日の1時間のMA(青)を越えたところを
安値の切り上げとみなすほうが妥当です。


1時間と4時間にまったく下げ「勢い」がないところでの
短期ダウでダイバージェンス発生


この「下げ勢いがない」ところからのダイバージェンス
そしてそれが長期で安値切り上げ
つまりダウ継続であること
こういう部分からの跳ね上げはよくある現象です。


単にダイバージェンスが発生したから反転か?
と、するのではなく
相場状況がどのようなときにダイバージェンスが発生した・・・
だから反転する可能性が高いな・・・
そう考えることが大切です。


そしてさらに
その部分の下位足で安値の切り上げ等をじっくりと待つ


そうするとダイバージェンスからのトレードも
けっこう簡単になってきますよ(^^)


もちろんダイバージェンスだけであって
安値の切り上げがあったわけではないので
急な戻しには十分注意が必要ですけどね。


あ、話がそれましたね。


とりあえず長期ダウは上昇継続
短期ダウ(黄緑)も上昇ダウ
でも上昇「勢い」は全くない・・・


そんな相場状況ですので
下位足で高値切り下げ等あるといっきに下げてきて
レートが1時間のMA(青)を下に割ってきたら
長期(青)の高値切り下げが確定する恐れもあります。


ただ、4時間足も1時間足も
方向はコッチ!!
と決める要素に欠けますので
非常にわかりにくい相場となりそうです・・・


ハッキリとダウを築くか
しっかりとラインを抜いてくるか
そのどちらかまで待ったほうがいいかもしれません。


1日1回、応援クリックよろしくお願いします^^♪
  ↓

テクニカル分析ブログ




□*■*□*■*□*■*□*■*□*■*□*■*□*■*□*■*□

【3月15日 金曜日の経済指標】

17:15 スイス) 2月 生産者輸入価格

19:00 欧) 2月 消費者物価指数

21:30 米) 3月 ニューヨーク連銀製造業景気指数

21:30 米) 2月 消費者物価指数

22:00 米) 1月 対米証券投資

22:15 米) 2月 鉱工業生産

22:15 米) 2月 設備稼働率

22:55 米) 3月 ミシガン大学消費者態度指数・速報値


*★*――――*★**★*――――*★**★*――――*★**★*――――*★*


今の時代において、移動平均線だけで
相場から利益を上げることは不可能なのか!?

答えは「NO」です。 実は移動平均線だけでも相場に勝つことは可能です。しかも、相場のトレンドに乗って大きな値幅を取りつつ、同時に勝率も高めるという、投資の世界において、不可能だと思われている理想のトレードを実現する事ができます。

■高い勝率と大きな値幅が同時に取れる非常識な投資術 〜移動平均線編〜



文中に登場する「勢い」という概念をコチラのレポート内で詳しく説明してあります。
「必ず!」上の「移動平均線編」を購入後にコチラをご覧ください。

■高い"勝率"と大きな"値幅"が同時に取れる非常識な投資術 〜ボリンジャーバンド(応用編)〜

ボリンジャーバンドを使ったエントリーポイントや利の伸ばし方もわかりやすく書いてありますよ(^^)
世界中のどこにもない、私だけの独自の使い方です。



Facebookへようこそ

今までブログではお伝えしきれなかったリアルタイムの最新の情報、

そして専業トレーダーのリアルな日常を投稿していきます。

また、ふとチャートを見ながら考え付いたこと等、今まででしたらそのまま消え去っていたような事柄も

そのまま気軽に書いていきます。

大切な一言・・・ぜひお見逃しなく(^^)

関連記事
[ 2013/03/15 08:51 ] MACDルールで見る本日の流れ | TB(-) | CM(-)