MACDルールとダウ理論で見る本日のテクニカル分析【1月31日(木)】

【MACDルールについて】

当ブログ中によく出てくる「MACDルール」については、

矢印 こちらのレポートで詳しく説明してあります。

私独自のMACDの使い方であり、どの時間軸でトレードすべきか、今トレードしていい状態なのか

どの時間軸で決済すべきか、そういったことが一目でわかります。



【1月31日(木)のテクニカル分析】

おはようございます(^^)

では本日のユロドルの流れです。

【ユーロ/ドル】4時間足
FX テクニカル分析 ブログ 4時間足

MACDルールは上で成立していますね。

長期ダウ(青)、短期ダウ(黄緑)ともに上昇中

4時間に若干「勢い」はついたけど

日足には波及していないか・・・?

となると、このレートがタッチしたボリンジャーバンドの2σラインが少々気になるところ

しかし完全に上昇ダウを築いているので

高値を切り下げない限りは

安易にショートポジションをとるわけにはいかないですよね。

せめて1時間足の短期ダウレベルで高値を切り下げないと

十分な下げの値幅が獲れる可能性が低くなります。


【ユーロ/ドル】1時間足
FX テクニカル分析 ブログ 1時間足

コチラもMACDルールは成立~

そして短期ダウ(黄緑)、長期ダウ(青)ともに上昇ダウを継続

ショートポジションを持つ理由がないですね(^_^;)

さしあたって当分はロング目線です。

ただし当然5分足~15分足レベルでの高値の切り下げがあれば

若干戻してくる可能性は当然あります。

ですが高値を切り下げる、

もしくは主要ラインを下に割ってくるまでは

やはりそのラインから反発上昇ダウのシナリオを持っておいたほうがいいでしょう。


そして

例え主要ラインを下に割ったとしても

高値の切り下げがない限り

急な戻しがある可能性を常に頭に入れながらトレードするようにしてください。


本日はNY時間に比較的重要な指標発表が多数ひかえている上に

月末であり週末も近くなっています。

手仕舞いの売りの動きにも注意が必要です。


1日1回、応援クリックよろしくお願いします^^♪
  ↓

テクニカル分析ブログ




□*■*□*■*□*■*□*■*□*■*□*■*□*■*□*■*□

【1月31日 木曜日の経済指標】

05:00 NZ) ニュージーランド準備銀行(RBNZ、NZ中央銀行)政策金利

08:50 日) 12月 鉱工業生産・速報値

08:50 日) 前週分 対外対内証券売買契約等の状況

09:01 英) 1月 GFK消費者信頼感調査

09:30 豪) 10-12月期 四半期輸出物価指数

09:30 豪) 10-12月期 四半期輸入物価指数 

10:30 日) 12月 毎月勤労統計調査-現金給与総額

14:00 日) 12月 新設住宅着工戸数

16:45 仏) 12月 卸売物価指数

16:45 仏) 12月 消費支出

17:55 独) 1月 失業者数

17:55 独) 1月 失業率

21:30 米) 12月 チャレンジャー人員削減数

22:00 独) 1月 消費者物価指数

22:30 加) 11月 月次国内総生産(GDP)

22:30 加) 12月 鉱工業製品価格

22:30 加) 12月 原料価格指数

22:30 米) 前週分 新規失業保険申請件数

22:30 米) 12月 個人消費支出

22:30 米) 12月 個人所得


23:45 米) 1月 シカゴ購買部協会景気指数


*★*――――*★**★*――――*★**★*――――*★**★*――――*★*


文中に登場する「勢い」という概念をコチラのレポート内で詳しく説明してあります。

【ボリンジャーバンド ここまでできる!徹底トレード】
http://fxkabu36.blog94.fc2.com/blog-entry-1018.html

ボリンジャーバンドを使ったエントリーポイントや利の伸ばし方もわかりやすく書いてありますよ(^^)



Facebookへようこそ

今までブログではお伝えしきれなかったリアルタイムの最新の情報、

そして専業トレーダーのリアルな日常を投稿していきます。

また、ふとチャートを見ながら考え付いたこと等、今まででしたらそのまま消え去っていたような事柄も

そのまま気軽に書いていきます。

大切な一言・・・ぜひお見逃しなく(^^)

関連記事
[ 2013/01/31 08:41 ] MACDルールで見る本日の流れ | TB(-) | CM(-)

MACDルールとダウ理論で見る本日のテクニカル分析【1月30日(水)】

【MACDルールについて】

当ブログ中によく出てくる「MACDルール」については、

矢印 こちらのレポートで詳しく説明してあります。

私独自のMACDの使い方であり、どの時間軸でトレードすべきか、今トレードしていい状態なのか

どの時間軸で決済すべきか、そういったことが一目でわかります。



【1月30日(水)のテクニカル分析】

おはようございます(^^)

では本日のユロドルの流れです。

【ユーロ/ドル】4時間足
FX テクニカル分析 ブログ 4時間足

MACDルールは上で成立

長期ダウ(青)は安値切り上げから高値更新して上昇ダウを築いています。

上昇「勢い」はありませんが、

短期ダウ(黄緑)もヒドゥン・ダイバージェンスから上昇ダウ継続ですね。

ただ、上値を抜いてきたにもかかわらず

短期MACDはダイバージェンス気味・・・

まだ確定したわけではありませんが、

今後近いうちにレートが4時間足のMA(青)を下抜くと確定してきますので

少し注意が必要です。


【ユーロ/ドル】1時間足
FX テクニカル分析 ブログ 1時間足

MACDルールはまだ上で成立

ただ、コチラも短期MACDがダイバージェンスを起こしそうな雰囲気がありますね。

レートが1時間のMA(青)を下回ってきたら注意しましょう。

長期ダウ(青)は上昇ダウを築いていますが

短期ダウ(黄緑)は安値を切り下げたところからの

いきなりの上昇高値更新ですので

急な戻しの可能性があります。

4時間足には「勢い」はありませんし、1時間足の「勢い」も半減していますしね。


今後短期ダウの安値の切り上げがあれば

比較的安心してロングをとりにいけるのですが、

先日書きました、日足で1年近く前の抵抗線がすぐ上に控えていますので

スイング気味にトレードしている方は

今後4時間足レベルでのダウの高値切り下げ等に注意が必要です。


1日1回、応援クリックよろしくお願いします^^♪
  ↓

テクニカル分析ブログ




□*■*□*■*□*■*□*■*□*■*□*■*□*■*□*■*□

【1月30日 水曜日の経済指標】

06:45 NZ) 12月 住宅建設許可件数

08:50 日) 12月 小売業販売額

08:50 日) 12月 大型小売店(既存店)販売額

17:00 スイス) 1月 KOF景気先行指数

18:30 英) 12月 消費者信用残高

18:30 英) 12月 マネーサプライM4

19:00 欧) 1月 消費者信頼感

21:00 米) MBA住宅ローン申請指数

22:15 米) 1月 ADP雇用統計

22:30 米) 10-12月期 四半期実質国内総生産


28:15 米) 米連邦公開市場委員会(FOMC)、終了後政策金利発表


*★*――――*★**★*――――*★**★*――――*★**★*――――*★*


文中に登場する「勢い」という概念をコチラのレポート内で詳しく説明してあります。

【ボリンジャーバンド ここまでできる!徹底トレード】
http://fxkabu36.blog94.fc2.com/blog-entry-1018.html

ボリンジャーバンドを使ったエントリーポイントや利の伸ばし方もわかりやすく書いてありますよ(^^)



Facebookへようこそ

今までブログではお伝えしきれなかったリアルタイムの最新の情報、

そして専業トレーダーのリアルな日常を投稿していきます。

また、ふとチャートを見ながら考え付いたこと等、今まででしたらそのまま消え去っていたような事柄も

そのまま気軽に書いていきます。

大切な一言・・・ぜひお見逃しなく(^^)

関連記事
[ 2013/01/30 08:49 ] MACDルールで見る本日の流れ | TB(-) | CM(-)

MACDルールとダウ理論で見る本日のテクニカル分析【1月29日(火)】

【MACDルールについて】

当ブログ中によく出てくる「MACDルール」については、

矢印 こちらのレポートで詳しく説明してあります。

私独自のMACDの使い方であり、どの時間軸でトレードすべきか、今トレードしていい状態なのか

どの時間軸で決済すべきか、そういったことが一目でわかります。



【1月29日(火)のテクニカル分析】

おはようございます(^^)

では本日のユロドルの流れです。

【ユーロ/ドル】4時間足
FX テクニカル分析 ブログ 4時間足

MACDルールは、まだ上で成立しています。

長期ダウ(青)の安値の切り上げからの上昇ブレイクですが、

短期ダウ(黄緑)のダウが少々わかりづらいので

今後急落があるのかどうか、

それともあまり戻すことなく上昇が続くのかがちょっと不明ですね。

ただどちらにしてもブレイクラインが今度はサポートラインとなる可能性が高く

そしてそこで支えられたら

とりあえず短期的には上昇があると思われます(デイトレでちょっと獲れるくらい)

現在わかりづらい短期ダウ(黄緑)が、実は上昇ダウを築いていた・・ということでしたら

今後日足にまで「勢い」が波及した上昇につながる可能性もあります。

そうでなかった場合は

ブレイクライン(サポートライン)で少し反発後に

ダブルトップを築いてネックラインを下に割ってくるかもしれません。


【ユーロ/ドル】1時間足
FX テクニカル分析 ブログ 1時間足

MACDルールはまだ上で成立していますね。

長期ダウ(青)は4時間足の短期ダウに相当しているため

コチラでも少々わかりづらくなっていますが

短期ダウ(黄緑)は上昇継続だったところから

高値を切り下げてしまいました。

そのため少々戻しが入る可能性が高まってきましたね

この時長期ダウが上昇ダウではなく、いっきに安値更新から高値を更新した状態であるならば

その少々も戻しが大きな戻しになる可能性もあります。

長期ダウがわかりづらいので、その両シナリオを持っておく必要があるかもしれません。

ただしこの高値を切り下げた短期ダウが

直近安値を割ることがなければ

今度は高値切り下げの安値切り上げ・・と

方向感のわかりにくい、いわゆる「フラッグ」というパターンに入る可能性もありますので

そうなったら抜けてくるまでは

1分足レベルでのスキャルしかできなくなりそうです。


1日1回、応援クリックよろしくお願いします^^♪
  ↓

テクニカル分析ブログ




□*■*□*■*□*■*□*■*□*■*□*■*□*■*□*■*□

【1月29日 火曜日の経済指標】

未 定 米) 米連邦公開市場委員会(FOMC)1日目

06:45 NZ) 12月 貿易収支

09:30 豪) 12月 NAB企業景況感指数

16:00 独) 2月 GFK消費者信頼感調査

16:45 仏) 1月 消費者信頼感指数

23:00 米) 11月 ケース・シラー米住宅価格指数

24:00 米) 1月 消費者信頼感指数



*★*――――*★**★*――――*★**★*――――*★**★*――――*★*


文中に登場する「勢い」という概念をコチラのレポート内で詳しく説明してあります。

【ボリンジャーバンド ここまでできる!徹底トレード】
http://fxkabu36.blog94.fc2.com/blog-entry-1018.html

ボリンジャーバンドを使ったエントリーポイントや利の伸ばし方もわかりやすく書いてありますよ(^^)



Facebookへようこそ

今までブログではお伝えしきれなかったリアルタイムの最新の情報、

そして専業トレーダーのリアルな日常を投稿していきます。

また、ふとチャートを見ながら考え付いたこと等、今まででしたらそのまま消え去っていたような事柄も

そのまま気軽に書いていきます。

大切な一言・・・ぜひお見逃しなく(^^)

関連記事
[ 2013/01/29 08:53 ] MACDルールで見る本日の流れ | TB(-) | CM(-)

MACDルールとダウ理論で見る本日のテクニカル分析【1月28日(月)】

【MACDルールについて】

当ブログ中によく出てくる「MACDルール」については、

矢印 こちらのレポートで詳しく説明してあります。

私独自のMACDの使い方であり、どの時間軸でトレードすべきか、今トレードしていい状態なのか

どの時間軸で決済すべきか、そういったことが一目でわかります。



【1月28日(月)のテクニカル分析】

おはようございます(^^)

では本日のユロドルの流れです。

【ユーロ/ドル】4時間足
FX テクニカル分析 ブログ 4時間足

MACDルールは上で成立

その状態からの高値抵抗線上抜けでしたね。

ただ日足への「勢い」の波及がないままに

4時間足の「勢い」が終わろうとしています。

もちょっと上昇すれば日足ボリンジャーバンドのエクスパンションが始まるのだけれど・・・


昨年2月の終わりごろの高値ラインにも到達していますので

そこにも少々注意が必要です。


短期のダウ(黄緑)は少々わかりづらくなっていますが

長期ダウで見ると安値切り上げながらのブレイクですので

今後ブレイクラインをサポートとしてもう一段伸びる可能性もありますね。

注意しておくべきラインの一つです。


【ユーロ/ドル】1時間足
FX テクニカル分析 ブログ 1時間足

MACDルールが上で成立しながらのブレイクです。

そのまま1時間の「勢い」が4時間へと波及しました。



『今後短期レベルであまり戻すことなく押し目を作れば

 さらに上昇が続く可能性もあります。』

先週の金曜日にこのように書きましたが

それが紫の○の部分ですね。


上昇ダウにヒドゥン・ダイバージェンス(赤)、そして「勢い」

申し分のないブレイクの形です。


ただ長期のダウ(青)が非常にわかりづらく

その観点から見るならば、長期的に上昇なのか、

それとも急落もあるのかのシナリオがたてにくい状況になっています。


こういうときは

4時間足の長期ダウが上昇であり

1時間の短期ダウが上昇ですので

その間に挟まれた1時間の長期ダウも上昇・・・と、私は判断していますけどね(^^)



1日1回、応援クリックよろしくお願いします^^♪
  ↓

テクニカル分析ブログ




□*■*□*■*□*■*□*■*□*■*□*■*□*■*□*■*□

【1月28日 月曜日の経済指標】

08:50 日) 12月 企業向けサービス価格指数

18:00 欧) 12月 マネーサプライM3

22:30 米) 12月 耐久財受注

24:00 米) 12月 住宅販売保留指数


*★*――――*★**★*――――*★**★*――――*★**★*――――*★*


文中に登場する「勢い」という概念をコチラのレポート内で詳しく説明してあります。

【ボリンジャーバンド ここまでできる!徹底トレード】
http://fxkabu36.blog94.fc2.com/blog-entry-1018.html

ボリンジャーバンドを使ったエントリーポイントや利の伸ばし方もわかりやすく書いてありますよ(^^)



Facebookへようこそ

今までブログではお伝えしきれなかったリアルタイムの最新の情報、

そして専業トレーダーのリアルな日常を投稿していきます。

また、ふとチャートを見ながら考え付いたこと等、今まででしたらそのまま消え去っていたような事柄も

そのまま気軽に書いていきます。

大切な一言・・・ぜひお見逃しなく(^^)

関連記事
[ 2013/01/28 08:56 ] MACDルールで見る本日の流れ | TB(-) | CM(-)

MACDルールとダウ理論で見る本日のテクニカル分析【1月25日(金)】

【MACDルールについて】

当ブログ中によく出てくる「MACDルール」については、

矢印 こちらのレポートで詳しく説明してあります。

私独自のMACDの使い方であり、どの時間軸でトレードすべきか、今トレードしていい状態なのか

どの時間軸で決済すべきか、そういったことが一目でわかります。



【1月25日(金)のテクニカル分析】

おはようございます(^^)

では本日のユロドルの流れです。

【ユーロ/ドル】4時間足
FX テクニカル分析 ブログ 4時間足

MACDルールは上で成立しています。

長期ダウ(青)は高値切り下げ、そして安値を切り上げてますね。

ちょっとわかりづらいけど(^_^;)

短期ダウ(黄緑)は、安値を更新したところからいっきに高値を更新してきました。

そして4時間足のボリンジャーバンドにも「勢い」がついてきましたね。

だけど短期ダウの安値の切り上げもないため

上値抵抗線を越えられずにいます。

一度短期レベルで安値の切り上げがあれば

きれいにブレイクしていくかもしれません。

それがないブレイクであれば、

抜けてから一度戻してくる可能性があるので注意が必要。

もちろん日足へと「勢い」が波及したわけでもないし、

その短期ダウが上昇を決定づけたわけでもないので

今から急落の可能性も十分ありますよ。

両方の可能性を考慮しつつ取り組んでください。


【ユーロ/ドル】1時間足
FX テクニカル分析 ブログ 1時間足

コチラもMACDルールが成立してきましたが・・・

長期ダウ(青)が高値切り下げ安値も切り下げの状態から

いっきに高値更新ですね。

そのため一度戻してくる可能性は十分にあります。

ただあまりに値動きが荒いため

明確なダウはつかみにく状態になっています。


短期ダウ(黄緑)も、

安値更新からいっきに高値を更新しています。

急な戻しがはいってもおかしくない場面です。

ですが、

1時間足から4時間足への「勢い」の波及が見られますので

今後短期レベルであまり戻すことなく押し目を作れば

さらに上昇が続く可能性もあります。

ただ、強力な抵抗線があるので注意が必要。


1日1回、応援クリックよろしくお願いします^^♪
  ↓

テクニカル分析ブログ




□*■*□*■*□*■*□*■*□*■*□*■*□*■*□*■*□

【1月25日 金曜日の経済指標】

08:30 日) 12月 全国消費者物価指数

08:30 日) 1月 東京都区部消費者物価指数


18:00 独) 1月 IFO企業景況感指数

18:30 英) 10-12月期 四半期国内総生産

22:30 加) 12月 消費者物価指数

24:00 米) 12月 新築住宅販売件数



*★*――――*★**★*――――*★**★*――――*★**★*――――*★*


文中に登場する「勢い」という概念をコチラのレポート内で詳しく説明してあります。

【ボリンジャーバンド ここまでできる!徹底トレード】
http://fxkabu36.blog94.fc2.com/blog-entry-1018.html

ボリンジャーバンドを使ったエントリーポイントや利の伸ばし方もわかりやすく書いてありますよ(^^)



Facebookへようこそ

今までブログではお伝えしきれなかったリアルタイムの最新の情報、

そして専業トレーダーのリアルな日常を投稿していきます。

また、ふとチャートを見ながら考え付いたこと等、今まででしたらそのまま消え去っていたような事柄も

そのまま気軽に書いていきます。

大切な一言・・・ぜひお見逃しなく(^^)

関連記事
[ 2013/01/25 08:56 ] MACDルールで見る本日の流れ | TB(-) | CM(-)

MACDルールとダウ理論で見る本日のテクニカル分析【1月24日(木)】

【MACDルールについて】

当ブログ中によく出てくる「MACDルール」については、

矢印 こちらのレポートで詳しく説明してあります。

私独自のMACDの使い方であり、どの時間軸でトレードすべきか、今トレードしていい状態なのか

どの時間軸で決済すべきか、そういったことが一目でわかります。



【1月24日(木)のテクニカル分析】

おはようございます(^^)

では本日のユロドルの流れです。

【ユーロ/ドル】4時間足
FX テクニカル分析 ブログ 4時間足

ひどい値動きが続きますねー(-_-;)

ずっと書き続けているように、高値切り下げ安値は切り上げのパターンに入ってしまったので

値動きは荒いわ、値幅は狭いわ・・・

スキャルピングしかできないような相場です。

値動きが荒くともせめて相場に「勢い」(オレンジ○)が出てくれたらいいのですが

それもないですしね。

とりあえず直近の短期ダウ(黄緑)は高値を切り下げ安値を更新していますので

下げ目線・・・?

と言いたいところですが、

どうも底も固そうです。

高値を切り下げながらなので、そのままサポートラインを下に抜けるのか

それとも底堅いと捉えられ、なにかの拍子に爆上げするのか

現時点でその判断をすることはできません。

だからこそ、抜けてくるのそじっくりと待って

それからゆったりと参加するのがトレードの基本です(^^)


【ユーロ/ドル】1時間足
FX テクニカル分析 ブログ 1時間足

さて・・・

上位足が汚い値動きをしているので

スキャルピングでなんとか対応していきたいところですが

スキャルといえど1時間足の流れを無視するわけにはいきませんので

しっかりと流れをつかんでいきましょう(^^)


で、その流れ・・・w

めちゃくちゃですね(^_^;)

うーん、全体的には高値切り下げ安値を更新しているので

下げ?と言いたいところですが

短期ダウ(黄緑)の上下・・・ちょw

かんべんしてほしい飛び跳ね具合ですね。


ならばデイトレ&スキャルは

これよりももっと下位足(15分~5分足)のダウと移動平均線の方向をしっかりと見定めて

つまりとことん「待って」

そして「決して欲張らない」トレードを心掛ける!


もしくは上位足で方向がハッキリするまで手を出さない

この2つのことが守れないのであれば

きっと負けます(^^)


1日1回、応援クリックよろしくお願いします^^♪
  ↓

テクニカル分析ブログ




□*■*□*■*□*■*□*■*□*■*□*■*□*■*□*■*□

【1月24日 木曜日の経済指標】

08:50 日) 12月 貿易統計

08:50 日) 前週分 対外対内証券売買契約等の状況

18:00 欧) 11月 経常収支

18:00 欧) 1月 製造業購買担当者景気指数

18:00 欧) 1月 サービス部門購買担当者景気指数

22:30 米) 前週分 新規失業保険申請件数

24:00 米) 12月 景気先行指標総合指数


*★*――――*★**★*――――*★**★*――――*★**★*――――*★*


文中に登場する「勢い」という概念をコチラのレポート内で詳しく説明してあります。

【ボリンジャーバンド ここまでできる!徹底トレード】
http://fxkabu36.blog94.fc2.com/blog-entry-1018.html

ボリンジャーバンドを使ったエントリーポイントや利の伸ばし方もわかりやすく書いてありますよ(^^)



Facebookへようこそ

今までブログではお伝えしきれなかったリアルタイムの最新の情報、

そして専業トレーダーのリアルな日常を投稿していきます。

また、ふとチャートを見ながら考え付いたこと等、今まででしたらそのまま消え去っていたような事柄も

そのまま気軽に書いていきます。

大切な一言・・・ぜひお見逃しなく(^^)

関連記事
[ 2013/01/24 08:54 ] MACDルールで見る本日の流れ | TB(-) | CM(-)

MACDルールとダウ理論で見る本日のテクニカル分析【1月23日(水)】

【MACDルールについて】

当ブログ中によく出てくる「MACDルール」については、

矢印 こちらのレポートで詳しく説明してあります。

私独自のMACDの使い方であり、どの時間軸でトレードすべきか、今トレードしていい状態なのか

どの時間軸で決済すべきか、そういったことが一目でわかります。



【1月23日(水)のテクニカル分析】

おはようございます(^^)

では本日のユロドルの流れです。

【ユーロ/ドル】4時間足
FX テクニカル分析 ブログ 4時間足

MACDルールは上で成立していますが

高値を切り下げ、安値を切り上げ

長期ダウ(青)は非常に方向感のない形になってきました。

短期ダウ(黄緑)は昨日の荒い値動きのときに安値を割りましたね。

短期が下げダウを築いているので

目先は下げの可能性が高いですが

先日から書いているパターンから抜けるまではリスクの高い相場が続きそうです。

そして現在、日足も4時間足も「勢い」がありませんので

ただそこを見る限りでも

リワードが得にくい相場であることがわかります。


【ユーロ/ドル】1時間足
FX テクニカル分析 ブログ 1時間足

コチラの1時間足ではMACDルールは成立していませんが、

値動き荒いですねー(笑)

昨日の日銀のおかげでめちゃくちゃです(-_-;)

日銀、2%物価目標を決定=来年からは無期限緩和―政府と「共同声明」発表

でもめちゃくちゃに見えて

実は4時間のボリンジャーバンドは平常運転・・・

まったく「勢い」の波及がありませんでしたね。


とりあえず長期ダウ(青)は下げダウ?

短期ダウ(黄緑)は高値更新からいっきに安値を更新して

そしていつものパターンでいっきに戻る・・・

方向感ありません(笑)


短期(黄緑)で高値の切り下げを確定させれば

長々期MA(赤)の下に長期MA(青)が来ているわけですし

ダウも下げ継続で

目先は下げということになりますね(^^)

それ以上はチャートパターンから抜けてくるまでわかりません。


1日1回、応援クリックよろしくお願いします^^♪
  ↓

テクニカル分析ブログ




□*■*□*■*□*■*□*■*□*■*□*■*□*■*□*■*□

【1月23日 水曜日の経済指標】

09:30 豪) 10-12月期 四半期消費者物価

14:00 日) 金融経済月報

16:45 仏) 1月 企業景況感指数

18:30 英) 英中銀金融政策委員会(MPC)議事要旨

18:30 英) 12月 失業率

18:30 英) 12月 失業保険申請件数

21:00 米) MBA住宅ローン申請指数


23:00 米) 11月 住宅価格指数

24:00 加) カナダ銀行 政策金利

24:00 欧) 1月 消費者信頼感(速報値)


*★*――――*★**★*――――*★**★*――――*★**★*――――*★*


文中に登場する「勢い」という概念をコチラのレポート内で詳しく説明してあります。

【ボリンジャーバンド ここまでできる!徹底トレード】
http://fxkabu36.blog94.fc2.com/blog-entry-1018.html

ボリンジャーバンドを使ったエントリーポイントや利の伸ばし方もわかりやすく書いてありますよ(^^)



Facebookへようこそ

今までブログではお伝えしきれなかったリアルタイムの最新の情報、

そして専業トレーダーのリアルな日常を投稿していきます。

また、ふとチャートを見ながら考え付いたこと等、今まででしたらそのまま消え去っていたような事柄も

そのまま気軽に書いていきます。

大切な一言・・・ぜひお見逃しなく(^^)

関連記事
[ 2013/01/23 09:02 ] MACDルールで見る本日の流れ | TB(-) | CM(-)

MACDルールとダウ理論で見る本日のテクニカル分析【1月22日(火)】

【MACDルールについて】

当ブログ中によく出てくる「MACDルール」については、

矢印 こちらのレポートで詳しく説明してあります。

私独自のMACDの使い方であり、どの時間軸でトレードすべきか、今トレードしていい状態なのか

どの時間軸で決済すべきか、そういったことが一目でわかります。



【1月22日(火)のテクニカル分析】

おはようございます(^^)

では本日のユロドルの流れです。

【ユーロ/ドル】4時間足
FX テクニカル分析 ブログ 4時間足

MACDルールは上で成立していますが、

高値は微妙に切り下げ少々困った相場。

安値は切り上げているので

このままペナント型のパターンに突入か?

どんどん値幅が狭くなって、先細りのやつね(笑)

今後伸びる可能性があるとは言っても

デイトレーダーには少々きつい相場です。


ただ安値の切り上げがまだ確定しておりませんので

このまま直近の安値を下に割っていくことも考えられます。

とりあえず日足に「勢い」は波及しておりませんので

上げが強い可能性はどうしても低くなります。

つまり「陽線」が日足レベルで大きくなる可能性が低いということですね。

日足で大きな陽線をつけにくいということは

当然1時間足レベルで大きく獲れる可能性も低くなるということです。


【ユーロ/ドル】1時間足
FX テクニカル分析 ブログ 1時間足

MACDルールは不成立。

長期(青)で高値切り下げ

そして現在安値を切り上げるかどうか?というところ。

ここで安値切り上げを確定してしまうと

4時間足でも書いたように、方向感を失くした相場になりやすいわけです。

ただしまだ全体の流れとしては上ですので

安値を切り上げたら上へと伸びる可能性は残されています。


短期(黄緑)は安値を切り上げているのか、判断が難しいですね

レートがごちゃごちゃしています。

このように「わからない」「わかりにくい」ところは

それなりのわかりやすいラインを抜いてくるまでスルーするというのも一つの手ですよ。


とりあえず現在、4時間足にも1時間足にも「勢い」がありませんので

ラインを抜きつつ、そのときに「勢い」があれば

素直に追いかけてみたらいいと思います。


1日1回、応援クリックよろしくお願いします^^♪
  ↓

テクニカル分析ブログ




□*■*□*■*□*■*□*■*□*■*□*■*□*■*□*■*□

【1月22日 火曜日の経済指標】

未 定 日) 日銀金融政策決定会合、終了後政策金利発表

13:30 日) 11月 全産業活動指数

14:00 日) 11月 景気先行指数

14:00 日) 11月 景気一致指数

19:00 欧) 1月 ZEW景況感調査

19:00 独) 1月 ZEW景況感調査

22:30 加) 11月 小売売上高

24:00 米) 12月 中古住宅販売件数


24:00 米) 1月 リッチモンド連銀製造業指数



*★*――――*★**★*――――*★**★*――――*★**★*――――*★*


文中に登場する「勢い」という概念をコチラのレポート内で詳しく説明してあります。

【ボリンジャーバンド ここまでできる!徹底トレード】
http://fxkabu36.blog94.fc2.com/blog-entry-1018.html

ボリンジャーバンドを使ったエントリーポイントや利の伸ばし方もわかりやすく書いてありますよ(^^)



Facebookへようこそ

今までブログではお伝えしきれなかったリアルタイムの最新の情報、

そして専業トレーダーのリアルな日常を投稿していきます。

また、ふとチャートを見ながら考え付いたこと等、今まででしたらそのまま消え去っていたような事柄も

そのまま気軽に書いていきます。

大切な一言・・・ぜひお見逃しなく(^^)

関連記事
[ 2013/01/22 08:51 ] MACDルールで見る本日の流れ | TB(-) | CM(-)

MACDルールとダウ理論で見る本日のテクニカル分析【1月21日(月)】

【MACDルールについて】

当ブログ中によく出てくる「MACDルール」については、

矢印 こちらのレポートで詳しく説明してあります。

私独自のMACDの使い方であり、どの時間軸でトレードすべきか、今トレードしていい状態なのか

どの時間軸で決済すべきか、そういったことが一目でわかります。



【1月21日(月)のテクニカル分析】

おはようございます(^^)

では本日のユロドルの流れです。

【ユーロ/ドル】4時間足
FX テクニカル分析 ブログ 4時間足

MACDルールは成立ながらも

高値を切り下げてきましたね。

そして日足に上昇「勢い」が波及することもありませんでした。


まだ安値が確定したわけではありませんが、

高値切り下げの安値切り上げというトライアングルに突入した可能性もあります。

そうすると今後値幅が狭くなる一方・・・(笑)

ですが、トライアングルを抜けたら大きく動くという期待もできますよね。

ただし、デイトレをメインとしている方にはキツイ相場となります。


移動平均線や日足レベルのダウは上昇を示していますので

できたら安値切り上げを確定させ

そしてせめて直近高値を上抜いてほしいところ。


そしてそれまでは

若干方向感のわかりにくい相場となりますのでかなり注意が必要です。


【ユーロ/ドル】1時間足
FX テクニカル分析 ブログ 1時間足

MACDルールは崩れてきましたね。

長期ダウは上昇を続けていたのですが

ここにきて高値を切り下げてしまいました。

短期ダウは上昇、つまり高値更新していたところから

いっきに安値を更新。

これは大した予兆もなく、急な戻しがあることが多いパターンですので

ショートをとった方は決済が難しかったと思います。

そして4時間足に下げの「勢い」が波及したわけではありませんので

下げダウもでない、下げ「勢い」があるわけでもないという相場になりつつありますね。

つまり1時間足でも方向が分かりにくい相場ということです。

もっと下位足での方向性で勝負するしかないわけで

そうすると当然エントリーしても伸びないという相場になりやすいわけで・・・

注意が必要な相場となりそうです(-_-;)


1日1回、応援クリックよろしくお願いします^^♪
  ↓

テクニカル分析ブログ




□*■*□*■*□*■*□*■*□*■*□*■*□*■*□*■*□

【1月21日 月曜日の経済指標】

未 定 日) 日銀・金融政策決定会合(1日目)

09:01 英) 1月 ライトムーブ住宅価格

16:00 独) 12月 生産者物価指数

17:15 スイス) 7-9月期 四半期鉱工業生産

22:30 加) 11月 卸売売上高


*★*――――*★**★*――――*★**★*――――*★**★*――――*★*


文中に登場する「勢い」という概念をコチラのレポート内で詳しく説明してあります。

【ボリンジャーバンド ここまでできる!徹底トレード】
http://fxkabu36.blog94.fc2.com/blog-entry-1018.html

ボリンジャーバンドを使ったエントリーポイントや利の伸ばし方もわかりやすく書いてありますよ(^^)



Facebookへようこそ

今までブログではお伝えしきれなかったリアルタイムの最新の情報、

そして専業トレーダーのリアルな日常を投稿していきます。

また、ふとチャートを見ながら考え付いたこと等、今まででしたらそのまま消え去っていたような事柄も

そのまま気軽に書いていきます。

大切な一言・・・ぜひお見逃しなく(^^)

関連記事
[ 2013/01/21 08:56 ] MACDルールで見る本日の流れ | TB(-) | CM(-)

MACDルールとダウ理論で見る本日のテクニカル分析【1月18日(金)】

【MACDルールについて】

当ブログ中によく出てくる「MACDルール」については、

矢印 こちらのレポートで詳しく説明してあります。

私独自のMACDの使い方であり、どの時間軸でトレードすべきか、今トレードしていい状態なのか

どの時間軸で決済すべきか、そういったことが一目でわかります。



【1月18日(金)のテクニカル分析】

おはようございます(^^)

では本日のユロドルの流れです。

【ユーロ/ドル】4時間足
FX テクニカル分析 ブログ 4時間足

昨日はポン!と上に跳ねましたねー

けっこう獲れた方も多かったと思います。

反発すべきラインからの反発上昇ですね。


MACDルールは上で成立

長期ダウ(青)、短期ダウ(黄緑)ともに上昇継続

とは言っても

4時間足で「勢い」がつくまでには至らず

当然日足でも「勢い」はありません。

ですが、上昇ダウが継続している上に

レートは4時間MA(青)の上にあり、対応ストキャスも上向き

あとは長期の高値を更新してくるかどうか・・?といったところ。

ここで更新しておかなければ

今後トライアングルに突入していく可能性が高まりますので

是非がんばってほしいところです(笑)

ただし、トライアングル突入は

今後大きく伸びる予兆とも言えますので

それはそれで楽しみなんですけどね。

ただその間どんどん値幅が狭くなっていくのがちょっと・・・(T_T)


【ユーロ/ドル】1時間足
FX テクニカル分析 ブログ 1時間足

4時間足と1時間足のボリンジャーバンドの-2σが重なり

さらにサポートラインで支えられ

そこからの反転上昇


MACDルールは成立・・・?

ちょいと微妙なところです。

ただ長期ダウ(青)は上昇継続、短期ダウ(黄緑)も上昇継続

一応まだ上昇目線ですが、

長期ダウの高値を越えていないことと

その前に短期ダウがダイバージェンスを起こしていることが少々気になります。

4時間足に「勢い」の波及はありませんでしたし、

1時間足の「勢い」も半減していますしね。

今のうちにポンっと上抜くか

それがかなわないのであれば

青ラインあたりまで一度戻ってきて底固いのを確認してから再度ゆったりと上昇・・・

そんなシナリオがいいですね。

とにかく上抜きがなければトレンドは継続しません。

当たり前のようですが非常に重要なことであり、

ここを無視して意地になって

一方向にばかり攻めて失敗を積み重ねているトレーダーさんもよく見かけますよ。


1日1回、応援クリックよろしくお願いします^^♪
  ↓

テクニカル分析ブログ




□*■*□*■*□*■*□*■*□*■*□*■*□*■*□*■*□

【1月18日 金曜日の経済指標】

06:45 NZ) 10-12月期 四半期消費者物価

08:50 日) 前週分 対外対内証券売買契約等の状況

13:30 日) 11月 鉱工業生産・確報値

18:30 英) 12月 小売売上高指数

22:30 加) 11月 製造業出荷

23:55 米) 1月 ミシガン大学消費者態度指数・速報値


*★*――――*★**★*――――*★**★*――――*★**★*――――*★*


文中に登場する「勢い」という概念をコチラのレポート内で詳しく説明してあります。

【ボリンジャーバンド ここまでできる!徹底トレード】
http://fxkabu36.blog94.fc2.com/blog-entry-1018.html

ボリンジャーバンドを使ったエントリーポイントや利の伸ばし方もわかりやすく書いてありますよ(^^)



Facebookへようこそ

今までブログではお伝えしきれなかったリアルタイムの最新の情報、

そして専業トレーダーのリアルな日常を投稿していきます。

また、ふとチャートを見ながら考え付いたこと等、今まででしたらそのまま消え去っていたような事柄も

そのまま気軽に書いていきます。

大切な一言・・・ぜひお見逃しなく(^^)

関連記事
[ 2013/01/18 08:53 ] MACDルールで見る本日の流れ | TB(-) | CM(-)