MACDルールとダウ理論で見る本日のテクニカル分析【10月31日(水)】


【10月31日(水)のテクニカル分析】

おはようございます(^^)

では本日のユロドルの流れです。

【ユーロ/ドル】4時間足
FX テクニカル分析 ブログ 4時間足

MACDルールは不成立

長期ダウが上昇で再度成立してきましたね。

上昇ヒドゥン・ダイバージェンスも発生。

で、短期ダウも安値切り上げ高値更新と上昇です。

ただし現在まったく上昇「勢い」はありませんので

少々戻して4時間のMA(青)近辺でうろつくちょっとイヤな動きになっていく可能性も・・・

日足のMA(赤)の下にレートがありますし

その日足MA対応ストキャスも下げていますもんね。


日足の下げ「勢い」はなく、でも下げ圧力が少々強い

でも4時間レベルでは上昇かといって上昇「勢い」はない

つまり目先は上ながら

上はつらい(少々重い)ということ(-_-;)


【ユーロ/ドル】1時間足
FX テクニカル分析ブログ 1時間足

コチラもMACDルールは不成立

長期ダウは安値をわずかに切り上げ、そして高値を更新。

短期ダウも上昇ダウを築いていますね。

でも1時間の「勢い」は半減し、

全閉じしそうなところ。。。

短期ダウが再度高値を更新するのはちょっと難しいか?


何にしても

安値を切り上げたあと、高値を更新するまでのエリアってのは

ハッキリと方向を確定できていないリスクの高いエリアってことに気を付けたほうがいい。

特に上位足に「勢い」がないときはね(^^)


とりあえず

短期で安値を切り上げるか

もしくは上げダイバージェンスを築くまで待つかな?

4時間のMAと日足のMAの間にレートが挟まっているんで

ちょいと上下する可能性を考えれば

15分レベルで高値を切り下げたら少しばかり下げを狙うのもありかもね。


1日1回、応援クリックよろしくお願いします^^♪
  ↓

テクニカル分析ブログ




□*■*□*■*□*■*□*■*□*■*□*■*□*■*□*■*□

【10月31日 水曜日の経済指標】

06:45 NZ) 9月 住宅建設許可件数

09:01 英) 10月 GFK消費者信頼感調査

09:30 豪) 9月 住宅建設許可件数

10:30 日) 9月 毎月勤労統計調査-現金給与総額

14:00 日) 9月 新設住宅着工戸数

16:45 仏) 9月 消費支出

16:45 仏) 9月 卸売物価指数

19:00 欧) 9月 失業率

19:00 欧) 10月 消費者物価指数


19:00 日) 外国為替平衡操作の実施状況(介入実績)

20:00 米) MBA住宅ローン申請指数

21:30 加) 8月 月次国内総生産

22:45 米) 10月 シカゴ購買部協会景気指数



本日の要人発言他:


*★*――――*★**★*――――*★**★*――――*★**★*――――*★*

初心者の方は、1時間足MACDルール成立後も、

15分足でMACDルールが成立するまでトレードしないほうが無難です。
(水色のラインの方向の一致)

【MACDルール】
http://fxsuke.blog97.fc2.com/blog-entry-138.html


文中に登場する「勢い」という概念をコチラのレポート内で詳しく説明してあります。

【ボリンジャーバンド ここまでできる!徹底トレード】
http://fxkabu36.blog94.fc2.com/blog-entry-1018.html

ボリンジャーバンドを使ったエントリーポイントや利の伸ばし方もわかりやすく書いてありますよ(^^)



Facebookへようこそ

今までブログではお伝えしきれなかったリアルタイムの最新の情報、

そして専業トレーダーのリアルな日常を投稿していきます。

また、ふとチャートを見ながら考え付いたこと等、今まででしたらそのまま消え去っていたような事柄も

そのまま気軽に書いていきます。

大切な一言・・・ぜひお見逃しなく(^^)

関連記事
[ 2012/10/31 08:42 ] MACDルールで見る本日の流れ | TB(-) | CM(-)

MACDルールとダウ理論で見る本日のテクニカル分析【10月30日(火)】

【MACDルールについて】

MACD Title-mini当ブログ中によく出てくる「MACDルール」については、

こちらのレポートで詳しく説明してあります。

私独自のMACDの使い方であり、どの時間軸でトレードすべきか、今トレードしていい状態なのか

どの時間軸で決済すべきか、そういったことが一目でわかります。

また、時間軸の比較というトレードの基本とも言うべきことが学べ、自分のトレード法を構築しやすくなります。

他のオシレーターでも同じ考え方ができ、非常に汎用性のある方法ですよ~。


【10月30日(火)のテクニカル分析】

おはようございます(^^)

では本日のユロドルの流れです。

【ユーロ/ドル】4時間足
FX テクニカル分析 ブログ 4時間足

MACDルールは不成立

長期ダウは上昇

そして短期ダウは下落・・・

なのですが

短期で安値の切り上げが見られるか??

短期ストキャス(黄緑)が反転上昇しかけてきているので

レートが短期MA(黄緑)を上抜けば安値の切り上げ。

ただし、まだ少々短期MAが下を向いているので

上抜いたからといってすぐにロングに飛びつくのは危険かも?

本当は4時間のMA(青)を上抜くくらいまで待ってもいいと思いますよね。

つまり4時間足レベルから上昇ダウを継続させてる状態まで。


【ユーロ/ドル】1時間足
FX テクニカル分析ブログ 1時間足

コチラは下げでMACDルールが成立していますが

長期ダウで安値を切り上げるか??

という状態まできています。

とりあえずレートが1時間のMA(青)を上抜くかどうかを見極めましょう(^^)

上抜いたとしても

短期ダウで一度安値を下に割ってますね。

ダイバージェンスが発生しているとはいえ

直近で高値を越えたわけでもないし

まだ下げ目線を完全に崩さないほうがいいと思います。


また、1時間の上にレートがきたとしても

1時間のMA(青)と4時間のMA(赤)に挟まれたいやなエリア。。。


そんなエリアでしっかりと獲りにいくためにも

やっぱりちゃんと短期でも安値の切り上げがほしいかも

でないとダラダラになってしまいがちですからね。


1日1回、応援クリックよろしくお願いします^^♪
  ↓

テクニカル分析ブログ




□*■*□*■*□*■*□*■*□*■*□*■*□*■*□*■*□

【10月30日 火曜日の経済指標】

未 定 日) 日銀金融政策決定会合、終了後政策金利発表

08:30 日) 9月 失業率

08:30 日) 9月 有効求人倍率

08:30 日) 9月 全世帯家計調査・消費支出

08:50 日) 9月 鉱工業生産・速報値

17:55 独) 10月 失業者数

17:55 独) 10月 失業率

19:00 欧) 10月 消費者信頼感

21:30 加) 9月 鉱工業製品価格

21:30 加) 9月 原料価格指数

22:00 米) 8月 ケース・シラー米住宅価格指数

23:00 米) 10月 消費者信頼感指数



本日の要人発言他:


*★*――――*★**★*――――*★**★*――――*★**★*――――*★*

初心者の方は、1時間足MACDルール成立後も、

15分足でMACDルールが成立するまでトレードしないほうが無難です。
(水色のラインの方向の一致)

【MACDルール】
http://fxsuke.blog97.fc2.com/blog-entry-138.html


文中に登場する「勢い」という概念をコチラのレポート内で詳しく説明してあります。

【ボリンジャーバンド ここまでできる!徹底トレード】
http://fxkabu36.blog94.fc2.com/blog-entry-1018.html

ボリンジャーバンドを使ったエントリーポイントや利の伸ばし方もわかりやすく書いてありますよ(^^)



Facebookへようこそ

今までブログではお伝えしきれなかったリアルタイムの最新の情報、

そして専業トレーダーのリアルな日常を投稿していきます。

また、ふとチャートを見ながら考え付いたこと等、今まででしたらそのまま消え去っていたような事柄も

そのまま気軽に書いていきます。

大切な一言・・・ぜひお見逃しなく(^^)

関連記事
[ 2012/10/30 08:49 ] MACDルールで見る本日の流れ | TB(-) | CM(-)

MACDルールとダウで見る本日のテクニカル分析【10月29日(月)】

【MACDルールについて】

MACD Title-mini当ブログ中によく出てくる「MACDルール」については、

こちらのレポートで詳しく説明してあります。

私独自のMACDの使い方であり、どの時間軸でトレードすべきか、今トレードしていい状態なのか

どの時間軸で決済すべきか、そういったことが一目でわかります。

また、時間軸の比較というトレードの基本とも言うべきことが学べ、自分のトレード法を構築しやすくなります。

他のオシレーターでも同じ考え方ができ、非常に汎用性のある方法ですよ~。


【10月29日(月)のテクニカル分析】

おはようございます(^^)

では本日のユロドルの流れです。

【ユーロ/ドル】4時間足
FX テクニカル分析 ブログ 4時間足

MACDルールは不成立ですね

で、長期ダウは上昇

短期ダウは下げ。。。

これイヤですよね(-_-;)

単純に解釈すれば

目先は下げだけども、短期安値を割ることがなければ上継続ってことです

方向が違う上に

下げ「勢い」があるわけでもないので

どうしても難しい相場になりがちです。


【ユーロ/ドル】1時間足
FX テクニカル分析 ブログ 1時間足

コチラはMACDルールは下げで成立。

長期ダウは下げ

短期ダウは・・・安値更新からいっきに高値更新のやなパターン


一度安値を試して

その安値を切り上げたら、高値は更新しているため上昇トレンドに短期レベルでは転換もある。

そうするとMACDダイバージェンス発生から

底値は比較的固くなりつつあるため

急な反発上昇も・・・


ただし、当然長期で下げダウが成立しているため

上げても急な戻しが入る可能性も忘れずに。


とにかく短期が直近安値を割るか切り上げるかでシナリオは変わる。

もし切り上げずにそのまま下に割ってしまったら

これまた短期高値更新からいっきに安値更新ということになるので

割っても少しだけで、反転上昇ダイバージェンスからの反転・・・

なんてこともあり得る。


1日1回、応援クリックよろしくお願いします^^♪
  ↓

テクニカル分析ブログ




□*■*□*■*□*■*□*■*□*■*□*■*□*■*□*■*□

【10月29日 月曜日の経済指標】

08:50 日) 9月 小売業販売額

08:50 日) 9月 大型小売店(既存店)販売額

18:30 英) 9月 消費者信用残高

18:30 英) 9月 マネーサプライM4

21:30 米) 9月 個人消費支出

21:30 米) 9月 個人所得

22:00 独) 10月 消費者物価指数



本日の要人発言他:


*★*――――*★**★*――――*★**★*――――*★**★*――――*★*

初心者の方は、1時間足MACDルール成立後も、

15分足でMACDルールが成立するまでトレードしないほうが無難です。
(水色のラインの方向の一致)

【MACDルール】
http://fxsuke.blog97.fc2.com/blog-entry-138.html


文中に登場する「勢い」という概念をコチラのレポート内で詳しく説明してあります。

【ボリンジャーバンド ここまでできる!徹底トレード】
http://fxkabu36.blog94.fc2.com/blog-entry-1018.html

ボリンジャーバンドを使ったエントリーポイントや利の伸ばし方もわかりやすく書いてありますよ(^^)



Facebookへようこそ

今までブログではお伝えしきれなかったリアルタイムの最新の情報、

そして専業トレーダーのリアルな日常を投稿していきます。

また、ふとチャートを見ながら考え付いたこと等、今まででしたらそのまま消え去っていたような事柄も

そのまま気軽に書いていきます。

大切な一言・・・ぜひお見逃しなく(^^)

関連記事
[ 2012/10/29 07:25 ] MACDルールで見る本日の流れ | TB(-) | CM(-)

MACDルールとダウで見る本日のテクニカル分析【10月26日(金)】

【MACDルールについて】

MACD Title-mini当ブログ中によく出てくる「MACDルール」については、

こちらのレポートで詳しく説明してあります。

私独自のMACDの使い方であり、どの時間軸でトレードすべきか、今トレードしていい状態なのか

どの時間軸で決済すべきか、そういったことが一目でわかります。

また、時間軸の比較というトレードの基本とも言うべきことが学べ、自分のトレード法を構築しやすくなります。

他のオシレーターでも同じ考え方ができ、非常に汎用性のある方法ですよ~。


【10月26日(金)のテクニカル分析】

おはようございます(^^)

では本日のユロドルの流れです。

【ユーロ/ドル】4時間足
FX テクニカル分析ブログ 4時間足

まずはMACDルール!!

えー

・・・不成立


長期ダウ!!上昇!

短期ダウ!! ・・・下落(-_-;)


この時点で若干テンション下がるんだな・・・


短期ダウがダイバージェンスでそろそろ底を打つかな?

ってところで、下落方向にヒドゥン・ダイバージェンス発生。


ですがボリンジャーバンドに下げ「勢い」はありませんね。

直近短期ラインを下に割るかどうかが重要。

現在けっこう近いところまできていますので

ここらで下位足で安値の切り上げ等あった場合

底固くなった!と判断されて、

いっきに4時間のトレンド方向(上昇)に向かって跳ねる可能性もあります。


【ユーロ/ドル】1時間足
FX テクニカル分析 ブログ 1時間足

コチラはMACDルールは下げで成立しています。

長期ダウも下げです。

でも短期で一度高値を更新してしまいましたね。

安値割れからいっきに高値更新パターンです。

こういうときは急な下げに注意するんでしたね(^^)

再度安値を確認しにくる動きをしがちなんで。


ですが、一度高値を更新している以上

そして上位足である4時間が上を向いている以上

この短期での高値更新は意味があります。


次に安値を切り上げたとき

その瞬間から上昇と決定されやすくなります。


なのでさらに下位足である15分足や5分足程度で安値の切り上げがあった場合

そのままロングポジション・・・ということも考えられますね。


とにかく前回安値ラインに注意です。

下に割ってきたら下落続行です。

ただしその際短期で高値を一度更新していますので

安値を割っても再度そのライン内に戻る可能性が高いので

値動きには十分注意を。


1日1回、応援クリックよろしくお願いします^^♪
  ↓

テクニカル分析ブログ




□*■*□*■*□*■*□*■*□*■*□*■*□*■*□*■*□

【10月26日 金曜日の経済指標】

06:45 NZ) 9月 貿易収支

08:30 日) 9月 全国消費者物価指数

08:30 日) 10月 東京都区部消費者物価指数


09:00 NZ) 10月 NBNZ企業信頼感

15:00 独) 11月 GFK消費者信頼感調査

15:00 独) 9月 輸入物価指数

15:45 仏) 10月 消費者信頼感指数

16:00 スイス) 10月 KOF景気先行指数

21:30 米) 7-9月期 四半期実質国内総生産(GDP、速報値)

22:55 米) 10月 ミシガン大学消費者態度指数・確報値


本日の要人発言他:


*★*――――*★**★*――――*★**★*――――*★**★*――――*★*

初心者の方は、1時間足MACDルール成立後も、

15分足でMACDルールが成立するまでトレードしないほうが無難です。
(水色のラインの方向の一致)

【MACDルール】
http://fxsuke.blog97.fc2.com/blog-entry-138.html


文中に登場する「勢い」という概念をコチラのレポート内で詳しく説明してあります。

【ボリンジャーバンド ここまでできる!徹底トレード】
http://fxkabu36.blog94.fc2.com/blog-entry-1018.html

ボリンジャーバンドを使ったエントリーポイントや利の伸ばし方もわかりやすく書いてありますよ(^^)



Facebookへようこそ

今までブログではお伝えしきれなかったリアルタイムの最新の情報、

そして専業トレーダーのリアルな日常を投稿していきます。

また、ふとチャートを見ながら考え付いたこと等、今まででしたらそのまま消え去っていたような事柄も

そのまま気軽に書いていきます。

大切な一言・・・ぜひお見逃しなく(^^)

関連記事
[ 2012/10/26 08:44 ] MACDルールで見る本日の流れ | TB(-) | CM(-)

MACDルールとダウで見る本日のテクニカル分析【10月25日(木)】

【MACDルールについて】

MACD Title-mini当ブログ中によく出てくる「MACDルール」については、

こちらのレポートで詳しく説明してあります。

私独自のMACDの使い方であり、どの時間軸でトレードすべきか、今トレードしていい状態なのか

どの時間軸で決済すべきか、そういったことが一目でわかります。

また、時間軸の比較というトレードの基本とも言うべきことが学べ、自分のトレード法を構築しやすくなります。

他のオシレーターでも同じ考え方ができ、非常に汎用性のある方法ですよ~。


【10月25日(木)のテクニカル分析】

おはようございます(^^)

では本日のユロドルの流れです。

【ユーロ/ドル】4時間足
FX テクニカル分析 ブログ 4時間足

MACDルールは相変わらず微妙なところ。

長期ダウは上昇、そして短期ダウは下落。

この時点でちょっと。。。w


ただし下げ「勢い」があるわけでもなく、

日足に「勢い」が波及しているわけでもない。

さらに短期レベルでダイバージェンスが発生しかけ。

でも確定ではないので注意。

ダイバージェンス確定するには

レートが短期MA(黄緑)を上回らなければならない。

というか、短期MA上向いてw


長期ダウが上向きなため、

短期レベルのダイバージェンスは再度上昇トレンドへの転換と考えることも可能ですが、

日足に上昇の「勢い」がないですからね・・・

しかも日足レベルでは下げダイバージェンスが発生してるし・・・


でも長期レベルで上昇ダウを継続しているので

一度高値は試しにいく可能性は高いです。


【ユーロ/ドル】1時間足
FX テクニカル分析ブログ 1時間足

こちらはMACDルールは下げで成立。

長期ダウ、短期ダウともに下落ぅ~

ただし1時間4時間ともに下げ「勢い」はなし。

そしてダイバージェンス発生(確定)


15分足レベルで見ると安値を切り上げているが

まだ高値の更新がないので、上昇か?とは言えないですが、

少し底堅くなり反転の気配は見えてきました。

だけど下げダウが長期短期ともに継続しているため

目先の目線はまだ下げ。


1日1回、応援クリックよろしくお願いします^^♪
  ↓

テクニカル分析ブログ




□*■*□*■*□*■*□*■*□*■*□*■*□*■*□*■*□

【10月25日 木曜日の経済指標】

05:00 NZ) ニュージーランド準備銀行(RBNZ、NZ中央銀行)政策金利

08:50 日) 9月 企業向けサービス価格指数

08:50 日) 前週分 対外対内証券売買契約等の状況

17:00 欧) 9月 マネーサプライM3

17:30 英) 7-9月期 四半期国内総生産

21:30 米) 9月 耐久財受注

21:30 米) 前週分 新規失業保険申請件数

23:00 米) 9月 住宅販売保留指数

本日の要人発言他:


*★*――――*★**★*――――*★**★*――――*★**★*――――*★*

初心者の方は、1時間足MACDルール成立後も、

15分足でMACDルールが成立するまでトレードしないほうが無難です。
(水色のラインの方向の一致)

【MACDルール】
http://fxsuke.blog97.fc2.com/blog-entry-138.html


文中に登場する「勢い」という概念をコチラのレポート内で詳しく説明してあります。

【ボリンジャーバンド ここまでできる!徹底トレード】
http://fxkabu36.blog94.fc2.com/blog-entry-1018.html

ボリンジャーバンドを使ったエントリーポイントや利の伸ばし方もわかりやすく書いてありますよ(^^)



Facebookへようこそ

今までブログではお伝えしきれなかったリアルタイムの最新の情報、

そして専業トレーダーのリアルな日常を投稿していきます。

また、ふとチャートを見ながら考え付いたこと等、今まででしたらそのまま消え去っていたような事柄も

そのまま気軽に書いていきます。

大切な一言・・・ぜひお見逃しなく(^^)

関連記事
[ 2012/10/25 08:53 ] MACDルールで見る本日の流れ | TB(-) | CM(-)

MACDルールとダウで見る本日のテクニカル分析【10月24日(水)】

【MACDルールについて】

MACD Title-mini当ブログ中によく出てくる「MACDルール」については、

こちらのレポートで詳しく説明してあります。

私独自のMACDの使い方であり、どの時間軸でトレードすべきか、今トレードしていい状態なのか

どの時間軸で決済すべきか、そういったことが一目でわかります。

また、時間軸の比較というトレードの基本とも言うべきことが学べ、自分のトレード法を構築しやすくなります。

他のオシレーターでも同じ考え方ができ、非常に汎用性のある方法ですよ~。


【10月24日(水)のテクニカル分析】

おはようございます(^^)

では本日のユロドルの流れです。

【ユーロ/ドル】4時間足
FX テクニカル分析 ブログ 4時間足

MACDルールは・・・微妙なところ。

長期ダウは上げ、短期ダウは下げている。

短期ストキャスにわずかに反転の気配が見られるか?

そうすると短期で「長期方向」にダイバージェンスということになるが・・・

どちらにしてもレートが短期MA(黄緑)を上回らないとダイバージェンス確定とは言えない。


4時間の下げ「勢い」は半減し、

当然日足のミドルライン(赤)の上にレートがあるため

その日足で下げ「勢い」がつくこともない。


その日足のミドルライン(赤)に対応したストキャス(赤)が上を向いているため

ここらへんで下げ止まりか?


【ユーロ/ドル】1時間足
FX テクニカル分析ブログ 1時間足

MACDは成立せず。

長期ダウ、短期ダウともに下げ

下げ「勢い」は1時間から4時間にはあまり波及せず

「勢い」のあった1時間足のボリンジャーバンドも

半閉じから全閉じになりつつある・・・


「勢い」がないため、日足MA(水色)を下げ抜くのは少々つらいか?

だけど長短ともに下げダウである以上

目先の目線はまだ下。

4時間足でも見たように、下げの「勢い」が全体的に少ないので

その下げ幅に注意しなければいけない。

というわけで、下げの場合

前回の直近の短期の安値を割るまでは

あまりいい動きをしない可能性が高いかな?


ロング目線に移行するには

せめて短期で安値切り上げを確定させたほうがいいね。


1日1回、応援クリックよろしくお願いします^^♪
  ↓

テクニカル分析ブログ




□*■*□*■*□*■*□*■*□*■*□*■*□*■*□*■*□

【10月24日 水曜日の経済指標】

09:30 豪) 7-9月期 四半期消費者物価

17:00 独) 10月 IFO企業景況感指数

17:00 欧) 10月 製造業購買担当者景気指数

17:00 欧) 10月 サービス部門購買担当者景気指数

20:00 米) 前週比 MBA住宅ローン申請指数

23:00 米) 9月 新築住宅販売件数


23:00 米) 8月 住宅価格指数

27:15 米) 米連邦公開市場委員会(FOMC)、終了後政策金利発表


本日の要人発言他:


*★*――――*★**★*――――*★**★*――――*★**★*――――*★*

初心者の方は、1時間足MACDルール成立後も、

15分足でMACDルールが成立するまでトレードしないほうが無難です。
(水色のラインの方向の一致)

【MACDルール】
http://fxsuke.blog97.fc2.com/blog-entry-138.html


文中に登場する「勢い」という概念をコチラのレポート内で詳しく説明してあります。

【ボリンジャーバンド ここまでできる!徹底トレード】
http://fxkabu36.blog94.fc2.com/blog-entry-1018.html

ボリンジャーバンドを使ったエントリーポイントや利の伸ばし方もわかりやすく書いてありますよ(^^)



Facebookへようこそ

今までブログではお伝えしきれなかったリアルタイムの最新の情報、

そして専業トレーダーのリアルな日常を投稿していきます。

また、ふとチャートを見ながら考え付いたこと等、今まででしたらそのまま消え去っていたような事柄も

そのまま気軽に書いていきます。

大切な一言・・・ぜひお見逃しなく(^^)

関連記事
[ 2012/10/24 07:56 ] MACDルールで見る本日の流れ | TB(-) | CM(-)

MACDルールとダウで見る本日のテクニカル分析【10月23日(火)】

【MACDルールについて】

MACD Title-mini当ブログ中によく出てくる「MACDルール」については、

こちらのレポートで詳しく説明してあります。

私独自のMACDの使い方であり、どの時間軸でトレードすべきか、今トレードしていい状態なのか

どの時間軸で決済すべきか、そういったことが一目でわかります。

また、時間軸の比較というトレードの基本とも言うべきことが学べ、自分のトレード法を構築しやすくなります。

他のオシレーターでも同じ考え方ができ、非常に汎用性のある方法ですよ~。


【10月23日(火)のテクニカル分析】

おはようございます(^^)

では本日のユロドルの流れです。

【ユーロ/ドル】4時間足
FX テクニカル分析ブログ 4時間足

MACDルールが上向きで成立しつつありますね。

長期短期ともに上昇ダウ。

長期ストキャス(青)が反転上昇しかけています。

これでレートが4時間のMA(青)を上抜いてくれば

再度上を確定してくるかもしれません。

ただその4時間のMAは下を向いていますので

一度上抜けても急な戻しの可能性が高いので注意が必要です。


そして上昇といっても

日足ボリンジャーバンドにまったく「勢い」がついていないので

当然上値は重たい可能性がありますので

値幅には注意。


【ユーロ/ドル】1時間足
FX テクニカル分析 ブログ 1時間足

MACDルールは不成立

長期ダウ、短期ダウともに上昇。

ただレートは

ストキャス(赤)MA(赤)ともに下げている4時間の下にあり、

短期ダウもダイバージェンスが発生している。

今後の短期レベルのダウが高値を更新してくるかどうかで

大きく違ってくる局面。

高値を切り下げ、レートが1時間のMA(青)も割ってくるようなことがあれば

当然下げシナリオができてくる。

もちろんそのときは4時間短期の直近の安値に注意。


順調に高値を更新してくるようであれば

4時間のMA(赤)を上抜いた時点で4時間足レベルの上昇ダウ継続となるため

(急な戻しの可能性は高いが)上昇シナリオとなる。


15分足では前回安値をわずかに更新しているため

上昇に転ずるためには少々エネルギーが必要かな?


1日1回、応援クリックよろしくお願いします^^♪
  ↓

テクニカル分析ブログ




□*■*□*■*□*■*□*■*□*■*□*■*□*■*□*■*□

【10月23日 火曜日の経済指標】

未 定 米) 米連邦公開市場委員会(FOMC)1日目

15:45 仏) 10月 企業景況感指数

21:30 加) 8月 小売売上高

22:00 加) カナダ銀行 政策金利

23:00 米) 10月 リッチモンド連銀製造業指数

23:00 欧) 10月 消費者信頼感


本日の要人発言他:


*★*――――*★**★*――――*★**★*――――*★**★*――――*★*

初心者の方は、1時間足MACDルール成立後も、

15分足でMACDルールが成立するまでトレードしないほうが無難です。
(水色のラインの方向の一致)

【MACDルール】
http://fxsuke.blog97.fc2.com/blog-entry-138.html


文中に登場する「勢い」という概念をコチラのレポート内で詳しく説明してあります。

【ボリンジャーバンド ここまでできる!徹底トレード】
http://fxkabu36.blog94.fc2.com/blog-entry-1018.html

ボリンジャーバンドを使ったエントリーポイントや利の伸ばし方もわかりやすく書いてありますよ(^^)



Facebookへようこそ

今までブログではお伝えしきれなかったリアルタイムの最新の情報、

そして専業トレーダーのリアルな日常を投稿していきます。

また、ふとチャートを見ながら考え付いたこと等、今まででしたらそのまま消え去っていたような事柄も

そのまま気軽に書いていきます。

大切な一言・・・ぜひお見逃しなく(^^)

関連記事
[ 2012/10/23 08:37 ] MACDルールで見る本日の流れ | TB(-) | CM(-)

MACDルールとダウで見る本日のテクニカル分析【10月22日(月)】

【MACDルールについて】

MACD Title-mini当ブログ中によく出てくる「MACDルール」については、

こちらのレポートで詳しく説明してあります。

私独自のMACDの使い方であり、どの時間軸でトレードすべきか、今トレードしていい状態なのか

どの時間軸で決済すべきか、そういったことが一目でわかります。

また、時間軸の比較というトレードの基本とも言うべきことが学べ、自分のトレード法を構築しやすくなります。

他のオシレーターでも同じ考え方ができ、非常に汎用性のある方法ですよ~。


【10月22日(月)のテクニカル分析】

おはようございます(^^)

では本日のユロドルの流れです。

【ユーロ/ドル】4時間足
FX テクニカル分析ブログ ユロドル 4時間足

MACDルールは・・・微妙

長期短期ともに上昇ダウを築いていますね。

日足へ「勢い」が波及しかけてましたが、

4時間のボリンジャーバンドは完全に閉じてしまい

MA(青)を下抜き、対応ストキャスも下向き。

だけどダウは上昇・・・


なので、流れはまだ全体的には上昇なのですが、

少々上値が重たく、素直に上げにくい状況になってきていますね。


【ユーロ/ドル】1時間足
FX テクニカル分析ブログ 1時間足

MACDルールは不成立

長期ダウは上昇

短期ダウは下落

この時点で、ふぅぅぅ~って感じなのですね(-_-;)


短期で下げダウといっても

1時間の「勢い」が半減した時点で

4時間の下げ「勢い」へと波及していません。


つまり上位足に全く勢いのないところでの短期下げダウですので

少々難しい下げとなりました。


そしてこの上位足と下位足の方向が違うことから

今後もわかりにくい値動きが続く可能性が高いです。

下げ継続となれば

やはり1時間足レベルでの高値の切り下げがほしいところですし、

上昇に転ずるのであれば

短期ダウレベルで安値の切り上げが

せめてダイバージェンスの発生がほしいですね。


1日1回、応援クリックよろしくお願いします^^♪
  ↓

テクニカル分析ブログ




□*■*□*■*□*■*□*■*□*■*□*■*□*■*□*■*□

【10月22日 月曜日の経済指標】

08:50 日) 9月 貿易統計


本日の要人発言他:


*★*――――*★**★*――――*★**★*――――*★**★*――――*★*

初心者の方は、1時間足MACDルール成立後も、

15分足でMACDルールが成立するまでトレードしないほうが無難です。
(水色のラインの方向の一致)

【MACDルール】
http://fxsuke.blog97.fc2.com/blog-entry-138.html


文中に登場する「勢い」という概念をコチラのレポート内で詳しく説明してあります。

【ボリンジャーバンド ここまでできる!徹底トレード】
http://fxkabu36.blog94.fc2.com/blog-entry-1018.html

ボリンジャーバンドを使ったエントリーポイントや利の伸ばし方もわかりやすく書いてありますよ(^^)



Facebookへようこそ

今までブログではお伝えしきれなかったリアルタイムの最新の情報、

そして専業トレーダーのリアルな日常を投稿していきます。

また、ふとチャートを見ながら考え付いたこと等、今まででしたらそのまま消え去っていたような事柄も

そのまま気軽に書いていきます。

大切な一言・・・ぜひお見逃しなく(^^)

関連記事
[ 2012/10/22 08:51 ] MACDルールで見る本日の流れ | TB(-) | CM(-)

MACDルールとダウで見る本日のテクニカル分析【10月19日(金)】

【MACDルールについて】

MACD Title-mini当ブログ中によく出てくる「MACDルール」については、

こちらのレポートで詳しく説明してあります。

私独自のMACDの使い方であり、どの時間軸でトレードすべきか、今トレードしていい状態なのか

どの時間軸で決済すべきか、そういったことが一目でわかります。

また、時間軸の比較というトレードの基本とも言うべきことが学べ、自分のトレード法を構築しやすくなります。

他のオシレーターでも同じ考え方ができ、非常に汎用性のある方法ですよ~。


【10月19日(金)のテクニカル分析】

おはようございます(^^)

では本日のユロドルの流れです。

【ユーロ/ドル】4時間足
FX テクニカル分析 ブログ 4時間足

MACDルール成立しかけ・・・?

長期ダウは上昇

短期ダウも上昇

だけどその上昇も4時間足で完全に「勢い」がなくなりました。

かといって日足レベルでも上昇ダウを築いてきているので

安易にショートもとりづらい形。

4時間のMA(青)付近で下位足の形がどうなるか次第かな


【ユーロ/ドル】1時間足
FX テクニカル分析ブログ 1時間足

MACDルールは上昇で成立

長期ダウは上昇

だけど短期ダウは下落

かといって1時間足に下げ「勢い」がついたわけでもなく

さらに短期ダウは上昇ダイバージェンス

15分足レベルの安値の切り上げがあれば

再度上を目指す可能性も高いが

ただ、短期で下げダウを築いている以上

下位足での目線はまだ下げ。


ただし5分足レベルでは安値を切り上げ高値を更新してきているので

少々上昇圧力が強くなってきている。

また、レートは1時間足と4時間足のMAに挟まれ

少々方向感をなくしているのも注意。

しばらくずるずるしたまま5分足の上昇ダウにひきずられ目先は上昇か?


短期ダウで下げダウを築いたまま4時間のMA(赤)を下に割ってきたら

もうちょっと下げる可能性もあるが

15分足レベルで安値の切り上げを確定すれば

いっきに上に戻す可能性もある。

なんにせよ上位足の押し目を築くか?というあたりは

下位足では難しい動きとなることが多いので注意が必要。


1日1回、応援クリックよろしくお願いします^^♪
  ↓

テクニカル分析ブログ




□*■*□*■*□*■*□*■*□*■*□*■*□*■*□*■*□

【10月19日 金曜日の経済指標】

13:30 日) 8月 全産業活動指数

14:00 日) 8月 景気一致指数

14:00 日) 8月 景気先行指数

15:00 独) 9月 生産者物価指数

17:00 欧) 8月 経常収支

21:30 加) 9月 消費者物価指数

23:00 米) 9月 中古住宅販売件数



本日の要人発言他:


*★*――――*★**★*――――*★**★*――――*★**★*――――*★*

初心者の方は、1時間足MACDルール成立後も、

15分足でMACDルールが成立するまでトレードしないほうが無難です。
(水色のラインの方向の一致)

【MACDルール】
http://fxsuke.blog97.fc2.com/blog-entry-138.html


文中に登場する「勢い」という概念をコチラのレポート内で詳しく説明してあります。

【ボリンジャーバンド ここまでできる!徹底トレード】
http://fxkabu36.blog94.fc2.com/blog-entry-1018.html

ボリンジャーバンドを使ったエントリーポイントや利の伸ばし方もわかりやすく書いてありますよ(^^)



Facebookへようこそ

今までブログではお伝えしきれなかったリアルタイムの最新の情報、

そして専業トレーダーのリアルな日常を投稿していきます。

また、ふとチャートを見ながら考え付いたこと等、今まででしたらそのまま消え去っていたような事柄も

そのまま気軽に書いていきます。

大切な一言・・・ぜひお見逃しなく(^^)

関連記事
[ 2012/10/19 08:40 ] MACDルールで見る本日の流れ | TB(-) | CM(-)

MACDルールとダウで見る本日のテクニカル分析【10月18日(木)】

【MACDルールについて】

MACD Title-mini当ブログ中によく出てくる「MACDルール」については、

こちらのレポートで詳しく説明してあります。

私独自のMACDの使い方であり、どの時間軸でトレードすべきか、今トレードしていい状態なのか

どの時間軸で決済すべきか、そういったことが一目でわかります。

また、時間軸の比較というトレードの基本とも言うべきことが学べ、自分のトレード法を構築しやすくなります。

他のオシレーターでも同じ考え方ができ、非常に汎用性のある方法ですよ~。


【10月18日(木)のテクニカル分析】

おはようございます(^^)

では本日のユロドルの流れです。

【ユーロ/ドル】4時間足
FX テクニカル分析 ブログ 4時間足

MACDルールはまだ成立していませんが、

長期ダウは上昇、短期ダウも上昇を継続させています。

日足に「勢い」は波及してきていますが

4時間足で半減してますね。

そろそろ一度戻しがはいるかな?


【ユーロ/ドル】1時間足
FX テクニカル分析ブログ 1時間足

MACDるーるは上で成立。

そして短期長期ともに上昇ダウを継続させています。


だけどこの1時間足では完全に「勢い」はなくなっており、

また、高値の更新幅もせばまりダイバージェンスを繰り返しています。

さらに4時間足へ「勢い」は波及しましたが、

その4時間足の「勢い」も半減しているため

上値はだいぶ重たくなってきており、短期足でもロングポジションは難しい状況でしたね。


ただ上昇ダウを続けているため、戻すタイミングも少々つかみづらい。。。

短期MA(黄緑)レベルで一度高値の切り下げをハッキリさせたら大き目の戻しになる可能性が高いし、

それがなければ

短期直近の安値割れまでは少々グズつくかも

そしてその直近短期を割らなければ

さしたる戻しもなく、多少レンジった後に再度上昇ということも考えられますね。


1日1回、応援クリックよろしくお願いします^^♪
  ↓

テクニカル分析ブログ




□*■*□*■*□*■*□*■*□*■*□*■*□*■*□*■*□

【10月18日 木曜日の経済指標】

08:50 日) 前週分 対外対内証券売買契約等の状況

11:00 中) 7-9月期 四半期国内総生産(GDP)

15:00 スイス) 9月 貿易収支

17:30 英) 9月 小売売上高指数

21:30 加) 8月 卸売売上高

21:30 米) 前週分 新規失業保険申請件数

23:00 米) 10月 フィラデルフィア連銀製造業景気指数


23:00 米) 9月 景気先行指標総合指数


本日の要人発言他:


*★*――――*★**★*――――*★**★*――――*★**★*――――*★*

初心者の方は、1時間足MACDルール成立後も、

15分足でMACDルールが成立するまでトレードしないほうが無難です。
(水色のラインの方向の一致)

【MACDルール】
http://fxsuke.blog97.fc2.com/blog-entry-138.html


文中に登場する「勢い」という概念をコチラのレポート内で詳しく説明してあります。

【ボリンジャーバンド ここまでできる!徹底トレード】
http://fxkabu36.blog94.fc2.com/blog-entry-1018.html

ボリンジャーバンドを使ったエントリーポイントや利の伸ばし方もわかりやすく書いてありますよ(^^)



Facebookへようこそ

今までブログではお伝えしきれなかったリアルタイムの最新の情報、

そして専業トレーダーのリアルな日常を投稿していきます。

また、ふとチャートを見ながら考え付いたこと等、今まででしたらそのまま消え去っていたような事柄も

そのまま気軽に書いていきます。

大切な一言・・・ぜひお見逃しなく(^^)

関連記事
[ 2012/10/18 08:45 ] MACDルールで見る本日の流れ | TB(-) | CM(-)