MACDルールで見る本日のテクニカル分析【11月30日(水)】

【MACDルールについて】

当ブログ中によく出てくる「MACDルール」については、

こちらのレポートで詳しく説明してあります。

私独自のMACDの使い方であり、どの時間軸でトレードすべきか、今トレードしていい状態なのか

どの時間軸で決済すべきか、そういったことが一目でわかります。


※MACDの設定ですが、本来のMACDルールのものに戻しました。

【11月30日(水)のテクニカル分析】

おはようございます(^^)

本日のユロドルの流れです。


ユロドル 4時間足
テクニカル分析 ユロドル 4時間足

MACDルールは下げで成立。

ダウの大きな流れも下げを示しているが、

短期的に見ると昨日高値を更新してきた。

このままレートが4時間のMA(青)をストキャス(青)の反転下落とともに移行すれば

下げダウ継続ということになるが、

その場合、いったん小さく高値を更新しているだけに

前回の安値(青)まで届くかどうか疑問である。


1時間足
テクニカル分析 ユロドル 1時間足

MACDルールは不成立。

安値切り上げ、高値更新で上昇を示唆しているが、

ここでダイバージェンスが発生し、頭打ちの可能性がでてきた。

4時間足では下げトレンドなため、

その流れでの一時的な戻しか?

確定ではないが、現在再度高値切り下げの気配が見えてきている。

ここを切りさげるか、切り上げるかが、今後の流れを大きく左右することになる。

15分足以下のMACDルールとダウに注視。


□*■*□*■*□*■*□*■*□*■*□*■*□*■*□*■*□

ロイター通信はイタリアがIMFと金融支援に関する予備協議を行っていると報道。

レーン欧州委員からは

「イタリア政府は財政目標達成のための措置を検討中」

「欧州委員会はIMFの財源強化を支持する」との発言が報じられている。

昨日の欧州時間では、

イタリア国債の入札が「無難だった」と受け止められ、一時値を上げた。

だが、欧州中央銀行(ECB)が実施した債券買い入れ不胎化オペで、

資金吸収額が目標額を下回る結果となったことが分かるとユーロ売りが進んだ。

NY時間では、

「ECBがイタリア支援のため国際通貨基金(IMF)に融資する」との噂が広がり買い戻しが進んだ。

しかし、ロックハート米アトランタ連銀総裁による

「一段の債券購入が経済を支援するか懐疑的」

「経済状況を考えれば、一段の資産購入は有効な政策の選択肢でない」

との発言により相場は再度売り優勢に。


本日発表される「外国為替平衡操作額」では、

10月31日の史上最大規模の円売り介入金額が判明する。

もし、円売り介入金額が9兆円を超えた場合は、11月に入ってからも覆面介入が行われていたことになる。


買い材料
・スイス国立銀行によるユーロ買い・スイスフラン売り介入
・ギリシャ第2次金融支援の実施
・欧州大手銀行の資本増強
・日銀によるEFSF債追加購入

売り材料
・ギリシャ、イタリアにおける緊縮財政計画への懸念
・ギリシャにおける債務再編・債務不履行懸念
・トリシェECB総裁、各国財務相のEUやギリシャについての先行き懸念発言
・イタリア、スペイン等、EU圏における緊縮財政措置
・EU各国の国債利回り上昇
・EU各国の国債格下げ

【ファンダメンタルに関して】

ファンダメンタルズに関する情報は、私が知る限りマネーパートナーズの会員限定マーケット情報が一番早く、
分刻みで更新される情報は非常にトレードに役立っています。
口座開設+入金で情報が入手可能です。


□*■*□*■*□*■*□*■*□*■*□*■*□*■*□*■*□

【11月30日 水曜日の経済指標】

16:00 独) 10月 小売売上高指数

16:45 仏) 10月 卸売物価指数

16:45 仏) 10月 消費支出

17:55 独) 11月 失業者数

19:00 欧) 10月 失業率

19:00 欧) 11月 消費者物価指数


19:00 日) 外国為替平衡操作の実施状況(介入実績)

21:00 米) MBA住宅ローン申請指数

21:30 米) 11月 チャレンジャー人員削減数

22:15 米) 11月 ADP雇用統計

22:30 米) 7-9月期 四半期非農業部門労働生産性・改定値

23:45 米) 11月 シカゴ購買部協会景気指数

24:00 米) 10月 住宅販売保留指数

28:00 米) 米地区連銀経済報告

本日の要人発言他:
・欧州連合(EU)財務相会合


*★*――――*★**★*――――*★**★*――――*★**★*――――*★*


初心者の方は、1時間足MACDルール成立後も、

15分足でMACDルールが成立するまでトレードしないほうが無難です。
(水色のラインの方向の一致)

【MACDルール】
http://fxsuke.blog97.fc2.com/blog-entry-138.html


文中に登場する「勢い」という概念をコチラのレポート内で詳しく説明してあります。

【ボリンジャーバンド ここまでできる!徹底トレード】
http://fxkabu36.blog94.fc2.com/blog-entry-1018.html

ボリンジャーバンドを使ったエントリーポイントや利の伸ばし方もわかりやすく書いてありますよ(^^)



応援クリックよろしくお願いします^^♪

FX ブログ

関連記事
[ 2011/11/30 08:40 ] MACDルールで見る本日の流れ | TB(-) | CM(-)

MACDルールで見る本日のテクニカル分析【11月29日(火)】

【MACDルールについて】

当ブログ中によく出てくる「MACDルール」については、

こちらのレポートで詳しく説明してあります。

私独自のMACDの使い方であり、どの時間軸でトレードすべきか、今トレードしていい状態なのか

どの時間軸で決済すべきか、そういったことが一目でわかります。


※MACDの設定ですが、本来のMACDルールのものに戻しました。

【11月29日(火)のテクニカル分析】

おはようございます(^^)

本日のユロドルの流れです。


ユロドル 4時間足
テクニカル分析 ユロドル 4時間足

MACDルールは下げで成立。

高値の切り下げ、安値の更新も

長いスパン、短いスパンで継続しており、こちらも下げ継続を示唆している。

だが4時間のボリンジャーバンドに「勢い」がなく、

レンジに移行気配。


1時間足
テクニカル分析 ユロドル 1時間足

下げで成立していたMACDルールが崩れてきた。

長期的には高値を切り下げ、安値を更新しているが、

短期的にはダウは上昇を築いている。

今現在のレートが上げてくれば安値の切り上げが継続し、上昇と言いたいところだが、

レートは1時間のMA(青)の下にあり、

さらにその1時間ストキャス(青)は下げているため、

すんなりと上昇は見込めない。

また、レートが下げてきて、短期ストキャス(黄緑)が再度1時間方向に下げてきたとしても

今度は4時間のストキャス(赤)が上を向いており

レートは4時間MA(赤)を上抜けば再度上昇に転ずる可能性もある。

以上のことから、非常に方向感に乏しい相場となる恐れがある。

さしあたって、短期(黄緑)レベルがダウを上昇で継続させるか、

1時間(青)方向に下げてくるかに注意。


□*■*□*■*□*■*□*■*□*■*□*■*□*■*□*■*□

トリビューン紙が、

S&Pが一週間以内にフランス国債の格付け見通しをネガティブに引き下げる可能性があると報じた。

また、フィッチも米国の格下げの可能性を示唆。

本日はユーロ圏財務省会合が開かれる。

内容は

・欧州金融安定基金(EFSF)が債券の発行

・流通両市場で介入するルール

・政府への予防的信用枠策定や融資能力拡大に関するルール

・投資・資金調達の戦略

これらの承認が目的であるが、

ドイツの国債入札の札割れ、フランス国債格下げの可能性が報じられる中、

果たしてどこまでの効果があるのかは疑問である。


昨日は大きく窓を空けて上昇したが、

ラガルドIMF専務理事による

「IMFはイタリアやスペインからユーロ圏債務危機の深刻化を回避するためのいかなる金融支援要請も受けていない」

との発言により、再度ユーロが売られる展開。


買い材料
・スイス国立銀行によるユーロ買い・スイスフラン売り介入
・ギリシャ第2次金融支援の実施
・欧州大手銀行の資本増強
・日銀によるEFSF債追加購入

売り材料
・ギリシャ、イタリアにおける緊縮財政計画への懸念
・ギリシャにおける債務再編・債務不履行懸念
・トリシェECB総裁、各国財務相のEUやギリシャについての先行き懸念発言
・イタリア、スペイン等、EU圏における緊縮財政措置
・EU各国の国債利回り上昇
・EU各国の国債格下げ

【ファンダメンタルに関して】

ファンダメンタルズに関する情報は、私が知る限りマネーパートナーズの会員限定マーケット情報が一番早く、
分刻みで更新される情報は非常にトレードに役立っています。
口座開設+入金で情報が入手可能です。


□*■*□*■*□*■*□*■*□*■*□*■*□*■*□*■*□

【11月29日 火曜日の経済指標】

08:30 日) 10月 失業率

08:50 日) 10月 小売業販売額

16:00 英) 11月 ネーションワイド住宅価格

18:30 英) 10月 消費者信用残高

18:30 英) 10月 マネーサプライ

19:00 欧) 11月 消費者信頼感

23:00 米) 9月 ケース・シラー米住宅価格指数

24:00 米) 11月 消費者信頼感指数

24:00 米) 9月 住宅価格指数

24:00 米) 7-9月期 四半期住宅価格指数

本日の要人発言他:
・ユーロ圏財務相会合(ブリュッセル)
・イエレン米連邦準備制度理事会(FRB)副議長が講演予定

*★*――――*★**★*――――*★**★*――――*★**★*――――*★*


初心者の方は、1時間足MACDルール成立後も、

15分足でMACDルールが成立するまでトレードしないほうが無難です。
(水色のラインの方向の一致)

【MACDルール】
http://fxsuke.blog97.fc2.com/blog-entry-138.html


文中に登場する「勢い」という概念をコチラのレポート内で詳しく説明してあります。

【ボリンジャーバンド ここまでできる!徹底トレード】
http://fxkabu36.blog94.fc2.com/blog-entry-1018.html

ボリンジャーバンドを使ったエントリーポイントや利の伸ばし方もわかりやすく書いてありますよ(^^)



応援クリックよろしくお願いします^^♪

FX ブログ

関連記事
[ 2011/11/29 08:39 ] MACDルールで見る本日の流れ | TB(-) | CM(-)

MACDルールで見る本日のテクニカル分析【11月28日(月)】

【MACDルールについて】

当ブログ中によく出てくる「MACDルール」については、

こちらのレポートで詳しく説明してあります。

私独自のMACDの使い方であり、どの時間軸でトレードすべきか、今トレードしていい状態なのか

どの時間軸で決済すべきか、そういったことが一目でわかります。


※MACDの設定ですが、本来のMACDルールのものに戻しました。

【11月28日(月)のテクニカル分析】

おはようございます(^^)

本日のユロドルの流れです。

今朝は大きな窓空けからのスタートです。


ユロドル 4時間足
テクニカル分析 ユロドル 4時間足

MACDルールは下げで成立するも、

今朝の大きな上昇により、短期MACDが反転の気配を示している。

日足のボリンジャーバンドは上下ともに閉じ、「勢い」もかなり失くしている状況で、

その短期MACDがダイバージェンスの気配。

だがまだ高値の切り下げ、安値の更新は続いており、

安易にロングポジションを持つことはできない。


1時間足
テクニカル分析 ユロドル 1時間足

こちらもまだMACDルールは下げており、

高値の切り下げ、安値の更新も続いている。

だがストキャス、MACDともにダイバージェンス起こし、

さらに4時間足のボリンジャーバンドでも「勢い」がなくなってきている。

短期的に見るならば

安値を切り上げ、高値を更新してきたため

トレンドの転換点と見ることもできる。

だがMACDルール自体はやっと5分足で成立するかどうかの程度なため、

ロングで攻める場合は1分足でのスキャルが無難。

急激な動きで流れにゆがみが生じてるため、

再度安値切り上げ後の、いったん落ち着いてからの参加が望ましい。

今後1時間足レベルでの高値更新と安値の切り上げがあるかどうかに注目。

それまでは上位足においてのトレンド転換とはみなされない。


□*■*□*■*□*■*□*■*□*■*□*■*□*■*□*■*□

昨夜イタリア紙は、

同国の債務危機が悪化した場合に備え、国際通貨基金(IMF)が中心となって、

最大6000億ユーロ(約62兆円)の支援が準備されていると伝えた。

それが好感され、

とくに対ドルは時間外から大きく上昇し、下値にギャップ(窓)を空けて寄り付いている。

買い材料
・スイス国立銀行によるユーロ買い・スイスフラン売り介入
・ギリシャ第2次金融支援の実施
・欧州大手銀行の資本増強
・日銀によるEFSF債追加購入

売り材料
・ギリシャ、イタリアにおける緊縮財政計画への懸念
・ギリシャにおける債務再編・債務不履行懸念
・トリシェECB総裁、各国財務相のEUやギリシャについての先行き懸念発言
・イタリア、スペイン等、EU圏における緊縮財政措置
・EU各国の国債利回り上昇
・EU各国の国債格下げ

【ファンダメンタルに関して】

ファンダメンタルズに関する情報は、私が知る限りマネーパートナーズの会員限定マーケット情報が一番早く、
分刻みで更新される情報は非常にトレードに役立っています。
口座開設+入金で情報が入手可能です。


□*■*□*■*□*■*□*■*□*■*□*■*□*■*□*■*□

【11月28日 月曜日の経済指標】

未 定 独) 11月 消費者物価指数

18:00 欧) 10月 マネーサプライ

21:00 独) 12月 GFK消費者信頼感調査

24:00 米) 10月 新築住宅販売件数

本日の要人発言他:



*★*――――*★**★*――――*★**★*――――*★**★*――――*★*


初心者の方は、1時間足MACDルール成立後も、

15分足でMACDルールが成立するまでトレードしないほうが無難です。
(水色のラインの方向の一致)

【MACDルール】
http://fxsuke.blog97.fc2.com/blog-entry-138.html


文中に登場する「勢い」という概念をコチラのレポート内で詳しく説明してあります。

【ボリンジャーバンド ここまでできる!徹底トレード】
http://fxkabu36.blog94.fc2.com/blog-entry-1018.html

ボリンジャーバンドを使ったエントリーポイントや利の伸ばし方もわかりやすく書いてありますよ(^^)



応援クリックよろしくお願いします^^♪

FX ブログ
関連記事
[ 2011/11/28 08:33 ] MACDルールで見る本日の流れ | TB(-) | CM(-)

MACDルールで見る本日のテクニカル分析【11月25日(金)】

【MACDルールについて】

当ブログ中によく出てくる「MACDルール」については、

こちらのレポートで詳しく説明してあります。

私独自のMACDの使い方であり、どの時間軸でトレードすべきか、今トレードしていい状態なのか

どの時間軸で決済すべきか、そういったことが一目でわかります。


※MACDの設定ですが、本来のMACDルールのものに戻しました。

【11月25日(金)のテクニカル分析】

ユロドル 4時間足

テクニカル分析 ユロドル 4時間足

MACDルールは下げで成立。

日足レベルでも成立しているが、その日足は「勢い」が半減。

4時間足でも「勢い」は半減。

だが順調に高値を切り下げ、安値も更新している。

この時間軸を見る限りはまだ下げ継続。


1時間足
 ↓
テクニカル分析 ユロドル 1時間足

MACDルールは下げで成立。

高値切り下げ、安値も更新している。

だが短期的な高安値を見ると、大きな安値更新はなく

ダイバージェンスが発生。

そのため、図中の緑の矢印のように

緑のMAとストキャスがそろってさげてきて一応の下げ。

その後直近の安値を割ってきて本格下げ。

だが、下げきることなく1時間のMA(青)をレートが上抜いてくれば

1時間足レベルでも上げダイバーが発生し、

大き目の戻しが予想される。


□*■*□*■*□*■*□*■*□*■*□*■*□*■*□*■*□

NY市場が感謝祭で休場のためか、静かな立ち上がり。

メルケルドイツ首相が「ユーロ共同債には断固として反対」「ユーロ共同債発行の条件は整っていない」と発言。

また、仏独伊首脳は

「欧州中央銀行(ECB)に債務危機対策で一段の行動を要請しない」との見解で一致。

これらのことにより、欧州債務問題の収束期待が後退し、ユーロが売られる要因となった。

円は相変わらずソブリン・リスクによる円買い圧力にさらされている。

買い材料
・スイス国立銀行によるユーロ買い・スイスフラン売り介入
・ギリシャ第2次金融支援の実施
・欧州大手銀行の資本増強
・日銀によるEFSF債追加購入

売り材料
・ギリシャ、イタリアにおける緊縮財政計画への懸念
・ギリシャにおける債務再編・債務不履行懸念
・トリシェECB総裁、各国財務相のEUやギリシャについての先行き懸念発言
・イタリア、スペイン等、EU圏における緊縮財政措置
・EU各国の国債利回り上昇
・EU各国の国債格下げ

【ファンダメンタルに関して】

ファンダメンタルズに関する情報は、私が知る限りマネーパートナーズの会員限定マーケット情報が一番早く、
分刻みで更新される情報は非常にトレードに役立っています。
口座開設+入金で情報が入手可能です。


□*■*□*■*□*■*□*■*□*■*□*■*□*■*□*■*□

【11月25日 金曜日の経済指標】

08:30 日) 11月 東京都区部消費者物価指数

08:30 日) 10月 全国消費者物価指数

16:00 独) 10月 輸入物価指数

16:45 仏) 11月 消費者信頼感指数

本日の要人発言他:
・欧州委員会のバローゾ委員長が講演予定

*★*――――*★**★*――――*★**★*――――*★**★*――――*★*


初心者の方は、1時間足MACDルール成立後も、

15分足でMACDルールが成立するまでトレードしないほうが無難です。
(水色のラインの方向の一致)

【MACDルール】
http://fxsuke.blog97.fc2.com/blog-entry-138.html


文中に登場する「勢い」という概念をコチラのレポート内で詳しく説明してあります。

【ボリンジャーバンド ここまでできる!徹底トレード】
http://fxkabu36.blog94.fc2.com/blog-entry-1018.html

ボリンジャーバンドを使ったエントリーポイントや利の伸ばし方もわかりやすく書いてありますよ(^^)



応援クリックよろしくお願いします^^♪

FX ブログ
関連記事
[ 2011/11/25 08:26 ] MACDルールで見る本日の流れ | TB(-) | CM(-)

MACDルールで見る本日のテクニカル分析【11月23日(水)】

【MACDルールについて】

当ブログ中によく出てくる「MACDルール」については、

こちらのレポートで詳しく説明してあります。

私独自のMACDの使い方であり、どの時間軸でトレードすべきか、今トレードしていい状態なのか

どの時間軸で決済すべきか、そういったことが一目でわかります。


※MACDの設定ですが、本来のMACDルールのものに戻しました。

【11月23日(水)のテクニカル分析】

ユロドル 4時間足

テクニカル分析 ユロドル 4時間足

MACDルールは下げで成立中。

日足ボリンジャーバンドの「勢い」は半減。

だがまだダウも下げの流れであるため、多少下支えされてきた感があるとはいえ、

再度安値を試す動きに警戒したい。


1時間足
 ↓
テクニカル分析 ユロドル 1時間足

MACDルールは不成立。

順調に安値を切り上げ、高値を更新してきた。

まだ確定していないが、

レートは現在1時間MA(青)の上にきているため、

1時間ストキャス(青)の反転上昇があれば、今後さらに上昇の可能性がある。

その際は再度高値の更新があるかどうかが肝。

その更新がなければ、4時間足レベルで再度安値を試す展開もあり得る。

1時間のMA(青)割って下げてくる場合は、

その後すぐに4時間MA(赤)が控えているため注意が必要。

だがすぐに本格下落に向かう要因は、テクニカル的には見当たらない。

本日の東京休場、明日のNY休場と続き、全体に商いは薄くなりがち。

そのため急変動も予想されるため、十分に注意したい。


□*■*□*■*□*■*□*■*□*■*□*■*□*■*□*■*□

イトマン独連銀総裁による「イタリアとスペインに支援は必要ない、自力解決が可能」との発言が好感され、

昨日はユーロが買われることになった。

しかしその後の

「2012年にかけて財政ルールを守れないベルギーなど5ヵ国に警告書簡を送付する」との

レーン欧州委員の発言により、買いも頭打ち、様子見相場となった。

ドル円相場については、

本日もソブリンリスク回避の動きの円買いと、覆面介入によるドル買い円売りとの攻防が予想される。

また、本日は東京市場が休場、明日はNY市場が休場のため、閑散とした商いが予想される。


買い材料
・スイス国立銀行によるユーロ買い・スイスフラン売り介入
・ギリシャ第2次金融支援の実施
・欧州大手銀行の資本増強
・日銀によるEFSF債追加購入

売り材料
・ギリシャ、イタリアにおける緊縮財政計画への懸念
・ギリシャにおける債務再編・債務不履行懸念
・トリシェECB総裁、各国財務相のEUやギリシャについての先行き懸念発言
・イタリア、スペイン等、EU圏における緊縮財政措置
・EU各国の国債利回り上昇
・EU各国の国債格下げ

【ファンダメンタルに関して】

ファンダメンタルズに関する情報は、私が知る限りマネーパートナーズの会員限定マーケット情報が一番早く、
分刻みで更新される情報は非常にトレードに役立っています。
口座開設+入金で情報が入手可能です。


□*■*□*■*□*■*□*■*□*■*□*■*□*■*□*■*□

【11月23日 水曜日の経済指標】

18:00 欧) 11月 製造業購買担当者景気指数

18:00 欧) 11月 サービス部門購買担当者景気指数

18:30 英) 英中銀金融政策委員会

19:00 欧) 9月 製造業新規受注

21:00 米) MBA住宅ローン申請指数

22:30 米) 10月 耐久財受注

22:30 米) 10月 個人消費支出

22:30 米) 10月 個人所得

22:30 米) 前週分 新規失業保険申請件数

23:55 米) 11月 ミシガン大学消費者態度指数

本日の要人発言他:


*★*――――*★**★*――――*★**★*――――*★**★*――――*★*


初心者の方は、1時間足MACDルール成立後も、

15分足でMACDルールが成立するまでトレードしないほうが無難です。
(水色のラインの方向の一致)

【MACDルール】
http://fxsuke.blog97.fc2.com/blog-entry-138.html


文中に登場する「勢い」という概念をコチラのレポート内で詳しく説明してあります。

【ボリンジャーバンド ここまでできる!徹底トレード】
http://fxkabu36.blog94.fc2.com/blog-entry-1018.html

ボリンジャーバンドを使ったエントリーポイントや利の伸ばし方もわかりやすく書いてありますよ(^^)



応援クリックよろしくお願いします^^♪

FX ブログ
関連記事
[ 2011/11/23 08:33 ] MACDルールで見る本日の流れ | TB(-) | CM(-)

MACDルールで見る本日のテクニカル分析【11月22日(火)】

【MACDルールについて】

当ブログ中によく出てくる「MACDルール」については、

こちらのレポートで詳しく説明してあります。

私独自のMACDの使い方であり、どの時間軸でトレードすべきか、今トレードしていい状態なのか

どの時間軸で決済すべきか、そういったことが一目でわかります。


※MACDの設定ですが、本来のMACDルールのものに戻しました。

【11月22日(火)のテクニカル分析】

ユロドル 4時間足

テクニカル分析 ユロドル 4時間足

MACDルールは下げで成立したまま。

高値も切り下げ、安値も更新しており、

また、上位足である日足でもMACDルールは下げで継続しているため、

上げてくる理由はない。

だが、4時間のストキャス(青)がまだ上げており、

短期のストキャス(黄緑)もまだ下げてきていないため、

これらの反転下落があるまでは安心できない。

この状態のままレートが再度4時間MA(青)に乗ってくることがあれば

短期的に見た場合安値を切り上げているため上昇へ転ずる恐れがある。

レート自体は日足のボリンジャーバンド-1σの外。

ただし「勢い」は半減しているため、安値を再度試すかどうかのところ。


1時間足
 ↓
テクニカル分析 ユロドル 1時間足

MACDルールは不成立。

短期的に高値の切り下げと安値の更新があったが、

最後にわずかに高値を切り上げてしまった。

だが1時間のスパン(青)で見るならば

まだ下げは継続していると見ることができる。

現在レートは1時間MA(青)を割ってきているが、

これにストキャス(青)がついてくれば(下げてくれば)

安値を試す展開となると思われる。

だがこのまま(ストキャスが上向きのまま)レートが再度1時間MA(青)の上にくることがあれば

昨夜の高値に注意しながらのロング。


□*■*□*■*□*■*□*■*□*■*□*■*□*■*□*■*□

ハンガリー政府は国際通貨基金(IMF)と欧州連合(EU)欧州委員会に対し、

「(危機の)予防的手段」として金融支援を要請。

「長引くユーロ圏の債務危機の影響で、市場での資金調達が困難になっている」とし、

ユーロの債務危機がユーロ使用国以外にも飛び火している。

スペイン、イタリア、ベルギーの国債利回りも上昇し、

ムーディーズによる警告を受け、フランス国債の利回りも一時上昇。

ドル円に関しては、

米財政赤字削減協議が失敗したこともあり、大きく上昇する展開は見込みづらい。

買い材料
・スイス国立銀行によるユーロ買い・スイスフラン売り介入
・ギリシャ第2次金融支援の実施
・欧州大手銀行の資本増強
・日銀によるEFSF債追加購入

売り材料
・ギリシャ、イタリアにおける緊縮財政計画への懸念
・ギリシャにおける債務再編・債務不履行懸念
・トリシェECB総裁、各国財務相のEUやギリシャについての先行き懸念発言
・イタリア、スペイン等、EU圏における緊縮財政措置
・EU各国の国債利回り上昇
・EU各国の国債格下げ

【ファンダメンタルに関して】

ファンダメンタルズに関する情報は、私が知る限りマネーパートナーズの会員限定マーケット情報が一番早く、
分刻みで更新される情報は非常にトレードに役立っています。
口座開設+入金で情報が入手可能です。


□*■*□*■*□*■*□*■*□*■*□*■*□*■*□*■*□

【11月22日 火曜日の経済指標】

22:30 米) 7-9月期 四半期実質国内総生産

24:00 米) 11月 リッチモンド連銀製造業指数

24:00 欧) 11月 消費者信頼感

28:00 米) 米連邦公開市場委員会(FOMC)議事要旨

本日の要人発言他:


*★*――――*★**★*――――*★**★*――――*★**★*――――*★*


初心者の方は、1時間足MACDルール成立後も、

15分足でMACDルールが成立するまでトレードしないほうが無難です。
(水色のラインの方向の一致)

【MACDルール】
http://fxsuke.blog97.fc2.com/blog-entry-138.html


文中に登場する「勢い」という概念をコチラのレポート内で詳しく説明してあります。

【ボリンジャーバンド ここまでできる!徹底トレード】
http://fxkabu36.blog94.fc2.com/blog-entry-1018.html

ボリンジャーバンドを使ったエントリーポイントや利の伸ばし方もわかりやすく書いてありますよ(^^)



応援クリックよろしくお願いします^^♪

FX ブログ
関連記事
[ 2011/11/22 08:31 ] MACDルールで見る本日の流れ | TB(-) | CM(-)

MACDルールで見る本日のテクニカル分析【11月21日(月)】

【MACDルールについて】

当ブログ中によく出てくる「MACDルール」については、

こちらのレポートで詳しく説明してあります。

私独自のMACDの使い方であり、どの時間軸でトレードすべきか、今トレードしていい状態なのか

どの時間軸で決済すべきか、そういったことが一目でわかります。


※MACDの設定ですが、本来のMACDルールのものに戻しました。

【11月21日(月)のテクニカル分析】

ユロドル 4時間足

テクニカル分析 ユロドル 4時間足

MACDルールは下げで成立中。

高値を切り下げ、安値も更新んしており、下げトレンド中であるが

日足ボリンジャーバンドは、早くも「勢い」の気配。

レートが4時間MA(青)をストキャス(青)を伴いながら割ってくれば

下げダウ継続でショート戦略となるが、

このままストキャス(青)とMA(青)が上を向いたままであれば

日足(赤)との間にはさまれた展開となる。

だがその日足MA(赤)は下げ、ストキャス(赤)も下げているため上値の重たい展開となりそう。


1時間足
 ↓
テクニカル分析 ユロドル 1時間足

MACDルールは不成立。

レートは1時間MA(青)をストキャス(青)を伴って下げてきた。

短期的には安値を切り上げ、高値を更新してきていたため、

下げ確定ではないが、目先はショートを探ることになりそう。

だが4時間MA(赤)を割ってくるまでは下げ相場とは言えず、

4時間ストキャス(赤)も上であり、

さらにダウは前回の安値を割ってくるまでは上であるため、

少々獲りづらい相場となる恐れも。


□*■*□*■*□*■*□*■*□*■*□*■*□*■*□*■*□

欧州中央銀行(ECB)が国際通貨基金(IMF)に資金供給することで、

ユーロ圏を支援するとの見方が流れる。

ドイツがユーロ圏メンバーの段階的な債務不履行を可能にする草案を準備中との報道でユーロ反落気配。

スペイン与党・社会労働党の首相候補アルフレド・ペレス・ルバルカバ氏は、

テレビ中継のなかで総選挙での敗北を認めた。

今週は米国の感謝祭(24日)のため、ポジション調整の週になる可能性もあり。

例年、商いが薄くなるため注意が必要である。

買い材料
・スイス国立銀行によるユーロ買い・スイスフラン売り介入
・ギリシャ第2次金融支援の実施
・欧州大手銀行の資本増強
・日銀によるEFSF債追加購入

売り材料
・ギリシャ、イタリアにおける緊縮財政計画への懸念
・ギリシャにおける債務再編・債務不履行懸念
・トリシェECB総裁、各国財務相のEUやギリシャについての先行き懸念発言
・イタリア、スペイン等、EU圏における緊縮財政措置
・EU各国の国債利回り上昇
・EU各国の国債格下げ

【ファンダメンタルに関して】

ファンダメンタルズに関する情報は、私が知る限りマネーパートナーズの会員限定マーケット情報が一番早く、
分刻みで更新される情報は非常にトレードに役立っています。
口座開設+入金で情報が入手可能です。


□*■*□*■*□*■*□*■*□*■*□*■*□*■*□*■*□

【11月21日 月曜日の経済指標】

08:50 日) 日銀・金融政策決定会合議事要旨

09:01 英) 11月 ライトムーブ住宅価格

18:00 欧) 9月 経常収支

24:00 米) 10月 中古住宅販売件数

本日の要人発言他:


*★*――――*★**★*――――*★**★*――――*★**★*――――*★*


初心者の方は、1時間足MACDルール成立後も、

15分足でMACDルールが成立するまでトレードしないほうが無難です。
(水色のラインの方向の一致)

【MACDルール】
http://fxsuke.blog97.fc2.com/blog-entry-138.html


文中に登場する「勢い」という概念をコチラのレポート内で詳しく説明してあります。

【ボリンジャーバンド ここまでできる!徹底トレード】
http://fxkabu36.blog94.fc2.com/blog-entry-1018.html

ボリンジャーバンドを使ったエントリーポイントや利の伸ばし方もわかりやすく書いてありますよ(^^)



応援クリックよろしくお願いします^^♪

FX ブログ
関連記事
[ 2011/11/21 08:28 ] MACDルールで見る本日の流れ | TB(-) | CM(-)

MACDルールで見る本日のテクニカル分析【11月18日(金)】

【MACDルールについて】

当ブログ中によく出てくる「MACDルール」については、

こちらのレポートで詳しく説明してあります。

私独自のMACDの使い方であり、どの時間軸でトレードすべきか、今トレードしていい状態なのか

どの時間軸で決済すべきか、そういったことが一目でわかります。


※MACDの設定ですが、本来のMACDルールのものに戻しました。

【11月18日(金)のテクニカル分析】



申し訳ありませんが、

本日は体調不良のためお休みさせていただきます。






□*■*□*■*□*■*□*■*□*■*□*■*□*■*□*■*□


買い材料
・スイス国立銀行によるユーロ買い・スイスフラン売り介入
・ギリシャ第2次金融支援の実施
・欧州大手銀行の資本増強
・日銀によるEFSF債追加購入

売り材料
・ギリシャ、イタリアにおける緊縮財政計画への懸念
・ギリシャにおける債務再編・債務不履行懸念
・トリシェECB総裁、各国財務相のEUやギリシャについての先行き懸念発言
・イタリア、スペイン等、EU圏における緊縮財政措置
・EU各国の国債利回り上昇
・EU各国の国債格下げ

【ファンダメンタルに関して】

ファンダメンタルズに関する情報は、私が知る限りマネーパートナーズの会員限定マーケット情報が一番早く、
分刻みで更新される情報は非常にトレードに役立っています。
口座開設+入金で情報が入手可能です。


□*■*□*■*□*■*□*■*□*■*□*■*□*■*□*■*□

【11月18日 金曜日の経済指標】

16:00 独) 10月 生産者物価指数

21:00 加) 10月 消費者物価指数

22:30 加) 10月 景気先行指数

24:00 米) 10月 景気先行指標総合指数

本日の要人発言他:


*★*――――*★**★*――――*★**★*――――*★**★*――――*★*


初心者の方は、1時間足MACDルール成立後も、

15分足でMACDルールが成立するまでトレードしないほうが無難です。
(水色のラインの方向の一致)

【MACDルール】
http://fxsuke.blog97.fc2.com/blog-entry-138.html


文中に登場する「勢い」という概念をコチラのレポート内で詳しく説明してあります。

【ボリンジャーバンド ここまでできる!徹底トレード】
http://fxkabu36.blog94.fc2.com/blog-entry-1018.html

ボリンジャーバンドを使ったエントリーポイントや利の伸ばし方もわかりやすく書いてありますよ(^^)



応援クリックよろしくお願いします^^♪

FX ブログ
関連記事
[ 2011/11/18 08:28 ] MACDルールで見る本日の流れ | TB(-) | CM(-)

MACDルールで見る本日のテクニカル分析【11月17日(木)】

【MACDルールについて】

当ブログ中によく出てくる「MACDルール」については、

こちらのレポートで詳しく説明してあります。

私独自のMACDの使い方であり、どの時間軸でトレードすべきか、今トレードしていい状態なのか

どの時間軸で決済すべきか、そういったことが一目でわかります。


※MACDの設定ですが、本来のMACDルールのものに戻しました。

【11月17日(木)のテクニカル分析】

ユロドル 4時間足

テクニカル分析 ユロドル 4時間足

MACDルールは成立。

現時点で日足でもMACDルールは成立。

また日足が成立した状態で「勢い」がボリンジャーバンドに見られるようになってきた。

形としては今後サポートラインで反発しつつも下落が続く。


1時間足
 ↓
テクニカル分析 ユロドル 1時間足

4時間足の長いスパンで高値切り下げ安値更新。

MACDルールは成立。

オシレーターもMAも下げを示している。

だが1時間足のバンドが平行であり、4時間のは「勢い」が半減している。

短いスパンでは高値切り下げと安値更新が続いているが

その後に本格サポートラインが控えており、

ここを越えなければ大きな下落トレンドは発生しない。

このまま割り込むか、

1時間のボリバンの-2σあたりで一度反発し、

再度高値を切り下げてからの下落を狙うか

どちらかの展開になると思われる。

ただし4時間の勢いが半減しているため、

安値を割らずに・・・という展開の可能性も捨てきれない。


□*■*□*■*□*■*□*■*□*■*□*■*□*■*□*■*□

フランス国債格下げの噂が引き金となり、ユーロは下げが止まらない。

また噂だけではなく、

実際トリプルAの格付けであるフランス、オーストリア、オランダ、フィンランド等の

国債の価格は続落しており、10年国債の利回りは上昇している。

各国10年国債利回り

ECBによる国債の買い支えも積極的に行われているが

それでも下落をなんとかおさえるのがやっとの状態。

買い材料
・スイス国立銀行によるユーロ買い・スイスフラン売り介入
・ギリシャ第2次金融支援の実施
・欧州大手銀行の資本増強
・日銀によるEFSF債追加購入

売り材料
・ギリシャ、イタリアにおける緊縮財政計画への懸念
・ギリシャにおける債務再編・債務不履行懸念
・トリシェECB総裁、各国財務相のEUやギリシャについての先行き懸念発言
・イタリア、スペイン等、EU圏における緊縮財政措置

【ファンダメンタルに関して】

ファンダメンタルズに関する情報は、私が知る限りマネーパートナーズの会員限定マーケット情報が一番早く、
分刻みで更新される情報は非常にトレードに役立っています。
口座開設+入金で情報が入手可能です。


□*■*□*■*□*■*□*■*□*■*□*■*□*■*□*■*□

【11月17日 木曜日の経済指標】

18:30 英) 10月 小売売上高指数

19:00 欧) 9月 建設支出

22:30 米) 10月 住宅着工件数

22:30 米) 10月 建設許可件数

22:30 米) 前週分 新規失業保険申請件数

24:00 米) 11月 フィラデルフィア連銀製造業景気指数

本日の要人発言他:




*★*――――*★**★*――――*★**★*――――*★**★*――――*★*


初心者の方は、1時間足MACDルール成立後も、

15分足でMACDルールが成立するまでトレードしないほうが無難です。
(水色のラインの方向の一致)

【MACDルール】
http://fxsuke.blog97.fc2.com/blog-entry-138.html


文中に登場する「勢い」という概念をコチラのレポート内で詳しく説明してあります。

【ボリンジャーバンド ここまでできる!徹底トレード】
http://fxkabu36.blog94.fc2.com/blog-entry-1018.html

ボリンジャーバンドを使ったエントリーポイントや利の伸ばし方もわかりやすく書いてありますよ(^^)



応援クリックよろしくお願いします^^♪

FX ブログ
関連記事
[ 2011/11/17 08:22 ] MACDルールで見る本日の流れ | TB(-) | CM(-)

MACDルールで見る本日のテクニカル分析【11月16日(水)】

【MACDルールについて】

当ブログ中によく出てくる「MACDルール」については、

こちらのレポートで詳しく説明してあります。

私独自のMACDの使い方であり、どの時間軸でトレードすべきか、今トレードしていい状態なのか

どの時間軸で決済すべきか、そういったことが一目でわかります。


※MACDの設定ですが、本来のMACDルールのものに戻しました。

【11月16日(水)のテクニカル分析】

ユロドル 4時間足

テクニカル分析 ユロドル 4時間足

MACDルールは下げで成立。

高値は切り下げ、安値は更新して、さらに再度高値を切り下げてきた。

現在日足でもMACDルールは下げで成立しており、

このまま安値を割って下げトレンド継続が濃厚であり、日足にも若干「勢い」がついてきたか?


1時間足
 ↓
テクニカル分析 ユロドル 1時間足

MACDルールは下げで成立。

だが1時間足の「勢い」は半減し、

4時間足ではまだ勢いづいていない。

安値は更新したもののダイバージェンスが発生しており、

コチラから見ても勢いは少なくなっている。

昨日つけた安値をいったん試したのち、割ることがなければ

一度大き目の戻しか?

今後の短期ストキャスと短期MA(黄緑)

そして1時間足ストキャスと1時間MA(青)が下げで同調し続ければ安値割れあり。

途中で崩れることがあれば

高値は切り下げ、安値は切り上げるという方向感のない相場へとなる可能性。


□*■*□*■*□*■*□*■*□*■*□*■*□*■*□*■*□

政府・日銀は、APEC財務相会合声明において牽制を受け、覆面介入を行っている模様。

欧州の債務危機がフランスにまで波及するのでは?という見方がある中、

ユーロ圏の7-9月期国内総生産(GDP)成長率は、前期比+0.2%、前年比+1.4%とプラス成長。

ギリシャ、イタリアともに新政権へと移行しつつあり、

ユーロ危機は一息ついた様子も見られる。

だが、まだイタリア国債の入札不調に続くスペイン国債入札不調、イタリア国債の格下げの噂もあり

予断を許さない。

買い材料
・スイス国立銀行によるユーロ買い・スイスフラン売り介入
・ギリシャ第2次金融支援の実施
・欧州大手銀行の資本増強
・日銀によるEFSF債追加購入

売り材料
・ギリシャ、イタリアにおける緊縮財政計画への懸念
・ギリシャにおける債務再編・債務不履行懸念
・トリシェECB総裁、各国財務相のEUやギリシャについての先行き懸念発言
・イタリア、スペイン等、EU圏における緊縮財政措置

【ファンダメンタルに関して】

ファンダメンタルズに関する情報は、私が知る限りマネーパートナーズの会員限定マーケット情報が一番早く、
分刻みで更新される情報は非常にトレードに役立っています。
口座開設+入金で情報が入手可能です。


□*■*□*■*□*■*□*■*□*■*□*■*□*■*□*■*□

【11月16日 水曜日の経済指標】

未 定 日) 日銀金融政策決定会合、終了後政策金利発表

18:30 英) 10月 失業保険申請件数

18:30 英) 10月 失業率

19:00 欧) 10月 消費者物価指数

19:30 英) 英中銀イングランド銀行、四半期ごとの物価報告

21:00 米) MBA住宅ローン申請指数

22:30 米) 10月 消費者物価指数

23:00 米) 9月 対米証券投資(短期債除く)

23:15 米) 10月 鉱工業生産

23:15 米) 10月 設備稼働率

24:00 米) 11月 NAHB住宅市場指数

本日の要人発言他:
・ローゼングレン米ボストン連銀総裁が講演予定

*★*――――*★**★*――――*★**★*――――*★**★*――――*★*


初心者の方は、1時間足MACDルール成立後も、

15分足でMACDルールが成立するまでトレードしないほうが無難です。
(水色のラインの方向の一致)

【MACDルール】
http://fxsuke.blog97.fc2.com/blog-entry-138.html


文中に登場する「勢い」という概念をコチラのレポート内で詳しく説明してあります。

【ボリンジャーバンド ここまでできる!徹底トレード】
http://fxkabu36.blog94.fc2.com/blog-entry-1018.html

ボリンジャーバンドを使ったエントリーポイントや利の伸ばし方もわかりやすく書いてありますよ(^^)



応援クリックよろしくお願いします^^♪

FX ブログ
関連記事
[ 2011/11/16 08:14 ] MACDルールで見る本日の流れ | TB(-) | CM(-)