ダウ理論 その⑦ ~トレンドは明確な転換シグナルが発生するまで継続する ~ 【FX テクニカル分析入門】

FX テクニカル分析入門

今回はダウ理論の基本法則 その6です。


「トレンドは明確な転換シグナルが発生するまで継続する」


おそらくこの法則が一番有名なんじゃないかと思います。


ダウ理論においては、

トレンドは継続するものとされており、

そのトレンドに逆らわないトレードを基本とします。


では「明確な転換シグナル」とはいったい何を指すのか。


以下の図で説明します(^^)



【ダウ理論 上昇トレンド】
FX テクニカル分析 ダウ理論
安値を切り上げ、高値を切り上げ続けているかぎり、

上昇トレンド継続です。


反対に、


【ダウ理論 下降トレンド】
FX テクニカル分析 ダウ理論

高値を切り下げ、安値も切り下げ続けているかぎり、

下降トレンド継続です。


実際のチャートで見てみます。


下降トレンドです。

ダウ理論 下降トレンド


今度は上昇トレンドです。

ダウ理論 上層トレンド

大きい流れのダウ理論の中に

小さなダウ理論が成立しているのが見て取れます。


よく押し目がわからない・・といったご質問メールが届きますが、

よくわかりますよね?


インディケーターまみれにしたチャートよりも

しっかりとダウ理論を考えたほうがわかりやすくなりますよ(^^)


さらに言えばですね

ダウ理論の第5法則で書いた出来高、

FXで言えばオシレーターですね。


この出来高をともなっているときのダウは非常に有効に働きます。


つまり?

トレンドの方向とオシレーターが一致しているときってのは

押し目がひろいやすい局面ということができます(^^)




ダウ理論には、トレードの真理ともいえるものがたくさんつまっています。

こういった基礎理論をおろそかにしないものだけが

本当に勝ち続けることができるトレーダーになれるんですよ(^^)




ポチってしてくれたら、ブヒって喜びます♪
 ↓

FX テクニカル分析 ブヒ♪


関連記事

ブタな訳

ドイツでは「ブタ」ってのは、幸せをもたらす動物と言われています。


まー確かにあのぶくぶく肥った身体は

裕福な富・・とも言えそうですね(笑)


また古代ドイツでも、ブタは神様への捧げものとして貴重な存在でした。


そーいえば、貯金箱にもブタって多いですよね(^^)


コチラは私の家にあるブタの置物?お守り?です。

幸せのブタ コイン付きw


父から、ドイツみやげにもらったものです。


背中にコインが刺さっていますねw


幸せを運ぶブタがコインを背負っている・・・


お金運んでこい♪




というわけで

このブログには、ここかしこにブタが描かれています♪


決して私がブタってるわけではありません・・・たぶん・・・



あ、私の部屋にもブタがたくさんいますよ(^^)

幸せのブタたち♪


左端は水晶のブタです。

みんなお金が大好きですw


ポチってしてくれたら、ブヒって喜びます♪
 ↓

FX テクニカル分析 ブヒ♪


[ 2011/01/20 23:30 ] はじめに はじめに その他 | TB(-) | CM(-)

ダウ理論 その⑥ ~トレンドは出来高でも確認されなければならない~ 【FX テクニカル分析入門】

FX テクニカル分析入門

今回はダウ理論の基本法則 その5です。


「トレンドは出来高でも確認されなければならない」


出来高・・・


株の話とちゃうの?

為替は相対取引やし、わからんやん?


まーそう言わないで最後までお付き合いください(^_^;)

重要なことを書きますので♪


まずどういうことか簡潔に書きますと、

チャールズ・ダウは、

トレンドは出来高をともなったものしか本物とはみなさない

という信念を持っていました。


実際、小さなトレンドや、大きなトレンドのあとの残りの余波のようなトレンドでは

出来高はついてきません。


そのようなトレンドで利益を得ようとする投資家は少数派であるという考えです。


まとめるとこんな感じ。

・株価と出来高が上昇 ⇒ 本物の上昇トレンド

・株価は上昇、出来高は減少 ⇒ トレンドの中に弱さを内包する

・株価と出来高が減少 ⇒ 本物の下落トレンド

・株価は下落、出来高は上昇 ⇒ トレンドの中に弱さを内包する




ではFXではどのように考えたらいいんでしょうね?


出来高というのは、実際の投資家の行動や心理状態を表します。


もうトレンドも終わりだな~って思うと

買い控えも入り、出来高は減少します。

出来高が減少するとトレンドの勢いも減少します。


つまりある方向にトレンドは続いていながらも、

勢いが弱まり出来高は減少(下落)


何が言いたいのかといますと、


出来高というのは、オシレーターと同じ


ということです。


トレンド方向にオシレーターも同じようについてきてこそ

そのトレンドが本物だということになります。


ここ、ものすごく重要ですよ。


これは私独自の考え方なのですが、

トレンド、つまり移動平均線に代表されるトレンド系のインディケーターと

ストキャスティクスやRSIといったオシレーター


このトレンド系とオシレーター系の同じ期間を比較してやった場合、

この2つが同方向を向いたときが本物のトレンドになりやすい。



ということです。




ポチってしてくれたら、ブヒって喜びます♪
 ↓

FX ブログ ブヒ♪
関連記事

ダウ理論 その⑤ ~平均は相互に確認されなければならない~ 【FX テクニカル分析入門】

FX テクニカル分析入門

今回はダウ理論の基本法則 その4です。


「平均は相互に確認されなければならない」


よく意味がわからないッスね^^;


ダウ理論の生みの親、ダウ・ジョーンズの生きていた19世紀

そのころのアメリカでは、

工業が盛んになると、その工業製品の輸送のために

鉄道等の運輸関係も活性化しました。

もちろん工業関係が不振になると、運輸関係に直接響いていました。

工業と運輸は切っても切り離せない関係にあったのです。


そのため、

ダウ・ジョーンズ平均株価と運輸株平均株価が

同時に上昇のサインを示さない限り、本格的なトレンドとはみなされなかったのです。


ここで言う「ダウ・ジョーンズ平均株価」とは

いわゆるダウ平均株価とかNYダウ、NY平均株価と言われているものです。


このNYダウは、翌日の東京株式相場にも大きな影響を与えます。


つまり平均は相互に確認されなければならないのです。


あ、平均ってのは

日経「平均」とかダウ「平均」株価・・とかの平均ですよ(^^)



ポチってしてくれたら、ブヒって喜びます♪
 ↓

FX ブログ ブヒ♪

関連記事

ダウ理論 その④ ~主要トレンドは3段階からなる ~ 【FX テクニカル分析入門】

FX テクニカル分析入門

今回はダウ理論の基本法則 その3です。


「主要トレンドは3段階からなる」


この3段階というのは非常に重要でして

投資家の心理と行動を見事に言い表しています。



第一段階


下落相場が底を打ち、

悪材料もすでに出尽くし、

ジム・ロジャーズのような先行投資型の投資家が買いに転ずるところです。


彼の投資の方針は

「みんなが売りたがっているときに買い、みんなが買いたがっているときに売る。」


天才にしかできません・・・


トレードで言うと、

オシレーターの反転や、ダイバージェンスが発生したポイントでエントリーするようなものですが、

素人はダイバージェンスが発生したので

トレンドが反転するはず・・なんてトレードをしていたら痛い目を見ますよ。


ここでエントリーすると確かに値幅をとることができますので

最初のうちは、ここでエントリーすることも目標としがちです。


ですがこれは超高等テクニック。

決してマネするべからず。



第二段階


我々一般投資家がやっとトレンドの転換を認識できる流れになってきました。

いわゆるトレンドフォローのトレードがしやすいところですね。


ここの特徴は

多くのトレーダーが参加してきて(わかりやすくなってくるので)

相場が大きく伸びることです。


移動平均線も上向きになり、

方向がわかりやすくなります。


私もここからのトレードを心がけていますし

ここからでもトレードは十分稼ぐことができます



第三段階


いわゆる「バブル」です。

ここまでくると、相場が「上がる」から買う・・という

少し矛盾した行動が見られます。


本来は上がるための材料があるから買う・・であるはずなのですけどね(^_^;)


そのため相場参加者は

何も知らない一般大衆が大半を占め始めます。


ちゃーんと投資を知っている人たちは

そろそろ手仕舞いの準備を始めます。



ウォール街の有名な格言に



強気相場は絶望の中で生まれ、

懐疑の中で育ち、

楽観と共に成熟し、

幸福感の中で消えてゆく。



というものがありますが、

ダウの第一段階からトレンドの形成、そしてバブル崩壊までが

その投資家心理とともにあまりにうまく表現されているため、

思わず 笑った 感心した覚えがあります。



ポチってしてくれたら、ブヒって喜びます♪
 ↓

FX ブログ ブヒ♪

関連記事

ダウ理論 その③ ~トレンドには3種類ある~ 【FX テクニカル分析入門】

FX テクニカル分析入門

今回はダウ理論の基本法則 その2です。


「トレンドには3種類ある」


どういうことかと言いますと、

相場は時間軸ごとに個別のトレンドを持っており

それらのトレンドを無視することなかれ・・ってことです。


具体的にいいますと

ダウ理論では、相場には「主要トレンド」「二次トレンド」「小トレンド」の

3つのトレンドがあるとされています。


1.長期トレンド(主要トレンド)

1年から数年にわたる長期的なサイクルです。


ドル円 月足
ダウ理論

現在の下落は、サブプライム以降3年以上にわたって続いています。



1.中期トレンド(二次トレンド or 訂正トレンド)

中期トレンドは3週間から3か月続くとされ、

長期トレンドの「調整」とみなされます。


長期トレンドの3分の1から3分の2の間に収まり

一般的には2分の1、つまり半値戻しが基本です。


ドル円 週足
ダウ理論

長期トレンドでは下げていたところも、

週足でみると途中で調整の上げが入っています。

ドンぴしゃ半値戻しですね(^^)



1.短期トレンド(小トレンド)

3週間未満の短期的なトレンドで

中期トレンドの「訂正」とみなされます。


ドル円 日足
ダウ理論




これらのことは何も日足以上にしか起こらないことではなく

日足 → 1時間足 → 5分足

でも起こります。


そしてこのトレンドの波動に逆らわないことがトレードの基本の基本の基本です。

トレンドはフレンド・・なんて言葉もあるくらいですからね(^^)


常日頃から、このトレンドの流れを意識しておくだけで

トレードの上達速度はぜんぜん違ってきますので

ダウ理論が基本的で古い理論だからといってないがしろにせず

しっかりと身につける努力をしてください。


だいたいにおいて、何年やっても勝てないトレーダーというのは

こういった基礎理論をおろそかにしている傾向がありますからね(^^)



ポチってしてくれたら、ブヒって喜びます♪
 ↓

FX ブログ ブヒ♪


関連記事

マーフィーの最強スパンモデルFX投資法を伝授

マーフィーの最強スパンモデルFX投資法を伝授





最強スパンモデル・スーパーボリンジャー手法とは?


•現在、市場が売りか買いかを一目で判断できます。

•初心者から中上級者まで活用可能です。

•短期から長期まで活用可能です。





初心者が最初からトレードで勝つということはほぼ不可能です。

そして努力しようとしても

何から手をつけたらいいのかわからないのが現状です。



その点このマーフィーの最強スパンモデルFX投資法を伝授は、

サインが非常に明瞭で

初心者の方でもとっつきやすいのが特徴です。

マーフィー スパンモデル

一目均衡表に似ていますが、

マーフィー氏の手によって改良が加えられています。


コチラはスーパーボリンジャーです。

マーフィー スーパーボリンジャー

この2つの組み合わせによるトレードとなり、

そして表示させるのもこの2つだけですので

チャートの見方は非常にシンプルです。


トレードとは、ここまでシンプルにできるものなのかと感心させられる内容であり、

といって

シンプルだからダメというのではなく、

シンプルだけに、非常に強力であるという内容です。


私自身、一目均衡表とボリンジャーバンドを合わせて使用することが多く

そのため、この手法の良さが非常によくわかります。


なぜこの方法が有効なのか・・・といったことについては

やはり長く相場に向き合わなければ難しいものがありますが、

まず最初にやってみる!

といったスタンスで見るならば、一言では語りつくせないほど良い内容です。


また、テクニカル分析に詳しくなってきたときも

これをベースとして自分なりの改良を加えやすいものという意味でも

とてもいものですね。

応用がききやすいです。



チャートにスパンモデルを表示させるには

少々高等技術を要します。


その点以下のFX会社でしたら、スパンモデルがチャートに最初から標準装備されています。

セントラル短資FX
マネーパートナーズ
FXプライム

標準装備されてる3社とも、非常に優良な業者ですのでよかったです(^_^;)



マーフィーの最強スパンモデルFX投資法を伝授






応援クリックいつもおおきにです♪
 ↓

FX ブログ 維新の介 アリガトデス


ダウ理論 その② ~平均はすべての事象を織り込む~ 【FX テクニカル分析入門】

FX テクニカル分析入門

今回はダウ理論の基本法則 その1です。


「平均はすべての事象を織り込む」


平均?事象?

どういうこっちゃい?


はい、解説します。


プライス(価格)に影響を与えるありとあらゆる事象は

すべてプライスに反映されている・・ということです。


つまりですね、

膨大な情報収集や分析を行わなかればならないファンダメンタルズになど頼らなくとも

チャートを見たら一目瞭然やん?

ってことです。


ファンダメンタルズ分析でトレードをしようとしたら

それこそあり得ないくらいの勉強量が必要となり

さらに刻々と変化する情報をすべて分析し売買の判断を行わなければなりません。


為替の値動きなんてのは

つまるところ、世界の経済活動

そして政治要因や地勢リスク等

すべてが影響してきます。


一生かけても、一つの値動きの真実すらつかむことはできないでしょう。


分析しているあいだにトレードのチャンスを逃します(-_-;)



それよりも、

チャート上の値動きだけを分析することによって

さまざまな要因によって築かれた

現在の相場の流れを読み取ったほうがよほど簡単です。



平均はすべての事象を織り込む


100年以上も前に提唱された理論ですが

今のテクニカル分析の大前提となる考え方です。


そしてこの考え方なくしては、テクニカル分析は成り立ちません。


チャールズ・ダウ

すごい人です。。。



ここで材料(ファンダメンタルズ要因)がプライス(価格)に与える影響を大別しておきます。


1.好材料(予想よりもよい材料)

プライス上昇

【説明】当たり前の反応


2.悪材料(予想よりも悪い材料)

プライス下落

【説明】これも当たり前の反応


3.好材料(予想よりもよい材料)

プライス下落

【説明】こういうことがるから相場はわからない。
材料が出尽くしている、つまり相場がすでにその好材料を織り込み済みの場合にこのようなことがおこることがある。


4.悪材料(予想よりも悪い材料)

プライス上昇

【説明】やっぱり相場はわからない。相場には魑魅魍魎が住んでいる。材料出尽くし。


5.材料なし

プライス上昇

【説明】特に材料がなくとも相場は動く。大きな資金が動けば相場は動く
あわてるのではなく、なぜ動いたのかを考えるのでもなく、
ただ素直にチャートに従ってトレードするのみ。


6.材料なし

プライス下落

【説明】材料がないというのは、個人投資家に手に入らないだけのこと。
大手のファンドが資金を投入すれば相場は動く
我々はその情報を手に入れることができない。
ただ素直にチャートに従ってトレードするのみ。



みんなのFXでは、経済指標(つまり材料ね)の発表などがチャート上に表示され

値動きとの関係が非常にわかりやすくなっています。

みんなのFX

そのほかにも

「みんなのSNS」といって、

参加者のポジションがリアルタイムでわかるツールもありますよ(^^)

獲得pipsランキング上位の人のポジションは非常に参考になります。

2011年1月31日まで、最大12,000円のキャシュバックやってます。

トレイダーズ証券「みんなのFX」




応援クリックいつもおおきにです♪
 ↓

FX ブログ 維新の介 アリガトデス



関連記事

『テクニカル分析で「勝つ」FX』 ~FXプライム~

『テクニカル分析で「勝つ」FX』

FXプライム


テクニカル分析を極めるための決定版です。

市販のテクニカル関連の書籍はほとんどすべて目を通してきましたが、

最初に学ぶものとして、これ以上のものは見つかりませんでした。


テクニカル分析の基本から各指標の読み方、「だまし」などの注意点を網羅。

さらに「日柄分析」や、

プロが実際に使用しているテクニカル指標の組み合わせ方を紹介しています。


著者の鈴木 隆一氏は、証券会社で為替のチーフディーラーを務めたあと

外国為替証拠金取引会社数社の設立に参画。

2003年に独立し、

現在は為替市場のテクニカル分析とシステムトレーディングの技術開発および環境開発を提供している、株式会社ガンパウダーの代表取締役を務めています。


非常に実戦的なテクニカル分析を教える方としても有名です。


伊藤忠グループのFXプライムに口座を開設することによって、この書籍が無料で手に入ります。

FXプライム


10万円以上の入金で2000円がキャッシュバックされ、

また取引高に応じて、最大2万円のキャッシュバックもあります。

現在、口座開設キャンペーンとして

FX本 + 最大24,000円キャッシュバック

PRIMEトレードキャンペーンとして、

取引高に応じて最大12,000円キャッシュバック


さらに加えてコレ!!
 ↓  ↓
FXプライム



その他にも、初心者でもテクニカルが楽しく学べるような

「ぱっと見テクニカル」というツールが充実しており

総合的に見て一番最初に開設する口座として最高ですね(^^)



応援クリックいつもおおきにです♪
 ↓

FX ブログ 維新の介 アリガトデス

関連記事
[ 2011/01/09 12:08 ] FX業者比較 | TB(-) | CM(-)

ダウ理論 その① ~ダウ理論ってなに?~ 【FX テクニカル分析入門】

FX テクニカル分析入門 ダウ理論編


ダウ理論とは

ダウ平均株価などでも有名なダウ・ジョーンズって会社を作った

チャールズ・ダウという人が19世紀の終わりに提唱した、あまりにも有名な理論です。


その基本的なスタンスは

「株価はすべての事象を織り込む」

というもの。


つまり膨大な情報を分析しなければいけないファンダメンタルズ分析に対して、

「チャートに現れる価格が全てですよ」っていう

現代のテクニカル分析の礎ともなる考え方を築いたんですね。


今でこそ当たり前のように行われ

テクニカルを無視した取引など考えられないような世の中ですが、

19世紀の終わり、つまり100年以上も前にこの考え方に到達しているってのがすごい!!


さらにですね

そのダウ理論が、今日の相場でも通用しているがさらにすごい!!



市場価格が全てという考え方は

つまり、

よい材料であれ、悪い材料であれ

価格がいくら上げようが下げようが、いくら異常な動きをしようが

それが全てであり、真実であるという考え方です。

ダウ理論




ではそのすごいダウ理論


この理論は6つの法則から成り立っています。


・平均はすべての事象を織り込む

・トレンドには3種類ある

・主要トレンドは3段階からなる

・平均は相互に確認されなければならない

・トレンドは出来高でも確認されなければならない

・トレンドは明確な転換シグナルが発生するまでは継続する



これらを一つ一つ説明していきます(^^)




応援クリックいつもおおきにです♪
 ↓

FX ブログ 維新の介 アリガトデス


関連記事