エントリーのタイミングと勝てない理由 本日のテクニカル分析【3月13日(火)】


【PR】 【FX】今から30分以内に勝てるトレーダーにしてみせます!


【3月13日(火)のテクニカル分析】

おはようございます(^^)
維新の介です


では本日のドル円の流れです


【ドル/円】4時間足
FX テクニカル分析 ブログ 4時間足 トレード手法


MACDルールは崩れてきました。
日足レベルでの下げトレンドの終了が見えてきましたね。
だけど日足レベルの下げダウが終了したわけではありませんので、まだ戻り売り勢力は存在します。
しっかりと支えられてからのトレードでなければ日足の値動きのぶれにやられることがありますので注意しておいてください。


長期(青)は安値を切り上げ高値を更新するも、4時間足移動平均線(青)が築く波はまだ安値を更新して高値は切り下げている状態。
つまり日足で認識できる流れは下げダウってことです。
だから買っていくのは案外難しかったりします。


また、この長期(青)レベルで高値を切り下げてきた場合、それは日足レベルで高値を切り下げたと認識され、さらなる下げにつながる可能性が高まって来ます。
現在日足移動平均線(赤)に対して4時間足移動平均線(青)が収束しているため、これが今後下げ方向へと拡散するのか?それとも上抜いてゴールデンクロスを築いていくのかによって変わってきそう。



【ドル/円】1時間足
FX テクニカル分析 ブログ 1時間足 トレード手法


MACDルールは不成立です。
つまり4時間足でも1時間足でも成立していない状態ですね。


長期(青)は高値を切り下げてきましたが、まだ安値を大きく割った状態ではありません。
レートはレジサポ逆転ラインで支えらえて、ちょっと下げづらい状態。
短期(緑)も高値を切り下げ安値を更新していますが、その切り下げ幅や安値更新幅は狭く、勢いがありません。


4時間足の移動平均線(赤)は上昇しているため、1時間足移動平均線(青)は押し目をつけて反転上昇しやすい状態ですが、逆に4時間足移動平均線(赤)は、下げている日足移動平均線(水色)に近づいているため、戻り目をつけて反転下落しやすい状況。
ちょっとキツイな・・・(^^;


なにがどうなったら1時間足移動平均線の上向きが確定するのか。
何がどうなったら4時間足移動平均線の下げ方向が確定するのか?
それを確定づけるラインが、それぞれの時間軸のトレードにおけるエントリーラインになります。


移動平均線とダウの高安値、そして上位足との比較(マルチタイムフレーム分析)、この3つを丁寧に見ることによってトレードは非常に簡単になります。
チャート上に情報を詰め込みすぎる人がいますが、処理できないでしょ?
っていうか、不安だから情報をのっけて安心しているだけでしょ?
実はちゃんと深くまで見ることができている情報なんて1つもないでしょ?


トレードに勝てない原因はここらへんですよ(*^^*)


ほな
今日もがんばっていきましょう~ (*´ω`*)



期間限定で無料(送料のみ)です
 ↓
【維新の介著】「無料!(送料負担のみ)」
>>大衆心理を利用して利益を上げる!FXテクニカル分析22の技術


コチラは無料のレポート
 ↓
>>【無料レポート!!】 トレードで勝つには下手なほうがいい!!

 ~突き詰めようとして勝てなくなるトレーダーたち~

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


他では得られない内容の教本

テクニックというよりも、大衆心理を利用しての方法が書かれてあり、大変参加になりました。
説明は懇切丁寧であり、FXに限らず株などにも応用出来る内容だと思います。


FXで"勝つ"ための教本

まったくのFX初心者の方には理解しにくい内容となっているので、基本を押さえた上で読んで欲しい一冊です。
書いてあることはFXトレーダー向けであり、やや難解な部分もありますが、何度も読み返し、実践していくことでより理解が深まっていきます。
本気でFXに取り組むつもりなら必読ですね。


今までにない切り口

大衆心理という切り口、興味を持って読みました。
解説がわかりやすく、新鮮で、とても実践的だと思いました。
まだ、途中までしか読んでないので、急いで続きを読みます。


本物の書籍

多くの投資家が、テクニカルによって相場から利益を上げようと頑張っている中、その人達の心理、行動を利用して、利益を上げている人の方法について書かれています。
この本を読んでからは、もう他の著書はまったく必要なくなりました。



1日1回、応援クリックよろしくお願いします^^♪
  ↓

テクニカル分析ブログ





[ 2018/03/13 08:34 ] MACDルールで見る本日の流れ | TB(-) | CM(-)

トレンドフォローとは押し目買い 本日のテクニカル分析【3月12日(月)】


【PR】 【FX】今から30分以内に勝てるトレーダーにしてみせます!


【3月12日(月)のテクニカル分析】

おはようございます(^^)
維新の介です


では本日のドル円の流れです


【ドル/円】4時間足
FX テクニカル分析 ブログ 4時間足 トレード手法


MACDルールは崩れつつあります。
長期(青)は安値を切り上げ高値(ネックライン)を更新で、上昇ダウ成立です。
日足レベルでの下げ止まり感がある状態での、長期(青)の安値切り上げ高値更新ということですので、これまでの日足の下げトレンドに対して利益確定の買いが入ってくる可能性があります。


もちろん、まだ日足に対して戻り売りが入ることはあるかもしれませんが、今度はその日足レベルの安値を更新しない可能性が高く、そうなると安値切り上げとなるため、さらに買いが入ってくる相場環境となります。


日足移動平均線はレートを支えつつあります。
今度は前回の4時間足の高値(青)等もあわせてレートを支えてくれると、より買われやすくなりますね。
だけど現在は、4時間足で移動平均線からレートが乖離しているため、買っていくタイミングではありません。
トレンドフォローとは押し目買いうことでもありますので、逆に言えばレートが移動平均線や押し目が入りやすい根拠があるポイントから乖離していたらトレードは難しいんです。



【ドル/円】1時間足
FX テクニカル分析 ブログ 1時間足 トレード手法


MACDルールは不成立ですが、レートは日足移動平均線(水色)に絡んできました。
絡んだ状態で移動平均線が下げていれば戻り売りが考えられ、水平気味になっていれば上抜けの後に支えられることが多くなります。
グランビルの法則の基本ですね(*^^*)


長期(青)は安値を切り上げ高値を更新で上昇ダウ継続ですが、高値更新幅も安値切り上げ幅も減少しているため、現在上昇勢いは失われつつあります。
4時間足移動平均線(赤)からの乖離もあるため、直近安値を割ると戻しやすい状況です。
しかし過去のレートが築いた抵抗帯を上抜いていますので、ここで支えられる可能性も高いわけです。


となると、上昇勢いはないけれども支えられやすい状況?
ってことは、買いも売りも少々難しいかもしれません・・・
ちょっと注意が必要ですね。


ほな
今日もがんばっていきましょう~ (*´ω`*)



期間限定で無料(送料のみ)です
 ↓
【維新の介著】「無料!(送料負担のみ)」
>>大衆心理を利用して利益を上げる!FXテクニカル分析22の技術


コチラは無料のレポート
 ↓
>>【無料レポート!!】 トレードで勝つには下手なほうがいい!!

 ~突き詰めようとして勝てなくなるトレーダーたち~

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

お勧めの一冊

私はFXではなく、先物をしてますが、我流でやってました。
しかし(当然)うまくいかすチャートに翻弄されてました。
ネットCMで維新流・・を知りだまされたと思い本書を購入しました。
今までやってたことが恐ろしくなりました。
基本知らずやってはダメということを思い知らされました。
我流とはいえ毎日チャートを眺めたので本書の理論はスーと入ってきました。
その後ツールの勧誘がありましたが本書のみで十分でした。
正直この価格で入手してしまい申し訳ない気持ちです。


FX本の最高峰。

テクニカル分析を使ったFXの実践本としては、
これがベストだと思います。

繰り返し読むことで、
毎回新たな気付きを得ることができるでしょう!!


書いてある内容は

思いつかないような発想で驚きます。FX以外にも応用できそうです。



1日1回、応援クリックよろしくお願いします^^♪
  ↓

テクニカル分析ブログ





[ 2018/03/11 13:22 ] MACDルールで見る本日の流れ | TB(0) | CM(-)

日足の売りと4時間足の買い 本日のテクニカル分析【3月9日(金)】


【PR】 【FX】今から30分以内に勝てるトレーダーにしてみせます!


【3月9日(金)のテクニカル分析】

おはようございます(^^)
維新の介です


では本日のドル円の流れです


【ドル/円】4時間足
FX テクニカル分析 ブログ 4時間足 トレード手法


MACDルールは下で成立していましたが、崩れたかな?というところです。
長期(青)は日足レベルでほとんど安値を更新しなかったところからの安値切り上げ。
だけどまだ高値は更新していないため、その4時間足移動平均線(青)の方向の優位性は低めです。
日足移動平均線(赤)が下げているため、戻り売りの可能性がありますからね。


短期(緑)は安値を切り上げ高値を更新で、現在(8:29)は上昇を続けていますが、前回の長期(青)の高値を更新するかどうか?というところ。
けっこうわかりやすいレジサポ逆転になっており、また、日足移動平均線(赤)に対しての戻り売りが考えられることから、下位足の形によっては、さらに下げに転ずる可能性もあります。
わかりやすい抵抗線の付近では、この下げに転ずる前に、急落があることがありますので注意が必要です。


もちろんレジサポ逆転ラインという節目を抜けて大きく上昇する可能性もありますが、それでもやはり日足移動平均線(赤)が影響してくるため、上昇したらしたで、やっぱり大きく戻してくる可能性が高いので注意しておいてください。
値幅は味方してくれても時間が味方してくれるところではないですね。



【ドル/円】1時間足
FX テクニカル分析 ブログ 1時間足 トレード手法


MACDルールは不成立です。
長期(青)は安値を切り上げ高値を更新中で上昇トレンド継続です。


4時間足移動平均線(赤)と1時間足移動平均線(青)とに支えられ、わかりやすいレジサポ逆転ラインにも支えられているため、買われやすい状況ではあります。


ですが、上でも書きましたように、日足が下げってのが気になります。
ただ、その日足はほとんど安値を更新しなかったため、手仕舞いの買いが入りやすい状況でもあります。


どちらが強いか?となると上かなと思って、買いで放置しているわけですが、今度は4時間足レベルの高値(ネックライン)が気になるところ。
そこらへんでのポジションの整理をどうするか?ですね。


そして、この抵抗線(レジサポ逆転ライン)付近でレートが崩れたら、それは今度は4時間足レベルのダブルトップになり、日足レベルでさらに戻り売りが入るきっかけとなります。
ってことで今度は売りも考える状態となりそうです。


ほな
今日もがんばっていきましょう~ (*´ω`*)



期間限定で無料(送料のみ)です
 ↓
【維新の介著】「無料!(送料負担のみ)」
>>大衆心理を利用して利益を上げる!FXテクニカル分析22の技術


コチラは無料のレポート
 ↓
>>【無料レポート!!】 トレードで勝つには下手なほうがいい!!

 ~突き詰めようとして勝てなくなるトレーダーたち~

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

絶対に学ぶべき

全くの初心者からFXを始めていますが、間違いなくバイブルとなっています。
維新の介さんが言っている事、そしてこの教材に書いてある通りの事が実際に起こります。
教材通りにやらなかった時に限って負けてしまうので、その時に何度も見直して少しづつですが予測ができるようになってきたところです。
絶対おすすめです!!


レビュー

知らないことがたくさんあり、参考になりました。
特に移動平均線や水平線のご説明は今後役に立ちそうな気がしています。


レビュー

株歴50年、一目均衡、篠原レシオ、はじめ100冊以上の株式関連書籍を読みました。
ほとんどのテクニカル分析は経験済み、もちろん長所もありますが短所もあります。
結局本人の使い方次第とも言えますが上手くいく時も、ない時もあります。
その中で維新流トレードは新しい目を開かせてくれました。一読の価値ありの一冊です。


維新流トレード

大衆心理を理解してトレードすることが出来たら利益があがりますよね。
私もずっとそう感じていたので購入しました。
一度読んだくらいでは全然理解出来ないくらい深いですが
何度も読み返して身につけたら鬼に金棒です。おすすめです。



1日1回、応援クリックよろしくお願いします^^♪
  ↓

テクニカル分析ブログ





[ 2018/03/09 08:50 ] MACDルールで見る本日の流れ | TB(-) | CM(-)

日足の戻り売りか下げトレンド終了か? 本日のテクニカル分析【3月8日(木)】


【PR】 【FX】今から30分以内に勝てるトレーダーにしてみせます!


【3月8日(木)のテクニカル分析】

おはようございます(^^)
維新の介です


では本日のドル円の流れです


【ドル/円】4時間足
FX テクニカル分析 ブログ 4時間足 トレード手法


MACDルールはまだ下で成立。
日足レベルでは下げダウを継続しており、その日足移動平均線(赤)も下げ続けていますので、下で成立しているのは当然です。
つまり、まだ戻り売りが継続して入りやすい状況でもあります。


長期(青9)は安値を更新して高値を切り下げてきていましたが、ここで安値切り上げとなるのか?という状態。
この長期(青)の安値切り上げは日足レベルでは認識しづらい小さなものであるため、4時間足では買いが、日足レベルでは戻り売りが入るという、荒れる原因となる可能性があります。
ですが、この4時間足レベルで直近高値(青)を越えてくるのであれば、それは日足での認識される、下げトレンド終了のサインとなるかも?


短期(緑)は安値を切り上げ高値を更新状態で上昇ダウ継続中です。
さらに、レートを4時間足移動平均線(青)が受けてきています。
そのため、下げてきても押し目をつけて再度上昇する可能性があり、それが上記のような下げ止まりからの上昇を引き起こすかもしれません。


ですが、現在短期は直近高値を更新したわけではありませんので、このまま反転下落してしまうと、高値を切り下げ安値は切り上げる状態となってしまいます。
そうなると、今度は三角保合いとなり、日足レベルの下げの中の単なる調整としか認識されず、下抜け即下げトレンド継続・・ということにもなりかねません。



【ドル/円】1時間足
FX テクニカル分析 ブログ 1時間足 トレード手法


MACDルールは不成立です。
長期(青)は安値を更新しましたが、直近高値を更新して1時間足移動平均線(青)も上を向いている状態。
1時間足移動平均線(青)の波の流れではきれいな安値切り上げですね。
そしてこの時のレートは、反転上昇中の4時間足移動平均線(赤)に受けられつつあります。


ということで、1時間足レベルの伸びを期待したいところなのですが、4時間足チャートに戻ってもらうと、4時間足移動平均線が形作る波は下げダウを築いています。
だからそんなに上昇に優位性があるわけではないんですね・・・


1時間足だけ見ていたら、めちゃくちゃトレードしたくなるところですが、4時間足、特に日足を見る限りでは、ちょっと警戒が必要なところになります。


短期(緑)は安値を切り上げ高値を更新していますが、まだ直近高値を更新しておらず、軽い抵抗線の存在も気になるところ。
さて、どこまで上昇してくれるか・・・


上昇しないと相場に思われたら、つまり売り勢力が勝ってしまえば、今度は下落に転ずる可能性があり、だけどその下落は、今度は4時間足(赤)と1時間足(青)の移動平均線によって支えらえて、押し目買いが入ってくる可能性もある。
悩ましいところです。


ほな
今日もがんばっていきましょう~ (*´ω`*)



期間限定で無料(送料のみ)です
 ↓
【維新の介著】「無料!(送料負担のみ)」
>>大衆心理を利用して利益を上げる!FXテクニカル分析22の技術


コチラは無料のレポート
 ↓
>>【無料レポート!!】 トレードで勝つには下手なほうがいい!!

 ~突き詰めようとして勝てなくなるトレーダーたち~

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

この本だけでOK!

全くの初心者でFXの右も左も分からないときに、最初の1冊を色々と探しているとき、広告を見てこの本に出合いました。
「送料だけでプレゼント」的な怪しい広告だと思いつつ購入。
しかし中身がとても分かり易く、かつ「これで簡単に勝てる!」的な安っぽい内容ではない、とても本質的な内容になっています。
YouTubeで維新の介さんの動画がたくさんアップされているので、この本と合わせて勉強させていただいています。


題名のとおり!

トレード歴3年になりますが、相変わらず下手でいろいろ模索している時に出会いました。
基本、順張りで、といっても感覚でやっていて、「買った」「負けた」を繰り返しています。
また、なかなか損切りなど自分で決めたルールが守れず、たまにドカンといってしまいます。
これからは、如何に負けないような取引をするかを念頭にもっと読み込みたいと思います。


私のバイブル

私はこれまで株式関連書籍や情報商材を購入し実践しましたがチャートの本当の意味が理解できていませんでした。
この本に出会って、チャートの基本が学べ、以前に学んだ知識の裏付けや、継続的に通用しない手法等がより分けることができるようになりました。


バイブルの1つになりそうです

トレードの基礎であり、決して飛び越えてはいけない重要な知識が凝縮して詰め込まれてる一冊だと思います。
初級トレーダーなら持っておくと絶対為になると思います。
私の場合は、自分がどれだけ曖昧な知識でトレードしていたのかを、思わず何度も苦笑しながら謝ってしまうほど指摘してくれました...。
この一冊に出会って、トレードに対する自分がガラッと変われてきていると思います。
とても感謝しています。
論理的思考で解説してくれているので、とても納得でき、冷静な判断力もつくと思います。
維新流の介さんのサクサクとした論理的解説が好きになり、さらに深掘りしたトレード関連商品が欲しくなり、ワクワクしながら購入しました。
そちらも気に入っています。
それら含め、この一冊も何度も読み返して消化し、トレード力アップに繋げたいと思います。
本当にありがとうございます。



1日1回、応援クリックよろしくお願いします^^♪
  ↓

テクニカル分析ブログ





[ 2018/03/08 08:51 ] MACDルールで見る本日の流れ | TB(-) | CM(-)

どの波を獲りにいくつもり? 本日のテクニカル分析【3月7日(水)】


【PR】 【FX】今から30分以内に勝てるトレーダーにしてみせます!


【3月7日(水)のテクニカル分析】

おはようございます(^^)
維新の介です


では本日のドル円の流れです


【ドル/円】4時間足
FX テクニカル分析 ブログ 4時間足 トレード手法


MACDルールは下で成立?
少なくともまだ上ではありません。
長期(青)は安値を更新して高値も切り下げつつありますので下げダウ形成中です。


下げている4時間足移動平均線(青)に対して上昇しましたので、当然戻り売りが入りやすくなります。
また、高値付近には過去の安値等が集中し、抵抗帯が存在していますので、非常に売りが入りやすい状況でしたね。


短期(緑)は安値をわずかに切り上げたところから大きく高値を更新。
上昇ダウを形成していますが、比較的大きく下げてきていますので次は高値切り下げにつながるか?
そうなると、今度は日足レベルの戻り売りが本格化し、さらに下げてくる可能性が高まります。


逆に、ここで短期(緑)レベルで安値を切り上げてきた場合、それは4時間足移動平均線(青)の上方向に引き上げる力となりかねません。
そうなると、今度は日足レベルでの下げ止まりが見えてくることになり、買いが入りやすい状況となりそうです。



【ドル/円】1時間足
FX テクニカル分析 ブログ 1時間足 トレード手法


MACDルールは不成立です。
長期(青)は安値を切り上げ高値を更新していたのですが、先ほど直近安値を割れたために上昇トレンドは崩れました。
日足レベルでは戻り売りポイントであり、抵抗帯の存在もあったため、下げのイメージはしやすかったと思います。
また、事前に短期(緑)が高値を切り下げてきていましたし、すでに1時間足移動平均線(青)が下げてきていたこともあって、自然に売ることができるところです。


ただ、日足レベルで一度ほとんど安値を更新しないという状況になっているため、さらに下げを継続するかどうかはちょっと判断がつきづらいところです。
と言っても、これを完全に判断する方法ってのはありませんので、基本的には目標値を定めるのではなく、トレイリングで追いかけるのが一番利を伸ばせます。


しかしその際に注意しなければならないことがあります。


それは「どの波を獲りにいったのか?」ということ。


5分足の波を獲りにいったのか?1時間足の波を獲りにいったのか?4時間足の波を獲りにいったのか?
これらによってトレイリングのタイミングは全く異なります。


1時間足や4時間足の大きな波を獲りにいったにもかかわらず、5分足でちょっと安値を切り上げたからといって、すぐに決済ラインを引き上げていては、上位足の波に簡単に飲み込まれて利を伸ばすことはできません。
その時の相場において獲りにいくべき適切な波の捉え方と、それにあわせた決済ラインの引き上げ方法はしっかりと身につけておくようにしてください。


っていうか、これが決まらずしてトレードってどうやって勝つんだろう??


ほな
今日もがんばっていきましょう~ (*´ω`*)



期間限定で無料(送料のみ)です
 ↓
【維新の介著】「無料!(送料負担のみ)」
>>大衆心理を利用して利益を上げる!FXテクニカル分析22の技術


コチラは無料のレポート
 ↓
>>【無料レポート!!】 トレードで勝つには下手なほうがいい!!

 ~突き詰めようとして勝てなくなるトレーダーたち~

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

心構えと、実践と。

本の初め3分の一の部分が、自分にとっては大きかったです。
相場と向かい合うにあたって、一般の書籍では書かれていない極めて本質的なことが書かれており、目からウロコが落ちるようでした。
その後のテクニカルの部分は、本を読んだ当初の自分の知識では少々ついていけないところがあり、そこは初心者向きではないのかもしれません。
維新流の入り口として、良書だと思います。


とても良かったです

一回、二回目は蛍光ペンでマーキングしながら、三回と先月に三度読ませて頂きました。
すべてがエッセンスのように思いました。これからも初心を忘れないよう折に触れ見直していけたらと思っています。
また初回に頂いたメールもとても参考になりました。有難うございました。


赤線を引きながら、、

今まで、FXトレードの本を数冊 読みましたが、
こちらの『維新流トレード術』は、大衆心理を利用して利益を上げるという事で、
ここまで、参考になった本は ありませんでした。
チャートを見ながら、今 FXトレードしている方達の心理も読めるように、
赤線を引きながら読ませていただきました。


良書だと思います

維新の介さんのトレード全貌が見れるとだけあって、ダウを意識するトレーダーとしては、必見書籍であるように思います。



1日1回、応援クリックよろしくお願いします^^♪
  ↓

テクニカル分析ブログ





[ 2018/03/07 08:40 ] MACDルールで見る本日の流れ | TB(-) | CM(-)