トレードとは買いと売りを当てる勝負ではない 本日のテクニカル分析【11月24日(金)】


【PR】 【FX】今から30分以内に勝てるトレーダーにしてみせます!


【11月24日(金)のテクニカル分析】

おはようございます(^^)
維新の介です


では本日のドル円の流れです


【ドル/円】4時間足
FX テクニカル分析 ブログ 4時間足 トレード手法


MACDルールは下で成立
長期(青)は高値を切り下げ安値を更新
下げダウ継続です


短期(緑)も過去の安値を割ってしますので下げダウですが
いっきに下げてきましたね・・・


そして直近安値を割らずに停滞していますので
反発上昇注意


ここは日足レベルの過去のレジサポ逆転等の節目ライン上ですので
どちらかにバランスが崩れればいっきに動くかもしれません


上抜けばここまでの下げに対しての手仕舞いの買いが
下抜けばさらに下げ継続の売りが入る可能性の高いところです


しかし
買うにしては安値を切り上げたわけでもなく
移動平均線(青)が上昇しているわけでもありませんので


それはつまり
上昇しては売ってくる戻り売り勢力も健在だということであり
荒れる可能性を示唆しています


買っていく場合には十分な注意が必要です


そして売っていく場合には
基本的には戻り売りという考え方になるのですが
それには十分な戻し「期間」が必要となってきます


それがない状態=移動平均線(青)から乖離している状態


であれば
下げたとしても長期間の下げとならずに
比較的短時間で下げトレンドを終了させる可能性が高いので
これまた注意が必要です


だけど
時間が短いから値幅が獲れないのか?ってことになると
一概にそうとは言えないのがトレードの難しいところ



【ドル/円】1時間足
FX テクニカル分析 ブログ 1時間足 トレード手法


MACDルールは下で成立
長期(青)は高値を切り下げ安値を更新してきましたが
日足レベルの節目ラインの上で停滞中
直近安値を割っていません


このまま長期(青)の安値切り上げとなれば
ここまでの下げに対しての手仕舞いの買いが入ってくる可能性が高まります


短期(緑)レベルはヨコヨコ相場
方向感がありません


つまり
方向感が出たときが買い時であり売り時でもある??


このヨコヨコの保合いが長くなれば
それは4時間足でも戻り売りが意識されやすい状態でもあり


逆に
下げ止まりか?とも思われる状態でもあるわけです


だからこそ
買いも売りも「獲りにいくこと」を考えることができるんですね(*^^*)


トレードってのは
上昇か下降かを当てる勝負ではないのですよ


獲りにいけるかどうか?


つまり
とったリスクに対して十分なリワードを得ることができるかどうか?


ここまで考えて
初めて「獲りにいけるかどうか?」ってことを考慮することができるんです


買いか売りかの当てもの勝負と思っているトレーダーさん多いですよ~


でもね
十分なリワード・・と言うとすぐに
では「目標値はどこ?」ってなる人がいるんです


そんなのわかんないですよ(笑


私のトレードは
「目標値」ではなく「どれくらいの時間」伸ばすことができるのかどうか?
これを考えるんです


書き出すと長くなりすぎるのでまた今度別のブログで~~♪


ほな
今日もがんばっていきましょう~ (*´ω`*)


期間限定で無料(送料のみ)です
 ↓
【維新の介著】「無料!(送料負担のみ)」
>>大衆心理を利用して利益を上げる!FXテクニカル分析22の技術


コチラは無料のレポート
 ↓
>>【無料レポート!!】 トレードで勝つには下手なほうがいい!!

 ~突き詰めようとして勝てなくなるトレーダーたち~

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

FX維新流トレード術

海外在住で、日本の家族からこの書籍が届くのを楽しみにしてました。
そして、手元に届いてからは、ワクワクしながら読み進めました。
目からうろこの情報満載で、今は私のバイブルとなってます。
まさに!それは私のこと!?(笑)と思われる指摘がたくさんあり、大変参考になってます。
FXを初めて半年、まだまだ利益を出せてませんが、今後も旦那に反対されながらも、コツコツ続けて行きたいと思います。
この本を無料で提供してくださった事に感謝しています。


再認識

読んでみると特別な事を書いて有る訳でもなく一般投資家が基本的な事を軽視、若しくは知っているけど理解していない、深く、より深く掘り下げて考察していない90%の投資家が其処には居ると言う事でしょうか。

基本として、ダウ理論、グランビルの法則を使って環境認識をし、移動平均線、各種ライン、MACD等を使いながらトレードするシンプルなロジック本だと思いますです。

要するに、誰でも知っているロジックを深層心理の限界にまで掘り下げ、方法論として無限の組み合わせを相場に合わせたロジックで弛まぬ努力を重ねた結果が此処には書かれていると思いますが、これを理解して相場で生かすとすれば相当読み解く努力がしつようだと思います。


出会えてよかった…

何をやっても全く成果が出ず…
そんな時にこの本に出会いました。
考え方が理にかなっていて、とてもわかりやすかったです。
繰り返し読んで検証をしていくことで凄さがより実感できます。
最近では無駄なエントリーが減り、負けることも少なくなりました。
今はトレーダーズクラブに入り、維新の介さんの解説動画を見ながら日々勉強中です!



1日1回、応援クリックよろしくお願いします^^♪
  ↓

テクニカル分析ブログ





[ 2017/11/24 08:44 ] MACDルールで見る本日の流れ | TB(-) | CM(-)

移動平均線の収束から拡散はトレードタイミングが近い? 本日のテクニカル分析【11月22日(水)】


【PR】 【FX】今から30分以内に勝てるトレーダーにしてみせます!


【11月22日(水)のテクニカル分析】

おはようございます(^^)
維新の介です


では本日のドル円の流れです


【ドル/円】4時間足
FX テクニカル分析 ブログ 4時間足 トレード手法


MACDルールは不成立
長期(青)は高値を切り下げ安値を更新
下げダウ継続です


ですが
日足レベルで認識できる過去の安値付近から大きく反転上昇


1つ前の安値よりも上昇してきたため
下げ勢いを少し減らしたか?


場合によっては安値切り上げにつながる可能性があり
安値切り上げが認識できるようになれば
ここまでの下げに対しての利益確定の買いが入ってくるので注意が必要



また
日足移動平均線(赤)から少々乖離していることも
手仕舞いが入る要因となってきそうです


その日足移動平均線(赤)まで戻したのちの下げであれば
今度は日足レベルでの戻り売りとなり
安定した下げにつながる可能性が高まります



【ドル/円】1時間足
FX テクニカル分析 ブログ 1時間足 トレード手法


MACDルールは不成立
長期(青)は下げダウを継続していましたが
ここで大きく高値を更新し
安値も切り上げつつあります


ここで安値切り上げが確定すれば
ここまでの下げに対しての手仕舞いの買いが入りやすくなります


1時間足(青)と4時間足(赤)の移動平均線は接近しており
その4時間足(赤)の移動平均線の傾きも徐々に失われていますので
1時間足(青)の移動平均線の上向きが「確定」してからは
しばらく買い相場が続くかもしれません


短期(緑)は高値を切り下げ安値を更新
下げダウを継続していますが
現在安値を切り上げつつあるか?


まだ確定ではありませんが
このまま直近高値(緑)を上抜いてくれば
長期(青)の安値切り上げからの
短期(緑)の上昇ダウ確定となり
買いにつながってきます


ですが
ここで短期(緑)レベルで下げダウを継続させてしまうと
今度は長期(青)レベルの高値切り下げにつながり
再度安値を試す動きとなってくるかもしれません


なんにしても
移動平均線が収束しているところというのはどちらにでも動く可能性があるということです


そしてどちらにでも動くということは
その方向に対して何らかのわかりやすい優位性があれば
安定した動きにつながるため
トレードは簡単になる傾向にありますね(*^^*)


ほな
今日もがんばっていきましょう~ (*´ω`*)


期間限定で無料(送料のみ)です
 ↓
【維新の介著】「無料!(送料負担のみ)」
>>大衆心理を利用して利益を上げる!FXテクニカル分析22の技術


コチラは無料のレポート
 ↓
>>【無料レポート!!】 トレードで勝つには下手なほうがいい!!

 ~突き詰めようとして勝てなくなるトレーダーたち~

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

すごく解りやすい

ダウ理論やグランビルの法則を学びたいならこの本はかなりおすすめです。
移動平均線の使い方は解りやすく、すぐに頭にはいってきました。読んで損はありません。


トレードの本質に触れた感じです

トレードを始めた頃はインジケーターのサインを極める事がトレードを極める事と考えていました。
また、毎日必ず取引をする事がプロで全ての動きを把握しなければいけないと感じていました。
しかし、相場の動きをトレーダーの心理やダウ理論、グランビルの法則から相場の波をいくつか考えられる方向から消去法で絞り込む事で高確率で利益として行ける事が分かりました。
トレードを学ぶ本質がここにあると思います。
何年も勉強してきて失敗続きですが心理、ダウ、グランビルが基本と思います。


原理原則が理解できる

チャートを見る際に何に注目して、ローソク足の動きから何を感じるかがよく理解できるようになりました。
今まで漠然とチャートを見て、自分勝手に理解してましたが、
インジを何を見るために表示させて何の情報を得ようとしているのかが分かります。
非常に勉強になりますし、トレード技術が格段に上がります。



1日1回、応援クリックよろしくお願いします^^♪
  ↓

テクニカル分析ブログ





[ 2017/11/22 08:38 ] MACDルールで見る本日の流れ | TB(-) | CM(-)

ドル円がわかりやすくなってきた? 本日のテクニカル分析【11月21日(火)】


【PR】 【FX】今から30分以内に勝てるトレーダーにしてみせます!


【11月21日(火)のテクニカル分析】

おはようございます(^^)
維新の介です


では本日のドル円の流れです


【ドル/円】4時間足
FX テクニカル分析 ブログ 4時間足 トレード手法


MACDルールは不成立
長期(青)は高値を切り下げ安値を更新
下げダウ継続です


ただし日足移動平均線(赤)からかなり乖離していること
日足レベルのサポートラインが近いこと
週足移動平均線(水色)よりも上に位置していること等を考えると
昨日のように反転急上昇してもおかしくないところ


短期(緑)はまだ下げダウを継続していますので
再度安値を試してくる可能性は高いですが
その後安値を切り上げて本格的に反転につながるかもしれません


日足移動平均線(赤)付近まで戻すことがあれば
その後日足に対してのグランビルの法則から
大きな波での下げにつながる可能性もあります


ただ
現時点では長短ともに下げダウ継続中なので
売り目線も大切にしてください



【ドル/円】1時間足
FX テクニカル分析 ブログ 1時間足 トレード手法


MACDルールは下で成立していましたが
ちょっと崩れ気味


長期(青)は高値を切り下げ安値を更新するも
そこにしばらくたまってからの反転上昇


記入漏れですが
長期(青)レベルの高値を越えて上昇してきたため
下げダウ崩壊


その1つ前の高値(青)付近でレートは停滞中
わかりやすいレジサポ逆転ラインの節目となっているため
越えてくるのはとりあえず難しいかも?


直近高値(記入漏れの青)を越えてきて
さらに1時間足の移動平均線(青)にレートが支えらえているため
今後安値を切り上げてさらに上昇する可能性もあります


ですが現在は
4時足で下げダウ継続の上に
その4時間足の移動平均線(赤)も下げているため
とりあえず戻されるか?


何にしても
長らく難しい相場だったドル円がわかりやすくなってきました(*^^*)


ほな
今日もがんばっていきましょう~ (*´ω`*)


期間限定で無料(送料のみ)です
 ↓
【維新の介著】「無料!(送料負担のみ)」
>>大衆心理を利用して利益を上げる!FXテクニカル分析22の技術


コチラは無料のレポート
 ↓
>>【無料レポート!!】 トレードで勝つには下手なほうがいい!!

 ~突き詰めようとして勝てなくなるトレーダーたち~

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

絶賛

今までの本が正直わかりにくかった!! 何が重要かが特に!
しかもまるっきり使えない手法まであるなか この1冊は別次元
重要な事はシンプルに簡単に書いてます 読み上げた後の月は投資歴1年半年初めて少額ながらプラスになりました

初心者の方は、読まれてデモで練習すると効率がいいと思います


本物

FXを始めたいけど、地道に勉強するのが嫌で、安易に勝てる方法ばかり探していました。
それだとギャンブルと変わらないことに、維新流さんの本や動画で気づかされ、幼稚だったと反省しました。
また、そんな初心者を喰い物にしてる業者も見抜くことができるようになりました。

サインツールやインジケーターを使いこなすうえでも、基礎を学んでおくことはとてもたいせつです。
本物は地味に見えるものですが、いちばん価値があります。
初心者のうちにこの本や動画に出会えてとてもラッキーです。


本質を突いてます

他とは比べ物にならないくらい、トレードで勝つためには必ず知っていなければならないことの本質を突いてます。


根性論ではなく

根性論ではなく
トレードのなぜが書かれています

例えば損切りについて
なぜここで損切りしないといけないのか理解してないから損切りができないでいる

それがかかれている数少ない本です



1日1回、応援クリックよろしくお願いします^^♪
  ↓

テクニカル分析ブログ





[ 2017/11/21 08:43 ] MACDルールで見る本日の流れ | TB(-) | CM(-)

相場環境と最終売買のトレード判断方法について 本日のテクニカル分析【11月17日(金)】


【PR】 【FX】今から30分以内に勝てるトレーダーにしてみせます!


【11月17日(金)のテクニカル分析】

おはようございます(^^)
維新の介です


では本日のドル円の流れです


【ドル/円】4時間足
FX テクニカル分析 ブログ 4時間足 トレード手法


MACDルールは不成立
長期(青)は高値を切り下げ安値を更新
下げダウ継続です


短期(緑)はわずかに安値を切り上げ高値を更新
安値を2回同値でつけて底堅いか?
これにより長期(青)も安値切り上げとなる可能性も・・・


大きく下げることを期待するのであれば
日足移動平均線(赤)に対して一度大きく戻してからの下げのほうが
格段に取りやすい(※グランビルの法則)


何にしても
日足&4時間足が荒れ気味ですね
長いローソク足が上下しヒゲも多い


それはつまり
方向がハッキリしない上に高値安値もそろっていないということであるため
方向&注文の集中がわからない状態


できたらトレードは避けたいところ


もちろんある程度の節目当の「わかりやすさ」が見えた場合
1時間足ではわかりやすいこともあるので
長く伸ばすことはできませんが少し獲りにいくことは可能になります


通貨ペアの選択や
「待つ」ということを考えた場合
荒れた相場で獲りづらいところなのか
今はわかりやすいところなのかを見極めることが非常に重要です


わかりやすいところだけでトレードするということを徹底するだけで
トータル成績が
あっという間にプラスに転じることがありますよ


つまり「相場環境」の認識能力が
トレードにおいてはほぼ全てってことです



【ドル/円】1時間足
FX テクニカル分析 ブログ 1時間足 トレード手法



MACDルールは下で成立
ですが
長期(青)は安値を切り上げ高値を更新
上昇ダウです


昨日大きく下げましたが
それでも直近安値を割ることなく
むしろその前の安値よりも切り上げたところで
ダブルボトムで支えらえた形


でも4時間足移動平均線(赤)が思いっきり下げていますので
買いの場合は注意が必要です


っていうか
では何がどうなったら買ったらいいの?って質問をよく受けるのですが
知らない(笑
先のことなんてわかるわけもない


ただ1つ言えるのは
自分が買ったポジションが伸びるのかどうか?
これだけです


勝てないトレーダーさんって
テクニック的なことで振り回されています


私のトレードって
もちろん理論理屈根拠はあるのですが
そうではなく
5分足で買いたいような形になったときに
1時間足とにらめっこするんです


じぃぃぃぃ~~っと1時間足チャートを眺めて
もしここで5分足で買った場合
1時間足チャートを眺めているトレーダーはそこに追随して買ってくるだろうか?
って考えるんです


自分が1時間足トレーダーだとして
そこが喜んで買いたいところであれば5分足でタイミングをあわせて買う


そんなトレードです
案外ザックリですよ(笑
でもすごく大切なことだと思っています


トレードするかどうかの最終判断は
実はこんなところにあったりします(*^^*)


もちろんそこには
ちゃんとテクニカル的な裏付けはありますので
ただの「勘」ではないので誤解しないで


ほな
今日もがんばっていきましょう~ (*´ω`*)


期間限定で無料(送料のみ)です
 ↓
【維新の介著】「無料!(送料負担のみ)」
>>大衆心理を利用して利益を上げる!FXテクニカル分析22の技術


コチラは無料のレポート
 ↓
>>【無料レポート!!】 トレードで勝つには下手なほうがいい!!

 ~突き詰めようとして勝てなくなるトレーダーたち~

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

本物

これまで株、FXの本を軽く50冊超えるぐらいは読んで来ましたが、その中で最高の1冊!
過去の投資の失敗の理由がよくわかりました。
目から鱗の連続。なんだ、そうだったのかー!って、読みながら何度、口に出したことか。
介さんの真摯な性格も行間から滲み出ていて、いい本ですね!


納得、信頼、精進

現在デモ中で2冊目にこの書籍に出会いました。
従来のチャートの説明やクロスばかりに注目した内容と違い、
レートの真理に裏付けられた理論は大変納得でき説得力がありました。
また維新の介さんが机上の評論家的でなく、百戦錬磨のリアルトレーダーなので、
その経験からもたらされる内容は信頼感の持てるものだと感じました。
繰り返し読んで無意識的有能を目指していきたいと思います。
ありがとうございました。


トレードに留まらない考え方

FXを始めてみたものの、正に買ったら下がる、売ったら上がるでした・・・。
損切りの根拠も曖昧で、利益を出してもその数倍損をだして、収支マイナス・・。
この本に出会って、知識の根拠が有れば、メンタルは自然と鍛えられる(と言うか、気持ちに余裕が出来る)事が、実感しました。
これは、トレードだけでなく、私生活や仕事でも言える事だなと思い、自分自身が一つ成長した気がしました。
テクニカルな面では、フォロー動画が非常に分かりやすくて、解説本やHOWTO本の中では群を抜いて親切丁寧だと思いました。


1日1回、応援クリックよろしくお願いします^^♪
  ↓

テクニカル分析ブログ





[ 2017/11/17 08:18 ] MACDルールで見る本日の流れ | TB(-) | CM(-)

トレンドフォローと時間を味方につけたトレード 本日のテクニカル分析【11月16日(木)】


【PR】 【FX】今から30分以内に勝てるトレーダーにしてみせます!


【11月16日(木)のテクニカル分析】

おはようございます(^^)
維新の介です


では本日のドル円の流れです


【ドル/円】4時間足
FX テクニカル分析 ブログ 4時間足 トレード手法


MACDルールは不成立
長期(青)は高値を切り下げ安値を更新
下げダウ継続です


4時間足~日足で認識できる過去の安値を割ってきました
トレンド転換の1つの目安(ネックライン)となっていたので
今後日足レベルでも下げてくる可能性があります


ですがそれには
いったん上昇して日足移動平均線(赤)に対して大きな戻り目を築いてからかな?


だからデイトレレベルではまだ上昇もあり得ます


短期(緑)は
高値を更新したところからいっきに直近安値割れ
さらに高値を切り下げつつあります
下げダウですね


長短ともに下げダウですので
基本は戻り目待ちの売り目線となります



【ドル/円】1時間足
FX テクニカル分析 ブログ 1時間足 トレード手法


MACDルールは下で成立
長期(青)は一度高値を更新しましたが
その上昇は一瞬で終わって直近安値割れ
さらに高値を切り下げ安値を更新で下げダウ継続です


短期(緑)も同じく高値を切り下げ安値を更新
下げダウ継続です


過去に割ってきた安値節目に対して戻していますが
おさえられてさらに下落を継続するかどうか?というところ


このように下げ(上げ)ている相場を追いかけるときは
慌てて追随売り(買い)をしがちですが
トレンドフォローの基本は「押し目買い」「戻り売り」です


それはつまり
レートが移動平均線に近づいた状態からの売買となるわけです


あまり乖離したところからでは
手仕舞いの動きも入ってくるため伸びが期待できず
相場も荒れがちとなり
勝率も値幅も減らすことになりますので注意が必要です


ではどの移動平均線レベルまで戻したら売ってよいのか?ということになりますが
5分足の移動平均線までしか戻らなければ長期間保有することはできず
より上位足の移動平均線まで戻したところから売れば
当然より長期間保有することができます


そして相場の利益というのは
「時間」が運んで来てくれます


短時間で一気に値幅を築くことがありますが
そうではなく
ちゃんトレンド方向に根っこからポジションをとって
そのトレンドに「見合った時間」を保有すること


これがトレンドフォローであり
時間を味方につけたトレードになります


ほな
今日もがんばっていきましょう~ (*´ω`*)


期間限定で無料(送料のみ)です
 ↓
【維新の介著】「無料!(送料負担のみ)」
>>大衆心理を利用して利益を上げる!FXテクニカル分析22の技術


コチラは無料のレポート
 ↓
>>【無料レポート!!】 トレードで勝つには下手なほうがいい!!

 ~突き詰めようとして勝てなくなるトレーダーたち~

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

バイブルの1つになりそうです

トレードの基礎であり、決して飛び越えてはいけない重要な知識が凝縮して詰め込まれてる一冊だと思います。
初級トレーダーなら持っておくと絶対為になると思います。
私の場合は、自分がどれだけ曖昧な知識でトレードしていたのかを、思わず何度も苦笑しながら謝ってしまうほど指摘してくれました...。
この一冊に出会って、トレードに対する自分がガラッと変われてきていると思います。
とても感謝しています。
論理的思考で解説してくれているので、とても納得でき、冷静な判断力もつくと思います。
維新流の介さんのサクサクとした論理的解説が好きになり、さらに深掘りしたトレード関連商品が欲しくなり、ワクワクしながら購入しました。
そちらも気に入っています。
それら含め、この一冊も何度も読み返して消化し、トレード力アップに繋げたいと思います。
本当にありがとうございます。


基礎知識に対する理解

初めは維新流トレード術を手にするか迷いました。
どの本も、表面上の知識[インターネットでも検索できる内容]しか書いてなく、
知った気になれても、いざ実践する場面になると、結果的に負けてきたからです。
 しかし、それはテクニカル分析の根底にある相場の原理原則という観点から相場と向き合う為の知識が無いことに、この本に出合うことで理解することが出来ました。
 今は相場に通じる時間で変化しない原理原則をより深く考えることで収支が若干ながらが安定してきました。
これからも勉強は続けていきます。
因みに、買う決意をした本当の理由は、送料以外の資金が無料であったことが一番の要因です。


今迄、手法ばかりにとらわれていました。

もう10年も前に読んだ、本に書いてあった通りにトレードをして大負けをしました。
その後、相場を見ることからも遠ざかりました。
まだ、リアルトレードをするに当たっての資金がないので、日々勉強をしている最中ですが、
過去の負けた理由がだんだん解るようになってきました。
この教材は武道の教えで言うところの、「守破離」の守としては最高の書籍だと信じます。



1日1回、応援クリックよろしくお願いします^^♪
  ↓

テクニカル分析ブログ





[ 2017/11/16 08:17 ] MACDルールで見る本日の流れ | TB(-) | CM(-)