水平ラインだけで勝ち続けるトレーダーになる方法





あなたはインジケーターを覚えたことによって
かえってトレードを難しくしていませんか?



トレードをわかりやすくするために表示させたオシレーター
エントリーのサインを知るための最新のインジケーター
カラフルで、そして矢印だらけになったチャート



これらはすべてトレードで勝つために努力した結果だったはず・・・です。


でも?


それで勝てるようになりましたか?




ひょっとしたら一時は勝てたかもしれません。
だけど今はどうでしょう?

勝ち「続ける」ことはできていますか?
「安定」して勝てるようになっていますか?


トレードというのは「安定」して勝ち「続け」ることができなければ、
いつかは資金を失ってしまうものなのです。


自分のトレードを見つめ直して、
もしあなたが勝ち続けることができていないとか、安定していないとか感じるようであれば、
今回のレポートは非常に役に立つかもしれません。


ではそのレポートとはどのような内容なのか?

ひと言で言えば「値動きを重視する」ということです。


トレードって、初心者のころはビギナーズラックとはいえ、
そこそこ勝てたという方も多いはずです。

それはなぜかというと、

値動きを見て「右肩上がりだから買っていこう(相場環境)」
「抵抗線をブレイクしたから買おう(エントリー)」
「なんか下げてきたから決済しておこう(利確)」

といったように、
ある意味非常にチャートに忠実かつシンプルなトレードができていたからです。


それがいつの間にか勝てなくなるんです。

勝つために相場の勉強をしてきたはずなのに不思議ですよね?



原因としては、


「もっと完璧なエントリーのタイミングを知りたい」

「エントリーチャンスがたくさんほしい」

「勝率をもっと上げたい」

「時間があまりないのでスキャルピングにも挑戦したい」

「月単位の獲得pipsをもっと増やしたい」


等があげられます。

そしてそれらの望みをかなえるためにインジケーターに頼りきってしまうのです。


つまり、「もっと」という欲が、
皮肉なことにトレードのパフォーマンスを押し下げているんですね。




私もよくやりましたよ。

「もっと正確に」
「もっとエントリーチャンスを」
「もっと細かいところまで」
「よりわかりやすく」

こう考えた結果がインジケーターだらけのチャートになってしまい、
実際トレードしようと思ったら何をどこから見てどのように考えて何を優先したらいいのかわからない(笑)


残念ながら、これらの悩みを解消する魔法のような方法は存在しません。


しかしこれだけをしっかりとおさえておけば、
今後トレードを続けるにあたって強力な味方になってくれる・・・という技術は存在します。



それが今回のレポートとなっています。



念のため最初にお伝えしておきますが、
このレポートに書かれている内容は、とりたてて目新しいものではありません。


レポートのタイトルは「水平ラインだけで勝ち続けるトレーダーになる方法」です。
「水平ラインなんていつも引いてるよ~」という方も多いと思います。


ですがそれで勝てていないということは、
ラインの引き方と使い方が間違っていたり曖昧であったりする可能性があります。
(正直水平ラインだけでもトレードは勝つことは可能です)


そして曖昧だからこそ、「使えない」と判断してしまい、
トレードにおいて重視しなくなってしまいがちなのが「水平ライン」です。


その水平ラインの本当の使い方!勝つために必要な考え方!
それがこのレポートの内容です。


もしあなたが水平ラインをフル活用し、
トレードに勝てているようであれば、このレポートは必要ありません。


ですが、今トレードに苦しんでいるのであれば、
今一度明確にしておかなければならない内容です。



事実、この内容をお伝えしたトレーダーさんからは、


「トレードの勝率が桁違いに上がった」

「エントリーの根拠がはっきりしてトレードのストレスがすごく減った」

「今買うべきか売るべきかがよくわかるようになった」

「上位足に当てはめたら相場環境がわかりやすい!」

「チャートの見え方が全然違って感動しています!」

「逆張りにも応用できる!」

「移動平均線すら必要なくなりました。今は水平ラインだけでトレードしています。」



といった声をたくさんいただいています。



勝ち続けているトレーダーには、そのトレードに「軸」が存在します。
もちろんどこにその軸を持ってくるのかは各々自由です。


しかし負けているトレーダーや勝ちが不安定なトレーダーは、
その軸がぶれぶれなのです。

つまりどこにもよりどころがないトレードを繰り返しているのです。


言い換えるならば「信じるものを持っていない」状態と言えます。

先がわからない相場というものにおいて何も信じることができていない状態というのは、
トレードができないか
ただ当てずっぽうのトレードになっているかのどちらかです。


水平ラインというものは世界中のトレーダーが、
そして勝っているトレーダーが「拠り所」としているものです。


大多数の拠り所となっているということは、
その効果も絶大であり、信ずるに値するものであると言うことができます。


ならばその水平ラインを身につけないという選択肢はないはずです。

  ▼   ▼   ▼   ▼







今回FXTFさんの協力のもとタイアップレポートを提供することができることになりました。
口座開設と入金、そして5万通貨のトレードで
「水平ラインだけで勝ち続けるトレーダーになる方法」を入手することができます。


またそれとは別に、FXTF(FXトレード・フィナンシャル)というFX会社は非常に使い勝手がよく、
実は私も愛用しています。(どの機能を愛用しているかはレポートの最後に書いてあります)

レポートは別にしても個人的にすごくオススメできますよ(^^)

  ▼   ▼   ▼   ▼





【エントリーのタイミングと損切りの極意】





『エントリーのタイミングと損切』


これはトレードを続けるにあたっての最大のテーマの一つと言っていいでしょう。


にもかかわらず、

この部分を正確に、かつ理論的に説明してあるものはどこを見ても存在しません。


たまにそれらしきものがあったとしても、

方法論だけに終始し、考え方まで説明できているものは皆無です。


何事でもそうなのですが、

理由まで説明できるようになって、初めて理解したと言えます。


このレポートは、エントリーのタイミングと損切りの考え方を突き詰めることによって

限りなく負けにくいトレードができるようになって頂くことを目的としています。



もちろん方法論だけではなく、

なぜそこでなければいけないのかがわかり、

また、トレードごとにストップを理論的に設定することができるようになります。



目指すところは「負けない」トレードです。


>>>エントリーのタイミングと損切りの極意


エントリーのタイミングと損切りの極意
エントリーのタイミングと損切りの極意
エントリーのタイミングと損切りの極意




はじめに

第1章 エントリーと損切の基本的な考え方

第2章 相場が動く・・かもしれないとき

第3章 エントリーの種類

第4章 ダウ理論から見えてくるエントリーポイント

第5章 グランビルの法則から見えてくるエントリーと損切り

第6章 ダウ理論から見えてくるエントリーと損切り

第7章 ストキャスと移動平均線の一致によるエントリーと損切り

第8章 ダイバージェンスから見えてくるエントリーと損切り

第9章 トレンドラインから見えてくるエントリーと損切り

おわりに

(A4版 65ページ)


>>>エントリーのタイミングと損切りの極意






【簡単トレード思考法】

【最短トレード上達法!!】




数千人のトレーダーさんをお教えしてきた経験から生まれた

「勝つ」ことだけを考えたレポート!!




何事においてもそうなのですが、

相場の世界においてもしかり、


「基本」なくして勝てるトレーダーにはなり得ません。


といってもですね、

そこらの書籍やサイトですぐにわかるようなものを基本とは言いません。


大切なのは、

この先ずっと相場と向き合っていくためにベースとなる、実際に使える基本です。


これを教える書籍やサイトや商材は

残念ながら、皆無といってもいいです(-_-;)


そこで最短で勝ちトレーダーになるための指南書を

私、維新の介が書き下ろしました。


このブログの主旨でもある、

実戦で使える基本

これに特化した内容です。


内容は若干初心者の方には難しいかもしれませんが

そんなときは、

このブログの記事をじっくりと読みなおしてくださいね(^^)



【レポート内容】

第1章 トレードというものを考える

まず一般的なトレードに対する固定観念を打ち破ります


第2章 なぜトレンドフォローなのか

トレンドフォローというものの相場に対しての優位性をチャートを交えながら解説。


第3章 利の伸ばし方を考える

トレーダーが一番悩むポイントをしっかりと理をもって説いています。
この部分ができない、そして説明できないトレーダーが大半。


第4章 オシレーターの役割は?

一般的に言われているオシレーターとまったく違った側面から見ることによって
負けを極限まで少なくすることが可能です。


第5章 方向と心理と「勢い」と

この「勢い」という概念
これをマスターすることによって、苦手なトレーダーも多い、押し目エントリーを簡単にします。


第6章 損切りと利確を考える

損切りと利確は同じもの。
維新の介独自のチャートの見方考え方です。





コチラからのお申込みが可能です。
 ↓ ↓



■キャンペーン内容

キャンペーン期間中に当ブログ経由で口座開設のお申し込みをされ、

10Lot以上お取引をしていただいた方へのプレゼントとなります。





応援クリックいつもおおきにです♪
 ↓

FX ブログ 維新の介 アリガトデス