負けることから見えてくるトレードの神髄

トレード初心者のうちというのは、どうしても「結果」を焦って求めがちです。
そしてそれが失敗へとつながっていきます。

未熟なうちに結果だけを求めたところで、うまくいくわけがないのは当然なのですが、
こと、トレードに関しては、なぜかそれがまかり通っており、最初に資金を失う大きな原因となっています。

それは初心者の相場に対しての正しい接し方について書いてある書籍等が少ないことにも責任はありますけどね。

今回は初心者のうちに間違いがちなこと、勘違いしていること、そういったことに焦点をあててみたいと思います。


損切りをする


「損切り」の重要性はいまさら言うまでもないかもしれませんが、初心者トレーダーの半数が、これができないがために相場からの退場をよぎなくされているのもまた事実です。

相場というのは、予測できません。
いえ、予測はできるのですが、結局は当たるも八卦当たらぬも八卦が相場なのです。

自分が考えた「理」のとおりに動けばよし。動かなければ損切りは絶対です。

では損切りはどうなったときにするべきなのか?

もちろん手法によってそれは様々なのですが、基本となる考え方があります。

それは、自分のルールに沿っている間は利を伸ばし、そのルールが崩れたら損切りです。


例えば移動平均線の上にレートがある限りは利を伸ばすというルールがあるのならば、
その移動平均線を割ってきたら損切りであり、そこにためらいを感じてはいけません。

そして結局は利確も損切りも同じことなのです。

ルール通りにやった結果が利益であればそれは利確であり、損失であれば損切りというだけです。

ishin-chart3-1.jpg


いくら勝率のよい手法があっても、相場の先は誰にもわかりません。
いくら勝率が良くても、それが通用しない相場状況も必ずあります。

ですが、損切りに関して言えば、自分がここと決めたところは、そこで損切りしている限り絶対なのです。

つまり、不確定な相場においてトレーダーが確実にできることは「損切り」だけなのです。




損益率を考える


「勝率」の高さを売りにしている手法をよく見かけます。
ですがトレードを勝率だけで計るのは大間違いです。

いくら勝率がよくても、1回の損切りが果てしなく大きいような手法では全く意味をなしません。

必ず「勝率」と「損益率」をセットにして考えてください。

損益率とは、

平均利益 ÷ 平均損失

平均利益 = 合計利益 ÷ 勝ちトレード数
平均損失 = 合計損失 ÷ 負けトレード数

で表すことができます。

10回のトレードのうち、
300pips勝ちが4回 100pips負けが6回あれば

損益率は

300 ÷ 100 = 3.0

となります。

勝率は10回中4回勝っているので40%ですね。

はたしてこれは良いトレードなのかどうか?

それを判断するために、『バルサラの破産確率表』というものがあります。

ナウザー・バルサラという数学者が考案したものですが、現代金融工学の基本にもなっています。


【バルサラの破産確率表】

ishin-chart3-2.jpg


一般的に相場で「継続的に」利益を出すには、破産確率が1%以下が望ましいとされています。

ならば先ほどの例で言えば、勝率40%で、損益率が3.0ですので、破産確率は1.5%となり、もうちょっと勝率を上げるか損益率を上げるかする必要がでてきます。

勝率や獲得pips数を簡単に上げるのは難しいため、この場合は損失をもう少し抑えてやることによって、相対的に損益率を上げるのが望ましいですね。

また、少し無駄なトレード、ちょっと怪しいところでのトレードを控えるだけでも、勝率はかなりアップします。

このように、ちゃんとトレード記録をとり、丁寧に分析してやることによって、今自分が何を成すべきかが見えてきます。

ただやみくもに高勝率の手法を求めるのではなく、まず今のトレードを見つめなおすことから始める方が、勝てるトレーダーへの近道です。



資金管理をする


資金管理は、どの書籍にも書いてある非常に重要な部分ですが、残念ながら初心者トレーダーでこれを重視している方はほとんどいません。

ですが私は、トレードの半分は資金管理でできていると考えるほどこれを重視しています。

まず初心者トレーダーのほとんどがする失敗として、「負けを取り戻そう」とするトレードがあげられます。

順調に勝っているときに複利で増やしていくことはかまいません。資金が増えたら枚数を増やしていくのが、大きな資産を築く近道ですからね。

ですが、資金が減ったら(負けたら)それに合わせて枚数は減らすべきなのです。

資金が減ったにも関わらず枚数がそのままであれば、次に負けたときに資金が減る割合が大きくなります。

初心者がよくやるように、負けを取り戻そうとしてさらに枚数を増やしたりしたら、資金を減らす方向に(破滅に向かって)加速していくことにもなりかねません。

例をあげると、

10万円で1万通貨という資金管理のルールがあるとします。
順調に資金が増えて20万円になったところで2万通貨でトレードすることにしました。

ですがそこで負けて資金が19万9000円になりました。

資金管理とは、ここで枚数をきっちりと1万通貨に落とすことです。
初心者はここを甘く見て、早く20万円に戻したいがために2万通貨のままでトレードを続けます。

さらに次のトレードも負けたとしましょう。

そうすると今度は枚数を上げてでも20万円に戻そうとするわけです。

負け一直線のコースですね。


損切りのところでも述べましたが、トレーダーがコントロールできるのは「負け」だけなのです。

負けた時にどうするかでトレードのほとんどは決まります。



まとめ


さてさて、今回は「資金管理」という点に触れました。
損切りの際も、出来る限りコストを低くしたいところです。

その際に、どのFX業者を使っているかが、関係してくることもあります。

今回も、マネーパートナーズFXさんのチャートを使って説明をさせていただきました。

マネーパートナーズさんは手数料も無料なので、無駄なコストを削減できます。
また、「約定力といえばマネパ」というように約定力が非常にたかく、狙ったレートで決済ができる点も魅力です。

加えて、100通貨から取引ができる数少ない業者さんですので、初心者の方にはおすすめです。

ishin-chart3-3.jpg

月に50回以上取引すれば、自分のトレードをレポーティングしてくれるシステムもあるみたいで、ちょっとおもしろいですね。
これは、FXビギナーズの方は興味あるのではないですか?

ちなみに、FXの専門企業で初めて上場をした企業らしいですよ。


トレードを始めたころというのは、「勝つ」ことしか考えていません。

ただひたすら「勝つ」方法をさがし、「勝率」を求め、負けたときのことをおろそかにします。



18.gifチェックポイント


 自分の手に余る難しいところに手を出さないだけで勝率は上がります。


 早めに損切りする手法を考えることが、相対的に損益率を引き上げます。


 負けたときに枚数を落とすことによって資金を守ることができます。




トレードというのは、まず負けたときのことを考えることから始めてください。

「負け」という視点から見ることによって、トレードは劇的に変えることができます。

1つ1つのトレードに勝つということと、資金を増やすということは、まったく別物なのです。




▼ マネーパートナーズ口座開設はこちらから ▼



【提携サイト】
FXビギナーズ 外国証拠金取引



[ 2011/07/06 15:02 ] FX業者比較 | TB(-) | CM(-)

テクニカル分析に用いるテクニカル指標 「トレンド系」「オシレーター系」の組合せ方法


今回は、トレードの際に必要な「インディケーター」というものにフォーカスをあてます。


「インディケーター」とは、相場の値動きから将来の値動きを予測するテクニカル分析に用いるテクニカル指標や経済指標のことです。

インディケーターはチャートに表示させるもので、トレードの際は必須です。



トレンド系、オシレーター系とは?


インディケーターは、基本的に、「トレンド系」「オシレーター系」の2つのグループに大別することができます。

「トレンド系」とは、移動平均線等※1やボリンジャーバンド※2に代表されるような、相場の「方向性」を表すものであり、

特に移動平均線であれば、そのラインよりも上であれば買い、下であれば売りと判断し、いわゆるトレンドフォローのトレードとして用います。

ishin-chart2-1.jpg
※1 移動平均線
過去の一定期間の株価の平均値を線で結んだもの。
5日移動平均線であれば、過去5日間の終値の平均値となる。テクニカル分析の指標としてもっとも基本的なもの。
■詳しくはコチラを参照


※2 ボリンジャーバンド
ジョン・A・ボリンジャー氏が開発した、移動平均線に統計の手法を加えて考案されてたテクニカル手法。
算出方法は、
ボリンジャーバンド = x日の移動平均 ± x日の標準偏差 × y
一般には逆張りに分類されることが多いが、ボリンジャーは順張りに使用している。
■詳しくはコチラを参照




それに対して「オシレーター系」とは、一般的に「買われすぎ」「売られすぎ」を表すとされ、RSIやRCIのように、相場の強弱を表します。

買われすぎ圏内からの反転は売り、売られすぎ圏内からの反転は買いと判断されることが普通のようです。

ishin-chart2-2.jpg



トレンド系、オシレーター系における欠点


ただ、それぞれに欠点はあります。

トレンド系であればその反応が遅く(遅行性)、特にそのトレンドが弱ければその遅行性が特に影響し、エントリーの判断ができる状態になればすでに遅く、価格のロスが多いことが多々あります。

オシレーター系においては、強いトレンドが発生すると天底に張り付きサインとして役に立たなかったり、
反応が良すぎるために、頻繁にサインを頻出しダマシを連発することにもなりかねません。



トレンド系とオシレーター系の融合


これらの欠点を補うために、トレンド系とオシレーター系を融合するのがインディケーターを利用したトレードの基本です。

オシレーターと違い、方向がわかりやすい移動平均線等でトレンドの方向を見定め、
そしてその流れに沿って、反応の早いオシレーターの転換をサインとしてエントリーすることによって、欠点は大幅に改善されます。

トレード初心者に、ただやみくもにインディケーターを組み合わせ、それらすべてが同時サインを出したからエントリーするといったトレードをよく見かけますが、それは適切ではありません。

オシレーター系はどれを組み合わせても同じような反応しかしませんし、トレンド系は常に値動きに対して遅れた反応をします。



トレードの具体的方法


ではどのように組み合わせるかですが、おススメの方法は、

「トレンドは中期的な流れを見、強弱は短期的に見る」

これを覚えておいてください。

どういうことかと言いますと、
中期的にトレンドを築いているかどうかを移動平均線等で判断し、そのトレンドの中で生じる短期的なオシレーターから判断できる売られすぎや買われすぎのポイントからエントリーを繰り返すという考え方です。

以下のチャートをご覧ください。

ishin-chart2-3.jpg

これはユーロ/円の1時間足です。

中期的なトレンドを見るために、80期間の移動平均線を使用し、短期的な強弱を見るために9期間のRCIを使用しています。

レートが移動平均線よりも上にあれば、エントリーは「買い」のみとし、RCIの売りサインは無視します。

同様に、レートが移動平均線よりも下にあれば、エントリーは「売り」のみとし、RCIの買いサインは無視します。

これによって無駄なトレードが大幅に減り、また期待できる利益も大きくすることが可能となります。



トレードの具体的方法


もう少し実践に即した形で説明していきます。

実際にトレードしようと思えば、「どのタイミングで?」ということが重要となってきます。

そこで今回、
「移動平均線の上抜けや下抜けのタイミング」

という方法をご紹介させていただきます。

使用する移動平均線の期間は「20」で、RCIに買いサインが出たのち、レートがこの移動平均線を上抜けばエントリーです。

以下のチャートの黄色の文字のところを参考にしてください。

ishin-chart2-4.jpg

※20MAとは、20本移動平均線のことで、チャート上に表示させて使います。

エントリーしたら、今度は必ずどこかで利益を確定しなければなりません。

それには同じようにRCIを用いる場合と移動平均線を用いる場合とがあります。

RCIを用いる場合は、エントリー後RCIが上昇して買われすぎ圏内まで行き、そしてそこから戻ってきたところで決済です。

ですが当然そこまでRCIが上昇しない場合があります。

その場合は、20MAを下回ってきたところで決済するようにしてください。

これらを心掛けることによって、限りなく損失を減らし、そして利を伸ばすトレードができるようになります。



最後に


今回も、マネーパートナーズFXさんのチャートを使って説明をさせていただきました。
最近、色合いや文字サイズが改善され、さらに見やすくなりましたよ。

ishin-chart2-5.jpg


マネーパートナーズのチャートは上のRCIのように、複数のオシレーターを重ねて表示することもできる便利なチャートでもあります。

56種類のテクニカル指標と連動して、リアルタイムに更新されるので
テクニカル分析をするには非常に適したチャートですね。

個人的には、自動でトレンドラインを引いてくれる機能が好きです。

ishin-chart2-6.jpg


他にも、ローソク足の長さや本数が自由に設定可能だったり、表示させておきたい情報を自由に選択できたりと、カスタマイズ性も高いので、自分なりのチャートを作ってみるのも楽しいかもしれません。

そして、
「トレンドは中期的な流れを見、強弱は短期的に見る」で、トレードしてみてください。



▼ マネーパートナーズ口座開設はこちらから ▼



【提携サイト】
FXビギナーズ 外国証拠金取引



[ 2011/06/03 11:17 ] FX業者比較 | TB(-) | CM(-)

上田ハーローFX

uedaharlow.jpg



 高いスワップポイントで中長期保有方に人気の強い「上田ハーローFX」
 インターバンク直結型で透明性の高い取引に加え、100年の歴史を誇る短資会社が親会社であり、日本格付け研究所の長期格付けBBB+を取得するなど、信頼性が高い。
 情報提供力は圧倒的なクオリティの高さで定評が高くファンも多い。
 スプレッドも原則固定を宣言。ドル円など比較的有利なものを提供、20種類の通貨ペアが取引可能。

arrow47_005.gif只今のキャンペーンの情報などはコチラをチェック!!



 インターバンク直結

   完全自動フルカバーシステム
    
     上田ハーローFXは、注文を受けると同時に
     全てカバー先金融機関でカバー注文を出す
     完全自動フルカバーシステムを採用

     顧客とインターバンクを直結させるシステムにより、
     取引レートのずらしなどの作為的な操作を不可能とし、
     きわめて透明性の高い公正な取引ができ安心です




 圧倒的なクオリティの情報力

   FXミュージアム


   FXに関する情報が全て揃うFXミュージアム

   「トレード戦略レポート」「FXマーケット」「FXブログ」「FXライブラリ」

   4つのカテゴリーでそれぞれ情報を提供

   トレーダーは必読!


   GI24


   為替を中心としたリアルタイム市況を24時間配信。

   為替市場の動きを24時間ウォッチし、

   ニュース・指標・要人発言などを掲載


   独自の為替レポート

   相場サイクルとアストロロジー(金融占星術)相場への

   応用で世界的に著名なアナリスト

   レイモンド A.メリマン氏による究極のマーケット分析が無料で読めます





 高いスワップポイント

   業界最高水準

   上田ハーローでは、ポジションを決済せずに
   スワップポイント分を出金することも可能


   AUD/JPY      40  -65

   AUD/USD      98  -103

   NZD/USD      40   -45





詳細はこちらをチェック!


個人的にすっごく好きなFX会社です(^^)


どこのFX会社使ってんの~?

上田ハーローです!!キリッ


なんか通っぽくないですか?(笑)


[ 2011/03/22 00:32 ] FX業者比較 | TB(-) | CM(-)

『テクニカル分析で「勝つ」FX』 ~FXプライム~

『テクニカル分析で「勝つ」FX』

FXプライム


テクニカル分析を極めるための決定版です。

市販のテクニカル関連の書籍はほとんどすべて目を通してきましたが、

最初に学ぶものとして、これ以上のものは見つかりませんでした。


テクニカル分析の基本から各指標の読み方、「だまし」などの注意点を網羅。

さらに「日柄分析」や、

プロが実際に使用しているテクニカル指標の組み合わせ方を紹介しています。


著者の鈴木 隆一氏は、証券会社で為替のチーフディーラーを務めたあと

外国為替証拠金取引会社数社の設立に参画。

2003年に独立し、

現在は為替市場のテクニカル分析とシステムトレーディングの技術開発および環境開発を提供している、株式会社ガンパウダーの代表取締役を務めています。


非常に実戦的なテクニカル分析を教える方としても有名です。


伊藤忠グループのFXプライムに口座を開設することによって、この書籍が無料で手に入ります。

FXプライム


10万円以上の入金で2000円がキャッシュバックされ、

また取引高に応じて、最大2万円のキャッシュバックもあります。

現在、口座開設キャンペーンとして

FX本 + 最大24,000円キャッシュバック

PRIMEトレードキャンペーンとして、

取引高に応じて最大12,000円キャッシュバック


さらに加えてコレ!!
 ↓  ↓
FXプライム



その他にも、初心者でもテクニカルが楽しく学べるような

「ぱっと見テクニカル」というツールが充実しており

総合的に見て一番最初に開設する口座として最高ですね(^^)



応援クリックいつもおおきにです♪
 ↓

FX ブログ 維新の介 アリガトデス

[ 2011/01/09 12:08 ] FX業者比較 | TB(-) | CM(-)